FC2ブログ

oniondiary | 日記。時々映画やドラマや小説のレビュー。最近はなんとなく毎日書いてますが無駄話多し。

映画「戦火の馬」

戦火の馬 allcinema


……結局行ってしまいました。
いやあ、ジェリーが夜飲み会でいないとなると、どうにも映画が観たくなる……パブロフの犬状態になってきました。

映画観る? 良いのは「戦火の馬」くらいだけど

と長男にメールすると、

「間に合うか微妙だけど行く? 5時前にはK(会社近くのドラッグストア)にいる」

と返信w
ふふ、帰りの足もゲットだぜ~~!
帰りはやっぱり渋滞でしたが、なんとか30分でMOVIXに着き、5時40分からの回を観ました。
スピルバーグ+戦争+子ども……苦手なタイプかも……と危惧していたので、これくらいの勢いが必要で。

始まったとたん、以外と子どもが大きかったので、ちょっと安心。そりゃそうだ、戦争に行くって予告で言ってたよね。

観ながら、こんな映画、子どもの頃に見たなあ、なんだっけなあと考えていました。
「名犬ラッシー」とかみたいな、ちょっとロードムービーっぽいの。
動物じゃなかったかもしれない、何かモノだったかも。色んな人の手に渡って、それがドラマを引き出してどんどん変遷していく……そういう面白さがありました。
主人公は馬なんだけど、馬が現れることによって変わっていく人々が面白くて哀しくて。
ドイツ軍の若い兵士兄弟はかわいそうだったなあ。
あの少女も……なにもかも売り払ってでも馬を手に入れようとする老人にまた涙。

つうか、カンバーバッチさん、あれからどうなったの?

馬に関係ない人物は放置ですかそうですか。まあしょうがないですが。
ペンチが複数飛んできたシーンには泣きながら笑った。
「ソックス」が泥の下から現れるシーンにも泣いた。
相変わらずスピルバーグは戦争描写に容赦なくて震撼した。

……観て良かったです。
原作があったんですね。児童文学とか。ああやっぱり、多感な少年少女に観て欲しい映画です(それにしては戦争がキツいかなあ)。


余談。字幕戸田奈津子。
それほど違和感はなかったんですが、ドイツの名前をわざわざドイツ語読みにしなくていいんじゃないの? 映画では普通に英語読みなんで、ちょっとあべこべな感じ。
所々で名前が言っているのと字幕とズレるのが気になりました。
映画を観てない状態で翻訳しても、合わせるときに気づくでしょ、普通。
なんだかなあ。



おおそうだ、忘れてた。
映画が早い時間だったので、映画館傍の食遊館のおむらいす亭で晩ご飯食べて帰りました。
映画の半券(当日)があれば10%引きなんですよ。
でもいつもその日の最終を観る我が家では使えない手だったんですが、今日はたまたま。

リゾットオムライス、お豆のサラダとスープも付いて美味しかったです!

スポンサーサイト



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : movie
Posted by onion on  | 4 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。