FC2ブログ

oniondiary | 日記。時々映画やドラマや小説のレビュー。最近はなんとなく毎日書いてますが無駄話多し。

DVDで映画「晴れた日に永遠が見える」



ウチのトイレにかけたカレンダー、侮れません。
今月はこれですよ。
そしてこの一言で、あの映画をどうしても観たくなりました。

「晴れた日に永遠が見える」



まんまやんけっ。
この映画との出会いは、やっぱりTV。
子どもの頃の映画体験というと、劇場に行くのはまれ、「水曜ロードショー」とか「月曜洋画劇場」でTVで観賞でしたが、ゴールデンにかかるのはいわゆる大作映画で、誰にでもウケるタイプの映画が多かったように思います。

この映画はそんな番組ではなく、土曜の昼下がりに映りの悪いチャンネルで見た記憶が最初です。
そして最後だったりします。
とにかく、

オープニング

この、延々色とりどりの四角が向こうに行く、サイケなオープニングが印象的で、単語ごとに、

ON

A

CLEAR

DAY

YOU

CAN

SEE

FOREVER



と流れる歌が、もんのすごく美しくて、一気に大好きな歌になりました。
晴れた日に永遠が見える……なんて中二病な(とほほ)題でしょう。
でもただ不思議なだけでなく、色々な意味を持って心にしみ込んでくる言葉でもあります。
……で、ストーリーはさっぱり覚えて無いという。主演も、てっきりドリス・デイだったと思っていました。
多分「夜を楽しく」と混ざったんだな……ともあれ!


とにかくこの頃の映画を見ると、少女の頃に夢中で読んだ少女マンガを思い出します。
突拍子もなくて、チャーミングで、カラフルでライトで、ちょっとほろ苦くて。自分に自信がない女の子を励ますような、そんなストーリーが多いですね。
ネガティヴ思考で凝り固まった少女だったわたしには、癒し以上の存在でした。

そんな少女マンガ、あの頃の漫画家さんが何に影響されていたかというと、きっと50年代から60年代にかけての、ニューエイジシネマが現れる前に最盛期を迎えた、きらびやかなハリウッド映画だったんでしょう。
だから今、逆にあの頃のハリウッド映画を見ると、少女マンガを思い出します。

主人公は特別な力を持った女性、でも自分に自信がなくて、彼氏に気に入られようと望んでもいない禁煙をしようとするけどうまくいかない。
よし、大学の先生にタバコが嫌いになるよう催眠術をかけてもらおう。。。
ところが催眠術にかかってみると……

もう、設定も何もかも、というか最初の花畑のシーンからすべてが

 う そ く さ い 

造花のような綺麗すぎる花たちから、大学構内がまたセット感バリバリでリアリティなぞ、一切考えてないし、ミュージカルなのでいきなり(至近距離で大声で)歌いだす……わたしが見た中でも二番目に(一番は「シェルブールの雨傘」)こそばゆいタイプのミュージカルです。

いやあ、歌がういてるのなんの。これは……「雨に唄えば」とかみたいに名作として今だ何度もTVで放送される類いの映画でないのは自明の理。

ストーリーもめちゃめちゃで、で、なにがしたかったんだい、センセイ?
納得出来ないまま、映画の中の人々は満足して終わっちゃったし。
う〜〜〜んん。




でも、スキ。




最後の歌だけでも、許せる。
バーブラ・ストライザンドとイヴ・モンタンは流石の歌唱力です。
ほぼ、それだけのためにストーリーは作られ、他のキャラクターはおざなりで、若きジャック・ニコルソンなんか、「変人」というだけのために出てきますが、その辺りは何も特徴的なことをしなくても、変人だとわかるところが彼らしいかも。



↑バーブラ・ストライザンドのは有名ですが、今見るとイヴ・モンタンのこの優しい発音がセクシーでうっとり。

バーブラのドレスはどれもモダンでステキです。流行が一周してカッコいい。最後のオレンジのドレス最高です! まるでリカちゃんのドレスみたいでキュートこの上無し!

色んな思いを込めて、ラブリーな映画を楽しみました。






スポンサーサイト



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : movie
Tag : 映画 DVD
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

久しぶり映画「スター・ウォーズ エピソードⅥ ジェダイの帰還」

「スター・ウォーズ エピソードⅥ ジェダイの帰還」

昔ハマった映画だけどさすがに数を観すぎていると、もう客観的に観られなかったりするんですが、数年寝かせるとまた新鮮に感じるかも……今は、「パシフィック・リム」がそれにあたるかも。
寝かし中です。

まあそれは置いておいて。

しばらく観ていなかったスター・ウォーズ・シリーズ、この間から長男が観たがったので、少しずつ観ていました。
で、昨夜が(暫定)最後のエピソードⅥ、今でもデータベースでは「ジェダイの復讐」となっていますが、「帰還」です。
いやあ……隔世の感がありますねえ。
画面のキャラたちはそのままなのに、わたしはなんて年を重ねてしまったのだろうとか。

まあ、出ている俳優さんたちも同列で年を取っているのですが、映画は変わらずあの頃のまま……

ってことはないか。

と、エンディングの若アナキンの亡霊をみて思う。
そして毎回家族で(中途からジェリーも一緒に観ていた)「あれはナイよね〜〜!」と言いあって終わるというのは変わらず。

しまった。特別篇じゃなく、劇場公開当時のを観るんだった。
エピソードⅣは公開当時のを探して観たんだけどなあ。
そういや、特別篇から先、Blu-rayも買ってないんだよね……どうせこの差し替えだと思うと、高画質だろうがお金払うのもったいなくて。

何年寝かせても、最後の残念感はなくならないのでありました。


ということで、この後をどう作るんでしょうねえ。
公開は来年の年末?
昨日「レイア姫の減量成功!」ってニュースがありましたが……ルークも頑張れ……!!




にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : movie
Tag : 映画 DVD
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

DVD「Doctor Who - The Complete Series 7」



おほほほほ!(壊れた)
このわたしが、Huluで一週間に一回の放送をこれから13週間も待っていられると思いましたかっ!?
特にHuluがなんか日本の放送局に買収されたニュースもあるし、新作ラインナップに日本や韓国のドラマばかりがアップされている昨今、安穏と口開けて待ってたら、裏切られるかもしれない……疑心暗鬼。

あと、「サリー・ロックハートの冒険」と同梱にしたら送料お安いしね!
と言うわけでポチりました。
いやあ、絶対安いわあ。まるでノートみたいに5枚入って4千円弱。



↑日本で買うと2千円アップでっせ。ぼりすぎだろう。。。
て、そんなわけで。
昨夜はちょっとだけ見つつ、iTunesに入れる作業をしてました。



裏。シリーズ7の名シーンがちらほら。このシリーズ後半からドクターの服がちょっと替わって、めっちゃ高級な感じに……シルクのベストに金鎖、襟にびろうどのステキな紫のAラインのロングコート……か、カッコいい〜〜〜〜!!
紳士度が大幅アップで、もううっとりっす。

で、入ったか確認のためちょっと見るわけですが、2話を見て爆笑。思わず最後まで観ちゃった。

3

なんとっ! レストレード警部がっ。ハンター? そして……

1

ロンのパパがっ。ローリーのパパ?? 更に……

2

アーガス・フィルチがっっ! まんまな雰囲気のコスで登場!
それで恐竜とロボット出しちゃうところが、詰め込み過ぎだろう……面白いからいいけど!

時間旅行さんのサイト

によれば、ロボットコンビも有名人らしいですね。
イギリスの人ならもっと楽しめたんだろうなあ!

……というわけで、細かいところをすっ飛ばしつつ、きっと見るでしょう。。。






にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : Blu-ray/DVD
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

DVD「DoctorWho The End Of Time 」Part One & Two

「DoctorWho The End Of Time One 」 & Two

と言うわけで、50周年記念の「Time Of The Doctor」と同梱でかったのが、これ。



10thドクターのスペシャルを集めたコンプリートBOXなのですっ!

The Next Doctor(次のドクター?)

Planet of the Dead(死の星?)

The Waters of Mars(火星の水?)

The End of Time: Part One(時の終り? 1)

The End of Time: Part Two(2)

と入ってまして、なかなかお得なお値段でした。日本ではまず考えられないくらい安い……日本が異常なのかも!

で、時系列で見ていくかというと、そりゃあもちろん、最後の「The End of Time」1と2でしょう! 10thドクターの最後と11thドクターのお披露目回! これが観たくて買ったんですもんね。



裏&カバーの背表紙。
うふふ、そうそう、マスター再び。もうね、ジョン・シムさまのキャラ炸裂!

マスター1

拘束服を着せられてこのドヤ顔!
小憎ったらしくてかわいいっすねえ(と考えるのはシムファンだからかな?)
今回は悲劇も背負って、更に狂気に追いつめられるんですが、

マスター2

え、アメリカの大統領?? みたいなお笑いパートも!
いやいや……いろいろ遊ばれている感が……。

あくやく

そして、今回この人も。
ディモシー・ダルトンですよ。かの007の。あの頃好きだったわあ。
ツバキをとばして悪役熱演!

11thDoctor

お笑いパートをマスターとドナのパパにとられて、今回は終始悲しい顔のドクターでしたが、それもそのはず、再生できるとはいえ、人格が変わってしまうわけで、寂しくてたまらない状態です。見てるこっちも寂しいよ。。。

ドクターとローズ

この最後のシーンはテーマ曲もあわせて、もう涙なくして見れません。
ローズの笑顔が泣ける〜〜〜!!!



……そして再生。
う。明るすぎる〜〜!
11thドクター、いきなり陽気に登場! そしてシーズン5へいくのね。
マット・スミスはディヴィッド・テナントのドクターがやたら好かれていたので、「お願い、ぼくのことも好きになって〜〜!!」と祈るような気持ちでいたらしいですが、気持ちが伝わるようなハジけっぷりが、超かわいいっす。

まあわたしはその後のシーズン5冒頭が初見だったんですけどね。
そのせいか余計可愛く見えたかも。
そしてそのまま、またHuluでシーズン5を見直すことに……でもその前のクリスマス・スペシャルも見たいし……結局延々観ています。いやもう、ハマりまくりです。

あまりのハマりように、ジェリー、
「そんなに面白いなら、ワシにみせてよ、最初から!」
というので、クリストファー・エクルストンの9thドクターからもまた見直しています。ヤツはゴルフで忙しいので一日一話ペースで。
そしてこれはこれで面白いなあと。
このちょっとやさぐれた皮肉屋ドクターがいたから、後の二人がハジけてちょうどよくなったのかなあ。
「哀しきダーレク」の回をみたら、自然に泣けました……。


そんなわけで、色々たまった仕事もすっ飛ばしつつ、マイブームは続くのであった。。。



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : Blu-ray/DVD
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

DVD「Doctor Who The Day of the Doctor」

「Doctor Who The Day of the Doctor」(IMDBリンク)



届きましたよ〜AmazonのUKから!
同梱だったもう一つはまた今度……。

これはDoctorWho50周年記念番組、久々の10thドクター復活で11thと共演ということで、そりゃもう大騒ぎ(IMDBなんか、9.4ついてるし!)な一品です。
もう二人のドクターが揃ってるだけで「らぶりー!」だし、それぞれご自慢のソニック・スクリュー・ドライバー出したりしたらもう……

ダブル・ドクター

終始、シンバルおサルのおもちゃみたいに、手ェ叩いて喜んでました。(多分端から見たらまんまだったとおもう。。。)

字幕を一所懸命「眺め」ましたが、やっぱり理解は出来ず、もう概略ですが……やっぱ最後は感動!
ナンバリングのわからないドクターが出てきますが、これがまごうかたなき名優のジョン・ハートで、立ってるだけで存在感が半端なくって、二人ドクターもタジタジ。。。

トリプル・ドクター

面白いのは、中の役者さんの実年齢が若いドクターほど実は年寄りなわけで……クララにも「あなたは若い……目が」と言われるジョン・ハート・ドクターが、年寄りなのに本当に若く見える(外見ではなく「青さ」がみえるということか)のが凄い。

オール・ドクター

そしてエンディング……全員そろってます?
つうか、一瞬12thドクター映ったよね?(この並びにはいないみたいだけど)
ナンバリングのないドクター含めると、12回の再生能力を全部使っちゃったことになるんでしょうか?
やっぱり続き(というか新しいシリーズ)が気になる〜!!



Huluがんばれ〜〜〜!!!



あかん、ドクター好きに拍車がかかってきた。。。



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : Blu-ray/DVD
Tag : TV ドラマ DVD
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

DVDで「SHERLOCK」シーズン3第3話。

……昨夜は遅く寝ました。
なにせ、ジェリーが(珍しく)家にいたので、「SHERLOCK」見せてくれなくて。
「日本語のついてるの、ないん?」
ないから、わざわざイギリスから買ったんじゃん。
「もー、日本語のない、わからんビデオ見て面白いか?」
それなり。
「なんか映画みよ〜よ」
わかったわかった。じゃあ、この間の「サイコ」の続きを。

……観賞……

「やっぱ、今見ると古くさいよね」
そりゃあね。当時の映倫がどんだけ五月蝿いか「ヒッチコック」でみたでしょ?
「じゃ、お風呂入ってこ」

……と、席を空けた瞬間、「SHERLOCK」シーズン3第3話のDVD挿入。
そのまま押し切って観ました!
風呂からあがってきたジェリー、
「話、わかっとる?」
まあ、おおまかに。
画面では、シャーロックが撃たれて倒れる間のマインド・パレスが……今回のシリーズは特に想像や思い出しや時間の前後が激しくて、かなり集中してみないと……
「わかった! 実はやっぱり前回の最後でシャーロックは死んでて、自分は死んだことに気づいてないんだ!」

……シックス・センスかいっ。

それはジャンルが違い過ぎ。
まあ、笑えましたけど。
そんなわけで、観終わりまして……さっそくマクノスケさんの紹介してくれた

BBCシャーロック シーズン3、エピソード3

を延々と読みました。
ああ、なるほど。
ま、細かいこと以外はわかってたなっ。<負け惜しみ

ちょっとだけネタバレなので、下あけますね。














素早い会話と新聞などの小物の字を拾えなかった部分がやっとわかりましたが……ジニーンって、結構ひどい子? 英語で観ていた時には同情したんだけど、まあ、仕方ないか、結婚詐欺で訴えられるよりはましってことで。
そして、シャーロックのヴァージン疑惑は続くのかっ。。。いやいや、あれだけエロいキスができといてそれはないだろ〜〜〜!

って、聖典でホームズが婚約したのがどのエピソードか忘れましたが、今回も色々仕込んでいましたね。
阿片窟(じゃないけど)にはニヤニヤしちゃいましたよ。
そして今回も平手打ちするモリーが……かわいそうで泣ける。つか、なんだかんだでおかあさんのような存在ですよねえ。
バックストリート・ボーイズ(複数形じゃないけど)も賢そうでカワイイんですが、だんだんキャラが増えてきている気がするんですけど、この先大丈夫っすか?

そしてジョン……
「すべては僕のせいってかっ」
キレる気持ち、わかります。
御愁傷さまです。。。

そしてあまりにあっけない解決法からのエンディング……Oi! <アメリカでは「Hey!」という呼びかけを、イギリスでは「Oi!」です……これって、日本語の「おい!」って声かけのルーツですか? 語感もそっくりだけど、偶然ですかねえ? しかしイギリスでは、うら若き女性も野太い声で「おい!」っていうので、日本人はびっくりさっ。

ともあれ、オイオイオイ……まあ、2の最後ほどのクリフハンガーでない分、少し心を落ち着けて待てますが……まさかまた二年後?
スパン長過ぎるよ〜〜!
でも量産だけするアメリカや日本のドラマみたいじゃなくて、きちんと1クール撮り終わってから放送するイギリスの番組作りは尊敬に値します。(「TOP GEAR」や「ドクター・フー」などは、最初の1話でシーズンのハイライトを流すのでわかります)
また良質なドラマを期待して!

……さて、反芻するか。。。



あれこれやってて午前1時。そんなわけで、寝不足です。


にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : television
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

DVDで「SHERLOCK」シーズン3第2話。

もう一月も終わりますが、狂乱のうちに……ってのが実感で。
連日延々DVDを見ているような状態で、時ならぬ英語祭りに、わたしの頭はパンクしそうです。

そういうわけで、昨夜も「SHERLOCK」シーズン3のエピソード2を観ました。

う〜〜〜〜んん、やっぱわからんっ。
でも頑張って最後まで観賞、その後マクノスケさんの紹介してくれた、

Much Ado さんのページ

で完訳を読みました。
おおお、わかりやすい〜〜!
ありがたいことです、おかげさまで最後の「あれ?」な会話もやっとわかった……「Signs Of Three」ってそーいうことだったのね。
てっきり少佐の関係(四つの署名っぽく)かと思ってたので、ビックリです。
てか、ジョン。。。(あと自粛)

そんなわけで、映像観たらやっとネタバレも読めるし、NHK放送までの潤いになること必至、今晩はエピソード3観賞予定!



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : Blu-ray/DVD
Tag : ドラマ DVD
Posted by onion on  | 3 comments  0 trackback

DVD「Star Trek Into Darkness」キター!





頼んでおいたインポートDVDが届きましたよ!
発送メール来てから一週間以上、郵便事故でもうこないかと思ってました。
United Statesからの発送だったのねw
つか、めっちゃ簡単なパックで緩衝剤も入ってなかったんですが、外国ってこんなもんなんでしょうか。Amazonの大げさ梱包と極端に違ってビックリです。
ケースもプラスティックベコベコで、簡単に分解しそうで、超安げ。

でも嬉しい~~!
リージョンフリーデッキ買ってて良かった!
昨日早速見ましたが、やっぱり劇場の方が迫力あるし綺麗ですが、何度も見られる嬉しさは格別です。
スタトレはスルメ映画ですもんね!


そうそう、一昨日からジェリーと一緒に旧作映画の1を見てましたが、これがもう、恐ろしいくらいの退屈度。
エンプラに乗り込むまで30分かけるチンタラ(後ろから来て前に回り込んで上を越えてぐるっと観光ツアーをしてから乗り込んだw)で、わたしは最後までつきあえませんでした。(レンタルを返すのに中座した)
ところが意外とこの古い作りに、ジェリーは「こっちのがいい」となじんでみてた所をみると、やっぱ好みによるのかな。

あれをみると、今回の映画の衣装はすごく良いですね。
なにより縫製がw
シルエットがかっちり作ってあって、未来的でありながらもすごく素材のよさを引き出してある感じ。
いつもの黄色とか青の制服も、ちっとも安っぽく感じないし、流石の成熟度です。

今日も帰ってから見ようっと!
あまりの嬉しさに、カープの試合をモニタリングするのを忘れるくらいだったのは、ナイショw

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : Blu-ray/DVD
Tag : 映画 DVD
Posted by onion on  | 8 comments  0 trackback

リピート映画「クローバーフィールド/HAKAISHA」

クローバーフィールド/HAKAISHA

何度見るんだ自分……てか、前日に届いた「テッド」を見ようと思ってたんですけどね、とりあえずご飯作るお供に、つけました。
しかも二画面、もう一つでは「巨人×広島」の野球中継流しながら。

……最初は野球中継だけだったんだけど、旗色悪くなったのでw

で、ごはんできて、食べてたら長男が「ちゃんと大きな画面で見よう」というので、劣勢一方の野球は諦めて、結局全部観ました。

なんだかんだでやっぱり好きです。
ある意味ハリウッドらしくない、けどシンプルなストーリーに、抑えめだけど派手な見せ場はちゃんとある、良い「怪獣映画」だなあと。

う〜ん、「パシフィック・リム」が俄然楽しみになってきました!


あと、ちびちびだけど「赤い右手」読んでます。
構成が面白くて、引込まれます。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : movie
Tag : 映画 DVD
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

超リピート映画「キサラギ」

「キサラギ」

……結局、焼いたDVD引っ張りだして、観ちゃったw
見始めに長男がきて、まだ観てないというので一緒に。
やっぱいいわ。
このテンポ、この色彩、アップとヒキの緩急、控えめながら際立つBGM……すべて。
この映画で小栗旬を見直したもんね〜いつまでも「ロボコン」の大根役者じゃないんだな〜と。ハンサム俳優って大変で、女性は飽きやすいからピークを過ぎるとハンサム以外の演技をできない役者さんは役がつかなくて苦労するみたいだけど、彼は色々なことにトライしているみたいで、いいですね〜……って、すでに「キサラギ」も2007年、そーとー前かもw

それにしても、イマイチ理解できないと思っていたアイドル・オタクの印象が良くなったのはこの映画からだし、今ハマって観ている「あまちゃん」では、今度は「アイドルになりたい少女」の側から描くシーンもあり、ここにきてシンクロしてきているみたい。

ってか、昨日世間ではAKBの総選挙だったんですね。そーいや、Gyaoからメールきてたわ。いらんっちゅうにw

第三者から見ると容姿も歌声も大したことのない(どころか、かなり酷いw)アイドルにそこまで入れあげること、それがみんなひとりひとりの自分の人生の彩りになっていること。
エンディングがプラネタリウムだったらドン引きして終わったんだけど、あのオタクダンスで終わったので大満足。
オマケの宍戸錠も、良いですねえ。

そして何より、脚本の古沢良太さんが、凄い!
や〜〜やっぱりハズレないですよ。
あ〜面白かった!

さて、今日はシネコンにでも行こうかな〜。





にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : movie
Tag : 映画 DVD
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

舞台「キサラギ」のDVD到着!



舞台「キサラギ」オフィシャルサイト

そーなんです。いまさら感バリバリですが、ちょっとしたきっかけでググってみたんですよ。
以前Amazonで探したときはなかったんで、どうせないものと決めつけてたんですが、オフィシャルサイトがあって、しかもDVDを売っているサイトもあったんですねえ。見つけたうれしさで、ついついポチッと購入ボタンを押してしまいました。

以前映画を観ながら、絶対舞台向きの脚本だと思ったんですよ。
閉鎖空間で延々5人の男が泣いたりわめいたり笑ったり和んだり……だから一種本当の閉鎖空間である舞台にしたら面白いだろうと。
だから舞台版があると知ってみたくなったわけです。

一昨日到着、昨日の夜とりあえず一回観たところで、まだちゃんとした感想は書けませんが、

あの「映画」は本当に良く出来ていたんだなあ

という感想が湧きあがってきてしまいました。
わたしが「舞台を観る」ことに慣れてないかもしれないし、iPadをいじりながらぼうっと観ていたというのもありますが、あまりに映画と同じストーリーで、ギャグなどもほとんど同じだったので、カメラワークと色彩演出のなさが余計に際立ってしまったかなあ。
あと、舞台特有の声の張り方が大げさというか、キャラがデフォルメされすぎてるわりに、揃っているのは意外と細身のイケメンばかりなのでメリハリがなかったりして。
以前観た舞台版の「電車男」は演出が良くて、映画やドラマとはまた違っていて、舞台が一番面白かったので、今回も期待しすぎたかもしれません。

また何回か観たら書くかもしれません。
そして、勢いで「小説版 キサラギ」もAmazonのユーズドで買っちゃったしw
本家の映画版はTVを録画したものしか持ってないのにね〜〜w




遅れてきたキサラギ・ファンなんっすよ。





にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : Blu-ray/DVD
Tag : DVD 舞台
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

ドラマ「ドレスデン・ファイル」1~5話

「ドレスデン・ファイル」

昨日はやっぱり一応お医者に診てもらおうと会社を休みました。
で、どこに行こうと迷った挙句、義妹に電話、オススメのお医者さんを教えてもらって、(長男の運転で)そこへ。
オススメだけに予約の患者さんでいっぱいでしたが、待つこと一時間、呼ばれて触診とレントゲン、その後診察。

「骨に異常はないし、腰以外の他の部分に影響も出ていないみたいですから、どうやらいわゆる『筋を痛めた』って程度だと思いますよ」
と言われました。
そして、
「ま~綺麗な背骨ですね。まっすぐだし、横からみても綺麗なカーブだし、一つ一つも綺麗な四角で、ズレも欠けもないし……52歳? にしては良い骨です」

ほ、ホントですか~~~。。。

……じぶんでもそのゲンキンさにビックリですが、そういわれると痛みが半減したかのようです。その場で貼ってもらった湿布もよく効いたし、もうルンルンで帰って……おとなしくしてるかというとさにあらず。

レンタル・ショップに(長男に運転してもらって)行って、ドラマ版の「ドレスデン・ファイル」一気に6巻借りてきてしまいました!
いやあ、以前のテレビ放送を録画したと思っていたんですが、DVDに焼いてなかったんですね~不覚。
で、借りてきて延々観てました。
ソファだと腰が痛くなるので、居間で寝転んだり正座したりあぐら組んだり……とにかく骨盤を立てるようにしながら。


やっぱ、違うわ……w
原作読んでからだと、ハリーがまったくの別物ですが、ドクロの幽霊のテレンス・マンが最高にかわいいので、バランスとれてていいのかな。
理解者で友人のマーフィとも、このくらいが「大人の関係」って感じでいいかも。
しかし吸血鬼のビアンカ……こんな良い人じゃないだろうw 大変美しくていい役者さんですけども。

全体にユルいかな~設定も少しずつ違うし、自宅と事務所が一緒になってるんで、ハードボイルドとしてのエッジがぼやけてしまってます。
ハリーもあんまり魔法をつかわないというか、ホント、これじゃあ普通の超能力だろう、って感じだし。

それでも、このハリー・ドレスデンをもうちょっと観たかったなあ。
これも続編がないのが残念無念。


そういうわけでドラマ三昧な一日でした。


みなさん、ご心配ありがとうございます!
なんとか今日は会社に行けそうです。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : television
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。