FC2ブログ

oniondiary | 日記。時々映画やドラマや小説のレビュー。最近はなんとなく毎日書いてますが無駄話多し。

健康が気になるお年頃?

 いったん治っていた風邪がぶり返し、月曜の朝から調子悪かったんですが、昼前に吐き気とめまいでクラクラしてきたので早退。火曜は有給とって休みました。
 具合が悪いというと周りから返ってくる反応がいつも、

「運動不足だからだと思うよ」

 ってのも、ムカつくw
 事実なのでしょうがないんですが、会社でも家でもパソコンの前じゃあ、そら体力もなくなるというもので。
 しかも塩辛いスナックも麺類(塩分多し)も好きだし、同時にビールも飲むとなると、こりゃあ将来高血圧から脳梗塞か? という不安もなきにしもあらず。

 以前の健康診断(常識はずれな真夏に実施)で、妙に血圧の下部分が高くて、「そういうのは『動脈硬化』によくある傾向ですよ」と言われてびびったことも。
 なので最近、会社の休憩室に置いてある簡易血圧計で計ってみたりして、そっと安心したりして。

 そんな中、次男が授業に使うということで、昔ながらのあの、水銀式の血圧計を買ってきた時、実験に計ってもらいました。
 腕に椀帯を巻いて聴診器を突っ込み…
「あれ? 脈がないよ?」
 おい、大丈夫か?
「おかしいなあ、学校でやった時は一発でわかったのに」
 そりゃ君らみたいにぴっちぴちの高校生の腕とはちゃうよ。しかもわたし、血管が見えにくい、注射泣かせの腕だし。
 しゅこしゅこ加圧・・・

 あの、腕がしびれてきたんですけど。
 まだ? なにしてんの?
「うるさいなー、脈が聞こえないじゃんか」
 でもー。
 ・・・・・・
 やっと計り終えたときには腕がジンジン。
 まだまだ修行が肝心のようです。

 ちなみに、血圧は正常でした。
 よかった。やっぱデジタルなどの血圧計より、きちんとした数値が出るそうなので、これからは家で計ってもらおうかな。
 肝心の食生活と運動の改善は、まったく出来ていないのですが。

スポンサーサイト



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : diary
Posted by onion on  | 4 comments  0 trackback

映画「デスノート(前編)」

 「デスノート(前編)」観てきました。
 次男(高2)が原作のファンなので、観たい観たいとうるさかったというのもあり、「バトルロワイヤル」以来、わたし自身が藤原竜也のファンなので、「じゃあ観に行こうか~~」ということになりまして。

 なんにせよ、わたしの「藤原くんを見たい」という欲求は十分満たされましたとも。登場人物は少なく、藤原くん、もとい、夜神月(ヤガミ ライト)を中心にお話が進むので、やたら藤原くんのアップが多いw あ、笑うとやっぱかわいー♪ ・・・ハイ、こういう状態なんで、映画の評価なんて出来るわけもなく。

 ああでも、いくら役者見たさであっても、ストーリーが退屈だったらどうしようもないものですが、お話がどこに行くのか原作を知らないだけに、なかなか興味深く、飽きずに見られました。
 映画としてのビジュアルはどうかな、ちょっとTVドラマめいてはいましたが、まあそれなり。
 多分後編も観に行くでしょう。




 多くの理由は、藤原くんを観に。<ダメ大人になりつつあると自分で思うこのごろ。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : movie
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

もらった梅で梅サワー

梅サワー


 昨日作ってみました。
 まあ、梅洗ってヘタとって水気を拭いて、氷砂糖とりんご酢とビンに入れて40秒ほどチンしただけなんですけど。村上祥子さんの本には「翌日から飲める」と書いてありますが、ビンについていたレシピ(チンなし)では、1ヵ月後から飲めると書いてあります。青梅だけに不安で飲めない・・・。

 あと、残った大部分は普通の梅シロップにしようと氷砂糖と重ねて入れました。これは一ヵ月後から飲む予定ですが、これも隙間がいっぱいあって、腐らないかな大丈夫かな、と心配。

 しかも、会社でただでもらったもの、庭先に植えた梅なので、素人が見ただけでもわかる品質の悪さ・・・こんなに黒いぶつぶつがいっぱいあって、大丈夫なんでしょうか。一応傷がついたのとか明らかに腐っているのは取り除いたんですが。。。買ったビンと氷砂糖とお酢が無駄になったときのことを考えると、「安物買いの銭失い」という言葉が頭を駆け巡ります。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : mobile
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

ドラマ「グルメ探偵 ネロ・ウルフ」

 しまったあああ~~~また録画に失敗・・・。
 どうもIPEGでのネット予約にすると、番組の検索が下手くそで録画したい番組を逃してしまいます。
 まあ、今HDDVDの調子が最悪で、録画したはいいがまったく「焼けない」状態なんで、どうせ消さなければいけないけど、それでも録画しておきたい気持ちが強くて・・・

 原作は読んだことないんですが、以前WOWOWでやっていたのを観て、良質なドラマだと思ったので、ムービープラス・チャンネルでやっていたと知っていたら録画予約したのに。WOWOWだけをチェックしていたわたしが馬鹿でした。つか、ムービープラスってウチ、うつったんだ。。。<遅い

 グルメで気難しいアームチェア・デティクティブなネロと、女好きで行動派で危ない橋も平気でわたってしまうちょっとハードボイルドなアーチーのコンビがいい。ネロのお屋敷のインテリアも凝っていて見ごたえがあります。
 各話ごとにちょっとずつ作品のカラーが違うのは、ミニ・ムービーみたいに作られているからかな?
 以前かなりハマって読みまくった「弁護士ペリー・メイスン」シリーズの感じ、ちょっとだけ昔の、良きアメリカの片鱗も見える、大好きなタイプのドラマです。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : television
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

風邪ひいちゃいました。

 インフルエンザの時期でなくて幸いというか、いまの時期だからこそのうたた寝のせいというか、喉いたい。。。

 でも昨日よりましかな。
 昨日は仕事で溜まった書類の山を、
「それ、下の倉庫に持っていってね」
 といわれて、
「すみません、明日にしてもいいですか? 今日これ持って歩いたら、階段から転げ落ちそうです・・・」
 と答えて気味悪がられたw けど、今日はふらふらながらも持って降りました。階段たった四往復で死にそうでしたけど。
 会社を休まないだけひどくないのか、それともそれでもなんとかなるほどの楽な会社なのか・・・答えは出すまいw

 今日も手抜きの夕食をでっち上げ(だからでっち上げてない日がいつあったのかと小一時間)、ビール飲んでねよっと。




 ・・・ビールは飲むのよ♪

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : diary
Posted by onion on  | 5 comments  0 trackback

本「幽霊を見た10の話」

 きっかけはネットで、なんとなく読んでいた掲示板で出てきたタイトル、ふーん、としか思わなかったけど、これまたなんとなく地元の図書館のデータベースで検索したら、書庫にあると出ました。(書架ではなく書庫なので、読まれる人がないまま倉庫にしまわれているということ)
 まあ予約したのも勢い。
 期待してませんでした。

 ・・・出会いってのは、あるもんなんですね。
 多分そういうことがなかったら、一生出会えなかった本ですが、恐ろしいほどわたしの好みでした。

 幽霊の出てくる話もあるし、これは幽霊というのか? という話もありますが、どれも怖いというより「不思議」な話です。
 イギリスの作家フィリパ・ピアスの短編集ですが、80年代の作品とは思えないほど、登場人物は素朴で、ある意味グローバル。日本人に置き換えてもありえるほどの存在感があります。
 そしてストーリーの根底を流れる新しさには、正直驚きました。今よく言われる社会問題、それがよくある資料を積み上げて語るタイプの小説ではなく、あくまでも人物の心の動きからくる結果としてまるで存在するように感じます。

 幻想的なシーンも秀逸、短編なので食い足りないかな、と思ったのに、後からじんわりくる、深みもあります。
 わたしが知らなかっただけで、有名なんですね。
 「トムは真夜中の庭で」でカーネギー賞をうけた作家さんだそうです。
 ファンタジーらしいので読んでみたいなあ。

 

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : book
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

CD「グッディ!!」

 届きました。
 そして聴きました。
 いやあほんとに・・・「JUSTICE」以外聴くところがないというか好みに合わない、アイドルCDでした。。。
 その昔、小学生の頃ジャニーズのタレントが好きでした。(グループを書くと年がバレバレ)だからわかるけど、なんちゅーか、未だにこういう曲を歌わせているんだなあ。

 いやまあ、例の大阪ワッショイとか大御所のどう見てもホストクラブのショータイム用の曲よりもまじめで好感は持てますが。
 肝心の「JUSTICE」も、全体を聴くとソウルに欠けるかもなあ。うーん、もったいない。

 そうそう、同じ感覚を味わったのがちょっと前(ずっと前?)同じV6の長野博が主演だった「ウルトラマンティガ」の主題歌「TAKE ME HIGHER」が好きで、買おうかどうしようか迷ったときなんですが、やっぱ他の曲がネックで買わなかったのと同じ。
 あと数年前映画「THUNDERBIRD」の日本語吹替とエンディング曲を担当したときは、声が下手なのはわかりきっているけど、あの最後に「さんだーばーど」とつけときゃOKみたいな曲は何だ! と怒った記憶もあり。
 まあそういうタイプの事務所なんだな、と理解すればいいのでしょうが、今回心底がっかりしたのが・・・


 このページの右、おすすめ商品のところがありますね。そこに紹介したこのCD、ジャケット写真がありません。新しいからまだ届いてないのかと思えば、V6のジャケットはほとんど、というかジャニーズのジャケットはほとんど写真がありません。

 ネットで写真を使わせないのは、個人だけかと思ったら、ここまで徹底しているとは。肖像権を守ると言うことなのでしょうが、これではタレントなのに顔を売りたいと思っていないような。
 希少性を出して効果を狙うのか? それともファンが子どもばっかなので、厳しくしているのか?
 いずれにしても・・・


 けちくさい。


 けちな男はダメ。何にもいいことない。
 こっちはいい曲があるから紹介してあげようと思ってこうしてリストを作っているのに、その写真がゼロではつや消しもいいとこ。
 だいたい、このCDのジャケット写真、本人たちの顔も小さい、何のことはない写真なんだよ。それでも使われたくない、ってのはただのわがままと言うか、傲慢としか思えない。考えていたらどんどん腹が立ってきました。

 もうここのタレントとは関わらないでおこう、と決めた日曜の朝。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : music
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

本「陰陽 重ね煮クッキング」

 土曜はだるーっとする日です。
 主婦業も母業も人間業も(!)したくない。
 ひたすら寝てるかネットしてるか本読んでるか・・・全く、自分でもダメな人間だと思います。

 で、それが夕方まで続き、ジェリー帰宅。
「夕食は?」
 さあねえ。なんにしようか?
「いつできる? 腹減った」
 いつだろーねえ。
「・・・わかった。食べに行こう」
 やたっ。お出かけ!<最初からそう言えよ自分。

 燐市のステーキハウスへ。初めて行きましたが、大盛況で30分以上待ちました。でも待たされるだけあって、安くて美味しかった。アタリアタリ。

 ・・・そして夜のドライブの後、我が家の定番は必ず本屋に寄ること。
 これはもう、子どもたちが小さい頃から、我が家のマイカーが小さなミラだった頃からの習慣でした。
 そして本屋に行くとこれが長いw
 ゆうに一時間半はいたでしょうね。立ち疲れでやっと引き上げてきたというか。

 で、最近本屋といっても行くコーナーは「料理本」が多いわたし、えんえん料理本を探していたのは、ワッフルの作り方の本。
 でもブームは去ったんですね。とっくの昔に。本当にない。たしか数年前にベルギー・ワッフルが流行ったときにはワッフルだけの本が何冊も出ていたのに。やっと見つけた一冊も、ネットで見つけたレシピより良いとは思えませんでした。

 はー、疲れた。と他の本棚に目をやると、ふと題に惹かれたのがこの本、「陰陽 重ね煮クッキング」です。「陰陽」というのがなんとなくトンデモ本系かな、とも危惧したのですが、中を見てみると、わりとまともで、しかも、

 か ん た ん そ う

 ・・・結局動機はそれかい。
 でまあ、買ってきました。
 作ってみなければわかりませんが、わたしが持っている常識とは違う調理法なんで、興味しんしんです。
 和え物もこの方法で作ってしまうんですって。また作ったら書くかもしれません。作らなかったら忘れてくださいw

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : book
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

お気に入りブログ・設置

 はー、疲れた。
 2時間ぐらいじたばたしてましたか。
 以前からマクノスケさんのブログには設置してあって、わたしも設置したいとは思いつつ、「ま、暇なときでいいかー」と・・・いつもの話で後回しだったのですが、やりたいと思ったらこれがとまらなくて。

 よく見れば、以前使っていたドリコムのマークが。
 もう登録IDも忘れたので、再登録、ヘルプを見ながら設置・・・なんかわかりにくくありませんか?<泣きが入ってます
 でも更新されるとわかるし、とても便利。嬉しい。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : whatsnew
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

アニメ「SAMURAI7」

 せっかくの週末、夜更かししようとビール買い込んで帰ってきたのに、なんとなく本を読んでいたら・・・ぐっすり。
 ち。早寝早起きしちゃったぜ。

 てことで、早起きして、夜中に録画予約していた「SAMURAI7」を観ています。
 いやあ、久々のアタリ。話の展開はとろいけど、またそこが味で。

 キャラはいかにも「七人の侍」だけど、アニメのキャラらしくそこは色々で、当然のごとくSWのキャラにもかぶる。わたしの好みはもろにオビ=ワンなあの方っす! かっこいー。わけわからんこと言うあの言動もかっこいー。

 あとオープニングの曲もいい!
 「JUSTICE」歌っているのはCOMING CENTURY・・・つまりV6の年長者組(ゴメン、年少さんの方でした)?のカミセンですね。良い曲もらったなあ、これはヒットすんじゃね? とか思ったら、この曲はいわゆる「B面(今ではC/Wっていうの?)」だって。
 A面は「グッディ!!」で、昨日「ミュージック・ステーション」で歌ったのもそれだとか。えええええ。もったいないなー。

 で、ついつい買っちゃいました。見た目は「グッディ!!」を買ったように見えるところがちょっと嫌かも。
 アマゾンから今日到着予定!!
 たのしみー。
 追記。CDの「グッディ!!」は何種類かありますが、初回限定版を買っちゃダメです。通常版の方にしか、「JUSTICE」は入っていません!

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : animation
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

本「ハリー・ポッターと謎のプリンス」

 今読み終わりました。
 やー、面白い本はやめられないし、時間を忘れてしまいます。
 あとで考えると「?」と思うところも多々ある物語なのですが、次々に取り出される「謎」に引っ張られて、こんな時間まで読んでしまいました。

 今は余韻に浸るより、7巻が楽しみです。先へ先へと読み進めるべき物語なんでしょう。なにせ若者の話、魔法や悪との戦いのなかにおいても、確実に青春の物語なのだから。立ち止まらない、そのスピード感がいい。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : book
Posted by onion on  | 4 comments  0 trackback

BS-iにて「死国」

 前世紀の作品だったのね、映画「死国」1999年作。
 そうそう、「リング2」との併映で、隣の市まで観に行ったんだ。そか、近所にシネコンが出来る少し前、そう思うとすごく昔な気がします。

 目当ては「リング2」だったのに、これが大はずれ、まったくわたしの好みじゃなかったので、この映画で救われた気がしました。
 世間的な評価は多分逆でしょうが、「ちゃんとお話になっていた」だけでも、かなりいいと感じるのは、邦画でそれがないものが多すぎだから。

 ただネックは、今日観ていても思ったけど、ハンディカメラが主で、常に画面がゆっくり揺れている感じなんですね。三半規管が弱い人にはつらいみたいで、ウチの弟なんかは「まいったよー、吐きそうだった」とぼやいてましたっけ。耐えられない人が出るほど揺らすのは、映画にとってもマイナスではないかなあ。

 でも、ハンディの良さはかなりある映画で、途中田んぼの中に立っているおじいさんの亡霊(?)が、異常に怖い。なんか、ちょっとだけ斜めに立っているんです。立っているだけなのに、それは生きている人間ではないのが丸わかり。一瞬しか出ないんですが、ぞっ、っとします。その画面がやっぱりハンディなので、ちょっとだけゆらついているのがなんともいえない現実感で、抑え目ながらも画面作りが巧いなあ、と感じました。

 そのころはまったく知らなかった栗山千明、さすがの眼力。たいへん怖くて美しいです。



 さてさて。
 今日はTVでも巷でも、サッカーのショックの話題ばかりでしたね。
 残念・・・わたしは観てなかったけど。スミマセン、サッカーの面白さがわからないんです。TVがイマイチなので、この数週間は、WOWOWとDVDで乗り切りましょう。こういう人間もいるってことで。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : movie
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

週末ヒッキー

 週末が来ると嬉しいんですけどねー。むやみやたらと。
 だからといって、何をするわけでもなく、結局だらだらして終わっちゃいました。。。

 土曜は子どもたちもジェリーも出かけたので、大手を振ってネット<バカ
 夕方から二度目の「オーメン」を観て、夜もネット。
 日曜もほぼ同じ<ひー。

 出かけたのは一瞬、図書館に行って結局読まなかった本も返して新しいの借りて、その後いつもよりちょっとでかめのスーパー寄ったら・・・めちゃくちゃ人がいるんです。通路いっぱい人でさ、まっすぐ歩けなくてさ、レジも長蛇の列・・・カートに載せたかごをしまい、カートをモトのところへもどして、すたこら退散。

 やばい、人ごみに耐えられなくなってる。
 近所のスーパーが24時間営業になってから、ほとんど買い物は夜10時過ぎ、下手すると午前様。通路には人気がなく、レジはガラ空き、待っていても一人、という状態に慣れきって、普通の主婦なら当たり前の「日曜の買出し」に拒否反応が。

 この間シネコンで「ダヴィンチ・コード」を観たときも、初週だったので人が多くてびびってしまったし、だめだあ、会社以外はどんどんヒッキーになっていく。
 もともと家にずっといても苦にならない性格だったけど、最近ひどすぎます。子どもたちがそれぞれ自分で遊びに出かけるようになったからかなあ。もしかして空の巣症候群? いやいや、そこまで子どもに手をかけてないし<威張れない事実

 かといって家にいて家事をやってるかというと、ぜんぜんなところがもう、最悪。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : diary
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

再見、新作オーメン

 って、文句を言いつつ、二度目に行ってきました。
 旧作を観た後だとほとんど「相違点の確認」に終始してしまいますが、改めて見て、なかなかいい映画だと思います。インテリアもきれいだし、雰囲気も出ている。

 ただ、男の子がちょっと邪悪すぎ、かな?

 今日は昼前からずーっとオーメンを流しっぱなし、本編を見てコメンタリーを見て特典映像を見て・・・何にもしていないのに妙に疲れています。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : movie
Posted by onion on  | 4 comments  0 trackback

オーメンはこうでなくっちゃ!

 昨夜オーメンの1,2を観ました。これから3を観ます。
 そしてやっぱり、オーメンはこうだよ、コレコレ! という気分になっています。

 「ポセイドン」はね、70年代のオリジナル映画「ポセイドン・アドベンチャー」も良かったけど、やはり今観るとVFX(と当時は言わなかったな)がしょぼすぎて、劇場で見るには耐えられないと思うけど、こと「オーメン」に関しては、多少難があっても観れないほどじゃないです。
 かえって昔の画づくりの巧さと、残酷を表面に出さずに表現する、演出の巧さが際立って、画面の外で行われている悪に対する、まさに「omen(予兆)」を感じさせてくれます。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : movie
Posted by onion on  | 3 comments  0 trackback

本「ゲド戦記2 こわれた腕環」

 読みました。前作とまったく違ったカラー、同じ世界でありながら、魔法のまったくない陰鬱な世界を、シリーズとして書いてしまうのがル=グウィンの凄さでしょうか。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : book
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

ポセイドンとオーメンと寝落ち

 昨日は「ポセイドン」の二回目を観ました。
 気に入ったというより、一回目で外出中で観れなかった長男が観たいといったので。ほら、一人でより二人で映画観たほうが楽しいじゃん?<やはり言い訳くさいかw

 んで、「おもしろかったねー」と家に帰ると、アマゾンから「オーメン」の三部作が! もうキター!!!
 るんるんで再生。
 それを観ながらビールとヨーグルトレーズンを飲み食いしながらネットでブログの更新をしていました。


 ・・・・・・・・


 気が付いたら寝てました。
 見事な寝落ち。
 TVの画面ではオーメンのメニュー画面とテーマ曲が延々と。
 ブログは文章が途中のままアップされている・・・w
 ちなみに別のサイトね。

 一家のお母さんたる立場の人間が、寝落ちって、酷すぎ。反省。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : diary
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

うーん?ゲド・・・じゃない?

 まだ二巻の中途なんですよ、ゲド戦記原作本。
 だから全体が掴めてないかもしれないんだけど、昨日シネコンの出口に「ゲド戦記」のでっかいオブジェがあって、それに・・・

「太古の昔、人間と竜はひとつであった・・・」

 とか書かれていたような気がするんですけど。
 見間違いだったら申し訳ない。
 んで、原作見るまでは、とストップしていたアニメの予告編を見ました。まあ、もう1巻は読んだから映画の内容は把握したよね、と思って。

 あれ?

 ・・・なんか、ゲド、オジサンですけど。。。
 ・・・主人公、違う?

 頭の中が「?」でいっぱい。
 なんだよー、もしかして原作のダイジェストかなんか?
 微妙にアースシーの世界観が違うのは、仕方ないとして、ともかくなんか、違う。ものすごく根本的な何かが。

 これは・・・どうすればいいんでしょう。
 原作読破するまで見ないほうがいいのかな。

 つか、またタレント使ってるし。
 主題歌はまあ、いい曲だけど・・・なんかひゅーまにてぃ・ドラマくさい。お説教くさいと言うべきか。

 あああ、マイナス・イメージを持ちたくないんだけどな。
 困ったな。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : movie
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

観たー。

 観ました。2006年6月6日に、映画「オーメン」を!
 自分でも思うけど、すっげえミーハーw

 今日は仕事でした。
 午前中は。

 でも、再発したブドウ膜炎のための目薬、どこかに落としたみたいで、見つからないのを幸・・・いえ、困るんです! だってひどくなると緑内障になってしまう危険性もあるんです。絶対目薬はやめるな、って、お医者さまからもきつく言われているんです。病院行かなきゃ! 目薬もらわなきゃ!!!!

 ・・・てことで早退。
 それなら1時間くらいの早退でいいだろ、午後からずっとなんてという言葉を聞く前に、会社を飛び出していましたw

 予定通り、目薬をもらい、そして、「ついでに」映画鑑賞。

 だってさー。家の近所の映画館、今週はずーっと午後3時50分からの回、一回だけなんですよ。夜の回でもやってくれりゃ、ここまでがんばることなかったのに。
 さすがにそうまでして観たい(あるいは昼間に暇な)人は少ないらしく、10人程度でした。
 わたし、60代作業着おじさん、車椅子の50代くらいの男性、30代主婦らしき二人連れ、20代大学生らしき男性二人連れ、あとは男性、30代と40代が何人か。見事に雰囲気バラバラで嗜好も違いそうな人々。ホラー好きもいろいろ、ってところですか。

 さて、本編。
 ネタばれがいやな方はこの下読まないほうがいいです。




にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : movie
Posted by onion on  | 3 comments  0 trackback

秋田小1男児殺害事件

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060605-00000205-kyodo-soci

 今色々書いたけど、結局消してしまいました。
 まだ捜査途中ですもんね。
 書いても文章に責任持てそうにないし。

 ただ、同じ母という立場に立ったことのある人間として、この人自身もきっと、いろいろ苦しんだろう、とは思います。

 だからこそ、罪深い。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : diary
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

図書館の恵み

 最近の図書館はすごいですね。こんなに田舎の弱小市なのに、図書館はネットで予約も出来るし、図書館に行けばそこの館にはない本を県立図書館から取り寄せてもらえたりも出来るんです。

 このままじゃ、図書館を使ってどんどん勉強する人とそうでない人の差が増すばかり・・・って、わたしが「そうじゃない人」なんですが。
 図書館って、一旦借りたら、返すために一、二週間サイクルで通うことになります。ループで借りてきちゃうんで、そのあたりはレンタル・ビデオ屋さんと同じ。
 だから一旦足が遠ざかると、いつまでたっても行かない。
 専業主婦の頃は暇にあかせて行っていたのですが、フルタイムの仕事を始めてからはほとんど行っていませんでした。
 で、夜に本屋に行って、それほど気に入ってなくても本を購入してしまうんだから、働く意味はあったのか、ちょっと不明。

 でまあ、また行くようになったのは、長男が免許を取って車を買って、土曜が休み(の時もある)で足がある、というのがきっかけなんで、つくづく出不精で動かないヤツだと自分でも思うのですが、借り出すとループ。
 多くは料理本です。
 パラパラ読むだけで楽しいし、たとえ読んでなくても返すのに躊躇しなくてもいいから。また今度借りればいいじゃん、みたいな。
 やくたいもない使わなかった料理本、ウチに何冊あるやら・・・ああもったいない。
 で、最近は本代が抑えられているかと言うと・・・ぜんぜん。。。orz

 図書館で借りて読んで、 気 に 入 っ た ら 買 っ て いるから。

 一回に6冊くらい借りて帰るから、そりゃ気に入る本の一冊や二冊や三冊や・・・だめだこりゃ。
 粗食の幕内秀夫さんの本など、同じ著者なら読んでもいないのにどんどん集めだしてしまう際限のない物欲・・・ダレカタスケテ。

 ちなみに今日借りてきたのは、

ゲド戦記2 こわれた指輪
NHK パーフェクトお弁当
粗食のすすめ レシピ集
大満足の絶品のカレー
マルホトラ恵理子の魔法のカレーブック

 です。
 ラインナップを見て、来週の我が家に凝ったカレーが出ると思ってはいけません。読むだけで終わることも多々、というかほとんど。
 マルホトラ恵理子さんの本は、これこそ買い漏らした本。本場の「家庭の」インドカレーのレシピと、著者のエッセイでたいへん面白い本ですが、21世紀ブックスは、現在絶版。探していますが見つかりません。
 こういうことがあるから、いい本を見つけると「買っておかなきゃ、後で後悔する」って思っちゃうんですよ。
 つくづく、物を持たないシンプルライフからは遠い存在。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : diary
Posted by onion on  | 3 comments  0 trackback

続いてプーリップ更新

060604_01.jpg


 「prettydollpullip」をまた更新しました。
 休みじゃないとなかなか出来ない・・・で、休みに「お出かけ」がないと、更新進むw

 ジェリーが「モーターショー行く? ワシのバイク見に」というのですが、お断りしました。だってウチにいつもあるじゃんよ。他に良いバイクは? と訊く間もなく、
「バイクの中じゃ、ワシのよりイイバイクなんてあそこにゃないw」
 あーそう。
 一人で行ってきたら?

 さすがに一人じゃ行きにくいらしく、今テレビでスーパークロス見ていますw
 長男はカードゲームの大会に行ったし(いつも。つか昨日も!)、次男は友人が来てギターを弾きまくってる&二人で熱唱。
 もう家族全員いっしょってわけにもいかなくなりましたねえ。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : pullip
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

プーリップサイト更新

コルニーチェ


 プーリップサイト、更新しました。
 ゴスロリっ子です。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : pullip
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

映画「ポセイドン」

 参りましたねー。評判いいとはわかっていたけど、何せリメイク。ストーリーはわかりきってます。
 しかし飽きさせない!
 展開がすばやいので、あとで考えるともうちょっとタメても・・・と思う部分もあるけど、そこはホレ、アクション映画だから。うん、きっとこれでよかったんだと思います。

 監督はあの「パーフェクト・ストーム」のウォルフガング・ペーターゼン。なる。水の恐怖はたんまり堪能させていただきました。おまけにダクトの中だのエレベーターの橋渡りだの、閉所恐怖症と高所恐怖症がしっかり出ましたとも。いま頭痛いし。。。
 あと人間ドラマの部分も簡潔で、しかしズンときます。特に密航者の人には生き残って欲しかったよ。リチャード・ドレイファスがいい味出してます。もうおじいちゃんの役が出来る年になったのかなあ。

 今日は達成できた予定はこれだけ。あとはダメダメ。けどサイトの更新はいろいろ出来ましたよん。
 だからほかのことが出来なかった、とも言えますが。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : movie
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

アイター

 うーん。
 今別サイトの更新がてら、自分のかつてのサイトをみて回ったら、何件か生きてる。。。
 特にびっくりなのが、「さるさる日記」。あの未完の小説を連載していたの、もう三年も前なのに、それから全く更新していないのに、なんと残っている・・・あれってとっくの昔に引き上げた「ゆんこむ」をHPにしてた頃なんだ。うわー昔の恥ずかしいイラストを友人に「大切にしてるんだ♪」と見せられたときみたいないたたまれなさ。

 つか、さすがやる気がなかった頃、文章が恥ずかしい。
 これ、完結させるべきか。
 でも、続きを書くより先に、自分がこの小説読まなきゃ、どういう伏線張ったかももう忘れてる・・・<大バカ

 見つけなきゃ良かったよ。。。orz

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : diary
Posted by onion on  | 4 comments  0 trackback

途中のことども

 ものめずらしさもあって、ちょっと密に投稿してます。
 それこそ独り言なんで、コメントいりません。もちろん、何か書きたいと思われたときはどうぞどうぞ! もろ手を上げて歓迎です。多分飽きたらまた月に一度投稿とかやらかしそうだし。

 今日、会社で突然適性検査なるものがありました。
 職業の適正を知る指針になるパソコンのプログラムなんですが、
「最後まで仕事はやり遂げる YES or NO」
 ……YES

 大嘘つきw

 まあ、会社では比較的、ちゃんと最後まで責任持ってやりますよ。
 それが家に帰るとまったく逆の、整理できない女になってしまうのが、自分でも不思議。

 閑話休題。
 備忘録。明日は日中は図書館に行こう。「ゲド戦記」の二巻が入っているらしい。
 それに伴い、今読んでいるハリー・ポッターの新作は中断。これもなかなか面白い展開だけど、前回からのキャラも多くて、忘れてしまっている状態なんで、このまま読むより前の巻を再読したほうがいいかも、と思い始めてしまった。

 夜は「ポセイドン」に行く予定。気が向いたら昼間に一人で行くかも。
 映画館で見ておきたい種類の映画です。勘に狂いがなければ……。

 ねむ。寝よう。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : essay
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

不可解な盗作

 朝からにぎわってます、各ワイドショー。
 和田義彦氏の作品の多くが、アルベルト・スギ氏の作品と酷似しているということですが、シロートのわたしから見ると真っ黒な印象だし、どこをどう違って「芸術性の違い」を訴えるのか、興味深々でもあります。もちろん結果は有罪と決定してますが(わたし的に)。

 でも、「盗作の動機」は、見当つきません。
 なんで? って思うんですよね。

 普通、盗作をしようとする場合、それは「賞をとって有名になる」ことが目的で、世に出て名前を知られるようになって「自分の作品を人に見てもらうため」の、苦肉の策として、というのが定番だし、昔から盗作を扱った小説などでも、動機はそこにあったはず。
 世に出てしまえば、あとは自分の実力とコネとでなんとかなる、そう思うから盗作をするんじゃないの?

 一応創作をする人間として、憧れのアーティストの真似をしたくなるのはわかります。スティーヴン・キングにハマりこんでいたときは、文体がそっくりになってしまったし、漫画でもそのとき好きな作家に構図やこまの取りかたが似てしまったこともあります。
 けど、それは「無意識の模倣」であって、TVの画面で見るような、「明らかな模写」とは違います。模写は模写、練習であって表に出すものでないとこは自明です。
 で、好きな作家に似た作風になったとしても、どこかで「自分らしさ」は出てくると思うし、ある意味「自分らしさを出す」ことが創作の原点なんじゃないかと。創作の喜びなんではないかと。

 なのに、和田氏は賞を取って画壇に踊り出ても、そのまま盗作を続けます。
 バレなきゃいい、ってもんでもなくて、思うのは、「それで楽しい?」ってこと。ずっと自分の作品ではないものを自分の作品として売って、それで儲けても賞賛を受けても、どう考えてもそれはスギ氏のためのお金であり賞賛。
 つまらないと思わなかったのかな?

 ……和田氏はオリジナリティ(自分らしさ)をどこに出そうとしたんでしょうか。絵の具の盛り上げ方? 色彩の際立たせ方? 構図とコンセプトを真似しても、それ以外で芸術性があると? 構図とコンセプトに、オリジナルがどれほど心血を注いで作り上げるものか、知らないの?

 もしかしたら、和田氏はアーティストではないかもしれません。クリエイターでさえないかもしれない。
 創作の喜びを知らない、ただの商売人かも。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : essay
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

「工藤公康 粗食は最強の体をつくる!」

アマゾンへ


 ……わたしは巨人ファンじゃないっすよ。
 というよりアンチジャイアンツですね。昔はカープ・ファンだったし。
 工藤選手より、著者の幕内秀夫さんのファンなのかもしれない。最近著作を図書館で借りて以来、なんだかんだで何冊も買ってしまいました。

 「粗食のすすめ」で有名な幕内さん、言っていることはシンプルなので著作が一冊あれば事足りるんですが、今回なんで買ったかというと、工藤投手のことを、
「すげーなあ、40過ぎて現役巨人エースだってよ」
 と尊敬している(らしい)ジェリーに読ませようかな、と思って。

 最近ご飯をよく食べて揚げ物を少なくしようとしているわたしに、
「ご飯の盛が多すぎる。サラダはないのか」
 と、まったく逆の「常識」を持っているので、プロパガンタというか(プロパガンタが何かいまだに知らなかったりするけど)地固めというかちょっとオススメしてみようかな、と思って。

 まあ、わたしがその粗食生活を実行できていないんですけどね。

 朝:おにぎり2個 コーヒー
 10時:おせんべい1個 コーヒー
 昼:おべんとう(カレーを持っていって会社であっためて食べた 漬物 サラダ) プーアル茶
 3時:お団子 プーアル茶
 6時に夕食:おにぎり3個 漬物 サラダ(次男が忘れていったおにぎりを食べた)
 8時:ヨーグルトレーズン(レーズンにヨーグルト味のホワイトチョコがかかっているやつ。昨日のつまみの残り)ちょっと。

 はは。野菜が決定的に欠けてます。つかいかに「ご飯をきちんと」とはいえ、ご飯食べ過ぎ。3時のおやつはねー。付き合いってもんがあってさ。
 このあとは食べませんように。なんで自分に祈るんだよ。。。

 健康本を読みながらおやつを食べてしまうわたしには、つける薬はないかもしれない。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : book
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。