FC2ブログ

oniondiary | 日記。時々映画やドラマや小説のレビュー。最近はなんとなく毎日書いてますが無駄話多し。

壁紙

20061130231003


 クロス屋さん登場(見てないけど)、一日で終わりました。
 見た目、以前とまったく変わっていません。ただ、今回は布ではなくビニール、しかも「ペット用」の防菌、防火、防臭、そして動物の爪が立ちにくいというモノ。

 いえ、ウチにペットはいませんがw
 壁に落書きするような小さい子もいませんが。
 以前布の壁紙にして、あっという間に茶色くなるは埃はつきまくるは地の合板が透けて糊跡が見えるは・・・散々だったので、今回は予防のためにも万全を期したチョイスをしたようです。
 えと、毎年やっていた焼肉は、来年から下の倉庫でやろうという話なんですが。どうなることやら・・・。

 丸裸のエアコンは、この後ちゃんとカバーをつけてもらえました。
 電気屋さんは、土曜日だって・・・ええっ、なんで明日じゃないの~~~?

「明日はワシが残り(TVと冷蔵庫をずらして)を塗る!」

 もー、いい加減に使えるようにしてよ。
 でないと、わたしはキッチンのドアを開け閉めするのに飽きて、完成の頃にはモチベーション下がってるぞ。



スポンサーサイト



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : kitchen&house
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

違いくっきり?

20061129143055


 ・・・夜中に言うなよ、って感じで、今日わたしもなし崩しに欠勤、おそうじ係です。
 朝から床拭いて掃除機かけて窓拭いて(塗装がはみ出ないように)テーピングしてついでにこの間中途半端に拭いただけのベランダを「まあ、ちょっと汚れているかな」くらいに掃除wしたところで、もう疲れました。

 人が「芋たこなんきん」を一生懸命見ているのに呼んで、職人さんたちにキッチンを見せるのにダンボールのカバーをはずしたりかけたり、「あれ持ってきて」「これしといて」というジェリーの雑用するのが多くて嫌。
 同じお掃除でも、別の日に一人で黙々とやりたかったなあ。

 で、ジェリー今も塗っています。ものすんごいシンナー臭。
 写真は手前が塗装前、向こうが塗装後です。
「どうだ、塗ると新婚当時みたいにピカピカじゃろ!?」

 ・・・いやあ、新婚当時はもっと・・・(言うまい。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : kitchen&house
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

塗装

20061129005859


 結局月曜日火曜日は基礎工事でした。もともと弱かった梁に、水道屋さんが穴を開けて水道管を通してしまって・・・その上キッチンなんで、これは折れるぞ、ってことになって、急遽補強の梁と柱を建てたりしてすごいことになってます。
 夜になって塗装屋さんが来て、塗り残し部分を塗ってくれましたが、その輝きを見てジェリーまた余計なことを・・・

「やっぱ全部ニスを塗りたい! ワシが塗る!」

 はあ?
 ・・・いやな予感。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : kitchen&house
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

床補修

20061125192526


 今日で大工さんは終了だそうです。壁の回り縁と床の補修をして行かれました。ここは元キッチンと居間との間にあった柱の部分です。
 月曜から塗装が入って、ここと出窓の周りなどを塗ってくれる予定です。

20061125234628.jpg


 水道屋さんも来て、上下水の接続と浄水器の設置をしてくれました。

 よく見たら、カーテンレールもついていましたが、これはジェリーが自分でつけたそうです。


 そして今日のわたしの労働は、居間のカーテンレールの洗浄と、長男の部屋の片付け(怒
 いい加減に黙っていられなくなりました。
 自主性にもほどがあります。
 家が傷みます。
 てことで、手をつけたはいいが、結局一角しか片付かなかった。
 これも先は長い・・・。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : kitchen&house
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

流し台イン!

20061125005737


 金曜日、当然のように仕事に出ると、定年前のおじさんたちはほとんど休みでした。。。orz
 いやはやすごい会社だとは思うよ。

 そんなわけで、やる気は急降下、今日は流し台が入る日だ、という一点が太陽のように一日を照らしだしまして。
 そだ、そろそろ目医者にも行かなきゃ、定期健診最近受けてないし。
 などと言い訳理由もいろいろ思い出して、早退。いそいそと家に帰ってみました。

 おーついてる。・・・でも上のつり戸棚と後ろの食器棚だけで、大物の流しの場所が空白でした。
 そして1.5m四方の巨大なダンボール箱数個・・・これ、本当にこの狭い場所に収まるんかいな。あ、よろしくおねがいしま~~~す、わたしまたちょっと、出かけますんで・・・

 で、眼科。帰りに図書館に寄って、3時間後に帰ってきたら、座ってました。おーきな人工大理石。対面キッチンなので、普通より奥行きもあります。↑の写真では明日の作業のために、ダンボールがかぶせてあります。

20061125091813.jpg


 キッチンの入り口から出窓まで、システムキッチン全体を写そうとしたのですが、携帯のカメラは広角でないので、これがギリギリ。
 メーカーはミカド、レシタ・シリーズです。

20061125091815.jpg


 ミカドの見た目の最大の特徴は、トップ下に一列に並ぶ薄型引き出しでそれぞれの場所で使う小物(コンロの下にはへらやミトン、流しの下にはまな板や皮むき器など)を一気に収納してしまおうという「ホライゾン・パレット」です。ウチは食洗機をIHコンロとシンクの間に入れたので、間が切れてますw
 ただ、パレットというだけあって、浅い。ここにお玉や泡だて器は入らないですねえ。別の場所を探さないとなあ。

20061125091826.jpg


 シンクのすぐ前、薄いところに「包丁フラップ」という包丁の収納場所があります。カバーを手前に倒すと、ずらっと並んだ包丁が「取ってちょーだい」と言わんばかりに傾いてくる・・・予定。

20061125091828.jpg


 まだIHコンロが入っていないので、ぽっかり空いたレンジ台。
 キッチンが入って水周りをやっても、オール電化なので、電気屋さんが最後にちゃんとしてくれないと、キッチンとして機能しないんですね~~。

 まだまだ先は長いですが、昨日も本家で夕食をご馳走になって、10時ごろうちに帰り、0時過ぎまでいいなあ、いいねえ、ここはどうかな? いやいやここはこういう使い方でないと・・・などとドアを開けたり閉めたり、引き出しを出したり入れたり、夫婦と次男(一人暮らしにあこがれていて料理に興味あり)で語り合っていたのでした。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : kitchen&house
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

キッチン・ボード

20061123202434


 出窓の上に、「キッチンボード」と、ペンで走り書きが何日か前からありまして、きっちんぼーどって、なに? と思っていたら、キッチン用のつるつるした汚れがつきにくい板でした。
 見本見せられたとき、てっきり壁紙のように薄いものだと思っていたので、張り始めてからびっくり。なるー、コンパネみたいなもんなのね。板だから確かに丈夫で劣化も少なそう。

 間はコーキングするらしいので、その部分は汚れがちになるかもと言ったら、「コーキングは簡単にやり直しができる」というので、ホッと安心。<どこまでも掃除がしやすいかどうかにこだわるわたし。

「ちょっと白すぎたなあ」

 とジェリーが言うとおり、あまりに真っ白なんで、青味がかって見えるほどで、もうちょっと暖かいベージュのほうが良かったかも、窓枠をベージュにする予定だったのが、あわないかもしれない、これはもう白いペンキを塗るしかないかも、と話し合っていました。

 ・・・いやあ、わたしは掃除がしやすければ(以下略




にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : kitchen&house
Posted by onion on  | 5 comments  0 trackback

ナチュラル・クリーニングがマイブーム

 最近のわたしのマイブームは、実は掃除です。


 キャッ!


 ・・・とかわい子ぶってみたのは、あまりにセルフ・イメージにも周囲のわたしに対するイメージにもそぐわないから。
 ジェリーなんか、
「最近どーしたん?」
 となにか、別の理由があるのでは、みたいに怪訝そうに言うくらいw
 わたしが余命いくばくもない、とか思えるか? 思えるわけないっしょ。掃除以外はダラダラなんだから。
 つーか、改装中なんで、その他の家事も、肝心の掃除も、あんまりするところがないってのもあります。
 掃除しても改装している部分から埃や土(ひー)などが入ってくるし。

 でも、始めたのはキッチンの物を捨て始めてから、かなあ。
 捨てて、少しの道具で何ヶ月かすごしていると、掃除がしやすかったわけです。
 わたしには意外だったのですが(多分世間では常識)、掃除の手が止まるのは、モノが多くて移動しなくてはできないところが多すぎたから。
 テーブルひとつでも、モノをどけないとふけないし、そうなるとモノを避けて「丸く拭く」状態になってしまいます。
 出しておかなくては使わない、と思っていたものも、結局は使わないで埃をかぶっていただけのものも目に付くようになってきて、やっぱりしまわなくては、わたしは「きれい」を維持できない性格なんだ、と実感しました。

 何も外に出ていなければ、面をさっと拭くのは一瞬で済むし片手でできます。なんて簡単。これなら毎日続けられる。

 そうそう、以前ここで紹介した、「スイブル・スイーパー」も、毎日の掃除の強い味方になりました。
 なにせ、掃除機が嫌いで。というか、出すのがせんなくて、しまうのも面倒で。隅は取れなくても、いいんだ、いい加減でも取れれば。

 と「毎日」するようになって、パターンができました。

 夕方、帰ってきたら、まず、「クイックル・ワイパー」で家中のフローリングを一拭き。一番最後にトイレに入って、タイルの床を拭いて、ゴミ箱へぽいっ。
 毎日は替えず、何日か使う人もいるようですが、わたしはすてます。ごみのついたものは、次の日は吸着力が落ちていると思うし、逆に「惜しい」と思う気持ちが結局「掃除道具を汚すのがいやで掃除しない」(冗談じゃなくそんな感じになる)という、本末転倒になりかねないので。

 次に、「スイブル・スイーパー」で、フロアを全部吸い込み。比較的きれいな居間から寝室、廊下、脱衣場、最後に台所。台所のゴミ箱で、スイーパーのごみを出してぽいっ。

 あとは、粘着コロコロシートでカーペットをコロコロして、最後に必殺ウェーブ様で、テレビや電話機などの埃をぬぐって、終わります。

 たったこれだけ。
 これだけで、部屋のすっきり具合がまったく違うんです。
 モップをかけている間に、気ぜわしい気持ちも落ち着いてくるから、変な感じ。
 以前は、帰ったらとにかく急いでご飯を作っていましたが、この時間が一番我が家が「無人の時間が長」く、「埃が床に落ちている」時間だとわかったので、その埃をとにかくクイックル・ワイパーで取っておくことを始めたのが、2ヶ月くらい前かなあ。続かないかもなあ、と気が向いたのでやっていたら、定着しました。(今はさすがにできないですが)

 ジェリーが早く帰ったときなどは、
「早く夕飯つくれよ(怒」
 などとぶつぶつ言っていますが、なにせ遊んでいるわけではないので、強くも言えないらしくw
 旦那を待たせて優雅にお掃除、も、いいもんでっせ。


 で、どこがナチュラルなんだ、って感じっすね。
 科学雑巾と使い捨ての、サイテーのノンエコ主婦じゃん。
 ええそのとおり。最近は雑巾まで捨てて、キッチンタオルと濡れティッシュですべてを使い捨てにしてます。
 だって雑巾って、臭くなるじゃん? 手洗いしてもなんか落ちないし、漂白(しかも塩素系のきっついやつ)しなきゃ白くならないし、かといって洗濯機だとまとめて洗わないと、普通の洗濯物と一緒にできないから何枚か溜めて、と思っていたら、くっさい雑巾をストックしておくのもいやだし。で、捨てちゃいました。
 洗濯の水や洗剤のコストを考えなくても、もともとズボラなわたしが、そんなにこまめに洗濯するわけないので、結果「とても臭いドドメ色の物体」が生産されるのを防ぐためにも、廃止です。

 はいはい、ナチュラルの説明ね。

 まず、汚部屋の掃除には強い普通の洗剤を使いました。
 お風呂のカビとか、トイレの尿石は、やはり強い洗剤で一気に落としたほうが、後が楽です。
 その後は「きれいを保つ」ために、エコな洗剤を使うようになりました。

 最初に持っていたのは、「セスキ炭酸ソーダ」で、よくわからないままに使っていましたが、重曹と炭酸塩をまぜたものだったのですね。道理でよく落ちる・・・


 お昼なのでw、続きはまたあとで。


 とまあ、調子よく書き進めたところでお昼。ココいちでカレー食べて帰ってくると、労働が待ってました。。。orz
 ベランダと玄関周りの掃除。玄関は長男、ベランダの樋のヘドロ掃除は次男が担当ですが、わたしはベランダのアルミの手すり掃除に。それはいいけど、雨降ってます。ついでに風もあるんで、ベランダのひさしはまったく役に立っていません。
 ぶつぶつ言いながらセスキ炭酸ソーダのスプレーをしつつふき取ってました。

 取れないなー。ここはとくに、換気扇の目の前だったところだしね。べったり黒い脂がついてしまってる。
 そーだ、こんなときこそ、「ナチュラル・クリーニング」のいう、「汚れを見極める」だわっ。油汚れは酸性だから、この場合はアルカリ性の洗剤、せっけんよっ!

 ・・・てことでせっけん持ち出し。洗濯用を少し水で溶いてどろっとしたところを、メラミンスポンジで擦り付けていきました。
 おー、落ちる落ちる! さすがね。
 でもあとで考えると、セスキ炭酸ソーダも弱アルカリだったっけ。どっちでも良かったのか、それとも使ったメラミンスポンジが性能良かったのか・・・うーむ。微妙だ。


 酸性の汚れはアルカリ剤で、アルカリ汚れは酸で、という法則を知ると、洗剤もシンプルで済む、というのですが、ナチュラル・クリーンにもいろいろ素材があって、どれを使うか迷うところです。phの比較は↓のとおり。

http://www.live-science.com/honkan/basic/chishiki02.html

 ナチュラル・クリーニングの先駆者のお掃除術は↓。

http://www.katoko.com/CleaningHome.html

 そのほかにも、人によっても使う洗剤は色々なので、迷ってしまいますが、迷いながらも定着したらいいなあ、と思っています。
 せっけんはとうの昔に我が家の定番洗剤で、お皿洗いや洗濯、わたしはシャンプーもせっけんだったりして、それなり使いこなしてきたと思うんだけど、なんでもせっけんじゃなくて、せっけんより向くもの、せっけんの補助として使うもの、せっけんでは無理な汚れを落とすもの・・・試してみて自分に向くものを長く使いたいです。

 とりあえず、今作っているのは、

【トイレ用スプレー】
 クエン酸・・・小さじ1
 水・・・200cc
   (溶いてスプレーに入れて吹くと、アンモニアの臭いを中和して消します。もちろんペーパーでの拭き掃除にも)

【トイレ用消臭剤】
 重曹・・・適宜
 ハッカ油・・・数滴(薬局で700円くらいでした)
   (小さな容器に重曹を入れてハッカ油を数滴かけてトイレにおいておくだけ。重曹は脱臭効果もあるとのこと、ハッカ油でなくても、お手持ちのエッセンシャル・オイルでOK)

【ガラス・クリーナー】
 炭酸水・・・適宜
   (酒屋さんなどにある、甘みのないソーダ水のこと。薄めずそのままスプレーに入れて、ガラスに吹きかけて拭くだけ。白残りもしないし、ぴかぴかになります。炭酸が抜けても3ヶ月は効果が持続するそうです)




 昨日グリセリンも買ってきたので、手作りハンドクリームや静電気防止スプレーも試したいこのごろ。
 やっぱりエコじゃなく、単なる「ブーム」でやってる気がする~~~。


にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : essay
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

20061122222325


 内壁がほぼつきました。
 天井も上から板を張り付け。
 天井と壁紙は同じ素材を使うそうです。
 明日で大工さんの作業が終わり、あさっていよいよキッチンセットが入る予定。わーい。

 しかし。

「浄水器、やっぱ今のは使えないからキッチンにあうのを頼んだから。14万」

 ええええええ~~~~~~~~~っ。。。

 使えるって言ったじゃん、あんた言ったじゃん~~~! また追加か。。。

「だから台所は金がかかるって言ったろ。向こう10年はボーナスなしだな」

 ひぃぃいい~~~・・・てか、この快適なキッチンを使うのはわたしだけじゃないでしょ、なんでわたしだけ、もう買い物できないの? なぜだあああ!!

 ・・・でも、そういえばそんなに大物の買い物、した記憶なし。
 初めての散財かも。
 それなら思いっきり自分の思い通り・・・やっぱならないよなあ。


にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : kitchen&house
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

カポーティ

 観たのは日曜日、ジェリーも子どもたちもお出かけだし、家は改装中で落ち着かないので、こんなときこそ、と映画館へ。ドラマ系を観るのは久しぶりなんで、淡々とした展開に、ちょっと寝そうにw
 しかし、いい映画でした。
 実際にあった事件を元に「冷血」が生まれるまでを、極力時間軸に沿って、回想シーンは事件以外はそぎ落として、粛々とカポーティの背中を追いかけている感じ。
 主役は事件でも本でもなく、まさにカポーティ自身。
 カポーティの人となりを、冷徹に、それでいて包むように暖かく見据えています。

 原作、というより「冷血」を読みたくなりましたが、本屋では見かけなかったので、図書館で予約しました。
 これを機に「ティファニーで朝食を」も読んでみたいなあ。

 そうそう、最近インテリアに興味があるので、60年代のアメリカの普通のキッチンがいろいろ見れて、絵的にも大満足でした。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : movie
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

出窓

20061121224012


 出窓、つきました~~!
 閉切りタイプかと思っていたけど、ちゃんと開きます。これで換気もばっちりさ。
 しかし、右端がコンロに近い・・・IHとはいえ、油が飛び散って汚れそうな予感が・・・しかも左端は壁ぎりぎりなんで、冷蔵庫で三分の一は隠れてしまうような・・・うーむ。

 窓の位置は以前より少し下げてくれています。
 その辺の指示も全部ジェリーなんで、わたしの思うとおりのキッチンは望むべくもないというか、そもそもあんまりこだわりないかもw
 普通に「清潔なキッチン」が手に入れられたら、わたしは満足です。
 だから、一番こだわるのは「掃除がしやすいかどうか」。

 出窓・・・はいいけど、カーテンつける? キッチンに布って、意外と汚れるし臭いもついちゃうんだよね(経験済み)。ないほうがいいのになあ。
 最初はそのままの窓にまたブラインドをつけるっていうので、強固に反対したのですが、そのあたりはあきらめてくれたようでうれしいです。
 以前はブラインドに油がこびりついて埃と一緒になって掃除ができなくて、おまけに壊れた、しかもかなり前、壊れたのを無理やり引っ張って空けたままにして暮らすこと10年くらい。本当に役に立たないブラインドだったので、今回はすりガラスを提案したのですが、あっさり却下。ダサいんだと。えーえーダサいセンスのわたしはもう、口は出しません。カーテンもジェリーの思うものがかかるでしょうが、今度はどんなカーテンをつけるのか・・・ダサかったら言ってやるぞ~~!

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : kitchen&house
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

電源

20061120220059


 対面キッチンの反対側、壁部分には天井まで収納が並びます。
 でも家電は出しておきたい・・・それもわたしの持っている「最低限出しておきたい家電」は多い。

 炊飯器
 オーブン電子レンジ
 コーヒーメーカー
 オーブントースター
 トースター(ポップアップ式)
 スピードカッター
 ・・・

 スピードカッターなどは、使うときに出す、という人も多いのでしょうが、わたしは根っからのズボラ、だして、電源をつないで、歯をセットして・・・などという時間を割くぐらいなら、自分で刻むw
 しかも一分一秒が貴重な、朝のお弁当作りには、なくてはならない道具なんです。絶対出しておきたい。
 あとはパン焼き機も出しておけたらいいけど、収納しかないかなあ、と悩み中なくらいで、しかも先日買った電器ポットまで、スペースに食い込んできたので、結局下の棚と上の棚の間の家電置き場は、全部空けました。
 カタログとかでは二つ分とかで、後は下から上までの隠す収納になっていたりする部分を全開け。そこだけは見せる収納でいきたいです。

 で、そのための電源、見事に高さが1メートル付近で並びました。
 これは土曜日にやってもらったのですが、今日月曜、誰もこない? まったくできてない? うわ~~ん、今日キッチン入るって話しじゃなかったんかい。

 先は長い。。。



 そうそう、壁が土壁なの、わかります?
 もろに田舎の倉庫、って感じ。
 で、断熱するのかな、と思ったら、そのままふたするんだって。
 大工(というより建築関係全般)の常なんですが、この家、持ち主が変わるごとに「とりあえず」上から上から壁を張っていったらしくて、天井から見ると壁がミルフィーユのような状態になっているらしい・・・w 天井もだんだん低くなっているみたいだし<おいおい。おかげで寒くないのかも。
 でも、時々こういう、まったく元のままっていうところがあって、そこから冷気が・・・なんだろうなあもう。一気に壊して作り直せよ、とシロートなら思うのでしょうが、大工は違います。「直して使う」のが当たり前なんです。
 ジェリーの実家なんか、もとあった家屋は平屋なのに、今では階段が三つある、迷路のような家になってます。

 おそるべし、大工の棲む家。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : kitchen&house
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

久々のクラシック

 前日にいきなり友人より電話、
「コンサート行かない?」
 行く行く!

 ……なんのコンサートか聞かないうちに即諾。
 まあ、この友人ならクラシックだろうとふんでいたのですが、やはり。

 ルーマニア国立放送室内管弦楽団
 

 だそうです。演目は、メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲ホ短調と、モーツァルトのピアノ協奏曲第20番と交響曲第39番。地元出身のヴァイオリニストとピアニストのソロつきで、やっぱり生演奏はいいわあ。

 しかしっ。
 何で最近こんなのが多いの・・・わたしの右隣のおじさん・・・連続で恐ろしく臭いおならをするんです。

 もう、倒れそうなくらい、臭いの。しかも連続。

 前の席のおばさんがハンカチ出して口に当てたので、ああ、あの人も臭いんだ、とわかったので、わたしもハンカチを口に。
 後で聞いたら反対側の友人にはまったくにおってなかったらしいので、かなりのピンポイント爆撃だったようで・・・いややー!
 まあ、人間生きてればいろいろにおってくるのはしょうがないとは思いますが、すかしっぺの連続は公共の場では我慢して欲しいものです。。。
 せっかくの豊かな音楽体験が台無しでしたが、後半はなんとか、持ちこたえました。


「次は木村大くんのギターだね!」
 と友人と約束しつつ、今度は清浄な空気の中で、豊かな音楽に浸りたいです。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : music
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

垂れ壁その2

20061118091453


 垂れ壁に壁がつきました<変な表現w
 思ったより圧迫感があって、ジェリーは「やっぱり最近の傾向は流し台の上は何もないのが一番! これ、作ってもらったけど撤去しようか」などと言ってます。
 いいけど、収納が少なくなって、モノが出しっぱなしになるよ。かなりモノは削るつもりだけど、限度ってもんがあるしさ。
 流行のキッチンって、モデルハウスの写真でしょ。あれってもともとスペースでっかい上に、生活してないからすっきり見えるだけだよ。現実的じゃないって。そりゃ、棚を三つから二つに替えてもいいけど。

 って、せっかく大工さんが一日かかって作った壁を壊すって、抵抗あるなあ。今日は大工さんはお休みなんだけど、それ知ったらがっかりしそう。てか、一週間たちましたが、まったく進んでいないような気が。
 二週間じゃ、終わらなさそう。。。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : kitchen&house
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

垂れ壁

20061116220336


 キッチンとリビングの間に垂れ壁をつけました。
 ここに、左から換気扇、収納棚が三個、つきます。
 この下に対面型のカウンターキッチンが座る予定。前よりキッチンは狭くなります。ちょっとだけリビングが広く。でも収納はこの壁のおかげで増えそうです。棚のひとつには低く降りてくるタイプもつく予定。おー、新しい機能って大好き。
 あと、天井もやっぱり替えるそうです。窓も出窓にする、とか言ってるし、追加工事が多すぎる・・・この家の主婦(わたし)はそんな希望も出していないのにー。

 あと、今日はお風呂の浴槽に謎の丸い物体がついていました。そのほかはまったく変わった様子はないのですが。。。そんな機能よりホラ、お風呂のドア、さびて穴が開いてます。そこ、なおしてほしいな~~~~うーん、聞いてないし。。。orz

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : kitchen&house
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

キッチン・・・ではない。

notkitchen


 実は、寝室です。
 手前に移っている椅子はパソコン用。奥の炊飯器と電子レンジが乗っているのは、本当はミシン台です。右にアイロン台も見えますかねえ。とりあえず暖かいものを食べれるように、電子レンジだけは動かせる体制を保ちたいので、こんな風に。

 寝るときは折りたたみのベッドをこの前に置きますが、さすがにこっちに頭を向けては危ないかな。地震が来たときが怖い~~~。
「おーいいじゃん、一人暮らしみたい」
 と、一人暮らしにあこがれている次男は言いますが、やっぱ食べ物類は寝る場所と別にしたいなあ。

 最初に寝室でオーブントースターを使っておモチを焼いたとき、寝室中に臭いが・・・キッチンの時には気にならなかったのに、ものすごくこもっちゃって、しかも何時間たっても消えないので、あわててTVで宣伝している「リセッシュ」を買ってきて噴霧。おお、いいかも。でもファブリーズでも良かったかもしれないなあ<こちらは常備してる。
 どちらにしても、毎日ここで料理するわけにもいかないし、早く出来上がらないかなあ・・・と、今日も外食覚悟でいたら、お昼ごろジェリーの実家で同居している義妹から電話がかかってきました。

「キッチン使えないんだって? じゃあウチで食べればいいのに、遠慮しないで!」

 ・・・う、うれしい。。。知ったらたぶん、そう言ってくれるだろうと思っていたけど、今でもいろいろ頼りっぱなしなんで、あんまり頼ってもいけないと思って、わざと知らせないでいたんです。
 ありがたく、行ってまいりました。

 ぶり大根
 具だくさんの白和え
 餅入りお味噌汁
 自然薯のおろし
 きんぴら
 子持ち昆布
 ビールw

 えーと、もっとあったよね。
 もちろんほかほかご飯も、おいしくておいしくて。また人が作ったご飯っておいしいし、なにせウチではめった作らないメニューでw
 白和えなんて、ついぞ作ったことがなし。
 すげえ、これぞ日本の食卓文化です。
 大勢でわいわい話しながら食べるのもまた、たのし。
 ああおいしかった。


 ・・・しかし、これを毎日だとわたし、果てしなく自堕落になりそう。
 帰ったらご飯ができていて、座って食べるだけ・・・ああ、夢のよう。

 いかんいかん。
 気を引き締めなくては。

「あ、今日、ガスも解約したから、お湯でないからね」

 うそっ。じゃあお風呂もないの?
 ・・・てことは、お風呂までも本家に頼りきりに・・・あああ、果てしなくはた迷惑な~~~~!

 はよ、工事すんで。お願い。。。orz

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : kitchen&house
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

現状・・・

kitchen


 なんだかもう。
 始まりまして。
 先週土曜からお掃除と片付けと古い流し台と食器棚の解体撤去で、ネットもままならず・・・しようとするとseesaaのアップロードが邪魔をし(トロすぎる!)、「ごくふつうのお弁当日記」は、最後のお弁当も含めて記事も書けない状態。
 何より疲れて眠たすぎ・・・。

 で、現状はこんな感じです。きれいさっぱり、流し台のあった場所は、廃屋か倉庫みたいw
 床は新婚当時、ジェリーが自分で塗ったので、すでに据えてあった流し台の下は白木のままです。どうすんだろ、これ。一部は出るぞ、流し台の向きが90度変わるから。

 水周りがなくなったので、日曜から外食でした。
 日曜は評判のカツ丼屋さんに。
 月曜はほか弁。
 で、たった二日でなんだかミネラル不足な気がして嫌になってきて、ご飯を炊いて、おかずは義母から煮物をもらい、肉類はソーセージをトースターで温めて、キムチを添えて食べました。うーん、やっぱこの方が「食べた!」って気になるなあ。

 しかし。

 明日から大工さんが入ります。
 てことで、ささやかな電化のキッチン(炊飯器、オーブントースター、電子レンジ、コーヒーメーカー)も撤去。やっぱり明日からは外食かなあ。


 今日までは水道屋さんが作業されたようです。「ようです」というのは、わたしは会社に出ていて留守だから。何が変わったかもわからないけど、倉庫にでっかい給湯器がすわってました。オール電化のヤツです。
 二週間、と見ていますが、どうなるやら。


 きれいなキッチンになったら、モノを減らすぞ~~~と張り切っていたのに、昨日また電化製品を買ってしまいました。

 マイコン沸騰ジャーポット(ナショナル)です。
「来てくれる職人さんに、温かいお茶も出さんでどうする」
 とジェリーに力説されまして。
 ……たしか、依然あったジャーポットを「電気を食うだけの無駄」って言って捨てさせたよねえ? 確かにあれからポットのない生活をしているけど、まったく困ってないんで、すでにわたしの中では「不要家電」のトップなんですけど。
「家電製品を出さないキッチンにしよう」
 と言った本人、ここ数週間で見事にモノがないと生活できない性格を露呈しております。

 てことで、また出費。きっついわあ。
 安くて栄養が偏らなくておいしいお店、この辺ではどこかなあ?


 さてと、壁紙も貼りかえるんで、カーテンも外してから、寝るかあ。
 疲れがたまってきて、風邪気味です。。。orz

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : kitchen&house
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

TV「SUPER NANNY しつけのプロが行く!」

 ケーブルTVでLaLa TVが映るようになったのは、ジェリーがモータースポーツ・チャンネルのG+を見たがったおまけ。
 しかし最近はもう、このチャンネルしか見ていないほど、ハマってます。
 特にマーサ・スチュワート・リビングなんですが、また新たに面白くて録画までしているのは、これ、「SUPER NANNY しつけのプロが行く!」です。

「なんでこれを見てるの?」
 と次男が訊くのですが、わたしにもわからんw
 わが家の最年少である次男ももう高校2年生、「しつけ」するにも遅すぎるw
 しかし、しかしですよ。
 おもろいんだ、これが。
 イギリスの子どもって、パワフル。
 でも、ある意味日本の子どものほうが手におえないかも、と思うのは、しつけって親のしつけもあるから。

 この番組観てると実感するのですが、子どもが手におえない、って嘆く親には、たいてい親そのものに問題ありで、子どもがそれに警告のシグナルを出しているのが「問題行動」になって現れているんだろうなあ、などと思ってしまうので、今の日本でこんな番組やったら、親のしつけが失敗しそうw

 子どもへの叱り方、日常生活の立て直し、夫婦の関係の改善、どれをとってみても、日本ではかなり個人的なこととされていて、「ほっといてよ」と親が嫌いそう。
 以前はあった「姑の目」「世間の目」(良くも悪くも)が、今の親には「わが家の個性なんだから」という「俺ルール」ですべて排除されている状態なんで・・・いや、ほかならぬわが家もそうだったなあ、と思い知らされるわけです。ウチの子たちの常識のなさを目の当たりにして、最近とくに思うことで。

 番組はイギリスですが、見ながらいろいろ思い出したり、考えたり、たいへん勉強になります。
 よその子がスーパーで暴れてたり奇声をあげてたりすると、「うるさいなあ、きちんと叱れよ。てか、ここから連れ出せよ」とか邪魔に思うだけだったのですが、最近は、

 この子はこの行動で何を訴えているのかな? お母さんの対応は?

 と、分析しつつウォッチしてしまいます。
 見ていると、子どもを叱らないお母さんが増え、叱っていても本当にウザそうに「まったくダメな子だ」という見下した叱り方をしていたり、最悪なのはまったく「無関心」な親が多いということ。

 子どもにまったく目がいってないのです。
 見ていない、子どもと目を合わせていない。
 口で「だめよー」と言いつつ、目は棚の商品の方を向いて離れないの。
 子どもは放置されている状態なのです。
 てことは、お母さんの関心をひきたかったら、「もっと悪いこと」をして、強制的に「振り向かせる」しかないんです。

「お母さんは見ていなくても、子どもは見ているんです。知っているんです。お母さん、あなたが『逃げ出そう』としているのを」

 スーパー・ナニー、ジョー・フロストが番組の中で言っていた言葉です。
 子育ての大変さから、すべてを投げ出しそうになっているシングル・マザーに、子どもはあなたの気持ちを読み取って、捨てられそうになっているからそれに逆らっているだけ、と諭します。
 ショッキングだけど、事実。
 子どもを手元に置きながらも、「捨てて」しまっている親が、水面下にたくさんいるような気がします。

 これって、DVD化はされてないんでしょうねえ。内容もTVでたまに見てちょうどいいくらいだし。でもスカパーやケーブルじゃなく、地上波でもっと多くの人に見てもらいたいなあ。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : television
Posted by onion on  | 4 comments  0 trackback

DVD「24-TWENTY FOUR- シーズン5」

24 -TWENTY FOUR- シーズン5 DVDコレクターズ・ボックス 24 -TWENTY FOUR- シーズン5 DVDコレクターズ・ボックス
キーファー・サザーランド (2006/11/24)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
この商品の詳細を見る


 いやー、レンタルなんですけどねw
 でも今日最終の10,11,12巻発売なんですけど、近隣のレンタル店全滅。orz
 ま、ほとぼりが冷めて(?)からぼちぼち行きますわ。
 てか、まだ8,9巻見てないんです。
 今日見るのかな?
 一応ジェリーのタイミングにあわせてます。
 新しいテレビでサラウンドで、このときばかりは大画面に感謝。


 つか、ジャック~~~!


 ・・・やっぱり困った顔がステキw

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : Blu-ray/DVD
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。