FC2ブログ

oniondiary | 日記。時々映画やドラマや小説のレビュー。最近はなんとなく毎日書いてますが無駄話多し。

誕生日に象徴される・・・?

 今日という今日は、思い知りました。
 わたしの頭の容量は小さい。果てしなく小さい。

 主婦という仕事は、一日中同じ作業ということは、まったくありません。朝お弁当を作りながら朝食の用意をしながら洗濯も始めたり、家族を起こしてまわったり、もう全部が同時進行。
 で、わたしはそれがダメ。お弁当を作っているとそれに集中しちゃって、子どもを起こすのが遅くなって叱られたり、今日は燃えるゴミの日だということを出る直前に思い出してバタバタしたり。

 今日という日。それはイベントが重なっていました。
 まず、今日はわたしの誕生日。訊かないで。もう死んでも早死にとは言ってもらえない年です。でも誕生日といえば、プレゼント、日付が変わると同時に、珍しくジェリーが大きな包みを持って来ました。

ル・クルーゼ・ココット・ロンド


 ええええっ! こ、これは……主婦の憧れ、ル・クルーゼのお鍋(ココット・ロンド)ではないですか!?
 そういや、日曜にお皿を買いに行ったとき、これが並んでいて、いいよね~~これこそ優雅な奥様の必須アイテムよね~~~! とぶち上げたんだった……。
 実はわたし、ル・クルーゼにいい印象を持っていません。
 反対に、少し憎んでさえいました。
 だってさ、鋳物ホーローでっせ。重いは傷つきやすくて気を使うはで、仕事から帰って急いで30分で作る料理には、どう見ても不向きです。
 なにより、高い。
 この24cmのベーシックなお鍋で2万8千円ほど。ネットではだいぶお安いようですが、どっちにしろお鍋の値段じゃねーぞ、高すぎ。どんなにいいお鍋でも、多分わたしに3万持たせたら、買いません。買うのは圧力鍋でしょう。
 圧力鍋なら機能とお値段が見合うと思う。
 けど、このル・クルーゼにその値段の価値がある?
 たしかに見た目がいい。そしておフランス製の一種のブランドものでもあります。だけど本当においしい料理ができる? 今ひとつ実感がありません。

 それなのに、料理本とか雑誌などにもル・クルーゼのお鍋が使われだして、ついに「ル・クルーゼ専用のレシピ本」まで登場して、ル・クルーゼ使いの主婦=(レトロなお鍋に大枚をはたいてしかもじっくり時間をかけて一日中キッチンにいて料理ができる)優雅な奥様、みたいなイメージが(わたしの中で)定着してきて、ふん、あんなの家にいて暇をもてあましている主婦が趣味で使うお鍋よ! 忙しいわたしには無縁で無用なシロモノよっ、と……早い話がいじけていたのですが。
 いや、本当に買うとは思わなんだわ~~~w

 ええもちろん、心の底では欲しかったんです。
 それも赤かオレンジ! やはりこういうお鍋は無難な白よりビタミン・カラーですよ。
 それがわたしのものに。

 そしてアンチはあっという間に信者に早がわり。
 夕食には何つくろうかな~~~と、わたしの極小のリソース領域は、ほとんどそれで占められました。

 しかし、今日はもうひとつ、忘れちゃならないイベントが。
 会社の健康診断でした。
 血液検査があるので、前日夜9時からの飲食禁止、もちろん朝食も。これはツライ。早く会社に行って順番とって検査終わったらおにぎり食べよう、とおにぎりをお弁当と別に持参して出社。
 とここで、一番やっちゃならんミスを。

 携 帯 忘 れ た ~ ~ ~ ~ ! ! !

 しまった。しかしこのときはあまり重要に考えていませんでした。昨日地元であった殺人事件(高専生殺人事件)の速報が見れないや~~くらいの気楽さ。
 しかし、夕方就業して帰宅途中のバスの中で、記憶の隅に押しやられていた「もうひとつ別のイベント」が押し寄せてきました。

 今日は火曜日? 火曜……友人とコンサートに行く約束したんだった!!!
 先週メールが来て、「公開放送のタダ券が当たったから行こう」というので、その日が誕生日だということを失念していたわたしはあっさりOKのメールを返しておいたのでした。

 コンサート会場は帰宅途中のバス停近くなので、途中下車して会場前で待ち合わせる予定だったんでした。
 そのバス停……と窓外に目を向けると同時に、バスが走り出し……orz
 仕方ないのでバス停ひとつ分歩いて戻って、会場に。
 しかし恥ずかしいのは、コンサートに行く格好ではなかったこと。もろにTシャツ、デニムのスカート、めっちゃ普段着。列がどんどん進む中、友人を待ってずーっと待つわたし。いたたまれない。

 しかも、友人来ません。しかし携帯がないので会場前を動けません。すれ違ったりしたら目も当てられない。
 20分、30分、40分……ついに列も終わりお客さんは会場内へ入り、開演時間になりました。こりゃ何かあって来ないんだな、と判断、公衆電話で自宅に連絡してみました。ジェリーが帰っていました。
「あ、さっき、体調悪いからコンサート行けないって電話あったぞ」
 あ……やっぱり。
 友人も具合悪いのに何度もメールしてくれたり、家電にかけてくれたけど、どちらも出ず、迷惑かけてしまいました。

 しかし、もしかして。
 約束を「まったく、すっかり忘れて」しまっていて、家まで帰ってから気がついたら良かったのでは?<それもヒドイと思うけど。
 そのあとまたバス停に行き、20分ほど待ってバスに乗って家にたどり着いたときには、8時前になっていました。。。orz
「夕食どうすんだよ」
 ハイ、ゴメンなさい。外食へゴー! 誕生日だし!<都合のいいヤツ。
 パスタ食べました。ついでに帰りに本屋さんへ寄り、忘れずル・クルーゼ本をゲット。
 なんだかんだで11時になってから、バースデイ・ケーキを食べました。

菓子の木のバースデイ・ケーキ


 いつもの菓子の木のケーキです。なぜか今日は、ちょっとトッピングの削りチョコがぶっとくて食感がイマイチだったんですが、でもおいしかった~~~~!

 ……えと、今日、健康診断で「ダイエットします。今日から」とお医者さまに言うと、
「具体的にはどんな?」
 と冷静なツッコミにあい、う、えーと、夜の晩酌をやめて~~~夜9時以降は食べないようにして~~~~運動はなかなか出来ないのでウォーキングくらいは始めたいと思います。
 しどろもどろ。
 そして初日から、その誓いはあっさり破られました。
 だめだこりゃ。


 細かいことは省きましたが、あまりにいろいろありすぎて、この誕生日がこれから一年間のわたしのジタバタ人生の象徴ではないだろうかと、なんだか不安になってしまいました、とさ。

スポンサーサイト



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : diary
Posted by onion on  | 7 comments  0 trackback

HDDVDとお皿の週末。

 やること、やりたいこと、そして休みたいこと……週末になったら、とウィーク・デイに頑張るんだけどなあ。
 なのに、肝心のウィーク・エンドになると、わけわからないままあっという間に過ぎてしまう。

 今週はとにかくDVD。
 二週間ほど前、HDDVDデッキを修理に出しました。
 もう我慢の限界、録画は出来るものの、全く焼けません。何枚DVD-Rを無駄にしたことか。RWにすればいいというかもしれませんが、RWは保存に難ありと聞いたし、Rは何より値段が安い。
 てことなんだけど、焼けない……くそー! ってことで、お盆に修理に出したわけです。

 帰ってきて、入りっぱなしのデータが無事なのを確認、焼けるうちに焼いておこうという気にもなります。
 とりあえずとり溜めた「モンク」。画質良で録画したので一枚に2話しか入らず、6枚ほどになってしまいました。タイトルもつけなきゃだし、Excelでデータも整理しておかなきゃならないし、ちまちまやっていると、一日が過ぎる。

 夕方、ようやくジェリーが「買い物行こう」というのでついていったら、パスタ用のお皿。

パスタディッシュ

 ……ところで、これ、どこに置くんですか?
 キッチンをいじるためにはモノを減らせって、いわなかった?
 自分のはふやしていいんかい!!<怒
「新しくしたら、置くとこもできるかなあと思って」
 相変わらず見通しの甘すぎるヤツです。

 下はちょっと前、小倉のリバーサイドで買ったクロスです。食卓に敷くと、なんだか明るくなりました。買ってよかった~~!

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : diary
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

免許証更新その他

 今日は会社を休みまして、朝から免許の更新に行って来ました。幸いゴールド・ドライバーなので、地元の警察署にてほんの1時間で終了。だったら半日でいいとお思いでしょうが、他にも予定が。

 時刻を見ると10:40。お、11:10の回に間に合うな。
 てことでシネコンに「スーパーマン」の日本語吹替え版を観に。
 ここでは日本語吹替えは午前の一回こっきりなんです。まあ、ついで。これがメインじゃないのよ~~~<いいわけ臭いw
 しかし今日はまずかった。朝見たニュースが影響していて、どうも悪いスイッチが入っちゃったみたいで、見ていていろいろ考えてしまった。あかん、これはもう観ないほうがいいな。
 少なくとも「あのニュース」が一息ついてから。
 詳しくは「ネタバレ」の方に書きますね。

 で、午後2時過ぎ、一旦うちに帰って作っておいたお弁当を食べ、また出かけました。
 今度はホームセンターへ。
 大きな収納ボックスを手に入れに。
 これを何に使うかというと、今キッチンにあふれかえっているモノ、使っていないモノをしまうか捨てるかしようかと。

 キッチンをいじろうかという話になりまして。
 えへ。この間友人の家に行ったら、キッチンの改造をしてまして、わたし散々言ったんですね。
「わたしもーわたしもー家建ててくれとは言わないからせめてキッチン~~~~」
 ……そうとうしつこくw

 へへ。というわけで、一応計画は進み始めました。
 しかしキッチンと居間が一続きでしかも狭いので、入れるものにも限りがあります。システムキッチンでも小さいほうを選ばないと、入りません。
 一時ジェリーの実家で保存している昔のキッチンセット(住宅展示場の新古品)に目をつけたんですが、サイズがでかくて無理。。。orz オール大理石トップのゴージャスなキッチンセットだったんだけど。多少古くて一部錆びていたけど、何せ……電磁ヒーターの下にでっかいオーブンがついていたの~~~~!! ああ、こんなでっかいオーブンでフランスパンを焼いてみたい。鍋をそのまま突っ込んで煮込み料理したい。けど、無理。入らない。。。

 てことで、できるだけ安く、そんで食事も出来るカウンターもついた、アイランド型のキッチンを探しています。
 でもそれより先に、片付けろよ自分。。。物が多すぎ。
 キッチングッズが大好きで、便利だと思うと買わずにはいられない性格をなおすのが先か、なあ?

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : diary
Posted by onion on  | 8 comments  0 trackback

映画「スーパーマン」

 今日公開、そりゃ観なくては!

 「スーパーマン・リターンズ」!

 世代によると思うのですが、スーパーマンやポパイのアニメから入り、ウルトラマン、セブン、仮面ライダー、キカイダーと順調に(?)ヒーローに憧れながら成長してきたわたし、当然80年代の「スーパーマン」にも熱狂しました。
 音楽もすでにハマっていた「スターウォーズ」のジョン・ウィリアムスだったので、公開前にサントラLPレコードを買い、聴きまくってだめにしたっけ。

 そりゃまあ、あの赤青黄色の信号コスチュームが好きとは言えませんが、もとよりヒーローもののモードはダサくて当たり前wだと思っていたので、その辺もクリア。
 思えばクリストファー・リーブがなにより「なりきっていた」ので、かっこ悪いとは思うだけでも失礼だという雰囲気がありました。
 それだけカリスマがあった彼が不幸な事故でハンデを負い。長い闘病の末今年亡くなったあと、そのカリスマを引き継げるスーパーマンが現れるのか?
 下手すると前作を汚すものになっちゃうぞ?


 ああ、よかった。
 その危惧は杞憂に終わりました。
 見事にスーパーマンはスーパーマン、「真剣に」スーパーマンでした。レックス・ルーサーは以前より真剣にレックスだったし、ロイスはじめ他のキャラも以前より「大人」として描かれて、背景となるメトロポリスやインテリアなどもくすんで重々しい。決して子ども向けのヒーロー譚として作ってはいません。欲を言えばもうちょっとCG臭さを無くして欲しかったけど、そこがまたスーパーマンの「人間ではない」スーパーぶりが見えて良かったともいえます。

 オープニングの文字が流れてその中を高速で通り抜けたときに、すでに胸がいっぱいに。
 あの効果はオリジナルの時にはCGではなく、手作りだったと聞いています。宇宙も色々工夫してそれらしく作ったとか。今回は自由自在にCGでした。
 それでもあの音楽が聴こえ、文字が流れるともうダメ。
 わたし泣いちゃうかも。


 ……本編では泣かなかったですw
 泣く暇もないほどスピーディなつくり、ある意味現代的な映画になっていましたから。


 しかしエンディング。

「クリストファー・リーブ夫妻に捧ぐ」

 と出るともうダメ。
 滂沱の涙。

 スーパーマン役者は呪われている、なんて世間では言いますが、いやいや、リーブは自身の出来ることを全力で全うした、すばらしいスーパーマンだったと思います。 これまでのジンクスなんてふっ飛ばしてくれた、本当のヒーローでした。

 スーパーマンが帰ってきた。

 実感しました。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : movie
Posted by onion on  | 3 comments  0 trackback

ちょっと衣替え

 初夏から同じだったので、スキンを替えました。
 前もスッキリしていたけど、このノートっぽい感じがお気に入り。3カラムから2カラムになったのが難点かな。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : whatsnew
Posted by onion on  | 5 comments  0 trackback

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト

 本当は「スーパーマン・リターンズ」が観たくてたまらんのですが、先行上映に行きそびれちゃったので、今週末まで我慢です。

 で、お盆休みに家族全員で観る映画……やはり「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」でしょう!!

 前作ではわたし、考えすぎました。
 主役がヘタすぎとかジョニデ作りすぎとかストーリーわやくそとか音楽が「グラディエーター」に似すぎとか。
 特に音楽がひっかかっちゃって。
 後に弟子と知るのですが、ハンス・ジマーに似すぎていて、それでいてどうもピリッとしなくて、わたしにとってはジマーの業績を汚しているような気がして、どうにも我慢が出来ませんでした。

 で、今回自分に言い聞かせたのは、

「何にも考えない」

 ってこと。これはディズニーのアトラクション「カリブの海賊」。それが大前提なのだと。
 そしてそれは大成功。
 大変面白かったです。
 途中何度も爆笑失笑の嵐。
 民俗学的にどーなの、な南の島の住人たちにも、占い女の周りのみょーな人々にも眉をひそめることなく、おおらかな気分で見れました。

 ひっかかってしまったジェリーは「あれはどーなの? 何でああなるの?」とぶつぶつ言っていましたが、ま、気にしないで置こうよ、と。
 来年5月、3を観たらわかるよ多分、その頃には矛盾点も忘れているだろうしw

 てことで、ヒットするのもさもありなん、豪華でワイドでスペクタクルなおとぎ噺は続くのでありました。


 そして今回の一番の収穫。
 音楽がものすごくイイ!!
 なに? 前作の凡庸さが息を潜め、緻密で大胆、豪華で繊細、ダイナミックで詩的。
 すっげー。
 音楽を聴いているだけで映画を見に行く価値があります。
 どうしたんだ弟子。大化けしたか?

 ……と思って帰って調べたら、やっぱ今回はジマー御大がトップ・クレジットになっていました。
 なるほど~~~w

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : movie
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

サイレントヒル

 先週、「サイレントヒル」観てきました。
 ホラーはもう映画館では観ないと決めているのに、どうしても観たくてたまらない映画ってあるもんで。
 この映画もそうでした。気になって気になって気になって。
 ちょっとトラブルで(またかよ)キレかかったとき、頭を冷やす意味で見ました。


 ……冷えすぎだろ。。。

 怖いよー怖いよー!! ひーどうしよう。。。出ようかな、と本気で思いました。
 チケットを買うときにはそっちのトラブルに頭が回っていたので、ついついいつもの「ちょっと前、真正面」を取っていたんで、ただでさえ少ない観客が全部わたしの後ろに。まるで一人で恐怖を受け止めているような状態になって、日常でいっぱいになっていた頭の中がすべて押し出されて恐怖でいっぱいに。(そういう点では映画の選択肢としては間違っていませんでした。映画館を出たときには完璧に冷静になっていたので)

 途中耐え切れず一度トイレに立って、帰ってきたときは他の観客の後ろに座りなおして最後まで観ました。
 ヘタレと笑ってください。でもマジで怖かったんです~~~未だ昔の「Dの食卓」をクリアできなかったゲームに向いてなくてビビリのわたしには荷が重過ぎました。

 が、映画としては大変好き、です。
 テーマ、設定、キャラクター、美術、脚本、全部好き。
 続編はぜひお父さん(ショーン・ビーン)主演で、お願いいたします。
 多分また懲りずに見に行くでしょう。
 そしてサイレンが鳴ったら……目を閉じるでしょう。<ダメだこりゃ


にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : movie
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

あーあ。。。

http://www.ursulakleguin.com/GedoSenkiResponse.html

 でちゃいました。ル=グィン先生のコメント。宮崎吾朗監督が公式ブログで「good movie」て言われた~~などとアホなコメントのせたのも原因のようで。エキサイト翻訳は↓

http://www.excite.co.jp/world/english/web/?wb_url=http%3A%2F%2Fwww.ursulakleguin.com%2FGedoSenkiResponse.html&wb_lp=ENJA&wb_dis=3

 はー。
 エキサイトのアホ日本語でも怒りというより失望が伝わってきます。人生つぎ込んで書いてきたものを全否定されるって、恐ろしい。かわいそうに。。。

 この間WOWOWで大友克洋の「スチームボーイ」があったんですが、これもホント、面白くなかったよねー、といいつつ見ながら……

「やべえ、面白い。。。ゲドよりは」

 とつぶやいたら、次男が
「俺も今思ってたよ」
 と。

 劇場公開時にはあれほどつまらなかったのに、なんだかワクワクする……。
 恐ろしいことに、ゲドは観客の感想最低ラインを大きく引き下げてくれたかもしれません。これが利点とは認めたくないですが。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : diary
Posted by onion on  | 6 comments  0 trackback

復旧しました!!!!

 ばんじゃ~~~~~~~い!!

 ……ジェリーが残業して帰ってくると、居間には背中を丸めてさびしそうにソリティアをプレイしている奥さん一人……あまりにかわいそうになったのか、ただ単に気が向いただけなのかw、閉店間際のヤマダ電器に行き、ランケーブルを買ってきて天井経由で配線してくれました。
無線ポートは見捨てました。まあ、多分壊れているだろうし、無線なのでやはり速度も遅かったし。

 やっぱ直付けは速いわ~~~ウチは光ではないけど、会社のパソコンよりずっと早いw
 まあ部屋の中でパソコンをする場所なんて限られているし、これでよかったと思います。

 ここ最近のニュースとしては、「ゲド戦記」関連で面白い表現に出会ったこと。

「風呂敷を広げるだけ大きく広げて、たたんだのは端っこだけ」



 携帯でこの文を読んだ時、バスの中だったんだけどめちゃめちゃおかしくてでも声に出せなくて引きつってしまった。
 頭の中に畳二畳分ほどの風呂敷の、ほんの5センチほどがちんまりと折りたたまれた画像が浮かんできて……いやー、あの映画を端的に表現しているなあ、と関心しきり。


 あと、三日前に「サイレントヒル」観ました。
 もうなんちゅーか怖くて、サイレンがなったあとのシーンはおおむね目ぇつぶっていたようなヘタレでしたが、全体を通してみるとなんとも悲しく美しい雰囲気のあるいい映画でした。詳しくはまた書くかもしれません。

 ここからは個人向け。
 ショーン、よかったっすよ。最後のシーンなんか、胸キュンものでした。

 それからもっと前、プーリップのクラツィーアも届いたのでアップしようと思いつつ、なんだかんだでそのままです。この週末はがんばるぞっと。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : diary
Posted by onion on  | 5 comments  0 trackback

ネット出来ません!

わたしのパソコンにつながってる無線ラン用のエアーステーション(屋根裏に設置)が暑さでやられたらしいです。
しばらく携帯でネットするしかない状況ですので、消えてますね。トホホ(>_<)

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : mobile
Posted by onion on  | 4 comments  0 trackback

盆踊り

20060805235758


 暑かった。わたしは踊ってないんですけどね。踊ったほうがかえってさわやかな汗をかいていいかもしれない。
 わたしの生まれた土地は同じ県内だけど微妙に地域性が違うらしくて、ここの盆踊りのリズムや踊り方はかなり違和感があります。
 が、去年とあるお寺の盆踊りで踊って、かなり楽しかったので、今日も踊りたくてうずうず。
 残念ながら、今日は踊り手はサークルとか自治会とかあらかじめ決まっているようだったので、眺めるだけにして帰ってきました。

 帰りに買ったたこやきが夕食w

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : mobile
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

室内物干し機(可動式)

20060802182714200608021827142

やった!昨夜取り付けてもらいました。
端っこにあるノブを専用のスティックで回して上下します。これからは雨の日、不安定なイスの上に乗って洗濯物を干さなくていい!

いやあ、これも一ヶ月前の夫婦喧嘩の賜物。
怒りに任せて日頃は言わない不満をぶちまけた中の一つです。

夫婦と言えど他人。伝わってないことって多いんだなあ。
てことで、要求は逐次して行こうっとw

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : mobile
Posted by onion on  | 4 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。