FC2ブログ

oniondiary | 日記。時々映画やドラマや小説のレビュー。最近はなんとなく毎日書いてますが無駄話多し。

本の裁断、思い出スクラップ。



ある日のこと、ここのところ溜まっていた本を裁断してスキャン、iPadに取込む作業をしてました。

思わず写真を撮ったのは、Amazonのユーズドで買ったこの二冊がとても丁寧な表装のハードカバーだったから。
この後ヘコむとも知らず……。

文庫本だと平気だけど、やっぱハードカバーは抵抗ありますねえ。
それでも解体、裁断してスキャンしていて思わず手がとまったのが……「死ぬときはひとりぼっち」の最後のページに印判を発見した時。

○○所蔵

って、所有印。

あいた~。
これはアレかな、遺品整理とかに当たっちゃったかな。
所有印を押した挙句、本人が古本に出すとも思えないし、借りた本を売っぱらっちゃう悪友だっていないわけじゃないだろうけど、ちょっとねえ。
本の題が

「死ぬときはひとりぼっち」

てのも、出来すぎてる。

そらま、わたしが死んでも、多分わたしの本は欲しい人(家族や友人)がいなければ捨てられるか、古本屋でしょう。
本って、そういうもんです。
本人にとっては印鑑押すほど大事なものでも、他人にはただの場所塞ぎになるか、それともちょっとしたお金になるか、そのくらい。
この二冊、ほぼ百円で送料の方が高かった、だから買ったんで、仕入れ値はもっと十把一絡げだったと想像に難くないわけで、そう思うと気の毒な気もします。

でもねえ、やっぱモノはお墓に持っていけないんですよ。
「お墓に入る」という表現も嫌だなあ。千の風になりたいとまでは言わないけれど、「別の次元へ行く」くらいのイメージは欲しいところ。

その次元に、モノは持っていけません。
だから、一番の同伴者は「思い出」。
本は「思い出を思い出す」縁(よすが)だったもの。
だから、本に「思い」がつくことはない。
本は媒体。

そう思うと、わたしがこうして延々スキャンして保存しているデータも同じことかもしれません。
わたしが死んだら、無用のデータ群かも。
かも以前、決定かな。

しゃーない、こうやってスキャンしてるのも、最近は「思い出をスクラップする」に近くなってます。
とりあえずスキャンしとけば、もう手放した本を延々探さなくてもすむし、読んだけど捨てられない本が棚から消える。
読みもしないのに捨てられない「積読」本も捨てられる。
結局データを捨てられない分、わたしもこの所有印の人と同じ。

わたしが死んだあと古本屋に売れないだけ、家族には迷惑かもw
(著作権侵害になるでしょうから)



とりあえず、本は所有印も含めてスキャンしました。
データは、残りましたよ。




スポンサーサイト



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : iPhone/iPad
Posted by onion on  | 8 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。