FC2ブログ

oniondiary | 日記。時々映画やドラマや小説のレビュー。最近はなんとなく毎日書いてますが無駄話多し。

ドラマ「パディントン発4時50分」(1987年)



結構ショックが大きくて、気持ちの持って行き場がないんですけど。
なかったんですよ、ホントに。
アレをカットしてどうするよ。

……チャンネル銀河で視聴中の「ミス・マープル」シリーズ、80年代のマクイーワン版です。
以前から放送時間が長かったり短かったり、そんなだったかなあと漠然と思っていたんですが、もう数十年前の記憶しかないので、自分を納得させていました。
が、ことこの「パディントン駅4時50分発」に関しては、やたらと覚えていることがあったんです。

主人公とも言うべき、ミス・マープルがお願いしてお屋敷に探りに入ってくれたメイドのルーシー・アイレスバロウ。
この人が知性と教養がありながらメイドの仕事を選び、それを極めて高級とりになるという、働く女性の鑑のような人。カッコいいにもほどがある、その仕事ぶりを表す表現として、最初とっちらかってたキッチンを、
「すこし片付けていいかしら」
の一言のもとに、恐ろしく美しいキッチンに生まれ変わらせてしまうところ。
そのシーンがそっくり、ない!

あれがないと、彼女の有能さがわからないじゃないの!
最初っから仕事もせずにゴルフに興じている怠け者メイドにしか見えないじゃないのさ!
こうなるとそのごつい容姿がマイナス面にしか働かなくて、魅力がなくなってしまって残念。

ホント、トリックや犯人云々じゃなくて、物語の要はルーシーだっただけに、もう残念にもほどがあります。

てか、このシーン欲しさにDVD買おうかと思っていたんですが、下手するとないバージョンを買ってしまっていたかと思うと、ムカついてきました。

……そのせいじゃないけども、この週末はBSのポワロやマープル、そしてSHERLOCKにどっぷり浸かってしまい、だらだらと過ごしてしまいました。延々繰り返し観てたなあ。


そしてまた一週間の始まり……がんばろっと。

スポンサーサイト



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : television
Posted by onion on  | 4 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。