FC2ブログ

oniondiary | 日記。時々映画やドラマや小説のレビュー。最近はなんとなく毎日書いてますが無駄話多し。

朝起きぬけにヨガ。

ナマステ。。。

……って、どう言う意味かよく知らないけど、インドの挨拶の言葉かなあと思ってました。

Wikipedia 

間違ってなかった。
けど、「こんにちは」だけでなくて「さようなら」の時にもつかうんですね。
つうか、「ナマステ」=「南無」だって?
なるほど……アメリカ人(カナダ人かな)がわかって使っているのかなあ。

ヒーリング・ヨガ〜ナマステ


以前スカパーに入っている時、録りためてBlu-rayに焼いておきました。
もちろん吹替えになってます。
動画の英語音声の方が癒し系でいい感じですけどねえ。

それはともかく、この間からパンを焼くのに少し早く起きるようになりまして、ついでに朝に出来るエクササイズと思ったときに、これを思い出しました。
ヨガだと寝ている家人を起こさずにできるし、30分番組なので発酵時間にちょうどよしw

土曜に通っている公民館のヨガ教室は、普通の(というかなんというか)ポーズを一つ一つこなしていくタイプのヨガで、この番組のはポーズを連続して行う「パワー・ヨガ」といわれるものです。
なんかね〜連続してるんで、初心者にはあれあれ? と思う間もなくポーズが移り変わって、その間に「吸って〜はいて〜」とかいわれましても……バタバタして終わった……という感じで、しかもその間に、「エネルギーの動きを感じて〜」とかヨガ的な用語を挟んでくれても、感じるいとまもない……そりゃまあ、30分でここまで体を動かせたら、確かにいいです。

けど、普通のヨガをしたことのない初心者は、急いでポーズを決めようとするあまり、体を痛めてしまいそうです。
程々が一番ですよ……ホント。

で、これとか別のヨガ番組でも思ったんですが、ヨガ自体は「静」なんで、TV的に色々やってみたくなるんでしょうねえ、場所がいろいろ変わるんですが……室内とか公園とかはともかく、埠頭とか工場の倉庫みたいなところでもやってたりして……スタイリッシュなつもりかもしれないけど、濡れたコンクリートの上(もちろんヨガマットは敷いてますが)とかで、湿気の多い寒そうな場所でヨガをやるって、ものすごく嫌な感じで、勘弁して欲しいです。

インドだったら石畳かな、修行の一環だからそういうものなのかもしれませんけどねえ。
インドは暖かいし(つか、暑いので天然のホットヨガだし)、エキゾチックだからなんとなく納得できても、北アメリカ(しかもカナダらしい)の寒々とした背景の前でタンクトップにショートパンツの半裸に近い女性がいる風景は、ちょっと異常です。

……サービス・カットであることは認めますw
男性というより女性に。ああ、こうなりたいなあ、というソフトマッチョな美しいボディですからねえ。

ホントは、毎日「太陽礼拝」だけでもしようかと再生してみたんですが、2回目を見ても、まだ太陽礼拝のポーズは出てきません。
出るまで続けられるや否や?



スポンサーサイト



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : diet
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

性格が向いてないとは思うけど。

元来「ポジティヴ」という言葉とは縁遠いと自覚してます。
たくさんの人たちと仲良くなって笑顔でダンスする……ありえね〜、と思うタイプの人間です。
いわゆる「ノリの悪い」タイプ?

なんと、ジェリーの妹である義妹は、恐ろしいほどわたしとは真逆の性格です。
明るくて人が好きでアクティヴで世話好きな、誰とでも一瞬で仲良くなれて誰にでも好かれるタイプ。
……逆と言うことは……
暗くて引きこもりで他人に無関心で一旦座ったら動かず鈍臭く、友達も少なくて(つーか近所にはゼロで)よく人に冷たいと誤解されて嫌われるタイプ。

うわあ、我ながらアカンわ〜。
そういうわたしが、フィットネス始めました。
先週おためしで一回行って、これならいいかも、と思いまして。
フィットネスって、ジャズダンスでもエアロビクスでもよく言われるのは、「笑顔でポジティヴに!」ってことで、終始笑いながら動かなくちゃならないということで……笑顔が苦手なわたしには辛いかも〜。
(かといって終始能面のような顔で筋力トレーニングするピラティスはもっと辛いわけですが)

紹介してくれたのがかの義妹なんで、申し訳なくてねえ。
彼女の作り上げたコミュニティにずかずか入っていく気はさらさらないというか、イベントなどに参加する気はないので多分付き合いの悪いことになりそうで。
ゴメンね、こんな暗い人間……多分先生とか戸惑ってると思う。。。
でも家でフィットネスは継続に無理があって、週一回でもなんとか体を動かす機会を作らなきゃと思って。

そんなわけで、フィットネス、始めました。
笑顔でダンス、今はあまりに出来ないので苦笑いですが、そのうちワハハと笑いながら踊れる日がくる……かもしれません?w



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : diet
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

フィットネス体験。



う〜〜ん、ほとんど写ってませんね……写真下手でスミマセン。
綺麗だったんですよ、体育館を出たところで満開になっていた桜。

昨夜は義妹に連れられて、隣の市までエクササイズ教室に行ってきました。
とりあえず体験でしたが、いや〜〜……

……わたし、やっぱリズム感ないわw

エクササイズと言っても、ステップをふむダンスが主なので、センスのないのが露呈、終始あたふたとウロウロしてただけ、って感じでした。
途中からヨガ(といっても連続するパワーヨガみたいなの)とピラティスっぽい筋トレもありの、全身を使う、なかなか面白い並びで、来週もなんだったら行ってみようかな〜と思ってます。

今朝、筋肉痛かな? と思ったんですが、割と大丈夫だったのは、結局ステップわからないから動けてなかったせいなのかな?
逆に首に痛みがあります。腕を使ったからなのか、首に負担がかかるような間違った動きをしたからなのか……多分後者な気がします。
いやあ、こういうスピード感のある運動は、間違えると逆に体を痛めてしまうので、自分の出来る範囲と相談しながらじゃないとダメですよね〜。

わたしの「出来る範囲」は狭いw





にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : diet
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

Huluでテレビ「サタデー・ナイト・ライブ」シーズン38第1、8回

「サタデー・ナイト・ライブ」サタデー・ナイト・ライブって、それこそジョン・ベルーシとダン・エイクロイドがこの番組の出身だというくらいの認識しかなかったんで、そんなに関心がなかったんですが、第3回のホストがダニエル・クレイグ、というのを見て、え、お笑い番組にあの人が?? とビックリ、思わず覗いてみたくなる……ラインナップを見ると、なんと8回のホストはジェレミー・レナーがっ。
バラエティに出るジェレミーを見たことがないので、ぜひ見たい。
第2回はジョセフ・ゴードン=レヴィットだし、3回のダニエル・クレイグとあわせてこれは見なきゃ……あ。

一回目はセス・マクファーレンだ〜。

例の見たい映画「テッド」の監督にしてテッドの声の人?
それはちょっと見てみたい、ってことで視聴。


……え〜〜と、大半、分けわかりませんw
何を揶揄しているのかわからないギャグが多数で、しかも唐突に始まるので、どう反応していいかこっちが迷っちゃいます。
冒頭の大統領選には、大爆笑しましたけどねえ。
でも、セス・マクファーレンは……

結構ハンサムでドキドキする〜w

意外というかなんというか、見た目に関心はなかったのに、意外と正統派のハンサムだったんでビックリですよ。
その後の七色の声にも驚きましたし、この人は、アメリカではかなり支持されてるんだろうなあと納得しました。

特にマリオネット制作教室が……個人的にツボw

で、その後ジェレミー・レナーの8回を見ましたが……さすがジェレミーはそれほどコントに絡んでこない?
つか、よくわからないコントが多くて、見続けるのが大変……。

でも三つどもえの銃にらみ合いは笑えました!
やっぱ、超真剣な表情のジェレミーの方がしっくりくるかなあ。
途中まで観たところでジェリー帰宅。
また明日。




にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : television
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

Huluで映画「ゴーン・ベイビー・ゴーン」

映画「ゴーン・ベイビー・ゴーン」(最近allcinemaが重すぎるので、Yahoo!貼ってます)

「ミスティック・リバー」のデニス・ルへイン原作……て書いてあると腰が引けてしまいますが、「シャッター・アイランド」の原作者でもあるわけで、そこは迷うところです。
もしかしたら後味が悪いかもしれない……ちょっと構えて観てました。

原作の題は「愛しきものはすべて去りゆく」……チャンドラーの「さらば愛しき人よ」を彷彿とさせますが、そう、ハードボイルドのようです。
カップルが探偵で、しかも「人探し専門」、ロマンチック・コメディにもなりそうな設定でも、地域が過酷なだけにそうはいきません。
彼女が最初の辺りで言います。
「わたし、死んだ子どもを見つけたくない」
依頼を断ってくれと頼みます。
彼は当然、従いません。
自分たちが変わってしまう可能性を、彼女は敏感に嗅ぎ取っていたのです……

導入で、巧いな〜〜! と感心してしまいました。
地元で生まれ、暮らしてきた主人公が、ギリギリのところで「悪」の側に行かずにたくましく生きている……でも「善」とは何か? 「平穏」は善ではないのか?
重いテーマながら、ストーリー展開は素早く(最初をかったるいと感じるひともいるでしょうが、あの最初が肝心なんですよ)、結末は重く、それでも後味は悪くありませんでした。
そういう意味で「シャッター・アイランド」の方? それとも、「ミスティック・リバー」も、わたしがあの監督とあわないだけで、実は原作は面白いのかも。

とりあえず観終わってすぐ、原作本(の中古)を頼みました。
しかし原作ではこれ、シリーズなんですね。
この作品はかなり後の方?
まあ、読んでみてからまた考えます。

日曜に一人で暇だったので観始めたんですが、大当たりでした。
あんまりドラマ系の映画は見ないんですが、ベン・アフレック監督、好きかも。









にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : movie
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。