FC2ブログ

oniondiary | 日記。時々映画やドラマや小説のレビュー。最近はなんとなく毎日書いてますが無駄話多し。

ヴェイダー解体!

20090131125122.jpg
 水曜に有給休暇をもらいました。
 別に予定はなかったんですが、とにかく休みたくて。
 ここのところ仕事が忙しくて、家にいる時間にはもう疲れていたりして、部屋がどんどん散らかるし、お人形の小物も整理しないままだんだん増えてきたので、ここで一区切りつけたいなあという気持ちもあり。

 で、朝から洗濯とか掃除とか食器荒いとか主婦らしいことをして、昼からMOVIX周南へ行き映画「007慰めの報酬」を観て、西友で買い物をして夕方4時すぎに帰ってから、お人形の服を入れてあるボックス2個を床にばーっと広げて、改めて分類しつつ新しいものも整理。
 服は基本一着に一枚ジップ式のビニール袋に入れてあるのですが、今まで靴なども一緒に入れていたものを別にしました。
 服だけにあわせるときに、靴やソックスや鞄をあわせられるようにと思ったのですが、結局鞄はほぼそのまま服にあったコーディネイトなので、服と同梱しました。ごっこ遊びをするわけじゃないですからねえ。

 大きく分類すると、プーリップのデフォ服、スターウォーズもの衣装、27センチ用のジェニーやバービーや自作とブライスなどのちょっと小さめな服、21~3センチリカちゃんサイズの服。
 このうちリカちゃんサイズのはリーメントなどの食玩や百均などの作りのいまいちなものが多くて、21センチドールの服がない状態でかわいそう。
 自分で集めててびっくりしたのが、SWもので、ネットで写真をアップしたの以外にも結構たくさん買ってます。買って、追い剥ぎして、ジップバッグに入れて、忘れた、と。あいたたた。まさに認知症状態。目の前から消えると記憶から消去されています。
 後半に買ったものの品質がいまいちだったのも、やる気をそいだ感もあります。手本体に色を塗って手袋とか、キセカエ心を打ち砕く「子どものおもちゃ」。
 そして分類していて、圧倒的にエピソード1のアミダラ衣装が多いです。あのとき本当に「復活の熱狂」の中にいて、ファンも踊ったが企業も踊りまくったんでしょうね。レトルトカレーにまでちびアナキンがいたもの。
 おかげで、後で安く手に入れられたのも、1のものが多くて、その割に品質が良くて、アミダラやクワイ=ガンの衣装も凝った作りが多くなっています。
 これがエピソード2でがた落ち、品数は少なくなるし、箱が薄いブルーのものは、値段も安いがモノもしょぼい、買ったはいいけど使えない状態のものがほとんどです。
 で、改めてみると、やっぱり「いいもん」が多いです。「わるもん」は少ない。
 肝心のダースヴェイダーや、皇帝もないですし、ボバ・フェットなどの脇キャラもいない。
 てのも、結局それら「わるもん」はおもちゃ世界でも人気があって、映画公開より数年たっても値段があまり下がらないどころか、かえって高騰していたりしたんです。
 たしかオークションで争って、自分の予算ぎりぎりあわずに負けたこと数回、諦めたこともありました。
 数年前にサイドショーから発売された、かなり品質のいいものはお値段も高いので、ルークしか買えませんでした。何せ品質が良くてもわたしの目的は「追い剥ぎ」w 人形が似てようが可動領域が広かろうが、全く関係ないですからね、こんなユーザーに買われる方が人形も迷惑だろうし、コストパフォーマンスがありますよね、実際。
 てことで、やっぱ(頭が入らないとはいえ)ヴェイダーがないのは悔しいなあと思ってふと、オークションを覗いてみたら、

 ヴェイダーとモールの二体セット

 あ! しかも即決、4千4百円。
 高いかもしれない。けど、グリーンの箱でちゃんとキセカエできるもの。そしてコメントが、
「なんでだか、ダースモールは最初から胴が離れた状態です。輸送中壊れたものではありません」
 って。絶対映画観てないだろ、この人。
 では、心おきなく、ってことで、落札。
 金曜日には到着しておりましたw
 大変充実した休日(?)となりました。


 さて、金曜の夜はジェリーが飲み会でいなかったので、心おきなく夕食を手抜きしてw、開封&解体。まさに解体。結局二時間、子どもたちがプレステでゲームする音楽をBGMに、作業に没頭してしまいました。
 服が脱げなかったんですよ、どうしても!
 ヴェイダーは右手が取れるタイプで、手首の部分に黒の袖が食い込んでて、じたばたしたあげく、カッターで切れ目を入れてペンチでねじ切りました。あとマスクの顎の部分もはずれなかったので、ペンチで頭を挟んで引っこ抜く・・・・・・何とも猟奇的な作業が続きましたが、やっと脱がせることができました。
 そして、モールはもう、最初っから無理がある構造でした。胴が分かれる設定なので、胴のギミックの中に服が食い込んでいる状態で、中がどうなっているかもわからず解体。結局そのままではほかの人形には着せられない構造なのが判明、もう力ぬけた・・・・・・。
 後に残ったのは手首や頭のない素体、ごめんね二人のダースさま。

 とりあえず解体しながら撮影した元人形画像を「暗黒衣装への道」へアップ、それからヴェイダーの衣装をプーリップのアキラへキセカエして写真撮って「prettydollpullop」にアップして・・・・・・力つきて寝ました。

 本当はもう一段階、やりたいネタがあったんですが、それはあとで。
 今日も朝からもう一つの箱を整理。
 これにはウィッグとカスタマイズ用品(絵の具やヤスリ、メイク用のパステルやつけまつげなど)が無秩序に詰め込んでありました。これをちょっと大きめなジップロックにまとめて入れながら分類、それで午前中が終わってしまいました。
 これで終わりかと思いきや、実はまだあって、手作り用の布やスナップなどの小さな用品があって・・・・・・ああ、疲れる。
 シンプルに暮らしたいのになあ。人形にのめり込むと大変なことになります。ヤバいっす。

スポンサーサイト



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : whatsnew
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

ミニチュア・チェアと帯状疱疹

人形の椅子
 なんか、プーリップブログを更新したあとにこっちもすると面倒になってきました。てことでこれからはあっちはあっちでやろうかと思ってます。とりあえず↓

 prettydollpullip

 さて、金曜あたりから、ジェリーが、
「なんかあばらのあたりが痛い。なんでだろ?」
 とぶつぶつ言ってました。ふーん、肋間神経痛じゃない? 寄る年波がきたってことかしら~なんて言ってましたが、日曜も終わる頃になって、
「やっぱ痛い」
 とだんだん痛くなっているように言います。
 で、服を脱いでみたら、なんか発疹が。あれ? 胸に帯状に? これ、もしかして帯状疱疹じゃない? 早めに医者に行った方がいいよ。

 以前、実父が帯状疱疹で入院したことがあるので、かなり痛くなるし、放っておくといつまでも痛みが消えなくなると聞いてました。
 実父は我慢しすぎて(&年のせいで)重くなってしまったわけです。
 そのへん、我慢を知らないジェリーは早かったらしくw、今日病院に行ったら初期だったようです。仕事も休まなくてもいいようなので、良かった良かった。

 しかし、
「帯状疱疹はストレスが原因で免疫機能が落ちて発症するんだって。てことで、ワシにストレスを与えるなよ」
 って、何。
 わたしがジェリーに何のストレスかけた? わたしの方がストレス受けてると思うんだけど。こと家に関しては、お山の大将じゃんかよう。

 なんか、釈然としないぞ。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : whatsnew
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

「ジアビス」と「Q.E.D.」

20090124211605.jpg

 今日はジェリーのお友達から手打ちの蕎麦をいただいたので、季節外れにざるそばを食べました。さすが打ちたてで(多分)全蕎麦、美味しい~~~!!

 とまあ、それはおいておいて。
 最近次男が借りてきた「古畑任三郎」のDVDばっかみているので、いつの間にか録画した番組がたまってしまっていました。それで昨日からだだ~~~と見ました。

 で、失敗していたのが、「本日も晴れ、異常なし」。「ちりとてちん」の脚本家・藤本有紀さんの新作なのに~~~!
 みたら、なぜか前日の番宣(5分くらい)が録画されていました。うう、予約を間違えたみたいです。

 録ってる番組は少ないのですが、アニメでは「テイルズ・オブ・ジ・アビス」(BS11でやっている)くらい。これは子どもたちがゲームしているのを見ていたので、秋口に始まってからずっと観ていたのですが、録画できるようになったのは今のブルーレイに替わってからです。しかも、この間急遽「DATH NOTE」を録画したら、テイルズとかぶったらしく一週分録画されてなかった……。
 ま、いいか。わたしが見たいのは、

「ですのー!」

 だけなのでw
 キャラ名も覚えてなかったけど、かわいくて好き~。子どもたちがゲームをしている後ろで、この子がでてくるたんびに、「ですのー!」と一緒に叫ぶのが好きでした。<そして子どもに嫌われる

 ドラマは今年から始まった「刑事コロンボ 完全版」を楽しみにしています。
 やっぱりコロンボは面白いですねえ。昔カットされていた部分の声が違ったりしますが、充分許容範囲内です。
 ただ時代がやはり古いせいか、トリックやトリック崩しに無理があることが多いです。で、それが延々見ていた「古畑任三郎」とそっくり同じなことも多くて、苦笑。
 とりあえず、スポックことレナード・ニモイの外科医姿が楽しみです。

 あと、NHKで「Q.E.D.証明終了」が始まってますね。これも藤本有紀脚本ですが、原作があるのでどうなるか、第1話は微妙でしたが、第2話は創作人形がでてきたり、第3話は学園もののテッパン学園祭のエピソードだったりで、だんだん楽しくなってきました。ちらちら「ちりとてちん」の俳優さんが出てくるのが嬉しいなあ。

 ほぼ録画したのばかりだったので、他のドラマは見てません。朝ドラは会社でちらちら見てますが、やっとデビューしたかと思ったら昨日引退宣言しててびっくり。あれ? 二週間ぐらいしか歌手しないの? てか、ずっと見ている人までびっくりしてました。本当に唐突で変なドラマだなあ。
 そういえば、大河ドラマも1、2回見たっけ。北村一輝は好きだけど、妻夫木がイマイチ好みでない上に、話が少女マンガみたいだなあと調べたら、脚本家があの「どんど晴れ」の人……いやあ、先入観持っちゃいけないとは思いつつ、好みではないです。

 ああ、なんか面白いドラマありませんかねえ。
 なんだかんだでいまだに「ちりとてちん」の熱狂を求めて彷徨っているような状態かもしれません。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : television
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

もうプーリップのブログじゃないかも~

名無しコ

 prettydollpullip

 プーリップブログ更新……ですが、また別のお人形。つうか、このコ怖すぎw
 以前広島ボークスで買った入れ目タイプのフェイスに淡いパープルの瞳を入れたんですが、瞳孔が小さくて目つき悪い上にがさつなわたしの手によりちょっと寄り目になってます。
 また今度ボークスに行ったら、今度はもうちょっと濃いめのアイや綺麗なウィッグを探してあげようと思います。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : whatsnew
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

ジェシーのバグパイプ

ジェシーのバグパイプ
 着せ替えてみました。

 prettydollpullip

 バグパイプ姿……ほぼ、どの季節にも当てはまらないので、使いではないですが、凝ってて楽しいスタイルです。ベレー帽だけは大きすぎてかぶれませんでした~~!

20090122203927.jpg

 関係ないですが、今夜の夕食。実は昨日から二連続w
 冷蔵庫でゴルゴンゾーラチーズが期限切れになってました。ジェリーは、
「もう捨てた方がいい」
 と言ったのですが、チーズなんてさあ、最初から腐ってるもんじゃん。てきとーな性格のわたし、これでゴルゴンゾーラのパスタを食べたい! と言い張って作ろうとすると、ジェリーが手を出してきて作ってしまいました。

 いや~~美味しい! 食べれるじゃん! 大丈夫大丈夫!
 と、わたしが食べていると、自分でも食べたくなったらしく、
「明日はちゃんと新しいチーズを買って帰って、ゴルゴンゾーラのパスタを作るぞ!」
 ……という訳で、今日もこってりチーズのパスタ。長男は遅くなりそうだったので、次男との三人分を作りました。
 ところが今日のゴルゴンゾーラは、日本人用にかなり食べやすく作ってあるものらしく、なんだか青カビ部分が少ない。つくって食べてみたけど、昨日ほどあの独特の香りもない。おんやあ? もしかして昨日の期限切れのなんだかめちゃくちゃ大理石模様が濃い、あのチーズの方のが美味しかったんじゃない?

 なんて言っていると、長男帰宅。
 何が食べたい? みんなはゴルゴンゾーラのパスタを食べたんだけど。もう今日買ったチーズなくて、昨日の濃い味のチーズ(期限切れ)しか残ってないんだけど。
「みんな食べたんなら、チーズのパスタ食べたい!」
 そうかそうか。しかし結構きついぞ、ゴルゴンゾーラ。大丈夫かな?……なんて心配されるほど、日頃はお子ちゃま嗜好な長男なんですけど、さすが成人w、ちゃんと食べれましたよ。味覚も大人に育ってよかったね!<結局子ども扱い

 しかし、このパスタは濃い! 後でキます。カロリーも高そうです。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : whatsnew
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

プーリップブログ更新

クラツィーア
 最後の未開封プーリップ、開封しました。

 prettydollpullip

 かわいいです。が、癖も強いです。どうしようかなあ。キセカエするかなあ。
 思えばなんでプーリップ熱が急に醒めたかというと、ボディが3rdになって小さくなって、服を選ぶようになったからのような気がします。

 しかし、よく見たらこの3rdボディ、この間買ったジェシーのボディと同じ!
 これは、キセカエしますかねえ~~~~w
 楽しみが増えたかもしれません。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : whatsnew
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

発見!稲垣=金田一の「八つ墓村」

20090119223457.jpg

 このmacになってから、一番困っているのがデータベース。
 なにせこれにはエクセルが入ってないんです。当たり前だけど、互換性がないと以前作っていたエクセルシートが使えなくて、特にDVDのデータが見れないので本当に困っています。それで今でも昔のVAIOを立ち上げては、検索する始末。ああめんどくさい。
 MAC用のマイクロソフト・オフィスを買おうかなあと見ると、2万以上するじゃないですか! うー。フリーでなにかないかなあと検索してみてもいいのが見つからない。困ってます。

 で、ついつい今まで録りためたDVDを忘れがちなのですが、この間から金田一ものにハマったので、ようやくデータを確かめてみると、なんと4年も前の「八つ墓村」稲垣版が! おおおおお、そういえば見た記憶はあったけど、それがどのくらい前か、録画したのはVHSかDVDか、そもそもちゃんと録画できたのか、まったく覚えていなかったので、なんかプレゼントをもらったような気分に! ほくほくして視聴……

  「ディスクをチェックしてください」

 ええええええ~~~~~~!
 どうもハードディスクからDVDに焼くときにエラーを起こしたみたいです。思えば以前のDVDデッキは、こういうミスが結構あるなかなかにボロな機械でした。焼いたはいいけど、見れなかったDVDがどれだけあるか。
 で、考えて、これをまたパソコンに取り込んで、コピーしました。

 はっはっは。できたぜ。よし、視聴。

 おおっ。辰弥役が藤原竜也!
 迷路のシーンもちゃんとある!
 屏風のシーンも美しい!
 犯人の最期も壮絶!

 うわ~~ん、これって、いいじゃん。現時点で映像化されている最高のわたし好みの「八つ墓村」です!
 デジタルチャンネルじゃなかったので画質がイマイチなのが残念でなりません。

 藤原竜也はこういう陰を背負った役が似合うなあ。他の配役も、多治見要蔵が吹越満で小心者でありながら権力を持つと危なそうな役にぴったりだったり、美しい未亡人の森美也子に若村麻由美で本当に凛として美しいし、出戻りで病弱な姉がりょうだったり、絶妙です。それほど好きでない稲垣=金田一も、画面にしっくりとけ込んでいていい感じ。

 拾い物拾い物。これは大切にしようっと。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : television
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

プーリップでキセカエ更新

20090117214954.jpg
 キセカエ気分が増したので、ブラッツの着せっぱなしだった服を追いはぎ、ジェシーとブライスのフロちゃんとロバンに次々着せて遊びました。

 prettydollpullip

 で、ごそごそしていると、ずいぶん前に広島ボークスで買った1/6のヘッドが二つでてきました。一つ目は書き目のタイプで、自分で書こうとして挫折wしたもの。もう一つは入れ目タイプで、粘土で目を固定したあと挫折wしたもの。
 あったことさえ忘れていたという恐怖。
 ヤバい、最近前に買った本をもう一回買ってたりするもんなあ。始まってるかも?

 それはともかく、そういえばジェシーの身体の為に3体オビツボディを買ったっけ、とあわせてみたら、21センチのものとあいそうだったので、すげ替え(まあ色々忘れててごちゃごちゃしましたが)しました。で、これまた買って放ってあったカーリーのウィッグを出してきて入れ目の方にかぶせた……とこで、目が寄り過ぎなのに気がついた。がーんんん。しかもウィッグの出来がイマイチで、顔と釣り合わない……おまけにおまけに、オーソドックスなお人形顔なんで、現代的な服があわない……orz
 21センチの小さなボディ用の服でロリータなのが、ないんですよねえ。ううむ。あんまり違うサイズの人形を増やすと、めんどくさいことになりそうです。今でもブライス(プリの3rdと同じ)サイズとプーリップ(2nd)サイズがまざっちゃって困ってるのに。
 なのでまだ公開できず。もうちょっと何とかなったらアップする予定です。
 とりあえず、ジェシーのアメリカンガール写真を。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : whatsnew
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

映画「K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝」

K-20
 K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝

 前から観たかったのですが、タイミングを逃してやっと今日行ってきました。
 アナクロですよね~怪人二十面相だなんて。それをどう現代の観客に面白く見せてくれるのか、その辺が興味津々でした。
 監督と脚本は佐藤嗣麻子で、allcinemaで見たらこの間観たばかりのフジテレビの稲垣=金田一のシリーズも手がけられている人気脚本家でした。
 脚本がいいせいか、ほんとに邦画には珍しく(?)物語がきちっとしていて最後まで楽しめました。エンターティメントとしての映画って、実はアナクロなまでにベーシックな方が楽しめるんですよねえ、スターウォーズしかり、パイレーツ・オブ・カリビアンしかり。余談ですが、この間見た古畑任三郎のDVDの中で、「面白くない凡庸なストーリー」としてちらっとでてきた筋書きがまんまパイレーツで笑った記憶が。ストーリーだけ取り出せばアホらしすぎなほうが、その他の部分が際立っておもしろくなる、いい例なのかもしれません。
 ただ、最後のあたりで完全にあの蜘蛛男風味になってしまったのには、ちょっと幻想が醒めた感じ。あまりにハリウッド映画のまねっこになっては、やりすぎと思うんですが、どうでしょう。

 主人公の金城武、良かったです。あまりにハンサムすぎるので、いわゆる重厚な役がやりにくいのでしょうが、いい具合に年を取っている感じ。孔明でもその軽さが逆に良かったですもんね。
 この映画のようなオーソドックスなヒーローを正面から演じられるのは、この人しかいないんではないでしょうか。アジア映画経験がものを言って、アクションシーンはさすがの迫力で、スタントとのつなぎがわからないくらい。

 ヒロインの松たか子も、この映画のアナクロ趣味にぴったりハマったお嬢様キャラを好演、しっかり演技できるヒロインはいいですね。登場するシーンがほとんどギャグ(しかも滑っている)ってのが、かわいそうっちゃ、かわいそうかもしれないけど。

 あと良かったのが(というか脇も全部よかったんですが)明智探偵の仲村トオル。役そのものになりきっていてすばらしかったです。特に「明智に変装した平吉」の時の演技、絶妙で大笑い。
 國村隼はもう、テッパンですね。なにやってもいい! 彼がでてきたとたんに「安心してみていられる」画面になる。その奥さんにこれまたテッパンで高島礼子。うーん、キャストが上手すぎ。

 映画自体の世界観は、実はそれほど好きではなくって、「あの戦争がなかったらもっと悪くなってた」という最初の設定には、それはどーよ、と思ったのですが、別世界を表現するには単なる昭和20年代でなくって良かったのかもしれません。
 逆に20年代らしい、源じいの小さな茶の間が際立って「懐かしさ」を増したのかなあ。
 全体として、ちゃんと映画世界で遊ばせてもらったので、大満足でしたよ!



この下からネタバレ入りますので、クリックには注意!

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : movie
Posted by onion on  | 4 comments  0 trackback

DVD「八つ墓村」

八つ墓村 [DVD]八つ墓村 [DVD]
(2005/03/02)
豊川悦司浅野ゆう子

商品詳細を見る

 結局買ってしまいました。ずいぶんレンタル屋で探したんですが、邦画はあまり見ないので並びがわからずウロウロするばかり、金田一ものはグロいホラーと題名の笑えないヤクザものの間にちんまりと在りました。でもラインナップは少なく、主に古谷=金田一と石坂=金田一のものばかり。結局古谷=金田一のごく初期のものをチョイスして借りてきました。
 本当は、TVドラマ版の上川達也が金田一をやったDVDを借りたかったんですが、なぜかVHSしかなくって、断念。ビデオデッキなんか、もう6年も前に壊れちゃったよ!

 で。帰って衝動的にアマゾンにて豊川悦司=金田一の「八つ墓村」の中古を買ってしまいました。豊川悦司……背が高すぎる。ハンサムすぎる。存在感がありすぎる。普通は役者としての華の部分が、金田一をやるときには障害になるんですね。
 もう一人の主人公(というかストーリー的には絶対こっちが主役)の寺田辰弥の方が小柄なので、二人並ぶと異様にでかく見えて。あの扮装で気の弱い演技をすると、なんだかシナを作っているような、オネエ?な……うーん、あかん。しかし石坂浩二は背が高くてハンサムだけど、妙に安心できる繊細な演技ができていたところをみると、やっぱ問題は演技力かな。
 辰弥の役者(高橋和也)の方が、チビでガリで目立たないけど相手の警戒心をほぐす名人な金田一向けなんじゃないかと思うのですが、この人は逆に華がなくて「自身の恐ろしい血と運命におののく美青年」にはぜんっぜん見えませんでした~~。
 完全にミスキャストな状態なので、面白い訳がないのですが、市川昆監督、やっぱり昔のキレを感じません。どうにも凡庸な作り。まるで古谷=金田一のドラマを観ているような奥行きのない風景と人物描写には、途中で飽きてしまいました。

 不思議なことに、それほど好きでなかった昔の「八つ墓村」のいいところが次々思い出されてきました。渥美清=金田一はたしかに「ない!」と拒否反応が出ましたが、辰弥役はショーケンで、数奇な運命を背負った若者として最高でした。例の殺戮シーンも、怖くて美しい描写とスピード感がすばらしく、クライマックスの鍾乳洞部分も秀逸で、犯人の行く末も原作通りで恐ろしいものでした。

 てことは、上記がこの映画では全くダメだったということで。
 なんすか、あの、凡庸な辰弥。村人との確執が浅くて危機感がまるでない。殺戮シーンは無駄に飛び散る血が怖さよりアホらしさ倍増効果でテンポも悪い。犯人は妙にいい人設定になっちゃってクライマックスは鍾乳洞でなく蔵の中。金田一の最後のシーンも、とってつけたようなどうにも収まりの悪い後味。ことはミスキャスト以前、何もかもが、ダメでした。
 誤解されると嫌なんですが、豊川悦司は好きなんです。いい役者だと思うんです。
 でも、金田一はやっぱ、「ない」ですね。

 ああ、やっぱ上川達也の金田一が見たいなあ。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : movie
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

プーリップブログ更新

ジェシー
 一週間、迷ったあげくにジェシー人形のボディをすげ替えました。

 prettydollpullip

 プーリップとは関係ないのですが、人形関係なので↑で記事にしました。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : whatsnew
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

展覧会「与勇輝の芸術世界」

20090112165244.jpg
 周南市美術博物館「与勇輝の芸術世界」
 ジェリーとジェリーの母と行ってきました。
 いつかこんな人形を作ってみたいなあとは思いますが、軽々に手を出せない分、あこがれはつのります。
 いやしかし、すばらしい。「生きているよう」とは、よく人形に使われる言葉でしょうが、人形が人間世界でなく、人形世界で生きている感じ、人形として完成している感じを、この人の人形には感じます。

 やはり人形というと男性はいやがる傾向にあるのか、観客の90%は女性、しかもそれなりの年配が主でした。女性でも若い人は少なかったです。
 作品傾向もノスタルジックな題材が多かったので、そのせいかもしれません。
「ああ、昔こういう子、いたねえ」
 と、義母などもニコニコつぶやきながら見ていました。
 ほんの50年前ほどには当たり前だった、田舎の子どもたちの風情が、すでに失われて跡形もない。けど、ある年齢以上の人の中には厳然と残っている。その古い記憶を呼び起こす人形。
 でも、それを作るのにどれほどの労力がいるのか、想像もつかないほどです。人形が着ている着物や帯やその結び方や髪型など、風俗まで調べ古布なども集めて……。
 うう、気が遠くなる。
 けど、それを感じさせないというか、人形が生まれた時からこの着物を着ているかのような「世界をそのまま切り取った」かのような存在感。すごいなあ。

 二階には、入り口に映画監督の小津安二郎さんの人形が出迎え、小津映画のキャラクターたちが、今度は昭和20年頃の空気をいっぱいに放出しているようでした。
 小津映画で描かれる「普通の人々」が生き生きと、それでも人生の喜怒哀楽を含みつつ立っています。立ち方一つで人物が浮き出てくるんだからすごい。
 例えば、真ん中に、三人の主婦が立ち話をしている人形が在りました。
 その三人の立ち姿、着ている着物、しめている帯、髪型、持っているカゴ、それぞれに主婦たちのそれぞれの生活感が伺えるもので、これは映画を忠実に再現しているのかなあ、確かめるのに小津映画を観てみようかなあ、などと考えながら観ていました。
 二階の一画では、DVDの上映があって、ジェリーと義母はそれを観てましたが、わたしはそんなものより現物をじっくり観たかったのですっ飛ばしました。そのかわりそのDVDを買いましたw

 与さんが有名になった(というよりそれでわたしが知っただけかも)妖精や、河童などのシリーズもあって、一周見ただけではもったいないような、充実した展覧会でした。会期は来週で終わりなので、近隣で未見の方、お急ぎください!


 そのあとまた防府の「アンコーラ」でイタリアンなお昼を食べて、その後また周南市に戻って、ロックタウンというモールに行きました。最近こういう、小さい店が街のように回廊沿いに並んでいるモールが色んなところにできているみたいですが、これと言って珍しいお店もなくって、お客も少なく閑散としていました。
 最近どこに行っても、自分ちの近所と同じ店があって、お出かけ気分がいまいち盛り上がりません。歩いて5分の距離にヤマダ電器があるのに、なんでまた、っておもいますよね。
 全国がこんな風に画一的になったら、ドライブするのもめんどくさくなるかも。


 さて、三連休が終わりましたが、成果はこの写真集だけかも~。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : diary
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

金田一耕助がマイブーム

20090110201231.jpg
 いつもの話ですが、マイブームが起きると昼夜を分たずハマってしまう性格でして。
 ヤバいなあと思うのですが、自分でも止められない厄介な癖でして、これがいい方に続くとダイエットのように徹底してやるんですが、これが飽きると全く気を使わなくなってリバウンドするという最悪の事態に。

 そして年末年始、お人形にハマって、正月行事の間中人形のことを考えていたのが災い、きっちり1キロ太ってしまいました。
 たった1キロ、と思うでしょうが、去年買った体組成計付き体重計はなかなか優秀で、0.1キロ単位できっちり出してくれます。しかも、ほぼ毎日起き抜けにはかっていると、マジで人間って体重はコンマ1単位でしか変わらないんだなあと実感します。
 で、体重って不思議で、食べ過ぎた次の日は意外と増えてなかったりするんですね。でも、よく見ると体脂肪が微妙に増えている。
 そして5日から1週間経った頃、いきなり体重に反映される。。。orz

 実は年末にもうリバウンド傾向にあって(マイブームが去ったため)、10月を境にじわじわと2キロ戻っていたので合計3キロ、1年前から地道に減らしてきた体重は、きっちり8月時点まで戻りました。この4ヶ月が無駄に……もうがっくり。
 こらあかん、と言いつつ、夕食にチヂミw
 そして早めの鏡開きでぜんざいw
 いや両方とも我ながらいい珍しく出来で。ぜんざいおかわりしちゃった。
 それでも、昨夜は禁酒したんです。努力はちょっとだけは。<本当にちょっと。

 そしてマイブームは今週末、なぜか金田一耕助に。
 先週、フジ系のドラマで「悪魔の手毬唄」をやってまして、金田一は稲垣吾郎だったのですが、できはまあまあ、稲垣吾郎はある意味金田一が空気的存在であることを体現しているような、存在感のなさwで、しょーもない部分にCGを多用するのは鼻につきましたが、総じて横溝正史の世界を丁寧に紡いでいる感じで、なかなか良かったです。かたせ梨乃がさすがの演技力、他を圧倒していました。他が全部棒に見えたw
 息子役の平岡祐太は、どこかで見たと思ったら「NANA」でハチの元カレをやっていた人でした。しかし顔は覚えられないです。この間マクノスケさんところでボールドの宣伝にでている男の子が2バージョン前から変わっていることに全然気がつかなかった(マクノスケさん他所で嘘を書いてスミマセン!)んですからw いやあ、こういう背が高くてしゅっとした万人受けしそうな人って、わたしの好みじゃないんで、ついつい顔も見ていないことにw おんなじタイプでも「HEROES」のピーター・ペトレリなんかは、前半のナイーヴな表情にやられちゃったんですけどねえ。日本のドラマって、なかなか奥行きのあるキャラがいなくて、意外と女性受けのする俳優さんは、どこで演技派に転ずるのか難しいような気がします。消えていった美しい女優さんより、消えていったハンサムな男優さんの方が絶対多い気がします。ファンである女性が飽きやすいからかな。

 それはともかく。
 で、年末に録画していた同じ稲垣金田一の「悪魔が来りて笛を吹く」を観て、今度はDVDに録画しておいた古い市川昆監督の石坂浩二金田一の「悪魔の手毬唄」を観て、その後同じく石坂金田一の「獄門島」を観て。。。一日中金田一漬けでした。なーにをやってんだわたし。今日も起きてから最初に考えたのは、

 今日はどの金田一観ようかな

 だったりするので、始末が悪いです。

 でもこのブームの後ろで、次男がなぜか「古畑任三郎」にハマってまして(フジ系で夕方再放送をしていた)、「古畑見せて~」とわめいていたり、今年から「刑事コロンボ」の完全ノーカット版の放送もされていたり、なんだか我が家だけでミステリーブーム?が起きそうです。
 そうそう、昨日のコロンボも観なくちゃ!

 ……この、あけやすのほれやすをなんとかしてください。。。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : diary
Posted by onion on  | 4 comments  0 trackback

ブライス買いました。

フロスティフロック1
 え~と。びっくりなさった方がいたら、ごめんなさい。いきなりアップがでてきたら、驚く人もいるかも。
 わたしも最初見た時はかわいいなんて思わなかったジャンル、「ブライス」です。
 でも、この「フロスティフロック」の画像をネットで見て、一目惚れ。なんだろう、このふわふわ感。頭が大きすぎるのに、それがまたいい。カラダはそれこそバービー並み、いえバービーより動かない、ポーズのつけようがない。
 でも、それがいい。

 自分でも、わけがわからんっ!

フロスティフロック2

 多分、一番近いお人形は、市松人形じゃないかと思います。
 そこに「いる」だけの、飾るだけの人形。ずっといつまでも人形でいて、他の機能を拒むもの。
 各種少女が好きな「おままごと」。どこか日常のコピーを、ブライスは拒んでいるような気がします。ブライスはブライスで、擬人化もできない存在。

 うう、伝わりませんかねえ。自分でも表現力がなさすぎて情けない。
 ほら、バービーとかリカちゃんとかジェニーとか、いやさプーリップでもスーパードルフィーでも、どこかに「設定」があって、どこか人間のコピーのような生活感が漂ってしまいます。人形を手に入れると、持ち主は想像を始めてどの人形と恋人設定にしようとか、お菓子作りが上手い子にしようとか、自分のあこがれのブランドの服を着ていて欲しいとか、どこかで「人間の写し身」として考えてしまう。

 当たり前にかわいい人形は、まさにその為に生まれてきたようなモノです。自分の理想としての写し身。だからスタイル抜群で綺麗で素敵な(?)ボーイフレンドもいて優しい家族もいてすべてにパーフェクト! それでこそ人形!

 けど、そうでないジャンル、例えば市松人形。いつも綺麗な着物(ただし一張羅)を着て、ただ座っています。足を放り出して、ポーズをとることもなく。自立することもなく、笑う(媚を売る)でもなく。家族はいません。女の子の抱き人形になって「妹」設定がつくこともあるでしょうが、女の子が成長するとその役目も終わります。リカちゃんなどはその頃には存在さえ忘れ去られるでしょうが、高価な市松人形はそこに在り続けます。別の役目が入り込むように感じられて、供養に出されることもあるでしょう。けど、「中の存在」さえ拒むものが、市松人形にはあるとわたしは思っています。

 ブライスには、市松人形と同じものを感じるんです。
 笑っているんだかむっとしているんだかはかりかねる口元。表情のないまんまるの瞳、首はうつむき加減。手足の可動域は最小。
 市松人形と違うところは、どこか「普通にかわいく在ること」を否定しているところでしょうか。たいてい男性は嫌いますね、ブライス。男性が愛でるべき対象としての女性像からは、まったく外れてしまっていて、それでも女性が惹かれる造形としての人形。
 これ、けっこう難しいですよ。今流行の小顔の八頭身でなく、デカ顔で手足が短くて、それでいてファッションはきまっているわけですから。

 市松人形ともう一つ違うのは「着せ替え」ができることですか。
 着せ替えといっても少女のそれじゃなく、大人の人形遊びとしての着せ替え。持ち主は自分がもう少女ではないと知っている大人が多いんじゃないでしょうか。<このジャンルは新参なのでわかりませんが。
 でも、着せ替えをしてもどこかでブライスはブライスで在り続け、決して人間には近づいてこない……あくまでも人形で居続ける。
 そんな潔さが、ブライスにはあると思います。



 なんて、今即席で後づけをしてみただけなんですけどw
 な~~んで惹かれたんだろうなあ、ほんと。結局わかりませ~~~んっ。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : shopping
Posted by onion on  | 3 comments  0 trackback

トイストーリーのジェシー人形

 散財……するほどの財はなし。それでも、今日は散財してしまいました。
 結局新しい人形は買うし、おまけで関係ない人形まで。。。これ↓
ジェシー1
 はっはっは。「トイストーリー2」で大活躍のジェシーちゃん。あまりにお顔がかわいかったのと、人形にロバまでセットで安かったので、ついつい買ってしまいました。見たところプーリップも(3rdボディなら)着れそうだったのもあり。
ジェシー2
 なんというか、こんな開けっぴろげな笑顔されると、困っちゃうなあ。かわい過ぎ。
 この写真を撮った後、いつものように追いはぎしようと服を脱がせて、素体の比較をしようと写真を撮って……消しました。

 あかん、映画が頭をかすめてw
 この人形を粗末に扱うとわたし自身に影響が出そう。なんかつらい。
 まあ、素体はどう見てもバービーの妹(名前失念)の体だったので、リカちゃんサイズでした。予想通り、3rdボディのロバンなら着れた(ちょっとジーンズがつんつるてんですが)ので、また明日にでも写真をアップします。そして、お洋服はジェシーに返します。約束します。

 いかん、人形の個性に圧倒されちゃった~~。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : diary
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

初詣と新年会

20090103150545.jpg
 初詣をすませました。おみくじをひくと今年の運勢は「吉」。中途半端? もう一度今度はお稲荷さんでひくと、また「吉」。うん、じゃあ吉なんでしょう。

 そのあとはジェリーの実家で例年通りの新年会です。
 年末の集まりとどう違うのか、まあ違いはないけど集まる、と。
 飲んで食べて騒いでTVで「刑事コロンボ」を見てw、結局夜0時を回る頃、家に帰りました。そしてフリがついたわたしは今もワインを飲みながら更新、と。や~れやれ。お正月が終わったら、こんなことはやめようと思っているんですけどねえ。

 ところで、実家で義母にもらった髪飾りで、またプーリップの更新をしました。

 prettydallpullip

 理解者は意外な方面にいたとw

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : whatsnew
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

人形ウォッチに広島へ



 連れて行きましたよ、アキラくん。車内で嬉しそう……などと遊んでいるとおもいっきり息子に引かれるわけですがw
 まずはジェリーと次男と別行動で広島ボークスに行って、アキラくんの男の子服を探したんですが、どうにもピンとくるものがなく、お目当ての「もうひとつの人形」はなかったので、とりあえずスーパードルフィーの高貴なお姿を拝見して終了。まったく、なんという高級感。これにハマる人はどれだけ金持ちなんだと思いますが、一般的に見ればプーリップだって一万円越えるものもあるし、数をそろえれば結構な金額、人のことは言えませんね~。

 で、ジェリーと合流して東急ハンズでリーメントのミニチュアを数点買い込んで、地下街で輸入もののお菓子を買い込んで帰りました。

 一歩遅く、ジェリーが「HEROES」にハマってまして、ドライブ中もずっと見ていて、今も続けてみてますが、わたしは早速プーリップのロバンにミニチュアのドレスを着せて写真撮影+アップ。なんでしょうねえ、このあけやすのほれやす性格。つい先週までわたしも「HEROES」にハマりまくってたのにね。
 まあ、こればかりはタイミング、気の済むまでやらしてもらいます。ロバン画像はこちら↓

 prettydallpullip

 見所は、東急ハンズの紙袋、かな?

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : whatsnew
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

久々にプーリップブログ更新

20090102023401.jpg
 今日は本当に寝正月というより酔正月状態で一日中家にいて食べたり飲んだり、自堕落に一日を過ごしてしまいました。<そしてうたた寝から今醒めたw

 で、その間暇にまかせて年末の忙しいときについに開封したプーリップのボーイフレンド人形・ティムラス(テヤン)の写真を撮ったり、やっぱりこの子は好きじゃないわ~などとぶつぶつ言いながら前に自分でカスタムしたアキラくんに着せて、やっぱかわい過ぎ~~~~などとへらへらして撮影しまくり、勢いに乗ってアップしました。

prettydollpullip

 やっぱお人形かわいいなあ。すりすり。<ただのアブないおばさんだなあ

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : whatsnew
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

イタリアンおせち

20081231164807.jpg

 例年、おせちは作らず親戚のおせちをつついて回る状態だったのですが、今年はジェリーが大好きなイタリアン・レストラン「オステリア・アンコーラ」でおせちを頼んできたそうで、なんと2万円。
 普通のおせちでも2万は当たり前かもしれませんが、普通のおせちさえ買ったことなかったのに、なんでまた。。。でもまあ、本人上機嫌なんでいいかな、と。
 おせちに赤と白のワインもついていました。

20090101132729.jpg

 一の段はさすがに豪華です。メニューは、

伊勢海老の香味パン粉焼き
長崎和牛のローストビーフ
フランス鴨の狩人風
帆立貝のオーブン焼き
アメリカキャビア(クラッカーにのせてどうぞ)

イカの野菜詰め
キノコのバルサミコマリネ
冬野菜の甘酢漬け
肉だんごのトマト煮
スペイン風オムレツ
タコのやわらか煮
海老とほお肉の串焼き
パプリカのシチリア風
ライスコロッケ

レンズ豆のオイル煮
ホワグラと洋なしのオーブン焼き
スモークサーモン
ボラのカラスミのゆず風味
えぞ鹿のスモーク
白身魚のマリネ
グリーンオリーブのオレンジ煮
レッジャーノチーズとサラミ
フルーツの砂糖漬け
甘栗のカラメルがけ
パンケーキ



 今日一日のお昼、子どもたちがいないので夫婦でつついてみました(全部は食べられず、半分くらい残りました。あとは夕食で)が、食べながらメニューを確認しても、味とメニューが覚えられないw
 でもさすが、美味しかったです。ワインは白だけあけましたが、すっきりしていて食事にあって美味しかったです。イタリアワインは初めてなんですが、これはいいです。

 てことで、お正月は昼間っから酔っぱらってブログ更新w
 いい正月かも~。<へらへら

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : food
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます!!

 今年もよろしくお願いいたします。
 年賀状と同じ日の画像ですが、年賀状には着物が写ってなかったので、これを。
 まりの代わりにチュッパチャプスw

 この画像を機に、なんか人形好きに火がついたかもしれません。年末の忙しいのに、買ってから未開封だったティムラス(男の子人形)を開封しました。そしてやっぱり好きじゃないので、多分追いはぎするでしょう。

 それはともかく、今年もよろしくお願いいたします。広大なネットの世界で、閲覧者数人のちまちましたブログの世界を楽しむ……そんな一種歪んだブログを、今年も続けていけますように!

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : diary
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。