FC2ブログ

oniondiary | 日記。時々映画やドラマや小説のレビュー。最近はなんとなく毎日書いてますが無駄話多し。

コラボにゃ燃えないなあ。

 最近流行というか、もう飽和状態ですよね、コラボ。
 なんでもかんでもという感じで、ゲームからコミックへ行って最終的にはパチンコに、みたいな。先日「エウレカセブン」までパチンコで、しかも劇場版とのリンクもありとか、なにがなんだか、ファンだったらどこまでもついてこい、ってことなのか? と、いったん「ハマる」と、あらゆるところで金を絞られるんだなあ、となんだか物悲しくなってしまいました。

 まあ、そのハシリが一連のスターウォーズ・グッズではあるんでしょうが。なんだかんだでペプシからフィギュアまでわたしも買ったけど、もっとすごい人はダース・ヴェイダーの五月飾りまで買っているんでしょう。いやもう、いくらお金があっても足りない状態。恐ろしい数の「コラボ商品」。

 お人形の世界も最近、そんな感じらしく、アニメやコミックのコラボがたくさんあります。
 わたしの好きな人形のプーリップやブライスなども例外ではなく、プーリップなどは去年から「ローゼンメイデン」や「エヴァンゲリオン」や「黒執事」、今年は「アンジェリーク」だそうで、どんどん出てます。エヴァ以外元を知らないので執着がわかないと言えばそうかもしれないけど、やっぱりイマイチ購買意欲はわきません。

 百歩譲って「ローゼンメイデン」は、元のキャラクターが人形なので、それもアリかな、と思ったのですが、エヴァなどにはもう、あきれてしまいましたよ。
 元がアニメと言うことは、セルに描く為に衣装を簡略なデザインにしているし、綾波にしろアスカにしろ、戦闘スーツは身体にぴったりで、普段着も普通の制服で、衣装にボリュームがなくって、プーリップの巨頭がとんでもない対比に見えてしまいます。これほど向いてないコスチュームもないだろう選択をするなんて、と呆然。

 それにですね、わたしはプーリップが好きなんで、「綾波レイ」は欲しくないわけです。
 あえて言えば、綾波レイのコスチュームは欲しいけど、中身はいらないと。
 つか、プーリップって、基本同じ顔型なんだから、ちょっとメイクを変えるだけで綾波っぽくはなっても綾波そっくりにはならないし、そっくりにするんなら他の頭が普通サイズの人形でした方が、ファンの受けもいいと思うんだけど、どうでしょう。実際あるみたいですし、現に今、エヴァ版のプーリップはオークションでも値は上がっていません。
 だから、綾波のプーリップは欲しくありません。
 ただ、綾波のコスプレをしたプーリップは欲しいかも。
 同じこと? いやいや、わたしの中では全然違うものです。

 だから、わたしがプーリップのブログでスターウォーズのコスチュームを着せて楽しんでいるのも、決してルークやクワイ=ガンを作りたいわけじゃなく、あくまでもウチのお人形たちに「SWのコスプレをさせたい」ってだけです。自分ができないことをかわりにやってもらう感じ? お人形遊びの原点じゃないでしょうか。

 というわけで、コラボ商品には燃えません。
 ブライスも、「ヤッターマン」とのコラボでドロンジョが出るようですが、なんだかなー。欲しくないなあ。
 ドキッとするような、オリジナルで見たこともないようなかわいいお人形が出たら、欲しいです。

 うん、そのくらい敷居が高い方が、お財布にも優しいし、ねw

スポンサーサイト



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : pullip
Posted by onion on  | 4 comments  0 trackback

映画「マンマ・ミーア!」

allcinema

 観たのは先週ですが、直後にいろいろあって身体も心も疲れて、せっかくの楽しい映画の印象が薄れてしまった感もありますが。

 それでも、楽しかった!

 世代的に、ジャストではあるんですが、ABBA。気がついたときにはTVやラジオなどからガンガン流れてて耳にタコができるほど聴いて、そして忘れ去った、という感じですかね。聴くともなしに聴いていて、完全に時代のBGMという、そういう世代。
 なので、ABBAに特別の思い入れがあるわけではないし、あのふわふわした軽さが時代の空気みたいになってたので、懐かしむというより子どもだった自分の未熟さを思い出すスイッチみたいになってて、できれば忘れたいかも~、な音楽なんですね。

 それでも、楽しかったです!

 若い頃のドキドキワクワク? こっぱずかしいけどそういう感じを思い出しちゃって。でも、キャストがわたしより上の年代のメリル・ストリープなどが多くて、おばさんおじさん(役作りか、みんな見事に老けていた)が歌い踊ってると、観ていて自分がはずかしくなっちゃって、今ひとつのめり込めなかったです。その辺惜しい。最初の三人娘のシーンは良かったんだけどなあ。ミュージカル好きなわたしが思うんだから、ダメな人が見るととことんダメでしょうね。

 まあ、こういうのは、楽しんだものが勝ちってことで。

 一番の聞き所は、メリルの「The Winner Takes It All」ですね。画面も美しかったし、感動的でした。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : movie
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。