FC2ブログ

oniondiary | 日記。時々映画やドラマや小説のレビュー。最近はなんとなく毎日書いてますが無駄話多し。

JQ7「真実の瞬間」

[ジェダイ・クエスト-7] 真実の瞬間 (LUCAS BOOKS)[ジェダイ・クエスト-7] 真実の瞬間 (LUCAS BOOKS)
(2008/04/25)
ジュード・ワトソン

商品詳細を見る

 ジェダイ・クエスト・シリーズも大詰め、徐々にエピソード2世界に近づいていきますが、映画世界にとどまらず、ワトソン女史の描いたジェダイ・アプレンティス世界(エピソード1の前)を下敷きにしているので、その後半を読んでいないわたしにはつらいものがあります。

 今回も、かつてクワイ=ガンを苦しめたという女性のマッド・サイエンティストが出てきますが、その怖さがイマイチわからない。もうちょっと説明があっていいような気がするけど、そこはジュブナイル、かなりあっさりと書いてあります。
 それでもこの本単独で楽しめるように、ってことだとは思います。今回も、スポットが当たっているのはあくまでアナキンとオビ=ワンの心情部分にあるし、脇の人間模様も細かく描いてくれていて、さすが。

 ただ今回、途中かなり細かく描いた脇役たちが、終盤でぷっつりいなくなっていたりして、バランスが崩れたのは、例の女性マッド・サイエンティストが出てきたとたん、アナキンの世界が閉ざされたように、その他の人物もいなくなっちゃったというか、ないがしろになっちゃったかなあ。

 ただ、今回のパターンはそれだからこそひきつけられて面白かった、といえます。
 ジェダイの存在意義や制度に、どことなく違和感を感じるのは、わたしもそうだけど、多くのアメリカの子どもたちも一緒で、その不安をあらわにしたのが、アナキンに施された実験(?)だったのだから。

 ジェダイって、なんなの? 心安らかでいるのなら、武器(ライトセイバー)は要らないんじゃないの? こだわりや執着を捨てれば、人間関係ももっとシンプルになる?

 ・・・・・・ジェダイ=武士道と思えば、日本人的には理解できないものでもないのですが、それでも家族を救うこと(アナキンの母など)も許されない日々は、理解しがたいものがあります。子どもの頃から両親から引き離されて、一切接触を断っている様子とか、もう新興宗教に通じるような「うさんくささ」、これが西洋の子どもたちであればなおさら、際立っているんじゃないかと思うので、ワトソン女史がJAからJQにかけて描いてきたジェダイの「ありよう」は、明快な中にも答えが一つではない、面白い西洋的解釈です。

 中でもジェダイのイメージの中心であるヨーダの超越より、クワイ=ガンの人間味やオビ=ワンの成長を描くことで培ってきたジェダイのイメージがしっかりあるからこそ、読んでいて面白く、スターウォーズ世界の中でも異質なシリーズになっているんでしょう(明らかに、他のスピンオフとは違います)。
 そんな中でジェダイを否定することになるアナキンの揺れ動く心情は、実は読者に一番近いものがあるのかもしれません。

 悪に染まる人物に子どもたちを同調させちゃっていいのか?w

 でも、シリーズ中で一番人気が、やはりダースベイダーだという事実をもってして、そして最後の最後に悪の中心である皇帝を倒すのが当のベイダーだということを考えると、人間が成長する中、一度は正義に外れることがあったとしても、最後には成すべきことを成せるのだ、というポジティブなメッセージも込められているように思います。

 だからかなあ、アナキン、この本の中では16歳くらいのはずですが、どうにも子どもっぽい。読者に合わせているのかも。

 いやいや、エピソード2の映画の中の18歳でさえ、ガキっぽかったから、こんなもんかなw

 そうそう、今回は例の「ガンダーク落ち」もありますので、アナキンの平和な日々と一緒に、おたのしみに!!

スポンサーサイト



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : book
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。