FC2ブログ

oniondiary | 日記。時々映画やドラマや小説のレビュー。最近はなんとなく毎日書いてますが無駄話多し。

買い物の成功と失敗……。



よく見たらネック部分のウェアがズレてる……。

昨夜、郵便が三つきまして、一つがこれ。
わたしから「長男への誕生日プレゼント」に買った、


ピュアニーモキャラクターシリーズ 「ソードアート・オンライン」 アスナ (ティターニアVer.)

です。
別にフィギュアやお人形が欲しいタイプじゃない長男に、しかも誕生日の一ヶ月も前に、おしつける母……そして、

時々お着替えさせてくれて、写真撮らしてくれたらいいなっ。

という、魂胆丸見えな「贈り物」です。
いやあ、この間からピュアニーモのお人形が欲しいな〜と見ていて、でもアニメのキャラのって「萌え系」が多すぎてちょっとアレだったんですよね。
そのアニメも見ていないのも多くて。
唯一(中途半端ですが)見ていて、そしてお顔がめちゃくちゃカワイイ子がこの子で、しかも長男も大好きなキャラだったんで、思い切りました。

しかし、このキャラ「妖精」なんですよね。とんがり耳をつけるようになっているんですが……
「これ、両面テープで貼れ、って 書いてある」
えええ?
……しばらく貼ろうとゴソゴソする長男。

「ダメだ! すぐ外れる! もう瞬間接着剤で貼るしかないかも!」
でも、下手したら顔の塩ビが溶けるよ?
「うぅ、じゃあそれ用のボンドか……」
でも、妖精じゃないときもあるんだよね?
「まあ、そうだね。てことは完全接着はだめか……」

余計、迷わせる結果になったかも。

でも本当に、めっちゃかわいいんですよ!
腕や足の稼働も、これまた他の人形と全然違って……ぜひ、全部脱がして写真撮りたい!
なのに、この妖精の服、なんつーか、本当に「布切れをまとっている」って感じで、足のリボンなども両面テープで貼るとか、なんだかな〜な状態で、脱がすと着せるのが面倒かも。
う〜〜ん、しばらく置いておくか。。。



二つ目は、momokoの素体です。
首のジョイント部分のプラスティックが欠けてしまっていたので代わりを頼んでいたんですが、ついつい色白ボディを頼んでしまったので、ちょっと首が白い……ま、これは許容範囲として諦めよう……。
しかし、脱がして気がついたんですが、この子、



胸にタトゥーがあったのね!
なんてふしだらなっ(違う違う)。
そんなわけで美白&タトゥー消しのセレブボディに生まれ変わったうちのmomokoさんですが、着る服がてきとー……ゴメンネ、今度もうちょっとカッコいい服、考えるね(「いつだ、いつなんだ〜〜!」というmomokoさんの声が聞こえるようだわ)。



……そして、これ。
これが昨夜のメイン・イベントだった……はずが。

ご覧下さい、これ、Blu-rayです。
そう、前回はDVDでしたが、今回Blu-rayにしました。
昨年「パシフィック・リム」のUS版Blu-rayが見れたので、そっかBlu-rayって、リージョン関係ないんだ!……と。

結論から言いますと、

 見 ら れ ま せ ん で し た 。 。 。

声は聴こえるんです。動作メニューも。
でも、画像が一切出ません。
ストップやスキップの合間にちょこっとだけ見られる程度で、あとはブラック・アウト……なんだそれ〜〜〜!!

「なんでBlu-rayにしたん」と長男。
だって、少しでも綺麗な画面で見たいじゃん。
去年USでスタトレのDVD買って、Blu-rayにしなかったのを後悔したんだもん。その後パシリム買ったら、見れたからさあ。
「アメリカのBlu-rayとイギリスのBlu-rayが違うって、思わんかったん?」
おもわんかった。

でもそういえば、Blu-rayを注文した後「ドクター・フー」にハマって、ソフト買おうかとUK見ていたら、ちらほらと、

[Region Free]

の文字が。
あ、あれ? じゃあじゃあ、わたしの頼んだアレ(これね)は、フリーじゃないってこと?

と、一抹の不安はあったわけで……ああっ。

事情も知らず、調べもせずに買ったわたしがバカでした。。。
もう落ち込んじゃって、どーしようもないです。

でも今朝、結局また注文しました。
DVDを。
懲りずに。

たくもう。





スポンサーサイト



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : shopping
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

「スター・トレック イントゥ・ダークネス」Amazon限定版到着!





来ました! 「スター・トレック イントゥ・ダークネス」のBlu-ray!
パシリムで買えなかったAmazon限定スチール・ブックを、やっと手に入れて嬉しい〜〜!
スチール・ブックって本当に入れ物ズバリなんですね。なんでか、普通のパックが缶ボックスに入っているだけかと思ってましたw



裏。なんつーか、悪役押しが半端ないんですが……バッチさんファンでもちょっと引く……スタトレに関しては、カークメインの表紙が欲しいんですが……。



中まで……どーなの。
統一感はあるんですけどね。



付属のコミックブック。本当にオマケって感じの小ささ……。。。
しかも英語だし。
しかも途中? 本編は買ってねって?
しかも絵は上手いのかもしれないけど、肝心のクリパイが似てないし。

う〜〜む。
スタトレ・ファンのための仕様じゃない気がする。

ま、それは外見でして、中身。
今回またしても「3D付き」を買ったので、3Dと2DのBlu-rayと、特典映像のDVDが一枚の三枚組でした。
最初にDVD特典映像見て、Blu-rayの本編見て、そのBlu-rayの中にある特典映像見ました。
こっちの中身はほとんどバッチさんの映像もなく、外身と全然違う〜なんだろうこのアンバランス。

メイキングなどで、結構「本物」を作ってたことを知りました。
全部CGだろうと思っていた火山のシーンなども、ちゃんと撮影しててビックリ。
JJはそういうとこわかっている人なんでしょうね。何もないところよりも役者が入れこみやすく、観客も「重み」を感じるって……これはSWの新作に期待できるかも!

……それは置いておいても、メイン・デッキがそのものズバリ出現した時には感動……いいなあ、あの環境で仕事できるなんて。
と思ったら、ベンジェンス用に黒く塗っただって〜〜? そんな……もったいない!
映画って消えものとは思いつつ、大道具さん大変だなあ。。。

しかし……このセット、メニューのどこを探しても

監督のコメンタリーがない!

んですがっ。
なんで? それって、全部? それともDVD版などには入ってるの?
嘘だろう……ダメすぎる。ほとんどアレが楽しみで買ったようなものなのに!

ガッカリ……。




日記


朝、結局ジェリーのVIZAカード借りて「SHERLOCK」のシリーズ3のBlu-ray、予約してきました。
今度は特急便にした〜〜〜そしたら、本体より送料が高いよママン。。。


にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : Blu-ray/DVD
Tag : 映画 Blu-ray
Posted by onion on  | 4 comments  0 trackback

パシリム・ぷれみあむぼっくす。。。





もう、バカと呼んでください。。。
買っちゃいました。
ええ、3D&2DBlu-ray買ったんですけどね。
ついつい、リンクを開いてみると一時よりお安くなってたので……Amazonから発送だったし。

届いてみると、ほぼ前回のと一緒? ディスクが一枚増えてますが……どちらにしてもDVDはついてこず、ダウンロードのリンクのみです。
まあそれはどうでもいいっちゃ、いいんです。
そしてボックス、たしかマクノスケさんが北米版買ったとき、全部ディスクが重ねて入ってたっておっしゃってましたが、これ、ボックスが別についているだけで、ディスクはちゃんと普通のケースに入ってます。

わたしがBlu-ray&DVD買った時もディスクが一部重ねた状態で入ってたし、その辺はお国柄で、日本では「重ねていれる」なんて想定外なんでしょうねえ。
おかげで心置きなく、ジプシーは飾り物として楽しみたいと思います!

……というわけで、寝坊のお茶濁しでした!




にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : Blu-ray/DVD
Posted by onion on  | 4 comments  0 trackback

Blu-ray「パシフィック・リム」監督コメンタリー観賞。

引き続き、「パシフィック・リム」祭り状態でして……昨夜は監督コメンタリー観ました。

これは好きずきでしょうが、監督コメンタリー観る時に音も監督の声にするかどうか……なんつーか、映画の音も楽しみたいんですけどねえ、たいてい静かになっちゃって、沈黙部分だけ音が復活して、映画を観ているって感じじゃなくなるのがイヤなんですが、一回目はまあ監督の話し方も重要かとコメンタリーの声にしたら、デル・トロ監督ったらほぼしゃべりっぱなしw、映画の音が復活するのって2ヶ所くらいしか気づきませんでした。

まーよくしゃべってましたが、やっぱりこの人は芸術肌というか、ビジュアルの世界にこだわりがあるんだなあと感じました。
特に色彩、色の持つ意味をとことん追求しているので、あの世界観の統一がもたらされているわけで……自らこの映画を「ジャンル映画」と称して、まるでスポ根学園ものみたいにストーリーはシンプルだと解説していましたが、定番ストーリーでありながら非凡なビジュアルを細密に構築することで異世界に圧倒的な実在感をもたらすことができる……ある意味この映画は一つのファンタジー世界を作り上げたんじゃないでしょうか。

それにしても色に意味があって、観客が意識はしなくても心に印象として残る……そのあたりや撮影テクニックも流石、一つ一つのシーンが細密に組み立てられた小さなブロックから出来ているようで、聞いていて飽きず、デル・トロ監督の声にもうウットリしてしまい、結局最後まで観ちゃった。

思ったより映画のルーツの「ゴジラ」やウルトラシリーズに言及があり、日本人が巨大な怪獣やロボットを神格化する感覚さえ、わかってらっしゃいましたねえ。
つか、わたしが知らない日本人名多すぎw
いやいや、マジでわたしと同じ子ども時代だったらしく、TV漬けで育ったのねえ。観ていた番組がモロかぶりで、そりゃあ嗜好も一致するわけですが、監督の場合はこれにメキシコのプロレスが加わると……そう見ると、ジプシーの顔ってモロにプロレスのマスクマンですよね。最初は鉄人28号にしか見えなかったけど、そういうことかあと今更気づきました。

あと、モーション・ピクチャーよりCGアクションの方が好きだと言うのも、納得の一因かも。
確かにアンディ・サーキスはすごいし指輪もホビットも好きだけど、どこか「跳んだ」感じがしなくて……この辺りはアニメや特撮ものの「大げさ演技」に慣れているだけかもしれませんが、怪獣や特にロボットの動きは、並外れた「大きさ」が動きに反映して欲しいし、どこか人間的でないものであって欲しいと思うから、監督の言葉に膝を打つところありで。

それから、「11歳の子どもにこの映画を観て欲しい」と言ってましたね。
だから日本語吹替版がデフォルトなのかな?
だったら納得です。
ウチの子どもたちが最初にハマった映画が「バック・トゥ・ザ・フューチャー」で、吹替版でした。わたしがあれほど薦めた「スター・ウォーズ」がウケなかったのは我が家に吹替版ソフトがなかったせいもあると思います。
その子たちも育つと吹替より原語を望むようになるし、やっぱり時期的なものもあると思えば、監督の意図をくんだソフトであると言えるでしょう。

最後に「予算が余ったので返した」とあってビックリ……普通足りなくなるんじゃ? ということは潤沢に予算をもらったか、それとも最初の計画通りにきっちり予算管理も出来ていたか……後者かなあ。余ったので追加撮影でエンディングを撮影しなおしたエピソードなんて、これほどお金かけた映画なのに、「つつましい」と思ってしまうわw
つうか、最後のシーンをキュアロン監督やキャメロン監督に助言をもらったとか、豪華というかそんなカリスマ監督にも平気で助言を求めてそれを受け入れるって、なんか凄い。

大きなことをやり遂げたのは、ちっぽけな人間だった、というエンディングにそのエピソードがかぶって、感動しつつ観終わりました。




さて、次は特典映像だなw




にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : movie
Tag : 映画 Blu-ray
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

Blu-rayで映画「パシフィック・リム」我が家で爆音上映会!





プレミア・ボックスを注文し損ね、Amazon限定スチールブックもだめ、その辺ダメダメな予約状況の中、ほぼなんの競争もなく買えた3D&2DBlu-rayセットです。
まあ、基本映画が入ってればいいし、あとは監督コメンタリーが楽しみかなあ、ってくらいなのでこれでいいかと。
(でもAmazonでスチールブック復活すると欲しくて一旦は覗いてしまう物欲の塊)
で、よく見るとDVDついてないのね……まあ米国版もってるからいいっちゃ良いんだけど……とよく見ると、デジタルコピー付きでした。
flixstarというサイトでできると書いてあるんだけど、Facebookのアカウントで入れ? よくわからん? とジタバタやっているうちに、アプリがあるのに気づきました。

flixster

これをiPadにインストール、今映画をダウンロード中ですが、これが日本語吹替版だよ……なんでこうなるんだろうなあ。。。

そうそう、昨夜は初見のジェリーと一緒に爆音上映会でした。
近所の皆さんに聴こえてしまったかもw
日頃は使わないTV下のスピーカー使ったので、低音ばっちりで迫力ありました。
いや〜何度観ても面白い!
そして改めて、結構なバカ映画だとも気づくw
最初のパイルダー・オンって、あれ、やりたかっただけでしょw 意味ねーしw
怪獣が二体出てきた時も、なんで紙出力が最初から二つあるんだよw
「誰が俺と組むんだ」とチャックが言ったとたんシャッター開いて長官登場とか、タイミングがもう完全にプロレス演出w

……大好き(ぽっ)。

ま、最初からイェーガー(ロボット)のあまりの巨大さに、もう一般常識なんてどーでもいいんだな、と気づくわけですが、ホラ、日本人って基本的に「巨大なもの」を畏怖する民族だから。
古代的には国生み神話の神様は日本列島生んじゃうほど巨大だし、ダイダラボッチ伝説や、巨大な大仏を作ってしまうお国柄、理解を越えた大きさは無条件で崇拝対象です。

そんなわけで崇めるように映画を堪能しました。
終わったとたんジェリー叫ぶ。

「あ〜、メックウォリアーやりてえ〜〜〜!!」

その昔PC98時代に散々やっていた、ロボットを操縦して戦争するシュミレーション・ゲームで、操縦桿まで買ってやってましたっけ。
酔う体質なのにあれは大好きでしたねえ。
「これ作った人、絶対メックウォリアーからとったろ」
いやいや……よくいるなあこういう人。自分の前の経験からしかルーツをたどれないとか……エヴァのパクリとかね。ちゃうだろ。おおきなロボット&怪獣ものの流れにエヴァもメックウォリアーもあって、根底には60年代の……ま、説明するのもめんどくさいのでしませんでしたが、パシリムは堂々、完全オリジナルものだと断言できます!

こんなに没入できた映画、久々でしたから!

というわけで、明日は監督コメンタリーの予定。
ええ、まだまだ続く、マイブーム。

それにしてもBlu-ray本体まで、普通に何の設定もせずに再生するとデフォルトで日本語吹替版になるのは、勘弁して欲しいんですけど!
ある意味子ども向けじゃないんだからさ!!







にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : Blu-ray/DVD
Posted by onion on  | 4 comments  0 trackback

北米版「パシフィック・リム」Blu-ray&DVD!



届きましたよ! 良かった11月27日じゃなくてw
船便でちょっと時間かかったみたいですが、やっぱり二週間でしたねえ。
次からは(次があるとしたら)もうちょっと考えて注文しなきゃ。

つうか北米版……表紙は角度によってジプシーとカイジュウが見えるカバーがついてて綺麗なんですが、中……三枚組なのに見開きのみのパッケージで、右側に特典Blu-rayとDVDが重ねて入ってる。。。なんていーかげんな。
これは、三枚入る空パッケージ買って入れなおしとかないと、DVDが痛むかも。

でもとりあえず、HandBreakでiTunesにコピーしてみました。スタトレの時は上手くいかなかったけど、今回はバッチリで、これでAppleTVでいつでも見られるようになったので、Blu-rayデッキが空いてない時でもドリフトできます!
(写真はiMacで観賞しているところ)

……そりゃまあ、劇場にはかなわないんですけどね。
なんか、映画が別物に見えます。
Blu-rayは画面がハッキリみえるので、映画館で気づかなかったディテールに感動はするのですが、迫力という点でイマイチ。
見る度に、もう一回劇場で観たいなあ、と思うわけで。

家でも何度も見るんですけどね!

メイキングは英語が不自由なのでイマイチわかりませんでしたが、なんか短かったですねえ。やっぱりプレミアムが良かったのかな。どうせ何言ってるかわかんないからいいかw

ジェリーは日本語版を待つそうです。
見せてハマらせてやろう(そして博多に連れて行ってもらおう)と思ってたのに、計画頓挫。。。ちっ。


にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : Blu-ray/DVD
Posted by onion on  | 6 comments  0 trackback

Blu-rayで映画「スター・トレック3/ミスター・スポックを探せ!」

「スター・トレック3/ミスター・スポックを探せ!」

大変遅いペースながら、旧作のBlu-rayをジェリーとちまちま見ています。
ヤツのペースにあわせると、一つの映画に三日ぐらいかける……リズムだだ崩れだけど、この映画の場合はいいことかも。

気づいてみれば、この数十年で映画ってずいぶん変わりました。
こんなのんびりした展開、今の映画ではありえません。
もう、最後の復活の儀式のくだりでは、退屈を通り越して様式美あふれる歌舞伎を見ているような気分に……。

でもまあ、これも4につながる伏線(猛鳥号獲得)と思えば、必要な作品だったんでしょう。
つか、トレッキーにとってはミスター・スポックは復活しなくてはいけない存在だったんでしょう。

あと、スポックのために地位も名誉もあっさり(めっちゃあっさり!)捨て去るカーク以下メンバーたち……ファンは大喜びだろうけど、ホント、エンタープライズが家で家庭で家族だったんだなあと、なんだか物悲しく……カークは息子も失ったし。

まあ、この後が「故郷への長い道」なんで、いいかっ!

……これですべてが解決してしまう、橋渡し的な映画ではありました。



余談、ミゲル・フェラー(allcinemaではファーラー)がエクセルシオのシーンで出てました。若くて髪がふさふさでしたが、すぐわかりましたw
データ見たら、ジョージ・クルーニーの従兄弟だった……微妙な驚きっすね。



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : movie
Tag : 映画 Blu-ray
Posted by onion on  | 7 comments  0 trackback

HDDいっぱいなので……。

10月1日、早起きしたのに、Blu-rayのダビングで手こずっている朝です。
もう〜たまりにたまってるし。
「あまちゃん」ダビングしとかないと、ハードディスク足らない〜。
あまちゃん総集編とか朝まであまTVとか、関連番組もつっこんでるから、大混乱の巻でございます……布教用に2枚焼いてるしw

Blu-ray、いっぱい入るのはいいけど、ハードディスクに全編入れてからどんっとダビングするパターンだと、いつもハードディスクが一杯状態になっちゃうんですよねえ。しかも昨日は「楽しいムーミン一家」をダビングしたら(まだ終わってない……)、全部入れても余るし……次までとっておこうとすると、いつまでも片付かないことに。。。

昨日からまたDVDのExcelリストを打ち込んでいますが……1100越える……要らないものは整理したい……けどいつか資料的に(あの人あの映画に出てたの?チェックしたい!ってときとかに)見るかもしれないと思うと、やっぱり捨てられない……困ったもんです。

しかし、ここ最近の20枚分でも、え、この映画なに? 録画したっけ? という、何のジャンルかさえわからないものが……w
日々忘れていくなあ。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : Blu-ray/DVD
Tag : 日記 TV Blu-ray
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

Blu-ray「テッド」(クマつき)届いた!





つか、カートに入れたことさえ忘れていました!
とりあえず届きましたと言うことで。
長々コメント書いてたら、時間なくなっちゃったw

ところで、コメントが長過ぎたのか、マクノスケさんへの前半が入らなくなっちゃったので、下にコピペ。



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : Blu-ray/DVD
Tag : 映画 Blu-ray
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

MacBookでも縦書き文書を読もう。

昨日の記事に関連してますが、縦書き、iPhoneで読んだあと、MacBookでも読めないかなあと、しばしググってみました。

すると、青空文庫をパソコンで読むソフト、「えあ草子工房」が出てきました。
この中の「AIR草子」という電子書籍ビューアで読めそうなので、インストールしてみました。
ただしこの前に「Adobe AIR」のインストールが必要になるので、それなりのハードルもあって、迷うところだったんですが(既に色々詰め込みすぎでメモリがアヤシイMacBook)、もう勢いで。

Adobe AIRって・・・・・・

ブラウザーの制約に縛られずに魅力的なアプリケーションを提供

Adobe AIR 3ランタイムにより、デベロッパーはHTML、JavaScript、Adobe Flashソフトウェア、ActionScriptを使用して、ブラウザーの制約に縛られずに、スタンドアロンのクライアントアプリケーションとして実行されるWebアプリケーションを構築できます。



って書いてありますが、本当のところよくわからんw
まあとにかくその後「AIR草子」をインストール、テキストを読み込んでみました。



出来上がり。もちろんわたし用に文字を大きくしました。
これでMacBookでも快適。(もちろんPC用もあります)


花の週末もあっという間に過ぎ、今日からまたお仕事の日々が始まるわけですが、土日に何もしないとホント、月曜が辛い……結局テレビ観て過ごした、成果のないお休みでした。

まあ、かろうじてやったことがこれくらい。




にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : iPhone/iPad
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

Blu-ray「アベンジャーズ」きた~!



「アベンジャーズ」



映画好きでもなかなかソフトまでは手を出さないわたしですが、年に数回Blu-rayは買います。
必ず超リピート予定で。
今年は「SHERLOCK」とこれかな。
劇場で観た映画の中では今年一番が、これです。

初めて「デジタルコピー」版が入っているものを買いました。
以前は要らないと思ってたんですけど、ウチのディーガ、予約録画の予定が入ってると自動的にBlu-rayの再生を中止してしまうので、そうか、それでDVDも一緒に入ってる方がいいのね〜、と思い知ったわけで。
でもこれはよく見るとDVDではない?

もろに「デジタルコピー」って書いてあるのね〜と、よく説明書を読むと……なるほど、iPhoneやiPadで観られるように、パソコンに取込み可能なのかあ。そのあたりも管理できるDVDなわけね。
なんか意図的ですな〜〜著作権の保護に。
まあいいや、とiTunesに取り込み、再生してみました。

お、なかなかきれいじゃん!

……と思ったのもつかの間、え、日本語吹替え?
このデジタルコピー版は、吹替えしかないの? 選択肢、ナシ?
え〜〜〜〜、そりゃあ……

(Amazonのレビュー見てみる)

やっぱしw
そうでなくても芸能人の吹替えには色々文句言いたい人もいるってのに、逆鱗に触れてますなあ。
評価が下がりまくってて悲しいほどです。

まあ、わたしは竹中直人以外、割と好きなんですけどね。
特に宮迫博之のホークは、寡黙な男がひと言ひと言しっかりしゃべる、って感じで凄く好きです。
関係ないけど宮迫さん、頑張れ。「下妻物語」のダメオヤジから、演技はただ者じゃないと思ってました。復帰を待ってます!

……まあそれはさておいて。

なんだかんだで、わたし、この映画のレヴュー書いてないですねえ。
なんせ気に入りすぎて、何から書いたらいいかわからない状態だったもんで、ついつい先延ばしにしている間にプライベートが忙しくなったりして、結局なし崩し、すでに自分がどこに熱狂したかわからないかも〜〜〜と思いつつ視聴したんですが……

よみがえる熱狂!

いたるところに萌えポイント!

ヒーロー一人一人はトンデモ設定なキャラなのに、集まると余計に個性が際立って面白くなる、無駄の集まりが無駄をなくす、最強の布陣です!

実は脚本もよくできてるんですよね〜〜。
一人一人に戦う理由があって、それぞれに紆余曲折しつつ最後まで突っ走っていく大まかでありながら無駄のない展開に、最初にちょっとだけ観るつもりが、最後のシャワルマまで観ちゃったw

いや、おつかれさまでした。
年末年始、また楽しませてもらいまっせ!





にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : Blu-ray/DVD
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

Blu-ray「フィフス・エレメント」買っちゃいました。

ちょっと早めに起きても、ネット・サーフィンでズルズル過ごしてしまう朝です。

だうも。

昨日の「ハンガー・ゲーム」感想を書いたあとで、気になってたことを思い出しました。
一昨日の件とも関連するけど、映画の中の音楽に似ている曲を知ってて、それが気になって気になって。



静かなシーンに↑と似た曲が流れるたびに、なんか微妙な気分になってました。
同じ作曲家じゃ、ないよねえ。こういうカントリー(?)のジャンルも似た曲が多いのかもしれないけど。




さて、一昨日書いた自分の記事に触発されて、色々巡っているうちに、結局買っちゃいました。



そう、定番なのに手元に持っていない映画の一つ、この間瓦礫ゴミの日に出してしまったVHSテープ(セル)を惜しいと感じてしまうこれ、ついついAmazonでぽちっと。

「スペシャル・エディション」とあって、なにか特別付録があるのかと思いきや、廉価版だった気がする。
え、DVDついてないの〜〜〜。
案の定、観賞中に

「録画の時間が近づきました。再生が停止されます」

なんて出るし。
予約録画しているときには、Blu-rayの再生はできないんですねえ。
あんまり持ってなかったから気にもとめなかったけど、常に予約が満杯なウチのデッキにはキツいです。。。

そんなわけで、ディーバの歌のあと、アクションあたりで終了〜〜〜がっくし。

でも面白かった!
やっぱ好きだわ〜〜このユルさが特に。
それで思い出すのが、以前(ものすごく以前)映画の感想ページに登録していて、ウケたら読者が点を入れるタイプのものだったん(今ではURLも忘れた)ですが、わたしの感想に大量得点が入った、唯一の映画だったなあ。

その感想、いまでも全文忘れません。



スミマセン、好きです。何度も何度も見てしまいます。スミマセンスミマセンスミマセン……。



……短いからw
そして、今でもマイベストな感想文だと思ってますw
いやあ、なんせどう見ても名作ではないし、今見るとお笑いも滑ってたりする……けど、やっぱ好きで、何度も何度も見てしまうんですねえ。

そういうわけで、また何度も見てしまうでしょう。
まい・ふぇいばりっとな一本、だから!


にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : movie
Posted by onion on  | 4 comments  0 trackback

しつこく映画「マイティ・ソー」

昨夜も「マイティ・ソー」のBlu-rayを観てました。
ええ、好きな映画はしゃぶり尽くすタイプです。
今回は監督のコメンタリーを字幕に出して(音は映画の英語で)、裏話をよみながら観賞。

改めて、ケネス・ブラナーって、シェイクスピア好きなんだなあと。

というか、かなりオーソドックスな映画の作りを真正面から丁寧にする人なんだなあと思いました。
それがこの映画が成功した(わたし的に)要因なんではないかと。
一歩間違うとただのコスプレ劇になってしまう「神様の世界」を、重厚に、真面目に、真正面から取り組んで作り上げた……そんな職人気質が見えます。
ある意味、丁寧に作り上げた絵本を読んでいるようでした。

映画館では3Dで観たんですが、この映画は他の映画と違って、まるで「飛び出す絵本」のように、「前」と「後ろ」がくっきり別れているような3Dでした。
わざとなんでしょうね、リアルに見せるより「物語」を語る方に重きを置いている感じ。

でも、演技面の演出ではかなり役者よりで、夕日の中砂漠を走る車内のシーンなどは何度も何度も撮り直したと言ってたり、シンプルなストーリーだけどその中の感情表現は丁寧に重厚に練られていて、ナタリー・ポートマンの演技を絶賛する監督のコメントで胸が熱くなったりします。

その画面の絵本的な軽さと役者のリアルな演技があいまって、この映画が楽しく観れるものになってるんだなあと、改めて納得。
いやあ、面白かったです。





さて、昨日はまたレンタルショップに行って、「アンダーグラウンド」と「グリーンランタン」借りてきました。
今度は延滞金つかないように、ちゃんと観なくちゃねえ。






にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : movie
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

BD「マイティ・ソー」買っちゃった!





昨夜届きました!
ちょっと遅いけど自分への誕生日プレゼントということでw
ヘムちゃんの超笑顔とか、ホークアイのチラリとか、色々とお目当てはあるんですけど、結局最近ロキさま萌えかも。
「アベンジャーズ」でのあまりに見事なやられっぷりに、逆に嬉しくなってしまうのは何ででしょう? 

とりあえず特典映像……ん、なにこの

●マーベル・ワンショット:相談役

って。

……(視聴)

あ、あはははははは……コールの息子よ……これは、「インクレディブル・ハルク」を見ないとわかんないじゃないっすか……なんつーコアな特典映像を、しかもハルクじゃなくてソーのBlu-rayになぜ入れるかね〜〜〜〜。

おもろかったですけども。

これはレンタルDVDには入ってなかったですねえ。まさにBlu-rayだけの特典。映画がつながって行くという点で、SWのような三部作六部作にしなくても、定期的にシリーズの枝葉映画が増えていくという、なかなかスゴイ商売しています、マーベル。
しかしそれにファンがついて来れるか……これからの展開にかかってるでしょうねえ。
とりあえず「アイアンマン3」ですか……ソーも次回作を撮影中みたいで、わたしとしてはそれが楽しみです!


……で、ほかの特典映像を……と思ったら、デッキが「録画時間が近づきました」と……そう、Blu-rayはハードディスクの容量を食うんでしょうか、録画と同時再生ができないんですよね……う〜〜む、そうなると再生専用機が欲しくなる罠がw



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : movie
Posted by onion on  | 4 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。