FC2ブログ

oniondiary | 日記。時々映画やドラマや小説のレビュー。最近はなんとなく毎日書いてますが無駄話多し。

TV「NHK連続テレビ小説 ちりとてちん」

 更新してなかったら、変なCM入れられちゃいました。。。orz

 てことで、更新。
 9月から始まった連続テレビ小説、毎週土曜日にBS2で午前9時30分から一週間分をどーんと放送するんです。
 いやあ、毎日はダメっす。

 泣 い ち ゃ う か ら w

 朝の仕事前の放送時間に観たら、目を真っ赤にして仕事にかかる羽目になる(経験済み)。
 昼の休憩時間に観たら(以下略
 あかんわ~~~。何でもめっちゃ感動すると涙がとまらなくなる癖。子どもの頃から、少女漫画雑誌なんか一冊読むと、目ェ真っ赤に腫れあがっちゃって、元から地味な顔がとんでもないことに。。。orz 人前に出れなくなっちゃうんですよね~~。

 てことで、土曜の朝はおお泣きタイム。去年の「芋たこなんきん」から毎週の楽しみにしてたんだけど、春からのドラマがそらもう・・・しょーもなさ過ぎてダメで。
 今回も何週目かまではどこで笑ったらいいか……なんて微妙だと思ってたけど、大阪に出た辺りから面白くなってきました。て、やっぱ草々さんがでてきた辺りからかなw(そりゃもう好みですったら!)

 落語は結構小さい頃からTVで親しんできたんですが、TVって(昔は)江戸落語が多かったと思います。前に机を置いてお囃子などもありの上方落語はなんか、イロモノ的だと感じていましたが、使えるものは全部使って和芸に活かす……大阪っぽい柔軟で軽やかな文化なんだなあと、だんだんにわかってきた記憶があります。
 その上方落語をベースに、主人公の喜代美=きーこ=B子が女性では珍しい(と思う)落語家を目指しながら自分の目標を見つける……ま、全体はよくある話。永遠のスタンダード。

 しかし、脚本がうまい! うますぎですね~笑わせてくれて、そして思う存分泣かせてくれます。女性ですが、落語の世界と通常の世界を融合させて、面白い上に「深い」んです。土曜日に全部「落ち」がつくように出来ているのもすばらしいですねえ。
 なんといってもキャラクターが全部面白いというか秀逸で、役者もそうそうたる芸人ぞろい。特にお母さん役の和久井映見(お母さん役をやるということ自体感慨深い)がすごすぎ。こんなお母さんでありたいものですが、この天然は真似できないかもw
 小浜の家族全員もよくそろえたなあと思いますが、大阪のメンバーもすごい。渡瀬恒彦もうまいし、草々さんはフレッシュ(w)だし、兄弟子の草原さん(一番難しい「ウケない落語家」で本当に下手にみえるのに、実は本職の落語家さん!)や四草(もう「しいそう」なしにはお話が進まない!)もうまい。
 そして脇役まで役者ぞろいで、居酒屋「寝床」の夫婦、散髪屋や仏壇屋まで、良くぞそろえたメンバーばかりで、嬉しくってしょうがありません。

 さて、春までは土曜のドラマタイムが生活のアクセントになってくれそうです。

スポンサーサイト



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : diary
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。