FC2ブログ

oniondiary | 日記。時々映画やドラマや小説のレビュー。最近はなんとなく毎日書いてますが無駄話多し。

アニメ「9~9番目の奇妙な人形」



9<ナイン> ~9番目の奇妙な人形~

こういうの見つけると、「ひかりTVもいいかな」と思えてきます。
ひかりTVのビデオで無料視聴出来たので、観ました。

……まるで、わたしのために作られた映画のようじゃ、ありませんか!

日本題もいいですね。
「ロボット」じゃなく「人形」としたところなんか。
……と書いてからIMDB見たら、きっちり「doll」の記述が。ちゃんと設定済みだったのね。

ロボットじゃなくて人形なんです。
だから、どこかファンタジーめいていて、人形たちの「人間くささ」にすんなり納得出来た。
だからあの最後もすんなり受け入れられました。
ああ、なるほど。
ことん。
と小さな木のボールが胸の中に落ちる感じ。
こういう最後、いいです。

さらに、ディテールときたら、本当にわたしの好み!
最初のジッパー大写しから、もうメロメロ(死語)w
お裁縫好きにはたまらん!
ジッパーの、

じゅ。

って音、針に糸を通す、あの感覚。ナンバーたちの、それぞれの生地の違い(リンネル、麻、チノ、革…)柄の違い(ストライプ萌え!)、ざっくりした縫い目……どれも見ていてうっとり。
その繊維素材と機械部分が合わさって、見事な融合をとげてました。

特に、色が凄い。
ジッパーなどの金属類は真鍮色だし、掌の木材は赤っぽいチーク材?だし、CGでありながら、なんという存在感。
一つ一つの素材を大事に表現しているから、こんなに実在感があるんですね。
逆に、人間の出てくる部分ではCG臭さが出てしまうというのは、まだ人間って、「素材」として確立されていないというのか、個々の違いがありすぎるのか、まるでつくりものを見ている感じがして、人形の本物感との差が、それこそ「奇妙」でした。


……結局、一度目はひとりで、次の日に家族に勧めて三人で、昨日またお絵描きしながらひとりで、都合三回見ました。
そして、フィギュアをネットで探すわたしw(しかし高くて断念)
究極には、作ってみたいなあ、こんな人形。
腕があればなあ!


スポンサーサイト



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : movie
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

12/04のツイートまとめ

summer_lukie

ミニミニ大作戦(またも)視聴中。中で流れていた曲「money」 - Money by Velvet Revolver, from #SoundHound http://t.co/xwfyjLNy
12-04 12:38

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : Twitter/facebook
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。