FC2ブログ

oniondiary | 日記。時々映画やドラマや小説のレビュー。最近はなんとなく毎日書いてますが無駄話多し。

手作りバッグ

20071014152659


 諸事情があって、最近お出かけができません。
 アシ(ジェリー)が忙しいからですから、わたしは家でのんびりできるわけです。三食は作らなきゃならないし、それなり家事はあるのですが、こういうときこそ自分のやりたいことを。

 ……小説にいかないのが悲しいところ。。。orz

 突如巻き起こった手作り熱で、今日は一日ミシンを出したりしまったりしちゃいました。ブックカバー作っては仕舞い、バッグ作っては仕舞い、今はまた出してバッグ・イン・バッグ(手提げ用の小さいもの)を試作したりしています。<失敗したということw

 さて、バッグのリング型の持ち手を買ったのがいつだったかなあ。やる気で買ったのはいいけど、型紙も買ってみたら結構複雑でやる気はしぼんじゃって、ついついそのままになっていました。

 今日のはもう、型紙ナシ! これくらいかなーという大きさに布を四角に切って袋にして上側をリングに巻きつけながら縫っただけです。

20071014174741.jpg


 裏はこうなってます↑
 実はもとは百ショのエプロンでした。あまりに生地がしっかりしてたので、生地目的で買っておいたものです(百ショのただの布は見るからに安物多し)。今回はこのエプロンのポケットを活用して携帯入れに。出来上がった表地を当てて、底の丸みを取ってから袋に縫い、縁を縫ってから表地に当てて持ち手の部分は適当にタックを寄せてかがりました。表裏を同型にしないほうがもたつかない、というくらいの知識はあるんですよ~w

 しかし出来上がってみて、やっぱ夏向け? 表地がラフすぎるかなあ。ウールとかで作ったほうがよかったかな。むー。
 まあとりあえず使ってみます。

スポンサーサイト



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : handmade
Posted by onion on  | 6 comments  0 trackback

手作りブックカバー

20071014110300


 珍しく、わたし作。
 最近目が悪くて(あからさまに言うと老眼でw)針に糸が通らず、洋裁から遠ざかっていましたが、先週行った眼科で見えないんです~と訴えたら、老眼の程度を検診してもらえました。
 結果、看護師さんが言うには、たいして進んではいないので、老眼鏡を作るにしても針に糸を通す、薬のラベル等の小さい字を読む、というちょこちょこしたことだけをするのなら、もったいないかもしれません、と言われました。そして驚きの一言。

「百円ショップにある老眼鏡で、一度試してみたらいかがですか?」

 ええええええ~~~~!? 普通専門家って、安いのは性能面で懐疑的じゃないの? わたしも百ショの老眼鏡は迷ったけど、それで目が悪くなったらバカみたいなんで思いとどまっていたのに。

「もちろん短時間で、それから絶対に+1より上は買っちゃダメですよ。見えないからといって+3なんかにしたら、悪くなってしまいます。あれは本当に見えないお年寄り向けなんですからね」

 はい! 承知いたしました!
 ってんで、買ってまいりました。そしてつけて糸通し……

 は い っ た ~ ~ ~ ~ ! ! !

 見事一度ですっ。
 ああ気持ちいい。
 入らないときのイライラったら、血管切れそうなほど怒りがこみ上げて血圧上がりそうだったので、本当に感動。
 で、散らかっていたミシン台周りをかたづけて、金曜は百ショの既製品を改良して作ったバック・イン・バック(大きなトートの中でモノがぐっちゃになっていたので)、今日はブックカバーを作りました。

20071014110329.jpg


 新書版用です。明らかにスターウォーズ本(JQとLJ)用w
 生地はありあわせ、以前アナキンのコスプレを作ったときのベルト用の合成皮革の余りです。切りっぱなしで裏地もいらないのでわたし向けw

 実はこの前に裏地とのリバーシブルにしようと別の生地で悪戦苦闘、あまりの不恰好に撃沈してしまいました。裏地につける芯地がなかったので、パキッとは仕上がらず、断念。うーん、道具はそろっているが消耗品が不足してるなあ、久しぶりに洋裁やると。

 最後にしおり用の切りっぱなし布を天辺につけて、できあがり! やたっ、と本にかぶせてから気付いた……右左を間違えてる。。。orz
 いやいや、オモテからはわかんないからいいや!

 一枚目の写真の赤い猫柄は以前作ったもの。これは文庫本用ですが、作るときにしおり用のリボンをつけなかったので、しおり必須ですが、しおりも趣があってまた良しとしてます。

 あとは二枚あるエコバックをコンパクトにまとめられるようにマジックテープをつけたり、まだチョコチョコしたものしか作ってませんが、午後から時間があったらバッグを作りたいなあ。

 めがね万歳。
 それが〆かよw

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : handmade
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

映画「魔笛」

魔笛 allcinema.online

 近所のMOVIXで一週間だけの上映でした。しかも一日二回なので、週末に行かなきゃ! と意気込んで観に行きました。

 なにせ「魔笛」は大好きなオペラ。
 ま、オペラをあんまり知らないというか、クラシック全体にも薄々なわたしですが、モーツァルトは映画「アマデウス」が好きなのでTVでモーツァルトのオペラがあると出来るだけ見るようにしています。
 あーでも、最後まで見れたためしはないかも。なにせ、

 長 い !

 三時間超は当たり前、夜11時に始まった番組が、夜中の3時すぎが終わりだとすると、2時にはTVの前で寝落ちw
 数週間前の「ドン・ジョバンニ」も面白い舞台だったのに、結局最後を見損ねちゃいました。

 そこいくと、映画ですよ。
 まあ二時間そこそこに抑えてくれるだろうし、映像も迫力を増して面白くなるんじゃないかと期待。
 いやがうえにも期待。

 あ、お話自体はこれほどハチャメチャなバカ話もないんで、期待してませんでした。普通に考えたって無理っしょ。

 しかし名優ケネス・ブラナーは監督としても優秀らしく(あまり作品は見たことなし)、考えました。
 舞台は第一次大戦下。(<ollcinema)

 か?

 違うだろ、どこの国だかわからないし、看護婦は空を飛んでるし。後で戦死者の名簿に日本語もアラビア語もあったので、世界は全くの別物だとわかりますが、最初は戸惑います。
 てか、なんで英語なんだよ!
 ドイツ語でしょ、もとは!
 しかも、開始5分まで気付かなかった自分にもムカつく!w

 んー、まあモーツァルトは柔軟性のある(流行に乗りやすい)人だったらしいので、全世界の観客に訴えるのに都合のいい言語が英語だと知ったら、それでよしとするだろうなあ。
 でも、ドイツ語のアリアしか聴いた事がないと、どうもしっくりこないところはありますね。夜の女王のアリアなんか、わかり安すぎて迫力に欠けるような。

 で、夜の女王とザラストロの対決を戦争に絡めて無理やり最後の試練に組み込んでいましたが。

 無理~~絶対無理!
 うそ臭すぎ。つか、「魔笛」のお話がバカすぎるのに、そのストーリーに正面から取り組んじゃダメだよ~。余計バカっぽく見えちゃうじゃん。
 そりゃ、コメディならいいけど、「魔笛」の恐ろしいところは、そのバカストーリーの中で紛れもない神の歌が歌われるところで、アリアなどはどれも感涙を誘うほどの美しさで、そのミックスぶりが魅力なんだから難しくて、監督にはご同情申し上げますが。

 しかし何より、映像がうざい。。。

 って、致命的?
 なんかね、カメラが回るのよ。グルグルぐるぐる・・・じっくりアリアを耳で聴きたいシーンで、映像を目が処理するのがおっつかなくて、頭が真っ二つになりそうに。
 そのへん舞台ってよく出来ていて、観客は見たい部分を自分でチョイスできるわけですね。先週観たザルツブルグ祭の「魔笛」は、衣装や舞台は変わっていたけど、アリアを聴いていて衣装がうざいとは思わなかったし、モーツァルトの世界が直接に伝わってきて感動者でした(珍しく最後まで観たw)。
 結局、情報はあればいい、というものではなく、取捨選択が肝心、ということですね。

 最後に。

 ザラストロに惚れた~~~~!!

 オジサンキャラに惚れたのは久しぶり。
 この方、TVのオペラ中継でも見たような気がする。ルネ・バーベさんです。なにより立ち姿がきれい。ちょっとだんごっ鼻なんだけどそこがまた誠実さをにじませて、声はどこまでも澄んで響き渡りそう。
 今まで「魔笛」というと夜の女王やパミーノやパパゲーノの流麗なアリアに涙したものですが、今日始めてザラストロの癒しの歌に涙しました。

 音楽はもう体に染み付いているようで、エンドタイトル(そういえばエンドタイトルで席を立つ人がゼロだった!)まで感動的。ああ、「魔笛」大好きだ。小さいハコとはいえ、大音響でオペラが聴けて大満足。

 劇場を出ながら、もしかしてスチール写真だけで音楽を流していてくれたら、それで満足したんじゃないか、とチラっと思ってしまいました。

 お話がバカだという件の補足説明は↓へ。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : movie
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

映画「パーフェクト・ストレンジャー」

パーフェクト・ストレンジャー

 先週水曜日に観たんですが、木曜は寝落ち、金曜も寝落ち、土曜も……なんでこんなに眠いのか、ってくらい、夜が眠くてたまらず、文章を書けない状態でした。

 それはともかく。

 最近映画のサイトもあまり見ないので、評判はほとんど聞いてなく、2ちゃんなどはネタバレが怖いので見ずに、全くの白紙で観ました。
 それは成功だったと思います。ネタがすべての映画でしたからねえ。

 ハル・ベリーはきれいな人ですねえ。で、なぜか男運の悪いイメージがw この映画でも散々でしたが、深みのある瞳に隠された秘密が明らかになるにつれ、悲劇が。。。

 ただ、全体に感情移入するキャラがいなくて、どうも映画に入り込めませんでした。物語をずっと俯瞰で観ている感じ?
 それが明らかになったのは、例の7分11秒ではなく、本当にホントの最後の5秒、最後のショットで明らかに。

 ああ、わたしはこの人の視点で観ていたんだなあ。
 結局「パーフェクト」に「ストレンジャー(見知らぬ人)」なのは、観客のわたしだったんだ、と気付きました。
 置いてけぼりを食わされたような気分。

 この下はネタバレです。お気をつけください!

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : movie
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

DVD「世界最速のインディアン」

世界最速のインディアン スタンダード・エディション 世界最速のインディアン スタンダード・エディション
アンソニー・ホプキンス、クリス・ローファード 他 (2007/07/27)
ハピネット・ピクチャーズ
この商品の詳細を見る


 昨日、友人一家がやってきました。
 友人旦那さんはジェリーの旧友でもありバイク友なので、「気に入るかも」と持ってきてくれたのがこれ、「世界最速のインディアン」のDVDです。
 思わずみんなで鑑賞会。
 そうそう、バイク乗りはこういう導入部が大好き、ツボをついているなあ、と思いつつ、なんだかんだとおしゃべりしながらも楽しく観ました。

 バイク好き志向と全体を流れる「老い」の寂寥感と不屈の情熱があいまって、いい映画だと思います。アンソニー・ホプキンスがいい年のとり方をしていて、さすがの存在感です。
 DVDは借りたので、今度は一人静かにじっくり鑑賞しようと思ってます。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : Blu-ray/DVD
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

続いてるよ~

 最近本当に夜が眠くて、ネットもしないで顔も洗わずに寝ちゃったりしてまして、更新も滞りがちなんですが、皆様お元気? わたしも元気です。
 書くことはいろいろあるんだけどなあ。映画は「パーフェクト・ストレンジャー」を観ました。キッチンではフードセーバー大活躍です。そして、ダイエットも続いてますよ!
 一ヶ月一キロ目標なんで、それなりにしか減ってないので、回りには未だに気付かれていないみたい? ちょっと気を抜いて話してたら、「太った?」と言われてしまってちょっと涙目w
 でも、本人はかなり違いを感じています。
 服も、やっとLサイズが入るようになりまして、目標の「Mサイズ」にちょっとずつでも近づいていると実感している昨今です。

 で、ちょっと落ちてくるとやっぱりマイブーム化。
 ついついいろいろ手を出してしまうのですが、その中で続いているのがこれ↓

90分DVD付き 4週間プログラム・ヨガ―1日10分深堀真由美と一緒にレッスン  主婦の友生活シリーズ 90分DVD付き 4週間プログラム・ヨガ―1日10分深堀真由美と一緒にレッスン 主婦の友生活シリーズ
深堀 真由美 (2005/11)
主婦の友社
この商品の詳細を見る


 ヨガなんて、一生手を出さないジャンルだと思っていたのですが、ターボやブートキャンプに足りないストレッチ部分を補うことが出来る軽い運動を探していたら、本屋で偶然この本が目に入ったというわけです。
 一日10分で良い。一週間ずつ違うポーズが覚えられる(飽き防止)。本のオマケでDVDがついているので、本を見ながらよりわかりやすい(10分間流しておけばいい)。さらに、安い!<ココ重要
 というわけで購入、当初は後悔しました。

 だって、出来ないポーズが多すぎ!!

 普通の前屈がもうダメ、足も開かないし腕は上がらない(左は四十肩orz)、やっていて情けなくなる一方でした。
 んが、一週間たつと、ちょっとだけ出来るようになってました。このパターンはブートキャンプと同じ、ちょっとでも動かすことが重要なんだなあ、と感心、とりあえず一か月分、やってみるか、と始めたのが8月の半ば。

 もう二ヶ月たつし。。。orz

 とりあえず、四週分のプログラムを7回ずつやったらいいかな、と思ったのですが、なんだかんだで間が抜けて、今日やっと四週間分を終えました。(つまり28回やったということ)
 で、ばっちり出来るかというとさにあらず。
 出来ないんだ、これが!
 もともと運動音痴の固い体が、そうそう柔らかくなるはずもなく、やっぱり出来ないものはできない。

 しかし、効果がゼロではないところがすごいのは、やっぱヨガって体のゆがみを治してくれるのかなあ、右足の股関節が固くてあまり開かなかったのが左と同じように開けるようになり、足をまっすぐ伸ばして寝ると左の足首が外に倒れていた(骨盤がゆがんでいるとそうなるらしい)のが、力を抜いても右と同じになりました。
 そして四十肩は、ターボでかなり良くなっていたのですが、更に改善、ほぼ真上まで上がるようになりました。あとは寝た状態でべったりつくようになれば全快なんですが、それはもうちょっとかな。

 というわけで、これからもこのDVDは使っていこうと思います。
 いつかDVDの先生と同じポーズが取れる日が来る……わけないとは思いますが。

 そういえば、このシリーズと同じ4週間シリーズでピラティスもあったのですが、ジェリーに、ヨガとピラティスってどう違うの? と訊くと、
「さー、同じじゃね?」
 というので、とりあえずヨガを買ったのですが、ピラティスってリハビリ用の筋トレっぽいものだそうですね。うーん、ストレッチをしようと思えばそっちが良かったかもしれないけど、リフレッシュという点で、ヨガは楽しいので、今のところ満足です。

 しかしこの本、Amazonのレヴューでさんざんw
 それは先生がかわいそうだよ~~。普通体型であれだけ柔らかい、ってのがすごいのになあ。

 そして、ダイエット本も例によって買い込んでます。

いつまでもデブと思うなよ (新潮新書 227) いつまでもデブと思うなよ (新潮新書 227)
岡田斗司夫 (2007/08/16)
新潮社
この商品の詳細を見る


 売れてますね~~オタキングのダイエット本。わたしも売り上げに貢献しちゃいましたよ。確かにこの方法だときちんと痩せれるでしょう。が、わたしはズボラーw 全部記録なんて無理です。
 実は初期に食べたものを全部携帯で写真を撮る、というのをやってみましたが、数日で挫折しました。でもそのとき、確かにひどいものを食べている、というのが実感はできたので、自戒にはたいへん効果的でした。

「読む」だけダイエット―心理学の先生が教える (王様文庫) 「読む」だけダイエット―心理学の先生が教える (王様文庫)
市村 操一、小澤 まや 他 (2006/05)
三笠書房
この商品の詳細を見る


 文庫だったので、安さと題に負けてw
 やー、読むだけでは無理だと思うよ。実行しなきゃ。
 つか、読んだけど、なんか痩せそうにない気がする。この本だけでは。

ミネラル豆乳ダイエット―野菜に含まれるミネラルが効く ミネラル豆乳ダイエット―野菜に含まれるミネラルが効く
赤星 たみこ (2004/05)
小学館
この商品の詳細を見る


 これは野菜ジュースと豆乳を合わせた飲み物を朝食にとる、というだけのシンプルなダイエット。これはわたしが元から豆乳好きだったこともあって、少しだけやってます。
 本ではジューサーでフレッシュジュースを作るとありますが、朝そんな余裕のないわたしはもちろん市販のジュース。豆乳を入れると微妙に凝固して、まるでダイエット用のシェイクみたいにw
 朝にそれだけじゃ、絶対おなかがすくと思ったのですが、意外に空かないところがすごいところ。
 まあ、わたしは事務仕事で体を動かしていないのだから、本当はあまり食べなくても大丈夫なんだけど、習慣で食べてた部分があった、ということでしょう。
 この本によれば、朝ビタミンとミネラルを充分に摂ることで空腹が抑えられる、らしいのですが、本当かなあ? 今のところは続いています。実際、数ヶ月前まで、

「食べなきゃ死んじゃう!」

 という、根拠のない強迫観念があったなあ、としみじみ思うのですが、それがまた蘇らないように切に願っているところ。
 いやホント。切実。

 何より、マイブームだけで終わらないようにしなきゃ、と思ってます。その支えになってくれているのが、やっぱりターボ・ジャムかな。楽しいから、体を動かしていられる、ってのがいいですね。
 今日は久しぶりにビリーズ・ブートキャンプの腹筋編をやったのですが、苦しい中「終わったらターボでシェイクだ!」という一心でがんばりました。もうターボはご褒美のようなものです。

 また新しいDVDを買ってしまいそうな自分w

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : diet
Posted by onion on  | 4 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。