FC2ブログ

oniondiary | 日記。時々映画やドラマや小説のレビュー。最近はなんとなく毎日書いてますが無駄話多し。

「SHERLOCK」第二シーズンでお絵描き。

うん、今日は良いみたい。

最近朝は、起き抜けに野菜ジュースと豆乳をミックスしたものを飲んでいたんですが、ここのところ行く先々で豆乳売り切れ……またTV番組ででも「豆乳が健康に良い」とか特集したのかなあ?

てことで仕方ないから牛乳あっためて、飲んでます。
例の乳糖不耐症で、牛乳飲み過ぎるとお腹が緩くなるんだけど……便秘気味なんで逆にいいかとw

で、ホットミルク……新しい電子レンジで散々ぬるかったり熱かったりしたあげく、今日はようやく適温で飲めました。
昨日マニュアルを読み込んだおかげ。
「飲み物」キーで60°設定で。

……これは、機械音痴には無理な機種ですわ。
マニュアル見ない=カンで「触って覚える」タイプの人にはキツい。まったく、こんなだから日本製品は……と愚痴の一つも言いたくなります。
ケータイなども機種やメーカーを替えると全然使い方が違う。
みんな「独自路線」でユーザーを「囲い込み」する、ガラパゴスなメーカーばっかり。
一番使う電子レンジでこの体たらくでは、日本のメーカーが世界でシェアを落とすのも必然……どうにか「グローバル」を推し進めないと、それこそ安い外国産に負けちゃうぞ! 頑張れ日本!!


……などと愚痴ってみました。

それだけではなんなので、お絵描き更新。



引き続き「SHERLOCK」にハマってます。
延々観ながらお絵描きしてます……てことは集中してないってことだけどw
時々字幕見つつ、ソファでカキカキ。
お気に入りのプリンストンのスタイラスの先がどうもヘタってきたらしく、書き味が悪くなったので「Android用」のプリンストン使ってます。変わらず書けます。持ち手が三角なのでかえって使いやすいくらいです。

で~「SHERLOCK」第二シーズン……1、2話はたくさん見るんですが、どうにも3話目は辛くてまだ2回ぐらいしか見れません。
うう、ショック過ぎる……オチはオリジナルでわかっているとはいえ、経過が……ネタバレになるので書きませんが、初めて観た時はマジ泣きしてしまった。。。

ので、今日は2話から。
「バスカヴィル家の犬」が元なんで、わりと(セリフなくても)わかりやすいかな~。わかってないかもしれないけど。
ダートムアの風景とシャーロック、あいますねえ。
今回はそれほど寒い季節ではないのか、ちょっとだけ軽装のふたり、しかもシャーロックが運転……イギリスなので当然右座席……うわあ、意外。
ググってみたら、ジョン役のマーティン・フリーマンさんがリアルに

 運 転 免 許 を 持 っ て い な い

そうで……設定の「軍医」だと、軍隊で免許って取れるんじゃないかと思うんだけど、そうだったのか~~~中の人がそれじゃあ、しゃーないですよねえ。
で、ごついレンジ・ローバー運転するシャーロックの横にちんまり座るジョン……収まり過ぎw
でも、あんまり運転手とかしちゃうと完全にアシスタントになって「主従関係」になるから、これでいいのかもしれません。二人はあくまで「友人関係」なんだよね、フィフティ・フィフティ。

途中女医さんにインタヴューした? とかメール送ってきて「向いた仕事」を割り振ったり、シャーロックもそれなりに気を使っている……のかな?(それにしてはその他が配慮に欠け過ぎだけど)




ジョン・ワトソン……画面をとめてまでスケッチしたけど、似なくてすんまそん。
手ってやっぱ難しい~~。
イギリスの敬礼(陸軍?)カッコいいね。
……そしてきりっとしてたのはここだけだw



誰かさんのせいで暗闇でおびえるジョン。
ヒドい、ひどすぎる。けどおもろいw




そしてオマケ。これは1話っすね。
アイリーン・アドラーに「???」なシャーロックに、いやあわかるだろ、厚化粧とか隠せない年齢とか……とツッコミを入れてしまう。。。美しかったですけどね!
髪を下ろすと別人だなあ。他の映画で見ても、多分わかんないや。


第3話……もうちょっと封印しとこうかなあ。

スポンサーサイト



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : oekaki
Posted by onion on  | 8 comments  0 trackback

のんのなおえかき。



今日はゆっくり起きました。

先週、本屋で手を買ったときに(ははは)、一緒に「メンズ・ノンノ」も買いました。
お絵描きのネタ切れだったんで、参考と、それから今の男性服の流行はどんなかな、と。

……ストリートのオシャレボーイズがたくさん載ってました。
ちっともかっこ良くないのは、なぜですか。
確かに色々アイテムは上質らしいんですが、全体から見ると、

 ボ サ ッ

とした感じ。
立ち方もがに股で猫背だし。
つか、立ち方が一番いけないんだな、きっと。
わたし含めて、日本人全体の姿勢が悪すぎるんでしょうね。
同じような服をモデルさんが着ると(写真のせいもあるでしょうが)カッコいいもんね。

なので結局モデルさんの写真を見て描いてます。

あ、これって著作権違反になるのかな?
たしか漫画家がどこかの漫画家のコマを模写したって、罪になったっけ。
でもまあ、ショーバイではないし、似てないのでオッケイかなw




一番気に入った写真&モデルさん。
韓流っぽいけど(てか、今時の若者がみんなそんな感じだけど)ナイーヴな表情がいいなあと。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : oekaki
Posted by onion on  | 6 comments  0 trackback

手。



手を、買いました。
いわゆる、デッサン用の木製人形(これもヒトガタなのかな?)です。
日曜に本屋の二階で、デッサンの本があるかなあと……マンガ、アニメの同人コーナーに行って見つけました。
1800円弱と、手軽なお値段だったので、ついつい購入。

まあ、おもちゃですが。
Vサイン、指の股が開かないし。親指の可動範囲も狭い。
けど、やっぱり手が苦手なので(ダジャレじゃないよ~)、これで角度を確かめようかと。
左は描きながらポーズして見れるけど、右は無理なんで右手。ちなみに左手も置いてありました。



で、ポージングつけるわけですけども、「スリ」w
……て、これ、若者に示したらわかるかな?
ダメかも。最近TVでもきいたことないし。
あと、小指だけ立てて「コレ」(彼女、というより愛人?)なんてのも、多分通じないなあ。
「ゼニ」のマークはわかるかな?
昔はそういう「符丁」がたくさんありましたが、廃れていってるんだろうなあ。



思い出したので出してきた、デッサン用に買った透明オビツモデル。
全身と言えば「シェー」ですが(違う?)、これも死語+死符丁かも。



これならわかるだろ。「雲竜型」。
今はもう一つの方が珍しいかな、なんて言うんだっけ? 思い出せない……ああ、「不知火型」。ググって思い出す……これは思い出すとは言わないか~~。



……などと遊んでないで、デッサンをきちんと……うーん、やっぱ手って、難しいなあ。


にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : oekaki
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

落書きと独り言。



寒っ。
うー、今朝はなんか底冷えがします。
暖房つけてるのに津々と冷える……思考能力低下中。
なんで、個人的なことを頭で整理するより文字にしちゃえ、って、無駄話です。

イラストは、例年お正月放送の番組「とんねるずのスポーツ王」ナントカを先週録画で観たので描いてみた石川遼と池田勇太……石川遼はなんとかギリで見えるけど、池田勇太は「全然ダメ」(ジェリー談)だそうです。。。
遼くん上手くいったから調子にのったのがいけなかったか。
この二人はしっかりアスリートなプロポーションでいいですねえ。
プロ・ゴルファーってホントにスポーツ選手?って体型の人が多くて、ジェリーが観てるゴルフ番組に全然興味が持てない昨今です。(あからさまに「退屈だから別の観ようよ」な雰囲気をかもしだしてしまうw)


……それはさておき。
日曜、用事で山口へ行った帰りに車の中で、ジェリーが、
「昨日かな? R姫がTVに出てたよ」
なんか、ローカル・ニュースに出ていたとかで、へえ、と思ってちょっと電話してみました。
結婚前にやってた同人グループのひとりです。
同人と言うより、単なる友達の集まりでしたが、月一くらいで会誌を発行していました。

その会誌も、原稿をわたしのウチに持ち寄るのですが、何もナシで来る人多数、結局その場で書く人が多くて、原稿書きながらくっちゃべり、夕方に揃って街の文房具屋さんに行って人数分コピーをとってホチキスで留めて出来上がり……という、大変内輪なものでした。

彼女とひとしきり話して、
「最近、集まらんの?」
と言われて、そうだよねえ、また集まりたいねえ、と話して電話を切りました。
「集まりゃ、いいのに」
とジェリー。
……そりゃまあ、集まりたいのはやまやまなんだけど、女の子が多いから既に結婚して県下にバラバラに住んでいるからなあ。
わたしは東部、西部や北部に住んでる人に、こっちに来いってのは無理があるかなあと。

でも、そう足踏みしてもう、10数年な気がする。
もう年賀状も来なくなって、連絡取れてない人もいるしなあ。
会誌も一度作りかけて、結局原稿が集まらずに発行できなかった経緯もあるし。
その頃の原稿、ウチにたしかあるよね……すでに出して欲しくないかもしれないしなあ。
そうなったときの申し訳なさがハンパないので、音頭取りもしにくい状況でした。

でも、10年以上たってるし。
これは、一度企画でもしてみるかなあ。
とくに、わたしがこうして毎日ブログを更新出来るくらい、ちょっとマメになっている今の時期を逃さない方がいいような気がします。

そして、集まるにプラス、同人誌をつくるなら、電子化したほうがいい気もします。
印刷ではなく、PDFや圧縮ファイルなどで配る……これなら来れなかった人のもメールでやり取り出来るし、出来上がったモノもメール、あるいはWebのファイル交換でできます。

いっそのこと、ブログやサイトにしてもいいけど。
個人情報はなるべく控えて、あるいは非公開にして(会員だけのフィルターかけられるように、今のブログも色々進化しています)。Webの知識は数年前に止まったっきりですが、最近はiPadなどでなんとかなると思います。

ネックだったのは、
・地域性(集まれない)
・個人性(原稿を書くゆとりがない)
・レスポンス(本にして各自に送る事務能力不足)
……ほかに何かある?

とりあえず集まれないのは、メールなどでもやり取り出来る……ということでいいかも。
今時は最低限ケータイのメールくらい送れる環境にあるだろうし。

原稿を書くゆとりがない人には、近況的に写真などでもいいことにすればいいかも。
個人情報が出ないよう配慮は必要だけど、お菓子焼いたりした写真とか好きなモノや風景だったり、それもケータイあれば何とかなるし。

レスポンスも、電子化出来ればかなり楽になります。
データ集めてファイル化するだけだし。
Webにあげなくても、データでやり取りすればSDカード送るかメール添付でできます。


……うーん、と考え込んで、帰り道無口になったわたし。
でもとりあえず、会いたいかも。
一ヶ月くらい間をおけば、都合つくかな?
ちょっとお声かけしてみようかな?



……まず電話をする、というとっかかりが、遅いわたし。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : oekaki
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

水曜どうでしょうな次男。



寝坊した……最近毎日?
しかし、今日は理由があります。
次男きました。昨夜。8時過ぎ。

「明日誕生会をやるからケーキ焼く! オーブン貸して」

そらまあいいけど、あんたんとこ、オーブン買ったげたじゃん。
ああ、あれなぜか天板ついてなかったから、ロールケーキ焼けないのね。
で、材料買ってきてやってました。
わたしは手を出さず。

「粉三分の一入れ忘れた! なんか失敗した!」

あらら、生地の量に対して天板が大き過ぎたんじゃね?
あらまあ、ロール生地がサクサクにw
巻くどころの話じゃなくなってる。

「わかった、やり直す。てかシフォンケーキ作る! 手伝って!」

次男がバタバタやっている間、わたしが数日前、シフォンケーキを焼いた話をしたんでした。
この時点で午後10時。
あのう、わたしもう寝る時間……。

「大丈夫、12時までには終わるから!」

う、11時には布団に入る習慣が。。。
また材料買ってきて(シフォンケーキは材料いらずのベーシックなケーキですが、さすがに卵がなかった)、作って、オーブンに入れたのが11時。
よっしゃ、では……。

「待って。もう一個作る」

う。
なんで二個も……請け負ったな。「まかしとけ」なんて、安請け合いしたな。なんだろうこの、妙なサービス精神。なんか人にやってあげたくてしょうがない性格。そういえば聞こえはいいけど、やっぱりええかっこしいなんだろうな。

まあいいか。
ほんと、久しぶりに顔出したし。
てことで、12時過ぎまで起きてました。
6時のタイマーまで寝てたの久しぶり。
てことで、以前に書いた落書きでお茶濁し。
「水曜どうでしょう」次男が好きなので、録画してDVDに焼いて渡しているんですよね。図らずも共通点あり。

……この無防備なサービス精神が、似てる?

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : oekaki
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

TVでついつい「ミッション・インポッシブル」観ちゃった。



寝坊しました。
6時まで寝たのは久しぶり。
まあ、4時半に一回目が覚めて、それからまた寝ました。
てことで、落書きでお茶濁し。

久々に一作目観たら、すごく絵的に面白かったです。

です。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : oekaki
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

チュニック失敗をMVpenでお絵かき。

日曜に、ちょっと縫い物をしました。

……本当はちょっとじゃなくて、結構手間かけたんだけどなあ。
生地と糸を買って、型紙作って裁断して……結構丁寧に縫った……つもり、だったんだけど。

失敗。

あきません。
やっぱり糸調子が悪いと、大きい生地を縫うとツリがでてしまいます。
しかも生地の選択が悪かったのか、ボリュームでなくて予期しないギャザーだらけに。
デザインの選択も間違っていました。
ただただブワッとしたデザインというものは、スリムな人にはあうけど、わたしのようなおデブにはデブを目立たせるだけだということは、数年前にわかってたはずなんだけど、本のマジックに引っかかって、「イケそうな」気がしてしまったんですねえ。

……て記事を書きかけて置いておいたんですけど、その辺お絵描きして、先日買ったMVpenの違う使い方で書いてみました。



元絵。BAMBOOで描きました。
それをプリントアウトします。



その紙をMVpen本体で挟んで、下絵にして空いている場所にコメントを書きます。



iPadにデータを取り込むと、コメントだけの画像ができます。
これを組み合わせるのですが……正直、今度はレイヤーの使える画像ソフトの勉強が足りてませんでした。
色々使ったんですがどれもぴったりしたのがなくて、レイヤーは使えるけど写真の取り込みが出来ない、写真の取り込みはしたけど、余分な部分を消すことができない、などあちらが出来ればこちらができないという情けなさ。
仕方ないので、レイヤーを(無理矢理)透過させ、メリハリを付けることでなんとか形になったのが……



これ。

出来は悪いがこれも勉強、まーいいかー。
って済んだ気になってから、思い出した。

そんなことしなくても、MVpenには「直接作業」モードがありました。

画像を背景にして新たに書き込む

ことが出来るんです。
あ、これ使えばよかったんじゃ~~ん!?
でももう10時過ぎ。よっしゃ、起きてからにしよう。
で、一晩経過。



朝っぱら(未明)から、やってます。
しかし、決定的なことにお気づきでしょうか?

 横 向 き で す 。

縦長画像、横に向いてしまってます。
これは、実はアプリがiPhone用で、横向き限定だから。
ペンの設定が縦限定なのに、このアプリ変すぎる……。
ダメだ……出来ない。



てことで、失敗画像で終わります。


改善提案:

「この次は横向き画像を描きましょう」
「ダイエットに力を入れましょう」
「裁縫は小物までにしましょう」

……て、感じ?

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : oekaki
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

リピート映画「ミニミニ大作戦」



既に何回も観た。映画館でもTVでも、DVDも持っている。でも放送されるとなぜか観てしまう……そんなに名作でもないのに。
そんなリピートを繰り返す映画が、「リピート映画」です。

なんて、今作ったw

ホラ、ありませんか。
帰ってTVつける。なにかやってないかなーととりあえず一周地上波ザッピング。うわ、ろくなのやってねー。BSとCSチェックも、めぼしいのなし。
さて、今から夕食作るんだけど、BGMなにもないのも寂しいから、なにか付けておきたい……さてどうする?

秋までなら野球があったんだけどなあ。
シーズンオフになると、手持ち無沙汰になります。
で、ビデオをつけて、ハードディスクに入っている映画などを選ぶわけですが、ここ二ヶ月はひかりTVというものがあります。
ひかりTVのビデオサービスには、無料で視聴出来る映画やドラマがたくさん。とにかく月末までにたくさん観なきゃ、と思っているのですが、ただ、初めて見るものは、ちゃんと座って観たいでしょ。
だから、

既に観ていて何度観てもいい、好きな映画。

を選ぶことになります。
で、「ミニミニ大作戦」。70年代の映画は、TVで観た遠い記憶がありますが、「ミニ・クーパーが走る」くらいしか覚えてません。
そしてこの映画も、「ミニ・クーパーが走る」くらいしか、言うことがありませんw

内容は、無いんだよなあ。
けど、好きなんです。
最初のベネツィアの泥棒から雪山の逃避行までが特に。
あの雰囲気作りで、すべてを許してしまう映画です。

なので映画を観ながらご飯を作って、出来て家族が食べるときには別のチャンネルに替えてもまったくかまわない。

偉大なる「BGM映画」と、命名しましょうか!


にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : oekaki
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

ドラマ「BEDLAM」



「BEDLAM」

ひかりTVのAXNにて。
またしても、1話を見損ねています。
しかも今調べたら、6話で終わってる……打ち切り? それともミニ・シリーズ? 今5話まで観たけど、未だにプロローグって感じなんですけど。。。

BEDLAMって、「精神病院」という意味なのね。
エキサイトの翻訳にかけたら「大混乱」って出ましたが。
そしてGoogleさんに聞いてみたら、「恐怖の精神病院」というボリス・カーロフの映画まで出てきた……アヤシい単語ではあります。

でも、思い出すのは「REDRUM」ですよね。
「シャイニング」で主人公の男の子が「れどらむ・・・れどらむ」と詰まった声で繰り返すシーンは怖かった。。。鏡文字も怖かった。

大体、見かけからしてヤバい元精神病院のマンションって、よく入る人がいるよなあ、と思うのですが。
ウチの市内の元病院があったところに建ったマンション(当然建物は新しい)、何度も「買いませんか」勧誘電話が来たけれども、知ってると買う気はしないです(お金もないけどね!)。身内に必ず何人か、その場所で死んだ人がいたりするんだもん、感覚的に嫌。
……気にしない人は、気にしないんだろうなあ。
すでに、全戸売れてたくさんの人が住んでるし。
そういう点で、クラシックな作りに憧れる人は、こういうところを選ぶんでしょうか。

そりゃない、ってくらい、気味悪いんですけど。

よく見たら、イギリスのドラマですね。
イギリスは本当に古い建物を大事にする国だから、ってこともあるのかも。
この建物、本当に実在しそうだし。

イヤイヤイヤイヤイヤ、やっぱ気味悪すぎます。
せめてボイラー室とか、機能の面は最新にしようよ。地下室とかアヤシすぎる。

てことで、設定などは割と好きですが、すぐに忘れそうなドラマです。




というのも、キャラクターに思い入れが出来ないから。
……ドラマも見続けると、傾向みたいなものが見えてきて食傷気味です。

ハンサムに美人、数人マイノリティ、性的マイノリティも何人か。

その辺はいいとしても、ハンサムの傾向も、美人の傾向もみんな同じようなのは、結局需要と供給の問題なんでしょうか。
アメリカ(あるいはイギリス)ではこんな美形が流行りなのかな? みたいな似た傾向の人たちばっかで、個性が感じられない。

細かいところは違うんですよもちろん。
今回の主人公は超長い顔の真ん中にパーツがギュッと集まったようで、額は広くて眉骨飛び出てて奥目で……変わった顔なんだけど、どこか表情がなくて個性が感じられない。
体型も完璧な細マッチョで毎回のようにヌードを見せてくれますが……セクシーさはイマイチ。

女性もそう、きりっとした金髪美人で、体型はあくまで細く、つり上がった眉に大きい口、毎回誰かとキスをしたりセックスしたりしている……けど、セクシーとは言いがたい(TVのコードがあるから仕方ないのかもしれないけど)。

こうなると、「プライミーバル」みたいな、王道を外したドラマが貴重に見えます。あれって、正統派なハンサムは途中で死んじゃって、オタクボーイが生き生きしてるしw 彼女は超美人ではないけど超個性的カワイ子ちゃんだし、博士は変人だしw
「トーチウッド」もそうかな。キャプテンは正統派過ぎて度が外れているwし、他のメンバーも個性的。
「ミスター・フー」もそうだね。
てか、みんなイギリスものっすね。

アメリカのドラマでは「24」はやっぱり個性的な人が多かった。
正統派ハンサム&美人は長続きしない傾向にあったりして。
思えばゲストに正統派な美人が増え始めた頃から、興味をなくしたかもしれません。
キャラクターに厚みがなくなった気がして。


……わたしは少数派かも。
観ている方がマイノリティ?
ああ! だから最近好きなドラマが少ないんだ!!

納得……できない。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : oekaki
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

監督の生声……聞きたい?




久しぶり、バレーボールを観ました。
……マエケンがゲストだったからなんですけど!<不純だ……不純すぎるw

でも最近は日本人選手もたくましい感じの人が増えて、いいですね~目の保養。細マッチョってすてき。

イヤイヤ、そうじゃないだろう、ゲームだろうというでしょうが、なにせストレート負けじゃあねえ。実力が違いすぎるのか、完全にロシアに流れをさらわれた感じ。

でもさあ、タイムのときに監督の声がマイクで拾われるのって、どうなんでしょうねえ。
例えば野球だったら、マウンドにコーチが行って話してるの、流すようなものでしょ?
たとえTVだけだとしても、ちょっと嫌じゃないかと思う、選手も監督も。

しかも、言っている内容が「気持ちで負けるな」とか「集中しろ」なんて、精神論のみ?
え、もうちょっとなんか、作戦ないの?
相手のデータを選手に伝えるとかは、試合前に済んでるのかな?
そういう点ではバレーは試合にスピードがあるので、一度始まったら細かいところは詰めないのかもしれないけど、日本の最高峰が集まっている円陣で話されている会話が、その辺の部活のタイムと同じようなんでいいのだろうか、そして、そのあたりの「神秘性」をとっぱらったTVの演出は、これでいいのだろうか、などと、わたしの集中はそがれっぱなしでした。

スポーツもそれぞれ、振興のために色々演出しているんですね。
アイドル並べて応援もそうだし、別ジャンルの選手をゲストに招くのも(わたしが引っかかったw)そうだし、円陣マイクもそう。
ファン獲得のために。
一番努力が足りないのは、実はプロ野球だったりしてね。


にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : oekaki
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

「V」と書き込みテスト



何だかFC2がおかしい?
記事の訂正や新規作成が、Webでできない。
iPadアプリから書き込みテスト。



……あ、出来た。


結局、キャッシュが溜まりすぎてたのかな?
履歴を消して、一度ログアウトして入り直したら、編集画面が出てきました。
こんな現象初めてだったので、びっくり。
まだ投稿しない予定だったイラストあげちゃうほどびっくりw


「V」って懐かしいですよね?
結構ブームになりました、80年代に。
それを2009年にリメイクしたドラマを放送していたので、ひかりTVで観ています、一応。

まー、一応、ですね。
もとの80年代の「V」にもあんまハマんなかったし、この間同じチャンネルで再放送もあったからちょっと観たけど、やっぱり大したドラマじゃなかったので、Vに対する思い入れもないし、美しいVFXで作り直したからといって、感激するほどではない……最近こんなの多いな~くらいで。

別チャンネルかな?
「バトルスター・ギャラクティカ」もリメイクされているんですよね。
こちらの方が好きだったかな。
でも、こちらの放送は既にシーズン4w
わからなさすぎ。
またレンタル行けってか。
しかも、ちょっと覗いたらなんだか深刻で、こんな話だったかな~と違和感。
あれは80年代のお気楽な時代だったからイケたカッコいいドラマだったんだと思う。
こんな暗い時代に、故郷を追われて彷徨うドラマって、合いすぎてて怖い。


同じように、「V」もなんだか暗い。
だれも信用できない、自分のいる世界さえ仮想世界かもしれない怖さ。
だけど本当に怖いかというといかにもテレビドラマで、昔と同じストーリー展開で、いまさら感が強すぎるので、迫ってくるような現実感はなし。
昔のドラマと同じく、Vは「一皮かぶっている」ので、外見は美男美女……はいいとして、本当の人間側まで美男美女が多いのも、現実感なくなる一因かも。いかにもアメリカのドラマに出てきそうな人ばっかなんですよね、「LOST」にでてた人が主人公格だし。


あーもう、なんかちょっと、嫌んなってきました。
本当に自分の観たいものを観ているのか?
ダラダラとテレビ局の流すドラマをぼーっと眺めているだけなんじゃないか?
だとしたら、地上波をぼーっと眺めるだけの生活と、何が違う?

思えば先月まで、レンタルは面倒だったけど、好きなものを観ていた気がします。
1本借りてきて、「お金払って観るに値しない」と判断したら、2本目は借りなかった。
けど、ひかりTVだと、「タダで観れる」から、ついつい続きを観ちゃう。

それは、得か?

もしかして、「時間」を無駄にしていないか?



……考えてみなくちゃ。


にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : oekaki
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

ドラマ「デクスター」



この二日、TV観ながらぐだぐだしっぱなしだったので、必然的にお絵描きネタです。
「デクスター」シーズン2。
似てない。うーん、このあと何枚も書いたんだけど、結局似ませんでした。
似せることを諦めて、キャラクター化して自分の絵に出来ればいいんだけど、その技術もなく。

さて、「デクスター」……一時評判?になったときも、悪人にハマるわけないよな~と思ったんですが、まあ、今月末までただなら、ちょっと観ようと……結局シーズン2通して観ちゃったのは、ハマったということでしょうか。
だけどやっぱ、誰にも感情移入できないということは、辛いものがあります。
周りの善良な人たちも、結局いいように操られて、なんだか悲しい。
そして、面白いな、と思うキャラが、もれなく悪人である、というのもなんだか悲しい。



脇役。刑事だけど舞台がマイアミなので、全体に軽い格好。
FBIだけがスーツ姿という、違和感ありありな一団となってます。
観る側は、この人たちがデクスターにだまされる様を、ツッコミを入れながら観ることになるんですが、なんか最後にはどうでも良くなってくるところが、悲しい。
シチュエーション・ドラマだということは、わかっているつもりなんだけど、なんか悲しい。



ライラ。出てきたときはなかなか男前な美人だと思ったんですが、かなりのサイコぶりでハラハラさせてくれるキャラでした。
どっかで見たことある……と思っていたら、後で見た宣伝で、前NHKで放送されていたイギリスドラマ「華麗なるペテン師たち」に出ていた役者さんだったんですね。
イギリスからアメリカのドラマ界へ、仕事の幅を広げたってことでしょうか。
この間、キャプテン=バロウマンさんも「デスパレートな妻たち」に出てたもんね……爆弾魔で!

なんだかんだ、ライラがシーズン2を引っ張ってくれたみたいです。
シーズン3も見始めたけど……ん~どうしようかなあ。
これも「24」や「LOST」と同じ、続けてみると面白いけど、ちょっと間をおくとどうでもよくなるドラマの一つ……って感じです。

いまさら、シーズン1も観たくないなあって思うもん。
2を観ている間は、観たいと思ってたのにね。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : oekaki
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

TV「TOP GEAR」



TOP GEAR at wikipedia

テレビ見ながらカキカキしてみました。
やっぱり録画を遅れて見ているので、全然実況感はないんですが、感想 de oekakiってことで。
日本で「車好き」っていうと、ド派手ジャージのヤンキーかカフェの店長みたいな妙に洗練された風のファッションでカーグラフィックでコメントしてそうなヒゲの中年だけど、イギリスでは違うらしいです。
車好きの金持ちなんだろうけど、「TOP GEAE」の三人はどっちでもなく、どこか「やんちゃな子ども」って感じです。

で、司会のジェレミー・クラークソン。のっぽ、顔デカ、頭薄くてもじゃもじゃ、腹は出ているが足だけは細くて長い、典型的なP型肥満体型のヨーロッパ人。
いつも白いシャツにカジュアルなスーツジャケット、ボトムはブルー・ジーンズ一択。ファッションに興味無し。
他の二人が少しでも外形に色気を出したら見逃さず茶々入れるのが大好き。
口が悪くてまさに「口から先に生まれた」タイプ。以前彼のお母さんが出演したことがありますが、そっくりでしたw

パワーのある車大好き、エコカーくそくらえ! 俺は車をかっとばしたいんだぁ~~! みたいな人。
彼の「POWWWWWEEEEEEEEEEEEEEEERRRRRRR!!!!!!!」には、パルパティーンも降参だと思うw

先週分の「アメリカ・スペシャル」の回で、有名人レースのコーナーがダニー・ボイル監督でした。
映画「127時間」の宣伝をかねてのようで、2010年の放送のようです。
この前映画「ナイト&デイ」の宣伝でトム・クルーズとキャメロン・ディアスが出てたし、映画の宣伝に使われることが多いみたいですね、有名人レース。

このあたりの前に、どうやら「スティグ」がカミングアウトしたらしくて、「あの裏切り者」扱いで写真が射撃の的にされてたりするんで、有名人にコースのアドバイスをするコーチが変わったみたいです。

ダニー・ボイル、意外と速かったです。車には興味がないみたいでしたけどね。話の流れでジェレミーが「僕の好きなのは『サンシャイン2057』です」と言ってます。お、いいとこ突いてくるじゃん。
「僕の父は『シャロウ・グレイブ』がいつも一番だと言うよ。『スラムドッグ・ミリオネラ』観ても、『まあまあだ』って言うんだ」
と監督は結局最初の作品が一番だ、みたいなことを言ってました。
……が、そんなことを言えるのは、アカデミー賞監督の余裕なんだろうなあ。



チビでハンサムなハモンドくん。当然主婦受けがよろしいらしいw
お昼の番組の司会者になったとかで、他のメンバーからかなりイジられてしまう、ポルシェ911至上主義。
三人のなかでは若くて小回りが効くwので、ちょっと危険なチャレンジ担当になることが多くて、雪山をスキーと競争したり、氷原をスノーバイクと競争したり、ジェット機とゼロヨン(?)したり、頑張っているんだけど、正直ヘタレな印象がw
子ども舌で魚が食べられないし。

今週の「中東スペシャル」では、ちょっと危険なルートも混ざっているということで、ヘルメットにケブラーの防弾チョッキを着せられて、めっちゃ不安そうでしたが、やっぱりお腹を壊したそうで、衰弱の一途。
この、母性本能に訴える目が、イギリスの強い女性にウケるんだろうなあ!



「あっ、世界で最も遅い男だ~!」と中東でも指差されてしまう、お気楽天然オジさん。
最近髪が短くなったけど、ほわほわのカール髪をなびかせて花柄シャツ着てたら、そりゃゲイと言われて当然だろうけど、彼女がいるとかいないとか。
屈託のない笑顔がチャーミングだけど、超マイペースなので周りはイラついてしまい、優しく出来ないというパターン多し。
特に方向音痴ネタはヤバい。結婚式に遅れるとか超ヤバい。つか、彼にそんな仕事任す方がヤバいw

最近太ってきてジェレミーと同じような体型になったけど、三人あわせるとバランスがとれてていい三人組だよな~と。
それで長寿番組なんですね。



……で、観ながら考えたこと。

これ、今年のシリーズの有名人レース、ベネディクト・カンバーバッチさんかマーティン・フリーマンさんがでるかも!?

あのダッサいヘルメットかぶったベニー……見たい!


にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : oekaki
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。