FC2ブログ

oniondiary | 日記。時々映画やドラマや小説のレビュー。最近はなんとなく毎日書いてますが無駄話多し。

大分を経由して帰ってきました。

帰ってきました。無事で何より。
昨日の更新、まさにやっつけw
朝、5時に起きだす両親につられて起きて、まだジェリーと長男が寝ているので窓際の小さな洋間に三人で籠ってる間に更新したので、本当に写真をアップしただけでした。


さて、今回の旅は5人、次男は仕事でパス、ジェリーとわたしと長男、それから今回はわたしの両親というメンバーでした。
本当はジェリーの両親のはずだったけど、義父の体調がすぐれないとかで、今回は大事を取って見送りに。
まあ、おかげで行けたわたしの両親とは、久しぶりの旅行です。
ウチの実家の一族は出不精なんで、あんまり一緒に旅行したことないんですよねえ。だから本人たちも嬉しそうで……これが最後の旅行になるかもしれないし(オイオイ)、急遽、一緒に行くことになりました。

ウチの両親も色々病気を抱えているし足も衰えてるので、基本無理は出来ないんですが(ワゴン車に乗り降りするだけで一苦労)、長く歩くところなどは車で待ってもらいながら、それでもよく歩いてくれました。

一日目は九州道をどんどん南下して(途中のサービスエリアで梅が枝餅食べて)熊本市から阿蘇に入って、トロッコ列車に乗って外輪山越えて、白水の蔵で馬肉の焼肉食べて高森湧水トンネル(昨日名前を間違えました)に入って、阿蘇火口入り口まで行くもガスの方向が悪くて前面交通止め……というか、そこまでガスが流れてきていて喉が痛くなる始末なので早々に退散、あたりが全部硫黄臭いので草千里もパスして山を降り、麓の葉祥明美術館に寄って絵を堪能して、阿蘇ファームランドでお土産物色してくまもんと写真撮って、宿に着きました。

宿は阿蘇プラザホテルでした。
古くからあるホテルのようでしたが、なかなか良かったですよ。
玄関でお出迎えしてもらえる宿に泊まったのは初めてかもw
部屋は三階の和室で5人が眠れる広い部屋で、あとで気づいたんですがWi-Fi完備! どおりで父のiPadがサクサクだったわ。
その日はカープの試合もナイターでやっていて、iPadで動画も見れたし上機嫌!(本当はいつも使えるはずなんだけど、父にはどうも使いこなせなくて、未だにYahoo!の一球速報頼りらしいです)

そしてお風呂が三種類あって、7階展望風呂が二つ(ガラス張りとヒノキの露天)、1階にも露天風呂があるらしいです(わたしは結局入らなかった)。
ただ、夜には雨のせいでヒノキの露天が入れず、仕方ないのでガラス張りで我慢。翌日の朝、入れました。
つか、ヒノキの露天は完全にあとから作ったみたい。企業努力は素晴らしいけど、脱衣場まで外なんで、雨が降ると全部濡れてダメなんですねえ。
でも気持ちのいい朝風呂のあと、外輪山にかかった虹をみました。
それもまた、いい思い出になりました。

チェックアウトの用意をしているとアナウンス。
阿蘇さるまわし劇場のおさるさんが来場されました。皆様ロビーへどうぞ!」
おお。
ついでに全部荷物を持ってロビーへ。
……他の宿泊客もそんな感じw
可愛かったけど、他の客の小さい子どもたち優先なので、周りでみてるだけでした。あ、写真くらいとっとけばよかったなあ。
さるまわし見ようかと話し合ったんですが、実はこの猿回し、発祥は山口県光市なんですね~~。だから結構見てたんですよ、地元各地で。
でも哀しいかな、山口県東部には他の観光がないんで、阿蘇に移ったと……大正解って感じだなあ。

で、出発。



外輪山をぐるぐる登って、大観峰へ行きました……が、一面真っ白……つーか、これ、雲の中なんちゃう? 霧雨みたいなのが体にはりついて、どんどん服が湿気てきている……わたし、やっぱ車で待っとくわ。

と茶店から引き返して両親と車でワンセグのTV見ながら待ってたら、ジェリーと長男が帰ってきて……て、長男転んだ? なんで? また、舗装してある道じゃないとこ通った? やーねー、手をついてコケて尻もちついて、麻のジャケットとチノパン(両方白)が真っ黒……げーこりゃアカン。

てことでナビで検索してまた阿蘇市に戻って、しまむらへGO。いやあ、こんな時どこでもあるっていいことだ。
とりあえず似たようなジャケットとパンツ買って着替えました。
で、じゃあ別ルートから夢吊橋に行こうと車を走らせていると……

榎木孝明美術館

の看板。なぜかくっきり目に飛び込んできました。
おお、なんでこんなところに? いく? いっちゃう? 行こうよう!
と半ば強引にわたしの独断で行くことに決め、角を曲がり、また曲がり……延々小さい道を走ったので、ここがどこだかわからない状態で着。



榎木孝明さんだけでなく、色んな芸術家が集まっている「九州芸術の社」の中にある美術館で……何やらものすごく人が多いんですけど? GWだから?
と入り口に近づくと、

榎木孝明トークショー

ええっ。マジで?(中高生並みのリアクション)
午後2時から二回目?(時計見る。午後0時35分)うわ~~そこまで粘れないよ。残念だなあ……まあ、結局絵というより俳優のファンなんで、ミーハーなだけなんですけど、見て回りました。
TVの番組でスケッチを描いているのは知ってましたが、改めて見ると、本当に肩の力が抜けてて、自然に見たまま描いてるなあと思いました。
その時々で出来にムラがあるのも、人の日記を垣間みているようでいい感じです。
ああ、わたしものんびりスケッチするような旅にでてみたいなあ、とちょっと妄想にふけると電話。
「もう外に出たからね」
ええ~~もう行くの? まったく、早足の旅行です。
急いで入ったグッズショップで、本を買いました。



それからちょっと走ると夢吊橋です。
人が通るだけ、というより、とにかく観光の為だけに作られた橋……すごいなあと思うわけですが、ここまでして観光を「作る」という感覚がわからない……でもまあ、渡ってるときはきゃあきゃあ楽しんでいるんですけどね!
つうか、この日は風が強くて、やたら揺れたんですけど!
ごおおおおっ、という風にぐらぐらっと揺れる橋、足下はスケスケ~~~ひぃいいいいい。。。

……半分で引き返しました(ヘタレ)。

宿の宿泊プランでもらったパン券で買ったパンでお昼を食べて(昨日の暴食でみんな胃がお疲れ気味、この日はみんな小食でした)、
「じゃあ、湯布院に行こうか」
と近くまできて、

湯布院二輪車博物館

を今度はジェリーが「行きたい」と立寄。



たくさんありました~~。ジェリーは「自分のドゥカティもある!」と喜んでいましたが……それ、古いってことじゃ。。。
わたしは写真のトライアンフが昔からの一番のお気に入り。いいなあ、カッコいいなあ。

下の階にはなぜか昭和や戦前の懐かしいあれこれが……扇風機やコーラの自販機やくるくる回るバーバーの看板や、本当にコンタミ。スターウォーズのフィギュアやリカちゃん人形まであって微妙な気分になれること請け合い。。。

さて、じゃあ湯布院……へ降りる坂道……


 大 渋 滞 !


ナビでもずっと真っ赤。これは……動かないな。以前きたときも渋滞したし、やっぱりGWは多い……湯布院って、一本道なんですよね。盆地に降りるまで、それから駐車場を探して、見て回ってまた一本道を渋滞に巻き込まれて……すでに4時、これは。

「諦めよう。帰ろう」

うん、それが正解だと思う。
父母も既に疲れていたし、それほど湯布院で「絶対に見たい」というものもなかったんで、帰途につきました。

帰りは大分を北上して北九州から九州道へ入って、帰りました。
まだ明るいうちに帰れた旅行なんて、初めてかもしれないw
ちょっと実家でお茶をいただいてから、なぜかスポーツショップに寄って卓球のラケット買って、帰りました。

……わたしは荷物の仕分けに疲れている頃、下の倉庫でジェリーと長男が卓球をずっとやってました。

元気やなあ。




旅行の戦利品その一。
葉祥明の本。渡り鳥のシーンがいっぱい。
これと、ブルービーの絵はがきなどを買いました。



戦利品その二。
榎木孝明の「いい加減なスケッチのすすめ」。いいでしょう? なんか自由で。



その三、くまもんグッズあれこれ。
ハンカチと小銭入れと馬油。なんで馬油にまで。
フェミニンな長男は20センチくらいのぬいぐるみやおみやげのクッキーとか買ってました。


あんまりまわってないような、でも盛りだくさんな旅行でした。
ご清聴ありがとう、てか、読まなくてもいいです。かなり個人的だし。
備忘録的に、書いてみました。
本来の日記に一番近いかも。

スポンサーサイト



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : diary
Posted by onion on  | 4 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。