FC2ブログ

oniondiary | 日記。時々映画やドラマや小説のレビュー。最近はなんとなく毎日書いてますが無駄話多し。

カポーティ

 観たのは日曜日、ジェリーも子どもたちもお出かけだし、家は改装中で落ち着かないので、こんなときこそ、と映画館へ。ドラマ系を観るのは久しぶりなんで、淡々とした展開に、ちょっと寝そうにw
 しかし、いい映画でした。
 実際にあった事件を元に「冷血」が生まれるまでを、極力時間軸に沿って、回想シーンは事件以外はそぎ落として、粛々とカポーティの背中を追いかけている感じ。
 主役は事件でも本でもなく、まさにカポーティ自身。
 カポーティの人となりを、冷徹に、それでいて包むように暖かく見据えています。

 原作、というより「冷血」を読みたくなりましたが、本屋では見かけなかったので、図書館で予約しました。
 これを機に「ティファニーで朝食を」も読んでみたいなあ。

 そうそう、最近インテリアに興味があるので、60年代のアメリカの普通のキッチンがいろいろ見れて、絵的にも大満足でした。

スポンサーサイト



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : movie
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

出窓

20061121224012


 出窓、つきました~~!
 閉切りタイプかと思っていたけど、ちゃんと開きます。これで換気もばっちりさ。
 しかし、右端がコンロに近い・・・IHとはいえ、油が飛び散って汚れそうな予感が・・・しかも左端は壁ぎりぎりなんで、冷蔵庫で三分の一は隠れてしまうような・・・うーむ。

 窓の位置は以前より少し下げてくれています。
 その辺の指示も全部ジェリーなんで、わたしの思うとおりのキッチンは望むべくもないというか、そもそもあんまりこだわりないかもw
 普通に「清潔なキッチン」が手に入れられたら、わたしは満足です。
 だから、一番こだわるのは「掃除がしやすいかどうか」。

 出窓・・・はいいけど、カーテンつける? キッチンに布って、意外と汚れるし臭いもついちゃうんだよね(経験済み)。ないほうがいいのになあ。
 最初はそのままの窓にまたブラインドをつけるっていうので、強固に反対したのですが、そのあたりはあきらめてくれたようでうれしいです。
 以前はブラインドに油がこびりついて埃と一緒になって掃除ができなくて、おまけに壊れた、しかもかなり前、壊れたのを無理やり引っ張って空けたままにして暮らすこと10年くらい。本当に役に立たないブラインドだったので、今回はすりガラスを提案したのですが、あっさり却下。ダサいんだと。えーえーダサいセンスのわたしはもう、口は出しません。カーテンもジェリーの思うものがかかるでしょうが、今度はどんなカーテンをつけるのか・・・ダサかったら言ってやるぞ~~!

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : kitchen&house
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。