FC2ブログ

oniondiary | 日記。時々映画やドラマや小説のレビュー。最近はなんとなく毎日書いてますが無駄話多し。

小説「日本沈没」読了。





もう二年近く前上巻を本屋さんで買い、下巻を昨年末にKindleでデジタル購入しました。
以前、



↑このコミック版を長男が購入していたので読み、やっぱり原作を読んでみたいと思ったわけで……コミックはあの東日本大震災の前に書かれたもので、小松左京の原作のコミック化というよりは、



↑の映画のコミック版の体をなしています。
しかし、主人公やヒロインなどの名前が同じなだけで、決してあの平板で退屈で中途半端な……沈没しない日本沈没なんてっ!……駄作映画のコミック化ではなく、かなり細部(沈没の構造や社会現象の予測)をつめてある、重厚なコミックでした。全13巻(?)にもなる大河小説のような作品でした。
ちょうど震災間もなくに読んだせいもあり、ちょっと精神的に来るものもありまして、レビューはしなかったんですが……どうしても原作を読んでみたくなりました。

……で、年月経過。。。

すでにコミック版も記憶の彼方です。
そういう意味ではまっさらな気持ちで読むことが出来たかも。
そして改めて、小松左京という作家のすごさがわかります。
なんという文章力。
高度成長期の時代性と現代にも通じる普遍性をあわせもって、しかも「今の日本」を読むものに考えさせるパワーは強烈です。

この間から二冊続けて日本の小説に挫折してまして……もう、退屈で読んでいられないんですよ……なんでこんなわかりきったどうでもいいことをくどくど書けるんだろうなあ、日本ってこういうの多いよね、小説でも映画でもドラマでも……もう翻訳文しか読めなくなってるのかなあ……とほとんど日本語アレルギーかもと思う状態だったんですが、そんなことはない、こんなに面白い文章、濃密な表現、それでいて文節一つで多くの事柄を語る力が、日本語にはあるんですよね。

以前はSFにそういう文学表現的なものを感じたことはなかったんですが、こんなにこなれた文章だったとは、中学生の頃のわたしは恵まれていたわけですね。

そんなわけでサクサクと、最後まで楽しみました。
「楽しんだ」なんて、不謹慎?
でも読みながら考えていたんですよ。
ああ、これがあったから、あの震災の時も、被災者がパニックにならなかったのかなあと。
それは作中で、いよいよ日本沈没が世間の白日の下にさらされようかとする頃、田所博士がTVのワイドショーで大立ち回りを演じ、「日本が沈没する可能性」を大衆の心の中に植え付けて、どこかで「気持ちの用意」をさせていたあのエピソードのようです。

この小説が初めて世に出た時、映画やドラマで大ブームが起きたとき、日本人みんなが考えました。

どうする? 本当に日本がなくなったらさあ。

それは一種のシミュレーション・ゲームでしたが、一応それなりにみんな考えました。
ここからだと高いところってどこかなあ。
渡るとしたら、韓国側かな。
どこに行くににしても、英語は必要だよね。
……当時わたしはまだ子どもだったから、助かる方法を考えましたが、ある年齢をいったひとは「このまま日本で死のう」とも思ったはずです。
日本中の人が、一度はその「可能性」を考えたはずです。

そういうとこ、日本人は悲観主義なのかもしれません。
いつか、悪いことは起きる。
それは自然のことだから、仕方ないのだと。
西洋的な「自然を屈服させる」開拓精神とは全く違う、「自然を受け入れる」国民性が発揮されるのかもしれません。
それがひいては、災害にあってもパニックにならず、状況を受け入れられることにもつながっていくのかも。

「日本が沈む」と書いたら、右翼的な反発がありそうですが、「日本列島が沈没する」となると、案外あっさり受け入れましたね、日本人。
どこか厭世的で、ちょっと仏教的な、諸行無常を知っている日本人だからこそ、受け入れられたのかも。

で、いよいよ沈没するその過程が……意外とリアルというか、東日本大震災の時東北から東京にかけて地盤がどのくらい動いたかという矢印が引いてあった画像を覚えていますかね? あれを彷彿とさせる動きかたで……当時の映画やドラマでそんな表現あったかなあ? なんかぶくぶくそのまま沈んでいってたような? まあ覚えていないんですが、「日本列島が折れ曲がりつつ太平洋側に引っ張られて飲み込まれる」という……文章で読んでいるだけでちょっと動悸がするようなスペクタクルな沈みかたでした。
それこそ地質学的なことは今とは全然違うのかもしれませんが、わたしにはもう圧倒的な迫力がありました。

国土を失った日本人のアイデンティティがどこにあるのか、作者はそれこそを書き上げたかったのか、第二部も(共著ですが)ありますが、あまり政治的なことに感心がないのと、人間ドラマが薄い(これは褒め言葉!)このエンディングが最適だと思うので、多分、読まないと思います。

いや、ホント面白い小松左京……他のも読みかえそうかな?




スポンサーサイト



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : book
Tag : 小説 SF
Posted by onion on  | 4 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。