FC2ブログ

oniondiary | 日記。時々映画やドラマや小説のレビュー。最近はなんとなく毎日書いてますが無駄話多し。

なにもないしあわせ。



おはようございます。

今日は69年前に原爆が広島に投下された日です。
毎年この日は、たいてい晴れてジリジリと暑いのですが、珍しく雨の中式典が行われています。

毎年この日には黙祷を捧げるのですが、朝、トイレのドアにかかっていたカレンダーが目に入りました。

「なんにもありません だけどいっぱい青空があります。」

青空の下、海辺で遊ぶでもなくただ座っている猫たち。
8月になってこの絵を初めてみた時には、レジャーできなくても、まあ青空があるさ、くらいの意味かなあと思っていたのですが、この日の朝に見るとまるで色合いが違ってきます。

なにもない、っていいよね。

「平和に感謝」──広島のRCCテレビがラテ欄に込めた縦読みが話題

そしてニュースでも、こんな「平和に感謝」が。
そう、のんびりカープを応援できるって、幸せ。


スポンサーサイト



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : essay
Tag : 日記
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

重要でないメールは

……バンバン捨ててます。

まあ、お茶濁しなんですけど。
捨てられないメールもありまして、その話。



遊びに出て帰宅が遅くなった長男からのメール。



これは、先月野球を見に行った時の待ち合わせメール、次男から。

なんでもないけど、捨てられない~(子離れできない母)。



逆にすぐ捨てるのは、ジェリーからの。
着いた途端に削除っす。
内容もないしね。
メールボックスは限られているんで。

え、ないがしろ?
んー、そんなもんじゃない?


にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : essay
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

何度繰り返したかこの話題。

昨日(本当は今日。夜に書いてます)は、危うく更新を忘れるところでした。
つか、既に何のために更新するのかわからなくなってたりして。

意地?

う~~ん、誰に対しての意地だ。
こうして何にもないのにただダラダラと更新することが、何の役に立っているかもわからない状態です。

あれ? 「生存確認」?
まるでわたしと次男のLINEみたいに。
「おはよ~元気?」
……返信なし。
でも既読はつくので、生きていることはわかる。

そんな感じ?

とりあえず生きていますよと。
そんなに特筆することもなく、まあなんとかやってますと。
あれやこれやの煩わしいことは、とりあえず公共の場で書くのもナンだしね~。

最近読んだのは、小松左京の「こちらニッポン・・・」とかあるんだけど、腰を据えて感想書くほど時間が取れない(寝坊つづき)し、今読んでいるキングの「11/22/63」はまだ上巻で、色々中途半端で書けないし。

人形の悪巧みはもうかなりの中途半端状態なんで無理です!
今公開したらホラーになるw

……そんなわけで。
明日の朝は、早く起きたい。
もう寝なきゃ。



……起きました。
6時40分です。もう出かける時間。
一旦5時頃起きたんですけどね~~また寝ちゃいました。

そんなわけでお茶濁し。
週末だ、後一日乗り切ろう!






にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : essay
Posted by onion on  | 6 comments  0 trackback

暖房のある夏。



最悪だ……最悪の目覚めです。
てか、起きろよ自分。
昨夜は9時過ぎたらもう眠くて、午後10時頃にはベッドに入りました。
日曜なので、とりあえず7時にタイマーセットして……クーラーを「快眠」モードにして、寝ました……が、夜中に寝苦しくて目が覚めて。

暑いな……なに、クーラー効いてないの?
もそもそ起きて暗闇でコントローラー握って設定温度を1°下げて、また寝ました。

朝、7時前にタイマーなったけど、消してまた寝ました。
暑いな、と思いながら。

8時、やっと起き上がって、何だろうこの暑さ……クーラー壊れた? とコントローラーよく見たら、

 暖 房 

……になってました。(設定温度18°)
いいい、いつから??
昨日は確かに、冷房になってたのに……寝る前か? どこをどう押し間違えたんだよう。

……いや、誰かが夜中にやって来て意地悪したんだ。。。

……などと考えだしたら、痴呆症の始まりですがw

多分、「快眠」ボタンを押したつもりで「運転切替」押しちゃったんだと思います。
いやあ、目が悪くなっちゃってから、ほんと、すべてをカンでやっちゃってるというか、表示なんか見てないんですよね、結局。
若いときは見えているのが当たり前だったけど、一瞥で済むところを今はじっくり眼鏡かけて(あるいは虫眼鏡取り出して)見なくちゃならない……ついつい面倒で適当に……そして間違うと。

人間、見たいものしか見なくなったりします。
ものでも、人でも、出来事でも。
年を取ると、加速する気がします。

気をつけないとね。


にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : essay
Posted by onion on  | 8 comments  0 trackback

八月の湯沸かし器。

うわ、八月になっちゃった。

……と書いて、そういえば「八月」って、ついキーボードで「はちがつ」と打っちゃうよね、と思いつきました。
7月までは「7がつ」とアラビア数字で打つのにね。
「八月の鯨」とか「八月の狂詩曲」とか「八月の蝉」とか、映画でも文学系が多いからか、やっぱ夏本番で色々あれなのか……とここまで書いて、「八月の蝉」じゃなくて「八日目の蝉」だよw と気づく……あかんわ〜朝からボケてる。

八月はボケるんですよ、暑さで脳が煮えまくってるし。
すでにわたしはクーラーないと生きていけない症候群。
会社につくと一番にクーラーのスイッチを入れる係。
「節電」とかなんとか上司は言ってますが、しったこっちゃあ、ありません。
これ以上事務所を暑くしたら、上司の目の前で倒れてやる〜〜〜職場で倒れたら労災申請だぞおおお! と、日頃から叫んでいる……アレなオバサンですw

女性は冷え性が多いと言いますが、わたしはどうも違うらしいです。
東洋医学の先生からでたお薬をネットで検索しても、「火照りをおさえる」とか効能が書いてあるし。
熱気が溜まりやすいのか、単に瞬間湯沸かし器なのか……え〜そんなにいつもイライラしてないよう、と一人でブツブツ。


……熱気でやられてます。



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : essay
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

美しい景色を愛でる余裕を……。



写真は昨日の夕暮れ時、東からのぼる満月です。


いやあ、日頃は平和な地方なんですよ、山口。
以前TVで九州局が映っていた頃は、福岡ローカルのニュース見てビビってましたもん。
なんでそんなに強盗とか殺人とか多いんだって。
山口ローカルなんて、海開きだのどこそこの庭に珍しい鳥がきただの、まったくどーでもいいニュースばかり流れる、それは退屈な、でも平和な土地柄なんです。

なのにねえ、この間から山口市(といっても市を大きくするために無理矢理取込んだ郡とか町とかのど田舎)で殺人と放火があったと思えば、また似たようなのが周南市(これも市街地とは程遠いど田舎)で。

山口 5人の遺体発見、全員が頭を強く殴られ殺害

なんででしょうねえ。
ご近所づきあいのことなんでしょうか。容疑者は出身はここみたいですが、神奈川県からUターンしてきたそうです。
TVで盛んに取り上げられている張り紙は、実はもう一年以上前から貼られていたということで、

「つけびして 煙り喜ぶ 田舎者」

とは、自分のことじゃなくて、近所で野焼きなどをするお年寄りなどのことを揶揄したようにも見えます。
本当に犯人かどうかはわかりませんが、鬱屈したものは感じます。

それにしても田舎です。
仕事柄、地図をよく見るので、こういう「限界集落」が空き家だけになっている箇所もたくさん見ます。
もう数年経ったら、集落はなくなってしまっているかもしれない高齢者ばかり済む土地なのに、時を待つことも出来ない……人間の許容量が、とても少なくなってきているのかもしれません。

広島のLINE拉致暴行殺人といい、年齢に関係なく、他人を傷つけることに鈍感になっているんでしょうか。

きっとこの夏が暑すぎるせいだと、思いたい……。








にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : essay
Posted by onion on  | 5 comments  0 trackback

マスコミがつくるアイドル?

昨夜はプロ野球オールスター第一戦でしたね。
観ました。録画で。
エクササイズ行ってるんで、金曜夜はリアルタイムは無理なんですよね。
せっかくマエケンとマーくんの対決なのに……と思いましたが、だからといって休むのもねえ。

それにしても……確かにオールスター、そうそうたる選手が居並ぶ中で、TVときたら……「大谷、大谷」連呼で……逆にわたしは心配になりましたよ。
妙な持ち上げ方で無理矢理スターを作るとどうなるか、ハンカチ王子でわかっているのに、また同じようなことをしているマスコミに翻弄されなきゃいいけど、って。

見た目は大変クール(というか欲がなさそう)に見えて、プレーを見るとわりとガツガツしてそう(レフトフライでセカンドに全力投球なんかは、おお、と思わせますね)なのに、マスコミの売り出しはまたしても、

 さ わ や か 

路線だし。
どーあっても、「野球選手=さわやか」に持っていきたいかねえ。
そんなイメージ、高校野球でやめようよ……ていうか、カープの堂林くんでもそうだけど、こう、欲のない感じのする新人ばっかで、それが粒を小さくしているってことに気づけよと。
思えばダルビッシュ選手は入ったときからガツガツしてましたねえw
だから叩かれたけど、それをバネにして大リーグに旅立っていきました。
きっと、「日本の小さな野球界」には飽き足らなかったんでしょう。
逆に言えば、マスコミが好きなスター選手は、日本国内に留まってくれる選手、ってことなんでしょうか。

でも、海外で活躍すると、嬉々として取り上げるんですよね。
イチロー、ダルビッシュ、本田……そういうもんです、マスコミ。

そんな日和見なマスコミに囚われず、大谷くんには「自分がどうしたいか」を心に決めて欲しいものです。
監督とかコーチに「やれ」と言われたから、今二刀流なんてやってますが、やっているうちに自分の方向が見えてきたら、自分で判断してもらいたいな。

ま、別にファンでもないわたしが言うことじゃ、ありませんけども。


カープファンとしては、昨夜は楽しませてもらいました。
丸選手もヒットを打ったし、もち、マエケンはかっこ良かったし。
で、MVPは巨人の澤村選手がもらってましたが……スタジアム、ちょっとブーイングあった? そういうのは良くないと思うけど、でもやっぱ、澤村選手はないなあ。
引き分けだから、ヒーローはいないし、数字的には「無難に三回投げた」という点で彼なのかもしれないけど、「お客を楽しませた」という点では、タイムリーを打った糸井選手と中村選手だし、何より球場が沸いたのは、大谷選手だし(まあこれは、だからといってMVPはやれないのはわかるw)、三浦選手の「計測不可能超スローカーブ」は爆笑とともに技術力を見せてくれた……でも一番の見所は、1、2回のマーくんの快投と、それに釣られてwストレート勝負をしていたマエケンの二人対決が、やっぱり最高だったと思います。

マエケン、本当に楽しげに投げてたもんね。
打たれてもストレートを微笑みを浮かべつつ投げている姿は、すでに風格さえ漂ってたりして。
そして、マエケンがそんな勝負をしたくなるほど、やっぱマーくんはすごかったなあと。
だから、MVPは彼にあげて欲しいなと。
中二日で、あの快投ですよ。
短くても当然じゃないっすか。
マエケンにあわせてくれたと思うと、信じられないくらい良いヤツだし。。。(感涙)


……などとブツブツ言っているうちに、昨夜は12時過ぎまで夜更かししてしまいました。
プラス、ビールで。
エクササイズしても、全然意味ないし〜〜〜〜。。。




にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : essay
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

パンとネタ切れのひとりごと。



毎度変わり映えしない写真でスミマセンが、パン。
最近色んなパンを焼いてみたいと色々やっていたブームがやっぱり去りw、ふと気づくとホシノ天然酵母の種が置いたまま……イカン、使えなくなる前に消費しなきゃ。
ジェリーは結局近所のスーパーのパン屋さんのホテルパンがお気に入りなのでそれを食べるだろうから、自分と長男が食べるのはちゃんと作りたい。ジェリーの嫌いなタイプの、リッチでないパン。

てことで、ごく普通のパンを焼きました。
あんまりふくらまないところを見ると、やっぱもう酵母に元気がないかも。
う〜ん、もう一回分くらいあるんだけどな〜。

こういう「育てる」食って、なかなか維持が大変です。
もうカスピ海ヨーグルトも頻度が少なくなってるし(なのにフジッコからDMが毎日のようにきてうざいのなんの)、塩麹もつくってないし、つくづく継続に障害がある性格なんじゃないかと……ホント、続いているのって、このブログくらいなもんじゃないかな〜。

そのブログも、個人的なことは避けよう……とストッパーをかけ始めてから、本当にネタ不足。
基本日頃のグダグダを書いていたのに、それがほとんど書けなくなったんですが、自分がリアルで周りの人に話した話を書かなくなっただけでこんなに書くことがなくなったってことは、今までもういいかげん振りまいたなあと、時既に遅しじゃあないかと言われればその通りなんですけどね。

そんなわけで、個人的に語ることは多いけど、ネタ切れの昨今です。
今度から個人的なことは、Facebookに書こうかと……それこそ読者4人くらいなんですけどねw




にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : essay
Posted by onion on  | 4 comments  0 trackback

朝からうるさいことで……。


(あまりにしょうもない記事なので、道端の花をアップしてみましたw)

昨日は酔っていたのでお風呂にも入らず、寝てしまいまして、朝からシャワーを浴びたので、ブログを書く時間がありませんでした。
今、車の中でiPhoneで書いてますが、アタマが回らない上に、朝から参議院のことでテレビがうるさい……。

あーやれやれ、おかげで何を書こうと思ってたのかわすれたじゃんね。

結局「野党のせい」(ジェリー談)みたいになって、良くない気がするなあ。
なんてことを思いつつ、お茶濁しでごめん、今日も仕事に行ってきます~。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : essay
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

この日、息子とドライブして。

昨日は3.11のあの日から二年でした。
会社でも黙祷がありましたが、TVでの特集もそれなりに見て、本当に試練なのはこれからなんだなあ、と実感しています。
西日本ではもう、「なかったこと」にして例の工事をすすめたくてしょうがない政治家とか色々いるみたいですが、許してはならないことだと思います。

それで、思いつきました。
映画を観に行こうと。
「遺体 明日への十日間」を見ようと、会社から長男にメールしました。
それが、近所のシネコンにはこないことがわかってたので、長男に仕事場に迎えにきてもらってそのまま二つとなりの防府市の映画館まで行こうというもくろみだったんですが……通勤渋滞を甘く見てました。。。
上映開始時間までに間に合わず、もう始まってました。

この日に観るのが一番いいと思ったんだけどなあ。
仕方ないか……また週末にでも考えます。

そうそう、昨日なんですよ、ぶつけられた長男の軽自動車が、修理を追えてかえって来たの。
遅いでしょう?
色々あったんです。。。
まったくもう。
でもまあ、ちゃんと直ってるみたいなんで一安心でした。

それはともかく、せっかくここまで来たんだし、じゃあモールの中でもブラブラするか〜〜……そしてオタクショップに入る母子w
初音ミクのスリーブとかにゃんこ先生のぬいぐるみとか広げるとATフィールドになる傘wとか見て、それから近くのファンシーショップ寄って(学生の頃には入り浸ったもんです)カワイイものをいっぱい見て、結局最終的に百均で小物をちょっとだけ(石けん、虫眼鏡、卵の殻に針の穴を刺すグッズなどなど)買って、気がついたら8時過ぎ……う〜む、結局映画を観たくらいの時間に。

せっかくなので夕食は例のおいしいパスタ屋さんに、と行くと……閉まってるし! 月曜定休? 月曜に来たことないから、知らなかったよ……。
仕方ないので、近所のファミレスチェーン的なパスタ屋さんで済ませました。



でも牡蠣のトマトソースの生パスタ、そこそこ美味しかったです。
以前はトマトソースは苦手というか、ケチャップ味で美味しくない、と思ってたんですが、どこでも外れはなくなりましたね。



写真に釣られてケーキも食べちゃいました。
ダイエットはどこに。


……結局、昨日という日は、「長男との日常の楽しさを噛みしめる日」だったかなと。こんな日常が続けば……イヤイヤ、長男からすると、いつまでも母親と二人連れではいけないのかな……でも外出さえしなかった数年前から、かなり進歩したよね……だけど今に留まってはいけないし、もっとよくなるはず……そう考えると昔も今もずっと日常なんだけど、「幸せな日常」ってなんだろな。
子どもたちが小さい頃の写真を見ると、ああ、この頃はなんて幸せだったんだろうと思うけど、あの頃は子どもの健康や勉強や将来が心配で心配で、早く大きくなって手が離れて欲しいと願ってたなあ。
いつも不安や心配やストレスに押しつぶされそう……そう考えると今とあんまり変わってなかったりしてね。

震災以来「以前の幸せな日常を取り戻したい」と、よく言いますが、震災以前の日常の中にも色んな悲しみや苦しみがあったと思うんですよね。
でもそれを少しずつ良い方向に変えていこうと積み上げていたそれらを、あの震災が根こそぎ奪っていった……幸せと一緒に、悲しみや苦しみを克服する気力まで奪われた人たちがいるってこと、忘れてはいけないと思います。


一人一人が「今が幸せ」と言える世界、遠いけど、目指すものはいっしょ……ですよね。



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : essay
Tag : 日記 家族
Posted by onion on  | 4 comments  0 trackback

夢で会えた朝。

今朝方、父が死んで初めて、父が生きている夢をみました。

久しぶりに生家の二階(自分の部屋)で目が覚めました。
まだ夜明け前、この時期なのに窓は開いていて、外の物干コードで洗濯物がひらひらゆれています。

おかあちゃんったら、中国の光化学スモッグが来てるから、外に干すなと言ったのに。(ここだけ現実世界)

そう思いつつ起き上がって下に降りると、居間に親戚(でも顔には覚えがない)が泊まっています。父は仕事場の真ん中で、イスに座ったまま、口に総菜弁当の蓋みたいなのをかけて寝ています。

あらら、よく寝てるわ。

起こさないようにそっと通り過ぎ、台所に行きます。
そして朝食じゃなく、なぜか昼食をつくります。

「もう昼だから、起きなよ〜」

みんなを起こしてまわるとき、ふと胸騒ぎが……父があのビニールの蓋で窒息しちゃったかもしれない!
大急ぎで仕事場に行って、蓋を取って、おとうちゃん、と呼びかけます。
「なんか……」
弱々しいながらも、目を開けました。
ああ良かった。
あのときみたいに、気がついたら死んでたなんて、いやだもの。


あのときみたいに。


あれ?
……目が覚めました。
そうだ、あのとき、父は死んだんだった。
一度くらい目を開けて、なにかひと言言ってくれるかと思ってたのに、何も言わずにいってしまったんだった。
生家は道路拡張で既に取り壊されたんだった。
あの場所も、父も、もういない。

がっかりして目が覚めました。
初めて、父がいなくなったことを実感したかもしれません。
たしか実感するまで三ヶ月、って聞いたのになあ。
およそ五ヶ月かかってます。
なんだろうなあ、この遅さ。鈍いのかな?w

で、なんで明け方に夢を見たかというと、実は昨日久しぶりに夜更かしをしまして、しかも夜中に飲食して胃に食べ物が入ったまま寝たからじゃないかと思います。
朝いつもの時間に起きれなくて、二度寝をしたしね。
不摂生をすると、睡眠に直に響きますねえ。


でも、父が生きている夢は初めて見たので、悪い気持ちじゃありません。
父のことを思い出せて良かった。





にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : essay
Posted by onion on  | 6 comments  0 trackback

一日一文、とりあえず継続中。

月末ですねえ。
今年ももう一ヶ月過ぎてしまいました。
早いようで、でもなんか色々あったので、今年もまたジタバタしそうな「序章」でした。

そんな中でも、ブログの毎日更新ができているのは、もう奇跡に近いですよ!
てか、先日ふとカレンダーを見たら空いてて、あれ? と確認したら、エントリーの日付がダブってる日がありました。
下書き保存の日付でそのまま保存しちゃったのね……無事訂正、毎日更新の出来上がりw

でもあらかじめ記事をストックしておくことはあまりありません。
いつも朝こうして、キーボードに向かってから何か考える、って感じ。
意外となんか出てくるもんですねえ。
そう考えると以前、ブラッドベリが朝起きると毎日一つ短編を書く、ってのを聞いて、まさかあ、と思ったんですが、あの人ならできるかも。
わたしもこうしてグダグダ書くだけじゃなく、短編の一つもひねり出せれば良いんだけどなあ。
巨匠はすごい、凄すぎです。


ともあれ。
なんとかやってます。
昨日は次男が来てました。顔を見せてくれるとちょっと安心します。
夕食はすき焼きを奮発して一緒に結構食べたので、ダイエットも失敗傾向ですが、また今日から頑張りまっす。



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : essay
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

実は三匹いた爪研ぎニャンコ。



朝11時頃、居間で一人ぼうっとテレビを観ていたら、例のカリカリ音がしました。
お、きてるな、野良猫。
ポケットのiPhoneを取り出しつつ、そおっと近づきカーテンめくる……。

あれ? 二匹いるよ?

ふと少し離れたところにも、うずくまっているもう一匹が見えました。
計三匹。
シマ一匹とマダラが二匹。
いずれもけっこうまるまる太って、美猫です。
ガラス越しにiPhone向けてパチパチ撮影しましたが、逃げません。
ジイッと見てます。

なにかくれるの?

目が語っているようです。
うったえてます、うったえてます。
でもダメです、君らにあげて、近所を(更に)うろつくようになってフンなどの害を及ぼすと、ウチのせいになっちゃう。
いいよ、そこで爪研いでも。
それだけが、わたしにしてやれることだ。

ゴメンね。






かわいいんだけどなあ。。。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : essay
Posted by onion on  | 6 comments  0 trackback

気合いの入ってない写真。



朝、起きられない日が続いてます。
目が覚めてもまた眠ることの繰り返し……やっぱり風邪気味なのが響いてるのかもしれません。(単にダラダラしたいだけかもしれませんw)

なのでお茶濁し。夕暮れがきれいな色だったので。
でも写真に撮ると、手前の電線ばかりが目立つなあ。
道路の向こうのコンビニまで渡れば良いんだけど、そうしてると色が変わっちゃうし、仕事帰りって、もう帰りたくてしょうがないわけでして、道の向こうに渡る暇も惜しい。

写真を撮るにも、性根が要るような気がします。
良い「画」を切り取るためのこだわりみたいなもの。
ついついヘラッと撮ってしまうわたしは、下手くそ以前なんでしょう。

そういえば駅前のツリー祭りも、毎日駅前のバス停で見るのに、ついぞ撮影しなかったのは、写真に撮ってきれいな場所まで行くとバスが出てしまい、一つ乗り過ごしてしまうから。
次は30分後となると、もういいや、となるわけです。

根性なし。

とにかく家路を急ぐということかもしれないけど、今は色んなことに、意欲がなくなってきているかも?
まあ、夕暮れというのはそういう時間でもあるわけですが、年末にかけて気持ちが下がってきているというのは危険だなあ。


とりあえず、今年の業務もあと二日。がんばろ。



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : essay
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

高くも重くもない涙に訳などなし。

わたしの涙は安い。

こらえにこらえた、あるいはふと気を抜いたときにぽろっとでてしまう涙を「値千金」とすればの話です。

自分でも押さえようがないというか、がまんとかいうレベルじゃないっす。
もう、ほんのちょっとのことで、涙が出てしまうわけです。
本人が感動したとか悲しかったとか思うより先に。

自動号泣機

みたいなもの。
昔から少女マンガ雑誌を一冊読むと、必ず泣きはらしていたものですが、近年更にひどくなった気がします。
ニュースなどで「感動」系の話とか、「ちょっと心温まる話」でもポロポロ泣いてしまうようになってしまいました。
年のせいなのかなあと思っていましたが、以前、わたしより10歳は年上の社員さんに、
「わたしは泣かんよ。もう充分辛い目をみたからね」
と言われ、そうか、わたしは決定的には辛い目にあってないのかなあと、思ったものですが、その「充分辛い目」って、どんなの?

わたしみたいに、「子どもを交通事故で失いかけた」って、辛い目じゃないの?

まあ、今現在は生きているから、辛い目と言えないかもしれないけども。
考えると、その頃から更に涙もろくなった気がするw
ジェリーなどもそうで、朝からニュースで子どもの難病支援とかやってたら、通勤の車の中で二人でボロボロ泣いてるしなあ。
当事者に共感できるようになったということでしょうか。

まあ、そんな建設的な涙(?)じゃなく、そらもう、なんで泣くかなあ、と自分でも思うくらいのくさ〜〜い芝居でも、一定の涙がでるので、困ってるんですが。

この間なんか、会社の「人権研修」のビデオで泣いちゃったしw
他の女性たちに、「この人なんでこんなので泣くの?」と怪訝な顔をされてしまった。
韓国ドラマが嫌いなのも、出来は良くないと思うドラマで泣けてしまう自分が嫌いなのかも。
そらもう、あんなにユルい「てふてふ荘」で号泣しちゃうんだから……始末が悪いんです。

ほぼいつも泣いている状態じゃないかと自分でも思うのですが、昨日は泣き続けでした。

「てふてふ荘へようこそ」


録画で視聴。来週が最終回ですが、ビデオを保存するほどいいドラマとは正直思わないんだけど、マジでよく泣けます。
管理人さん、○○○だったのね。

「ホーム・アローン」


金曜ロードショーで、結局観ちゃった。いやあ、いい映画。これはもう間違いなく泣けるでしょう!

「スーパーマン・リターンズ」


Huluで。久しぶりにみると、最後のあたりは号泣です。
でもやっぱりあまりいい映画とは思えない。暗過ぎるし、クラークの良さがまるっきり出てないし、やっぱりスーパーマンがなよっとしてる。
けど号泣。文句言いながらも。


あんまり泣き続けるとまぶたが腫れ上がって大型遮光器土偶みたいになって月曜に出社できなくなるので、今日は泣かないで済むものに限定してみることにしようと思います……あるのか、そんなの?


自信なし。



そうそう、テンプレまた替えました。
更にシンプルで、でも機能的には充分なタイプかと。IEで確認済です。
<h3></h3>で囲むと、↑の題名のように、副題がつけられるようです。




にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : essay
Posted by onion on  | 4 comments  0 trackback

夢の恥はかきすて?

久しぶりに4時頃起きました。

……5時現在、もう眠い。ヤバいw

安穏とネットをして過ごしたしなあ。
ちょっと、横になろうか……とベッドに入ってあっという間に寝ちゃった。

6時のタイマーで起きました。
いつも通りというか、いつもより遅いじゃん。

てことで結局寝坊です。
その一時間にがっつり夢見てしまいました。
明け方の夢って、なんでか妙なの多いですよねえ。

今朝の夢の中で、わたしの家はなぜか古い日本家屋です。
玄関もガラス引き戸、廊下も部屋の仕切りも引き戸。
その玄関をガタガタして開けようとする影が……どなたー? というと、顔を出したのが、なんだかローカル番組のカメラクルーらしき二人。
「旅番組でこの通りを撮るんで、エキストラになって」
って。。。そらまあ、いいですけど。
部屋に入って着替えようとすると、隣で長男がなにやら着替えを……あんたも?
「いや、その旅番組にレポーターで出るって言ったじゃないか」
え、そう? ……ああ、そうだったね(納得するな、夢の中の自分)。
スタイリストさんに服をなおしてもらって、良かったね。

「はやくしてよお」
声をかけられて振り向くと、ひろこさん(無断出演)が。
あれ、一緒にエキストラするんだっけ?
ちょっとまって、何着ようか迷って……


……オチのないのが夢の始末の悪いとこ。
なんだろこれ。
なんでこんな夢みたかなあ。
長男、絶対リポーターとかこんなことしないタイプなのに、働いて欲しいという希望がそうさせたのかなあw

その前にはなぜか会社の上司から大きな黒い貝殻型のお皿(割れてた)と別に豪華なごちそうの箱詰め(巨大)をもらって、嬉しいよりどうやって持って帰ろうかと悩んでた気がする……自分の深層心理がよくわからない。



お願い、夢の分析しないで。
恥ずかしいことになりそうな気がするから。


にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : essay
Tag : 日記
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

中二病でもオバサンであるという事実。

ちょっと前、ジョニー・デップの主演映画「ダーク・シャドウ」を一人で観に行き、同じような年齢の女性一人客が多くて、これは、ジョニデのファンか? てことはわたしもジョニデ目当てと勘違いされる? いやだそんなの! と長男に愚痴ったのが、

「それって『中二病』じゃんw」

と言われた最初であるんですが。

中二病とはなんぞや、と思う向きもあろうかと思いますが、

中二病wikipedia

まーつまり、中2の頃にありがちだった自意識過剰な思い込みとイタタな言動のことで……既に50の坂を真っ逆さまなオバサンがいわれちゃったら、そら、ハズカシイわな〜〜。
普通の女性と一緒にされちゃあ迷惑、なんて、考えてみれば本当に自意識過剰すぎ。
困ったもんです。

アニメ「中二病でも恋がしたい!」
かなり爆笑してみてますが、中に

以前は中二病だったけど、「アシを洗った」主人公が、過去のハズカシイあれやこれやが発覚してそのあまりの痛い過去に壁にアタマを打ち付けつつ、

「死ね! 昔の俺!」

というくだりが……なんかも〜自分を彷彿とします。
まあ、過去を消したいとは思わないけど……先週山口の実家に帰って、今だちまちまやってる父の遺品整理してたら、わたしの結婚の時の写真と一緒に出てきた……

昔描いたイラスト

い、いやあああああああっ!!!

なんで、父が持ってんのようっ。

……完全に不意打ちでした。
茶封筒に入った、数枚のイラストと下書き。
その下手くそさ(でも今の自分より上手いw)と、

 ポ エ ム 


……引き出しを閉め、封印しようとしたら、

「なにそれっ。おおおお、見たいっ!!」

長男が食いついてくるし〜〜〜〜!
もう、結婚写真(これも結構ハズカシイ)と一緒に抱えるようにして帰ってきました。

どうしよう、これ。

捨てても良かったのに。
なんでとっておいたよ、父。
昔の過去プラス、父の遺品というオマケまでついて、未だに捨てられません。
ほんとどうしよう。



……ちなみに、その頃一緒に冊子を作ってた人たちの原稿も混じってました。

送りましょうか?





対面します? 過去の自分と。


にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : essay
Posted by onion on  | 6 comments  0 trackback

小さな違いが決定的。

母と暮らし始めて二ヶ月を過ぎ、大体生活パターンが確立したかなあと思う昨今、決定的な「障害」も見えてきました。
それは……

見るテレビ番組が違う。

ってこと。

いやあ、それぐらい、って思うでしょ?
実際わたしもそう思ってましたよ。
でも、暮らしてみて改めて気づくのが、母のTV依存(ってか、TVを見る楽しみしかない)と、そしてわたしもTVに依存してるってことで。
問題は、母は

 韓 ド ラ が 大 好 き 

で、わたしは

 韓 ド ラ が 大 嫌 い 

ってこと。
元々嫌いだったけど、母が見ているのをチラッとみて、やっぱりものすごく嫌いな種類のドラマでした。
昔ながらの意地悪キャラ、けなげな主人公、不自然なまでに整った顔のハンサム、ベタなストーリー……ほぼ全部。
まあ、それだけならそのときに席を外せば良いんだけど、実は最近……日本のドラマまでそんな感じで(というか、今までもそうだったのかもしれないけど)、韓ドラの合間に見る日本のドラマも、ベタなつくりが多過ぎて……

なにせ、今の朝ドラ「愛と純」さえ、見られないわたし。
まあ、昼寝から起きるとき会社の休憩室でついているので断片的には見るわけですが、昨日は、

「好きな人とエッチをしたいと思うのが、自然じゃない?」

というセリフが聞こえてきて……おえっ。
なに、その中学生の夢会話みたいなの。
恥ずかし過ぎる……もうちょっとウィットをからませた、それでいて下品な表現というものがあるだろうに。
欧米のドラマではそんなこと……と書きかけて、そうか、あっちでも「セックス&ザ・シティ」とかあったな~。あれも、一話目の5分脱落だったなあ。てことはこれは国の問題じゃなく、完全にジャンルの問題かも。

「今時の女性の見るドラマ」全般がダメなのかも。

う~~ん、おかしいな。
昔は少女マンガ大好き少女だったのに。
そりゃもうどんなものでもどん欲に読んだものなのに。
小学6年生からは少年マンガも成人マンガもw読み始めたけど、基本は少女マンガなはずだったのに。

そういえば、結婚してすぐの頃、どういう経緯か近所の人に古本の「レディース・コミック」をもらったことがあります。
「大人の女性が読むマンガ」として、出だちだったと思います。
へえ、昔少女コミックとかで読んでいたあの漫画家さんも描いてるんだ、と読み始めて……気持ち悪くて放り出しました。

絵柄は同じでも、ストーリーが……セックス、不倫、愛憎ドロドロな、かなりエグいものばかりだったからです。
少女の頃読んだマンガが……汚れてしまったように感じて……その漫画家さんのせいじゃないとは思います。
けど、なんで少女は成長すると「女」になっちゃうんでしょうね。
少年は成人マンガも読みつつ、少年マンガも変わらず読み続けられる、一種幼くいられるのに、女性はさにあらず……思うだに、「色気づき」始めてから、色々違ってきちゃうんでしょうか。
男性的な言い草になっちゃうけど、ロマンがないというか。
これだけ愛を求めたストーリー展開なのに、愛に夢がないというか。


て、わたしも女でしたね。
でもわたし、オタクなんでw
日本で最初のオタク世代なんで、きっと外れちゃったんですね、どこかで主流から。
愛憎ドロドロ劇より、ミステリーが好き。愛憎も混じりつつもミステリーだったらなんとか。
もう二時間サスペンスドラマもギリです。
崖まで追いつめてから、犯人が自分語りするのにもうイライラ(自己憐憫に浸ってんじゃねえよっ)、決まったような主人公説得セリフにもイライラ(次に何いうかわかってんぞ早くしろっ)、解決したあとのほのぼの団らんええいこいつう、なシーンに至っては、

早く終わらんかグダグダといい加減にしろっ!!!!

と画面にTVチャンネルを投げつけそうになってしまいます。

でもさあ、そのドラマが好きな母の前で、そんなネガティブなこといえないじゃないっすか。
なんで、母がその手を見だすと席を立つ……母も、「ああこれは娘の好みではないんだな」と察し(察しの良過ぎるタイプ)、自分の部屋にさがってTVを見るようになる……そういうわけで、夕方家に帰っても、あんまり一緒にTVを見なくなりました。
TVをみないということは、一緒にいないということで、団欒が……まあ、ご飯の時ぐらい?
これでいいのかな、でも私の好きなミステリーとアクションとホラーにつき合わすのも酷な話、仕方ないかと思ってます。

今共通で好きなのは、「こころの旅」という火野正平が全国を自転車でめぐる旅番組。
これがゆるくていい感じです。
母も自転車(ママチャリ)でどこまでも行くタイプなんで、好きみたい。

どこかで共通点を見つけつつ、適度に距離を置いてやっていきたいと思ってますよ~。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : essay
Posted by onion on  | 4 comments  0 trackback

ちょっとだけハロウィンと、月夜の酔っぱらい。

イベントに乗り遅れるのはいつものこと?



ハロウィン用に買った色々、結局撮影しないまま終わっちゃいました。。。
しかもカボチャランプじゃないしw
でもこのキモカワイイの、好きなんだもん。



FC2のアプリのコミックで加工してみました。こっちのが雰囲気的にいいかも。

それにしても、お人形から遠ざかってます。一時期が嘘のようです。
まあこれもわたしの困った「波」というもので。



さて。

昨夜は送別会でした。
案の定飲み過ぎ、案の定バスで熟睡、一つ停留所を過ぎて目が覚めて、そこからとぼとぼ歩いて帰りました。

昨日は満月ではなかったのかな?
http://koyomi.vis.ne.jp/moonage.htm
おお、やっぱり満月に近かったんですね。すごく明るくて、思わずいつもは通らなかった小道に入ってしまいました。

でも数年前に通ったとき(考えてみれば10年以上前かも)、本当に狭い道だったのが、車が通れる幅になってたり、アパートが建ってたり、それなり宅地開発の波はあるようです。
大通りに面して建っているヤマダ電機の看板の明るさもあって、なんとか抜けました。
後から考えると、よくまああんな千鳥足で溝にはまらなかったなあと思うんですが、小道を通ると「人の営み」が感じられて好きなんですよね。
そんなに音は漏れないんですが、燈のついている場所とか、常夜灯とかに玄関が浮かび上がってたり、暗闇に人がいると思ったら顔の部分にオレンジの火が……お外でタバコのお父さんでした。
昔は夜の散歩が大好きだったなあ。
恐れを知らなかったせいもあったけど、この雰囲気が好きだったんだよねえ。

……と、酔った頭でつらつら思いつつ、家路にたどり着きましたとさ。


ところで、いつもは飲む前と飲んだ後に1本づつ、ウコンの力を飲むんですが、今回は飲む前に薬屋さんオススメという



↑「ヘパリーゼ」を飲んでみました。
飲んだ後にはウコンの力を飲みましたが、効いた……のかな? 寝覚めはまあまあです。
夜中に喉が渇いて何度も目が覚めたのに、枕元に置いたスポドリを手に取るのもめんどくてそのまま寝てました。
やっぱ、アルコールは体に悪いわあ。
でも飲むと楽しいんでねえ。
たまには、いいかってことで!!



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : essay
Tag : 日記 健康
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

夏(が勝手)に扉を開いたら。。。

……朝日がありがたくない、盛夏の朝。

日頃はいい部屋なんですけどねえ、わたしの寝室。
でも、この季節はアカン、朝っぱらからカンカン照り、蝉の声もかまびすしく、それに車の騒音も混ざって、とんでもなく

 あ つ い っ 。

4時頃にはいい風が(ちょっとだけ)入っていたんですけどねえ。
6時過ぎるともうダメです。
7月も終わり、本格的に暑い8月が来る……思っただけで暑い。

こんなに暑いときには、会社で仕事が一番!(事務職限定)

最近よく思います。
家にいると暑くてなんにも手に付かなくなるけど、会社だと給料をもらいながら涼むことができるし、頭も冴える。

……スミマセン、さいてーの(契約)社員で。

でも実際そうなんだもん。
わたしのように自己管理が苦手な人間は、「一定の時間閉じ込められて働く」ことで、毎日のリズムを生み出すわけで。
でなきゃ、朝起きないで、ダラダラ寝てたいし。
いやいや、今の時期に今の時間まで寝てたら、汗まみれで最悪の寝起きになるのは必至、起きて正解。

おかげさまでなんとか起きることが出来てます。
ドラマやオリンピックで、少々寝る時間が遅くなってますけど。
でも今日は快適な会社には出かけません。

父の通院に付き合います。

病院だ……これがまた、クーラーの効きが悪かったりするんだよなあ。
涼しいところを探して、待合室をウロウロすることになるかも。

夏生まれなのに夏に弱い人間です。
蚊とか虫も苦手だし、汗でアレルギーはひどくなるし。
精神的にも何もする気にならなくて、ぼうっとしてしまいます。

出来ればこの時期は氷に閉じ込められて冬眠していたい。

起きたら爽やかな風の吹く、高い空に鱗雲がひろがってたら、いい。

夏の扉をしめて、秋の扉をあけたい。







……あつ。
しゃーない、お出かけの支度しますか。。。


にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : essay
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

サラリーマンの健康は制約にアリ?



見事な二度寝……三度寝をしようとしてアラームに起こされた……w
真夜中2時前、またしても雨音で目が覚めました。……てか、足下に雨が少し降り込んできた(どんだけ窓に近いんじゃとお思いでしょうが、そんなに近くない)ので、仕方なくまた窓を閉めに起き、さすがにまだ早いともう一度眠り、4時半頃ちゃんとスリープトラッカーで起きたのにまた寝込んだところを5時半の「次男にオハヨウメールをする時間」で起こされた、と。

……このダラダラ具合。
今日は会社をお休みすると決めたら、朝起きるところからだらけてしまうこの性格、きっと一生働いていた方が生活リズムが安定するタイプでしょう。
逆に言うと、一日中家にいたら、果てしなくダラダラしてしまう、まったく専業主婦に向かない性格だとも思います。

もう今の時間(6時半)だと、タイマーをかけておいた洗濯物を干し終わって、お弁当と朝食を作っている時間だもんね。
あかん、本当に何もしていない……。

定年になると家庭の「お荷物」と化してしまう世のオジサンと同じかっ。

ウチの会社にもいるんですよね、たくさん。
「もう働くのはたくさん。これからは自分のやりたいことをやる」
と定年で会社を辞めた人が、
「家にいると締まりがない。やっぱ働きたい」
と契約社員でもう一度働き出すケース。
給料は安くなるけど、60過ぎたオジサンが就職先を探しても皆無に等しいことを考えると、ありがたいことでしょう。
まず朝起きてから家を出るまで、そのリズムが取れなくて苦労するらしいです。
健康のために、働くよ」
ああ、なんかわかる気がする。

わたしの場合もそう。
50過ぎての就職先なんて、あるわけないし、今よりキツい仕事になるのはわかりきっている。
おまけにこうして有給休暇もつくし社会保険にも入れてる。

お給料は安いけど。

この間TV見てたら、TOKIOが鰹節工場でアルバイト(1日)やってましたが、同じような時給で苦笑い……いやあ、楽な仕事なんて、ないねえ。
……それはおいといて。

会社に行く時間が決定してるから、朝起きる。
帰る時間が決まってるから、夕食の段取りをする。
空いた短い時間を活用しようと、積極的になる。
制約があるおかげで、生活にリズムが出来て、結果健康も保たれている。

 サ ラ リ ー マ ン の 性

っすねえ。

そしてこのブログも、

起きてからジェリーが起きるまでの時間に書く。

という制約の元、続いています。
ジェリーのタイマーがなりました。
数分後、起きてくるでしょう。
さて、締めるか……内容ないけど。

このブログも、健康生活の一端を担っているわけです、うん。




にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : essay
Tag : 日記 健康
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

日常という凪ぎに立つさざ波。


やっぱ、あんま眠れなかったんだね。
ぐっすり~ニャ、正直。
はふっ。

好事魔多し

とは、この際言わないか。

泣きっ面に蜂

ほどダメではないなあ。
なんて言うんだろうなあ、この感じ。

最近、ホント長男を頼りすぎていた気がします。
家にいるのを良いことに、車が運転出来るのをいいことに、あっちこっちに連れて行ってもらったり、用事を頼んだり。
長男も運転嫌いじゃないし、いいか、くらいに思ってましたが、昨日も、
「おじいちゃんの見舞いにいくよ。ついでに忘れ物(わたしの)も取ってくる」
と言っていたのに、ついつい甘えちゃった。

……スピード違反で捕まったそうです。
40キロオーバー……一発免停?
落ち込んでました。
そりゃそうでしょう。
わたしも落ち込むよ……気軽に頼まなければ、って思うよ。
そもそも父が入院してなければ、って思うよ。
わたしが忘れ物さえしなきゃ、って思うよ。
でもさあ。

事故を起こすよりは数段まし。

好事魔多し≠「好事」父の入院が良いこととは思わない。けど手術が成功したのは良いこと。そして長男の違反は「魔」というほどの災厄ではない。

泣きっ面に蜂≠「泣きっ面」ほど悪いことばかりじゃない。そして「蜂」に刺されたほどひどいことでもない。

そうだね、そんなに悪いことじゃない。
あえて言えば、

日常に立ったさざ波

ってとこでしょうか。
「スピード違反 40キロ 罰金」あたりでぐぐると、ビックリするほどたくさん相談トピックが出てきて、ちょっと笑っちゃった。
みんな検索するんだね。
そして、そんな「さざ波」に右往左往する人が、たくさんいるってこと。

さざ波に揺られる日常のなかで、今日も一日やり過ごしましょう。
うん、頑張ろう。




……しかし、「10万以下の罰金」は痛い。。。




にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : essay
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

重いコンダラな話。

数日前宮島に行った時、ふと気づいたんですよ。
「宮島ロープウエー」
って看板見て。

わたしが子どもの頃の観光にはロープウェイがつきもの。
幼児は字が読めないので、最初に耳から入った単語です。
それだと、

ロープーウェー

だったんですよね。これはもう全体で一つの単語として覚えたわけです。
だから大人になってから初めて「ロープ」の「道」だから「ロープウェイ」だと気づくという。ロープーって意味不明だし。
しかも今回よく見ると、「ウェイ」ではなく「ウエー」なんですね。
エが小文字でもないし。。。数十年散々あの看板の前を通っているのに、全然気づきもしなかったなんて。

あれですよ、「重いコンダラ」
昔のアニメ「巨人の星」のオープニング曲で、

おもいこんだら しれんのみちを(思い込んだら 試練の道を)

って字幕で出ているのをみた子どもたちが、その時画面で飛雄馬が引いていた整地ローラーの名称だと勘違い、それが定着しちゃったという完全耳コピなおマヌケ話。
そんなことはよくある話で、例えば、

マンホール

これも耳コピ、そのまま一つの単語として覚えたんですが、仕事場で地下設備関係の書類を見ることがあって、
「MH」と「HH」、これってなんですか?
とベテランの人に訊くと、
「ああ、MHはマンホール、HHはハンドホールだよ」

……おお。「人が入れる穴」のことが「マン」ホールで、「手を入れる穴」(小さい)が「ハンド」ホールなんだ!

生まれて数十年、初めてマンホールの意味を知る。。。これも結構おマヌケ。

あと、この間から酒屋のHP見てて思った疑問があったんですよ。
この中の銘柄「カネナカ」のマーク、



なんでこれで、カネナカって読むの? ナカはいいとして、なんでカネ?
って思ってたんです。
でもこの間ドライブしてて前にいたトラックの後ろに、この括弧みたいなマークに心の字が付いた大きなロゴを見ました。



ネットで探したけど、↑しか出ず、これは心でなく「新」ですね。
で、多分「カネシン」と読むのでしょう。

カネ、ねえ……ぼーっと考えていて、ふと思い当たりました。

サシガネだ!!


あのカギカッコのマークは、このサシガネの意味だったんだと、やっと気づきました。
あ~目からウロコ。
なんかスッキリ。
五十路を越えても尚物知らずな、独り言な更新です。



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : essay
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

かゆい春。




春本番ってとこですか。
通勤途中の工場地帯でも、景色がカラフルになってきました。

……わたしは顔がかゆい。。。
や~ね~~。昔から春は苦手というか、気分が落ち込みがちだったんだけど、あれはアレルギーが色々出るからだったんだな、と実感。
ヒノキの花粉もあるらしく、昨日会社の窓を開けてた人がいて、しっかりくしゃみで気がついたし。

そして春だけじゃなく、6月に入ると今度は汗疱が手に出来てかゆくなるし、夏は虫がいっぱい出てきて……と、実は不快なことの連続。
結構この「かゆい」って、嫌ですねえ。
かゆいはごく小さい痛みだと聞いたことがありますが(真偽のほどは知らない)、気をとられて集中出来なくて困ります。
これからどんどん集中力を欠いてしまうのかと思うと、どんどん暗い気持ちになってしまいます。

どうしましょうこの後ろ向きな気持ち。(これが5月病か? まだ4月なのに?)

ここはカープでアゲていくしかないっ!?

……とチケット情報みるも、高齢の両親がいるので、なかなか良い席が見つからず……ああ、不毛だ、時間だけが過ぎていく……

ジレンマの春。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : essay
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

音楽とアイドルとわたし。

音楽とわたしは、きっといつまでも遠い友人なんだと思っています。
別にこれという好きなジャンルも、好きな歌手も、好きな作曲家もいないので、コンプリートしたいとも思わないわけです。
けど、好きな曲は時々出るので、その歌手のその曲一曲だけiPodに入っているということがよくあります。

昔はねえ、ええ、そんなことなくて、小学6年生ごろから中学2年ごろまで、某アイドルグループが好きでしたよ。
言っちゃうとそれ何? といわれそうですがフォーリーブス。
アルバム全部そろえたいと思っていました。
本当に一日中彼らが頭にいた時期が、確かにありました。
フォーリーブスの映画が見たくて、当時は併映が普通で入れ替え制がなかったので、入ったらもう一つの邦画の途中だったのでそれを最後まで観て、フォーリーブスの映画を観て、もう一回また超つまんない邦画を見て、またフォーリーブスの映画を観て、と、今考えるとしょーもないことをしてましたが、フォーリーブスの映画は題名も覚えていないんですが、もう一つの邦画「青春の蹉跌」はくっきりと覚えてます。
ええ、桃井かおりのデビュー作で、あのもぞもぞ声が割れててよけい聞き取りにくくて、しかも話ときたらタルイ暗い気持ち悪いの三拍子そろってて、あれで邦画のアレルギーになった気がする逸品でした。

閑話休題……この間そのうちの一人、北公二さんが亡くなりましたね。
わたしの一番のお気に入りだった青山孝さんも、もう何年も前に鬼籍にお入りになりました。
で、そのとき泣いたかというと……スミマセン、全然。
かなり前に「終わって」しまったんですね、マイブームが。本当に熱病のように好きで好きでたまらなかったことが、完全に自分の中で終わっていることに気づく……あんなに好きだったのになあ。
薄情な人間かもねえ。

そんなとき、つい最近のニュースなどでも言っていましたが、由紀さおりさんがアメリカで話題になっているとかで、アルバムが売れているらしいですね。
で、あとでiTunesで見つけて、試聴してみました。
買おうかなあとぼんやり聞いていて、ふと聞き覚えのあるメロディーが。

「Without You」

でした。
原曲に聞き覚えがあるのではなくて、ああ、フォーリーブスがカバー曲だけのアルバムを出したときに聴いたんだ。
サビの部分を北公二が、

もう 忘れてしまおう もう あなたを

と歌っていたところまで覚えていました。
で、買ったかというと、由紀さおりではなく、フォーリーブス(ないだろうけどw)でもなく、原曲(らしき)、

Harry Nilsson


のを買いました。
そして聴きながら、切なく歌う北公二の声を思い出しています。

なんか、バラバラだな。
そう思う音楽との関係。




さてさて、久しぶりに「寝落ち」しちゃいました。
ちょっとだけ横になるつもりが……爆睡。
例によってジェリー、大音量で「梅ちゃん先生」の初回を見ていました。
わたし、今日それ3回目……朝一人で真向法しながら、昼は昼寝中に休憩室で流れていて、夜は……さすがにもういらん、と自室に帰ったら、イスじゃなくてベッドに寝転びたくなって……あとはフェードアウト。
こんなに疲れていたとは……確かに朝と夕方残業したけど、自分の体力のなさがうらめしい。。。

起きたら5時です。
そして洗い物などしたら、もう6時。
シャワー浴びなきゃ(そこから)。
てことでお茶濁し更新。


にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : essay
Posted by onion on  | 5 comments  0 trackback

毎朝の習慣(迷惑?)。




あの日からもうすぐ一年、今月になってからTVでも特集が組まれていて、毎日のようにドキュメンタリーが放送されています。
時々録画して観ています。
あの日、穏やかな日常を奪われた人のことを思うとやりきれません。
このことを書くには準備が足らないのでまた今度。なにより心の準備が足らない……。


さて、日常に埋没したイイコト探しでも、してみましょうか。
わたしに悪癖は数あれど、良い習慣は少ない……そんなものだと思ってましたが、年を取るとそれなりにできてくるもので。

マイ・ブームだった(そしてブームで終わった)ダイエットの時に始めた習慣、朝起きて野菜ジュースと豆乳を混ぜたものを飲むのと、会社についたら「真向法」をすることだけは続けています。
毎日続けていると、カチカチだった股関節もだいぶほぐれて、かなり足も開くようになりました。
そして股関節をほぐしておくことは、一日の活力に関係が深いと思います。

最近その真向法をしながらTVを見ていて、7時58分過ぎから民間チャンネル(多分日テレ系)の「星占い」を写真に撮ります。

……次男にメールを送るためです。
わたしと次男は同じ星座。ふとした時に、ついでに星占いをメールしたのが始まりで、最近ウィーク・デイはずっと送ることにしています。

1月頃までは「星占いレース」とかで「やじおくんとうまこちゃん」がレースをしてて、ちょっと長いコーナーだったので見ながらメールしてたんですが、最近コーナー潰れちゃって(それを残念がっているのはわたしだけかもしれない)、画面の右隅にちょこっと出るくらいになっちゃったので、見逃しちゃうし覚えられないので写真を撮ってからそれを見ながらメールするようになりました。

成人越えて一人暮らしの息子に毎日メール送る母……子離れ出来てないと、自分でも思いますが、心配で~~~。
色々と常識はずれなことをしでかしてくれる子なんで、気になってしょうがないんですが、「大丈夫?」とか「ちゃんと食べてる?」とか、そういうネガティブなメールばかり送ってもウザがられるかなあと。
「今日は6位。積極的に行動、ただし暴飲暴食は×だって。美容家電と赤がラッキーポイント!」とか顔文字つきで送ってますw

「もう仕事に入ってるんで、メールは返せないよ」
と以前言われましたが、いいの、これはほぼ「おはようコール」の一つだと思って! とりあえずままりんが元気だよってことだよ~~ってことだから!!

……結局迷惑? もうタイトルだけで捨てられてるスパムメール扱いかもしれない……けど、どっかでつながっていたいんだよね~~~。
これは、良い習慣じゃなくて、悪癖かもしれないなあ。
そして、フォトストリームにこんなしょーもない写真があふれてくる……。


さて、昨日はiPhone4Sに日本語Siriの機能がついたというニュースがありましたね!
昨夜早速OS更新をしましたが、まだ使っていません。
ちょっと今日、色々試してみようと思ってます。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : essay
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

チョコ、買う?





はー。昨日からお腹の調子がイマイチで、昨日は早く寝たんだけど寝ながらもお腹痛いよ~と熟睡出来ていなかったらしく、寝覚めも悪くて遅い時間に起きました。
整腸剤飲もうかな。
あんまり薬に頼りたくないんだけど。

新作のポワロ・シリーズの感想でもと思っているんですが、どうにも思いがとっちらかっちゃって……最後には「面白かったね」で終わりそうです。

写真は……金曜のピザの残りをハーフ&ハーフにした「土曜のお昼」です。
スミマセンただの場所塞ぎ。


さて、今日はバレンタインデー。


……なーんの、予定もないしw
ジェリーと子どもたちにチョコ買わなきゃ(まだ買ってない)。
まあ、その程度。

若い人は大変ですよね。
あげる方ももらう方も、緊張の一瞬なんでしょうか。
もらえないとわかっている若者にとってもストレスだし、若くて独身でいるということって、本当大変。

実際、決して若いからと言ってチヤホヤされた経験のないわたしでも、若い頃は大変でした。
自意識過剰ではあるんだけど、ヘンに男の人に親切にしたら誤解されないかとか、「楽しく過ごす」ことと「媚を売る」ことの差がわからなくて、結局鬱々と過ごしてしまったような気がします。

結婚したら、自由になった気がしましたもん。

普通は逆なのかもしれないけど、ああ、もうこれでわたしは「恋愛対象」から外れて良いんだ、という安心感が、男の人とも普通にしゃべれるきっかけになった気がします。

男の人にとって、わたしは独身であろうが既婚であろうが恋愛対象からは外れていたんでしょうが、そのへんメンドクサイ女だったんですよ、わたし。
だから、誤解されそうなバレンタインの義理チョコさえも、ぜったい贈ったりしなかったし。

ネットでも、若い独身女性とわかるとわらわら湧いてきますね、男性が。
確かに出会いを求めている女性もいるでしょうが、多くは自分の趣味の話をしたいと思っている女性が多いのに、若いばっかりに、独身であるが故に、恋愛対象として見られるというハードルが待っている。
いやあ、大変。

そこんとこ、年をとるっていいですねえ。
年齢を書くとたいていのアレな人は去っていく。
本当に年齢越えて、楽しいことを追求する人が残る。
リアルと違って、肉体を越えられるのが、ネットの良いところかも。

……話がズレた?
でももう、今日は推敲の時間無し。
書き捨て御免。

バレンタインデーです。
独身の方がんばってね、というエールでした!(違う?)




にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : essay
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

光るマンションと今年一年ありがとう。



車の中から撮った写真なので、ボケた写真でスミマセン。
しかも半月以上前のネタです。
今日書かなきゃ、来年へ持ち越すまでもないネタなので、ついでに。


通勤は、同じ市に勤めるジェリーと相乗りです。
同じような時間に車に乗り、同じルートで東から西へ十数キロ、走ります。

太陽が背中から昇る位置なのですが、毎日同じようで毎日違うと実感出来るのが、太陽の位置が微妙に違うこと。

あるときは前方を走る車の屋根に照り返してまぶしかったり、対向車のライトに反射したり、通り過ぎるバイクのサイドミラーが光ったり、微妙な違いで朝日が通り抜けます。

そんな中、ある日、あるマンションが光っていました。
「うわあ、あんなに光るガラス張りのビルなんて、あったっけ」
写真で見ると黄色に見えますが、目で見ると本当に黄金色で、太陽そのものが反射しているかのようなので、ジェリーの言う通りガラス張りのビルに見えました。

少しカーブする道沿い、他のビルに見え隠れしながら、光ったマンションを探していましたが、

「なーんだ、普通じゃん?」

そのとおり、ごく普通のマンションでした。タイルもごく普通の茶色、ベランダばかりの目立つ、ありがちな集合住宅でした。

数日光っていたので、iPhoneで撮影しましたが、本当に数日だけでした。
一年のうちの数日だけ、光るマンション。
光っていることは、住民も知らないでしょう。
だって、光って見えるのは、その時間にそのルートを通りかかる車だけに感じられる光なのだから。

考えてみたら、自身が発光する光なんて、ちいさなもの。
夜がどんなに暗いか考えたら、わかります。
太陽が昼間照らしてくれているから、みんなキラキラ反射してきれいな色を見せてくれているということ。
みんな反射して、見えている。

宗教的な話で申し訳ないのですが、わたしの家は実家も婚家も浄土真宗です。
「おかげさま」
という概念を、子どもの頃から教えられます。
おかげさまで、生きています。
おかげさまで、毎日暮らしています。
おかげさまで、周りもみんな、いい人です。

……おかげさまで、一年過ごせました。
色々あって、落ち込んだときもありました。
考えることも、多くありました。
力不足も、痛感しました。
それでもヘラヘラと、暮らしてきました。
毎日起きて、毎日光を浴びて、周りにわたしが見えているということは、光っているということでしょう。

地味でも、光ってる。

このブログも、ネットという広大な世界でちんまりとやってます。
けど、今観たら8月頃からわたし、続けてるのね、ほぼ毎日の更新。
8月が15日というから二日に一回程度、9月に入ると一日二回更新があるときもあって週四日、10月は1日だけ更新無し、11月12月はオール更新。。。びっくりです。
いやほんと、びっくり。
重傷の三日坊主、あけやすのほれやすなわたしが、こんなに続けていられるって、どうしたことか、自分でもわかりません。

ただ、最近は朝起きる時だるいと思ったことがありません。
少しでも遅くまで寝ていたいと思った日が、嘘のようです。
起きて、楽しいことがあるんだから。
ブログって、書いていて楽しいものですね。
単なる独り言だと自分に言い聞かせつつ、それでも数人の目には留まると思えば、ちょっとした工夫もしようと思うもの。
そうやっているうちに、自分が楽しくて仕方なくなって、ブログにのせるために毎日を過ごしているかのような錯覚に陥ったこともあります。

けど、それは逆で、毎日がブログによってまとめられるんだと、ブログの大先輩マクノスケさんにも教えられました。
一年過ぎて、ああ、今年一年なにしてきたんだろう、ぼーっと過ぎてきただけじゃないのか? と虚無観に取り付かれがちな年末、今年は全然そんなことありませんでした。

あれもやったし、これもやった、できなかったこともあるけど、来年はできるかもしれない。
それに、自分が右往左往しつつ、それでも毎日それなり生きていたことが、ブログで確認出来ます。

ブログ見たら、あの大震災が起きた年なのに、なんてお気楽な……と思われるでしょうが、書かないこともずいぶん色々思ってきたことが、わたし自身にはわかります。
書かなかったことも、思い出すんですよ、本人は。
ブログが空白だった時期、どんな風に落ち込んでいたかも、思い出します。

だから8月から、どんどんブログが書けていることの嬉しさもあります。
大過なく、過ごせていたということですもんね。
朝起きて、何にも煩わせられる時間がない時間に、ブログを書いている「余裕」があったということです。

本当におかげさまで、一年過ごせました。

わたしは元気です。
肉体的には問題有りかもしれませんが、精神的には健康だと感じます。
ありがたいことです。

また来年、笑って一年過ごせますように。



祈りをこめて、今年一年ありがとうございました!

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : essay
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

個人情報保護の壁。

今日はもう、二つ日記を書きました。
そしてどっちも、公開出来ない個人的な日記になって、ブログにのせられません。
うーん、個人情報を守るって、大変。

わたし個人だけじゃなくて、関わった周りの人たちのことまで書くようになっちゃったりしますから、日記も難しいですね。
こういうのが、本当の日記かあ、と思うけど、なんだか徒労感が激しい……。

やっぱり公開してこそ書いた気になるって、わたしが目立ちたがりやだからかなあ?
こんなに控えめな人間もいないのに(イヤイヤイヤというもうひとりの自分もいる)、第一数人しか見ていないブログなのにね。
でも、個人情報の流出で悩む企業が多い昨今、自分の個人情報は結局自分で守らないと、だだ漏れになってしまうってことですよね。

最近Amazonに色々握られてる気がします。
本当に色々買っているから。
てか、会社から「ここからAmazonや楽天に入って買い物をすると、社員の業績になるよ」ってサイトのURLをもらったんだけど……会社に買い物情報見られるのも、ちょっといやだなあw

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : essay
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

すべてはブログのために?

あいたー。寝坊しちゃった。
スリープトラッカーつけてなかったからなあ。途中で一回目が覚めたのは覚えているんだけど、そのまま寝ちゃったな。。。

しゃーない、6時までなんか書きます。
いや、書かなくても良いのかもしれないけど。別にねえ、書いても書いても読んでくれる人が増えるわけじゃなし。いやあ、本当にただの書き捨てブログなんだけど……。

 カ レ ン ダ ー に 隙 間 が で き る し 。

……ブログに使われてるかも。
最近「朝起きる理由」=「ブログを書く」になってきちゃってるので、なーんか違うよねと。
何やってもいい、フレキシブルな時間として手に入れたはずの「静かな時間」なのに、こうしてただただブログを書いている自分は、結局習慣にとらわれるタイプなんですかね。


てな、ただの独り言を書いている時点で、ネタがないのは明確ですが、実は下書きはいくつかしてあるんです。
でもどれも、まだ材料が整ってなくて、公開は出来ない状態です。
数日お待ちを。

てか、一日ブログを書くために生活しているような気さえ、してきました。
いやいや、あかんやろそれは~。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : essay
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。