FC2ブログ

oniondiary | 日記。時々映画やドラマや小説のレビュー。最近はなんとなく毎日書いてますが無駄話多し。

レンタルで映画「メリダとおそろしの森」

「メリダとおそろしの森」

後で知ったんですが、アカデミーアニメ部門賞だそうですよ、2012年の!
正直、それほどのものかなあと思うわけですが。
ピクサー・アニメやディズニーのファンではないので、見慣れているとは言えないんですが、なんか……「ディズニーの物語をピクサーの絵でやった」って感じ?

元々のテーマがアメリカ的すぎて、引いてしまうのかもしれません。
あと、あんな「恐ろしい罪」を犯したメリダにどんな制裁が下されるかと思うと心配で……

 な か っ た ん で す け ど ね

……えっと。
最初の辺りはかなりリアル路線の話が、魔法の後は完全にファンタジー、というよりもハッキリ言うと「子ども向け」になっちゃって、どうにも一貫していないと感じてしまったのもあります。

一貫性という点ではテーマも、「運命を変える」と言ってますが、主人公は「運命の導きである鬼火」に従って魔女の家にたどり着くわけで……え、なんなのそれ?
つまり、

運命を変えることも運命で決まっていた

ってことでしょうか。
わけわからんw

で、最後まで物語がどの方向に行くかわからず、そういう点では飽きずに観れました。
つか、メリダの髪がくしゃくしゃでカワイイこと以外、アニメじゃなくて実写でやっても良かったんじゃないの? と思うほど、アニメ的なお遊びがなかった映画でしたが、そうそう、あの三つ子のコロコロ王子様たちが可愛かったので、アニメで正解なのかなあ。
お城を縦横斜めに走り回って悪戯する楽しさはピクサー的で楽しかったので、あれで救われたというか……メリダを救ったのも結局彼らだったりして。

正直、無理矢理「女の子を主人公にした」感があります。
領主の息子が三人出てきたわけですが、結局……

王子様不在

……なんですよね。
え〜女の子主人公なのに、ラブもロマンスもなし?
お母さんとの確執を乗り越えるだけ?
その辺が「新機軸」なの?

わたし自身女の子としては、ええ、不満です!(外見どうでも、心は常に乙女ちっく!)
白雪姫翻案の「白雪姫と鏡の女王」や「スノーホワイト」も、ある意味母娘(なさぬ仲ではあるけども)の確執を乗り越える話ではありますが、最後に王子様に助けられる話にしたくない……それは理解できたし、面白いと思ったんですが、だからといって男性を完全に「対象外」のボンクラばかりにしてしまったことで排除してしまって、おかげでメリダがかわいくてカッコ良くても、やっぱりひとりぼっちと感じてしまって……まだまだ親の庇護の元にいるってことですかねえ。

それって、成長してないってことじゃないの?



う〜〜ん、どーにもアメリカの「自由意志」にこだわる社会常識に、偏りを感じてしまう一本でした。
てことは「社会的な意味で」アカデミー賞とったのかなあと感じてしまうわけです。


動画




お母さんの子守唄。



でもこっちのスコットランド民謡的な方が好きです。
音楽は総じて良かったと思います。




スポンサーサイト



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : movie
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

レンタルで映画「白雪姫と鏡の女王」

「白雪姫と鏡の女王」

昨年も半ば、「スノーホワイト」の感想を書きましたが、あっちはこの辺りでも劇場であったのに、この映画はついに近所のシネコンではありませんでした。
劇場で観たのとレンタルのDVDで観たのと比べるべくもないわけですが……

 だ ん ぜ ん こ っ ち の が 良 か っ た 

……んですが。
ストーリーも面白いしウィットも効いているし衣装や舞台も美しいし役者もぴったりハマっていて最高のエンタメ映画でした。

基本のストーリーは完全に白雪姫なのにね。
妙に深刻に描いてみせてこっちがしらけちゃった「スノーホワイト」と、最初からおちゃらけてお笑いにしてくれたので、バカバカしいと笑いつつも楽しんで観賞できたこの映画……まるで新しいバットマン・シリーズ(ノーラン監督)と前のバットマン・シリーズ(バートン監督)の違いのように、わたしにはおちゃらけている方が逆に真剣に物語に向き合っているように感じました。

おとぎ話だもん、無理があるのが当たり前。
どこかで「お姫様アゲ」の為の都合のいいストーリーになってしまうのはしょうがない……けど、その部分にリアリティを持たせようとするとおとぎ話的なふわふわとした楽しさがなくなってしまう……。
そのあたりのさじ加減が、かなりわたし好みなのがこの「白雪姫と鏡の女王」です。
基本「ボーイ・ミーツ・ガール」にちゃんと比重が置いてあって、なんと女王がライバルに!
ジュリア・ロバーツが小娘リリー・コリンズと対抗するのは無理があるけど、ホラ、そこは魔法の力があるし。
つか、あの魔法……笑ったわ~!

ジュリア・ロバーツが結構楽しそうに悪い女王やってますが、考えてみるとかわいいというか、お金目当てなら男爵(おじいさんで醜男)でいいのに、若い王子様と結婚したいとか、結婚式に向かう馬車の中で「結婚式って何度してもワクワクするわね」とはしゃいでいる姿が可愛くて、シャーリーズ・セロンが「スノーホワイト」で演じたコワイ女王のカケラも感じさせず、でもやっぱり悪役という素晴らしい演技力で笑わせてくれます。

白雪姫(「ふざけるなって名前」と冒頭でいきなり女王に言わせてしまう)にリリー・コリンズ……眉太っ。てのが最初の印象ですが、どんどん綺麗になっていって、終いには眉も気にならなくなっていました(慣れ?)。
こっちも「戦うお姫様」ですが、アタマを使う戦いが出来る分、能動的だと感じます。

王子様のアーミー・ハマーは、「ローン・レンジャー」の人ですね。
コミカルな役が多いのかな。でもこっちのがキュートでした! 王子様らしいし、適度にドジで。

そして王様のショーン・ビーン……ほとんど出落ちw
こんなの多いなあ。「パーシー・ジャクソン」とか。似合ってたりしますが。

そして最後は大団円で踊りまくり!
どーでもいい七人の小人の将来とか、誰得w
あっけらかんと笑えて、美しいおとぎの国を楽しむことができて、たったの106分で、なんてよく出来た映画なんでしょう!

動画




エンディング曲の動画見つけたので貼っておきます。
このノーテンキな明るさがイイ!

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : movie
Posted by onion on  | 4 comments  0 trackback

映画音楽をYouTubeで楽しもう。

以前にIMDBで映画に使われた曲がわかったので、「スター・トレック・イントゥ・ダークネス」の音楽を探してみました。



これは、カークが猫耳ツインズと3Pしてたw部屋でかかっていた曲ですが、とてもその曲に聴こえないのは当然、何せ中盤にほんの一フレーズ流れるだけの部分です。
変なPVw、でも好きな曲なんで、iTunesで買っちゃいました。

で、このバンドをwikiで調べたら、メンバーが2012年に亡くなっているんですね。で、23世紀(4でしたっけ?)にカークの部屋(かどうかはわからないけど多分そう)で「レコード」が鳴っていると……この辺りもアメリカ人だったらジーンと来るものがあるのかも。



動画にJUST DANCEというWiiゲームのものがあり、これがなかなか動けそうなので、とりあえずメモメモ。



あと、落ち込むカークがバーで酒をあおるとこで流れていた曲。
これもアメリカでは古典的なジャズのようですね。
スタトレはアメリカの神話だ、っての、わかる気がします。



首になった(やめた?)スコッティがいたバーに流れていた音楽……でも日本ではきゃりーぱみゅぱみゅの曲だったらしいですが……正直本国版DVDでこっちを聴いているので、まったく覚えてなかったりして。
これはメキシコ版とありますが、アメリカと同じような?

変に他の国にあわせようなんてしなくていいのになあ、スタトレ。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : music
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

旅のおもひで。



朝からジタバタ……おみやげのくまモン人形を動画で撮影、YouTubeにアップしてみました。人生初〜〜うまくいったかな?
でもiPhoneのメモリ足らなくて、めっちゃ短い動画にw
あかん、写真の整理しなくちゃ。

で。
おうむ返しくまモンです。
ジェリーが長男に買ったお土産です。本人も同行してたんだけどねw
長男は「高いからいいよ〜」と言ってたんですが、ジェリー本人にかなり受けたらしくて。
同じ製品のピンクの犬が宿の売店にあって、散々遊んだ次の日、別の土産物のお店でくまモンバージョンを見つけて購入。

人の言葉でも反応するけど、テレビだとどうかな〜と置いてみたら、ドラマではダメでした。人間の言葉にならなかったりして……やっぱ肉声との違いがあるんかねえ、と言ってたら、NHKのニュースが流れたらきっちりしゃべり始めました。
てことは、滑舌の問題かな?



同じような動画がYouTubeにあふれてますw


あと、個人的なネタ。



宿の部屋番号……Bが後だったら完璧だったのにな〜!!



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : iPhone/iPad
Posted by onion on  | 4 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。