FC2ブログ

oniondiary | 日記。時々映画やドラマや小説のレビュー。最近はなんとなく毎日書いてますが無駄話多し。

いまさら映画「エクスペンダブルズ」

はい、ではありません。
です。
最近割と映画館に通っていて、その度に目にする予告編がちょっと面白そうだったので、見てみたい……けど1を見てなきゃなあ……ってことで、レンタルして参りました。
だってさあ、やっぱりどれだけ80年代に楽しませてもらったか考えると、そりゃあご恩返しも兼ねて見なくちゃ……と考えるわけです。
なぜ2年前には考えなかったんだろう……多分劇場にあまりいかなかったんで、予告も見逃したんだとおもいます。
まあ、アタマがシルベスタ・スタローンだったんで、わたしの80年代ラインナップとはちょっと違う感じもあったのも、理由なのかな。
スタローン映画で好きだったのは「ランボー」(1作目)と「クリフハンガー」くらいで、あとはあまりに濃い(というかベタ)な話が多いので、避けてたところがあります。「ロッキー」なんて、苦手なボクシングだし。

でも今回1を見て、こんなに80年代のアクション・スターが一同に会していたとは、ビックリ。
味方は言うに及ばず、敵方まで「どっかで見た」顔ばかり。
ほんの端役まで見覚えが……すげ〜〜ホントに養老……ケホケホ。

でもアクションは相変わらずキレがあるし、ちゃんとジェイソン・ステイサムなどの「ちょっと後」の世代のスターも入れて、しかも火薬は多めで……

 多 過 ぎ る よ ・・・・・・

いやまあ、 80年代は理由もなく火薬が多めだったし、現代で作るならこれくらい……

 エ エ モ ン と は 思 え な い ほ ど 人 を 殺 し て ま す が

うわあ、結構グロいなあ。
そのへん、80年代にはなかったCGというおもちゃで、存分に遊んでいる感もあり、ほほえましい……

 人 間 バ ク ハ ツ さ せ ち ゃ っ た

……ははは。
やりすぎだろ〜〜〜。
終いに笑いがでるけど、まあ、いいか!
なんかもうどうでも良くなって、笑いながら人殺しを見てました。
そのへん、忠実な80年代の再現かもしれません。

でも一点、ミッキー・ロークの「橋の上の少女」の話には泣けました。
いいなあ、おいしいとこ、持ってっちゃったなあ。
でも、そういえばこうだったよなあ。
比率はアクション9.5:ドラマ0.5、って感じ。
ほんのちょっとのドラマで、アクションを締める。
成功したアクション映画のパターンを踏襲してます。

あんまり好きでなかった修行僧臭いイメージのあるスタローンも、かなり丸くなった印象で、ちょっと好きになったかも。

つか、ブルース・ウィリスとシュワちゃんは本当にアレだけなんですね。
ジェット・リーの扱いがひど過ぎませんか。
ステイサムが車じゃなくてバイクに乗ってると違和感が。

さあ、見たし、映画館に行こうかな……しかしこの週末、ジェリーも長男もおでかけ。こういう映画は一人で行くよりみんなで見たいしなあ。
まだまだ、上映はあるかなあ。
すでにちっちゃいハコみたいだけど。

スポンサーサイト



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : movie
Posted by onion on  | 4 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。