FC2ブログ

oniondiary | 日記。時々映画やドラマや小説のレビュー。最近はなんとなく毎日書いてますが無駄話多し。

ドラマ「孤独のグルメ」

年末だというのに、どうもちんたらHulu見て過ごす日々。
お掃除を(ちょっと)しては、座って一話ずつ見てたのが、これ。

「孤独のグルメ」

テレ東系のドラマがあるんだ〜、とふと一話を再生したのが運の尽き、その面白さ、というか「ちりとてちん」のおとうちゃんこと、松重豊さんの食べっぷりの良さが気持ち良くて、ついつい次々再生してしまいます。
深夜の30分番組なんでしょうか、これは深夜に観るとマズいですよ。

絶対お腹減るって!

つか、ジェリーに見せるとやばそう。
「あれが食べたい」
とワガママいわれそう。

ってか、わたしがすでにアカン。
いや〜〜長男に「美味しいよ」と言われた汁なし担々麺のお店、いきた〜〜い! 広島だけど。
三回目に出てきた汁なし担々麺のお店が美味しそう過ぎて……困った!

それにしてもグルメドラマって色々あるんでしょうが、これが良いのは、なんつーか、

全肯定

なんですよね。
グルメものって、「最高」とか「至高」とかを求めるあまり、今の食卓の問題点をあげつらって、否定してまわる傾向にあるんですが、これ、味付けがどうのとか食材が厳選されてるとか、ほとんど言いません。

「うまい」

ってひと言、うんうんとうなづきながら、延々食べる……高級そうなお店はほとんど出てこず、評判の行列の店もほぼでてこない、まさに「市井の店」ばかりということ。お客は常連さんが必ずいます。
喫茶店のナポリタンとか、中には「釣り堀の中の食堂」まであったり。
そんな食堂では当たり前の焼うどんや親子丼に文句つけるなんて、野暮もいいとこ、とにかく美味しくいただきましょう……そんな謙虚な「食べる姿勢」に、いつしか感動してしまいます。

満腹になって満足する……そんな誰にでも許された、でもなかなかその感覚が実感できるまで至らない、その心の余裕のない人たちへ、もっとゆったりいこうよ、と落ち着いて食卓に座ることを促す、いい番組です。

テーマ曲、変だけどw(いっのっがしっらっ・ふぅ〜〜〜♪)

来年1月10日からBSジャパンで放送あるらしいので、興味のある方はぜひご覧あれ。





さて、結局Huluのドラマが最後のエントリーなんて、なんかわたしらしい?
でも、今年一年、続けられました。
続けたから、乗り切れたところもあったと思います。

一年間、駄文を読んでくださった方、ありがとうございました。
また来年も垂れ流すことだと思いますが、どうぞお心を広くお持ちになってw、見逃してやってください。

では。




スポンサーサイト



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : television
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

リピート映画「オズ」

う〜〜ん、頭が痛い。
クリスマス会のときにジェリー実家に頂き物のビールを全部持っていって、ウチにビールはなかったはずなんだけど、なぜか一昨日ジェリーがもらって帰ったプレミアム・モルツがありまして。
ついつい、それ飲みながら映画を観て……途中ちょっと寝てw……今朝、頭が痛い……うむ〜〜、二日酔いですね、完全に。
いやあ、二本やそこらで、わたくしもよわくなったものでござんす。
最近まったく飲んでなかったしなあ。
飲むって決まったら、ウコンの力の挟み撃ちでなんとか切り抜けてたし、二日酔いの経験も、久しぶりです。

頭がまわらん。

で、その時見てた映画が、

「オズ」

でして。
「オズの魔法使い」の続編にして、たしか公開当時酷評されて、今でも鬼子扱いというかなかったことになっているような……アメリカ人は本当にオリジナルが好きなんですかねえ。
ハリウッドはあんなにリメイクが好きなのに、この85年以来、全く作られてないわけでして、あの世界の物語。
アンタッチャブルなんでしょうか、アメリカにとってのドロシーとその世界。

わたしは公開当時劇場で観て、かなり好きだったので、久しぶりに観てあの時の感動がよみがえって嬉しかったものです(そのくせクライマックスあたりでちょっと寝ましたが)。

ちょうどSFXが成熟して、でもCGはまだまだ……という85年だからこそのファンタジー世界が美しくて、そして気味が悪いw
Huluの映画は「キッズ」にカテゴライズされているらしく、日本語吹替えだったのですが、これ、子どもが観たら夜うなされそう。
そのくせ訳は元に忠実なので、「スケアクロウ」と言ってたりします。
「カカシさん」と言わなきゃ、子どもにはわかんないっしょ。
思わずバットマンのアレが思い浮かんじゃって、余計気味悪くなったじゃんよ。
首をすげ替える魔女も、怖いよねえ。
敵どころか、味方のカボチャ人間さえ、怖いよあんなの近くで見たらw
機械の兵隊ティック・トゥックも、別に「チクタク」でいいんじゃないかと……なんだか中途半端なんですよね〜〜だから大人にも子どもにも受けなかったのかなあ。

その頃の20代のホラー好き女には大ウケだったけども。

しかし、昨日もレンタル・ショップに行って思ったんだけど、映画って、わたしが20代のときより格段に増えているというか増殖しているというか蔓延しているというか……玉石混淆もいいところになってますねえ。
常に新しいものだけを追っていても良いけど、過去の名作も捨てがたい。
けど、「一般的な名作」だけではくくれない映画、なによりわたし自身が大好きな映画がどんどん生まれる新しい映画の山の下で埋もれていくのは、見ていて寂しいものです。


そういう点では、こうしてHuluで見つけられて良かった。
改めて、良い映画を見ました。



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : movie
Tag : 映画 Hulu
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

映画「THE JOYUREI 女優霊」

「THE JOYUREI 女優霊」

Huluにて視聴。
日本版、結構好き……というか、中田秀夫監督のデヴュー作にして、一番好きな映画でした。
怖さ的には足りないかもしれないけど、ミニチュアからの導入、ボカシのない心霊映像、ひと言の声だけでゾクゾクするタイミング……どれも監督の「色」が出ていて、かなり気に入ってこれもリピートしていました。

やっぱり好きだった「リング」がアメリカでリメイクされた時は(あれは中田監督が自らメガホンをとったものでしたが)、なんでこう、換骨奪胎するかねえ。
一番のキモ、わかってないでしょ?
って強く思ったので、今回も全く期待はしていませんでした。

それにしても……ここまでダメとは。
ホント、びっくりだよ。
つーか、「女優霊」と銘打ってるけど、明らかに「リング」の貞子やりたかっただけでしょ。あの目。
貞子だとしても、ダメだけどねえ。
なんでトランシルバニアにしたかな〜。
美しい景色を使うわけでもないのに、いかにもセットな古屋敷で、現地の使用人はどうみてもメキシコ人って感じで、安いにもほどがあるし、スタジオなら冒頭に出てきたハリウッドの方が、歴史も曰くもたっぷりあるスタジオが山ほどありそうなのに。

最初からつまづいたし、特に主人公が霊媒体質なのか単に狂ってるのかわからない設定にしたもんだから、余計よりどころがなくなって、誰にも感情移入できないまんま……それでもエンディングにはビックリですわ。

はあ?

……わからん。
最初どんな脚本で、どうやったらここまで迷走するんだ。
そのあたりのメイキングを見てみたくなりました。
ストーリーの破壊具合を見るのにはとてもいい映画……映画を作る人はぜひ観て欲しい。
悪い見本として。
キャラもたってない、怖がらせどころも泣かせどころももちろんない、気持ち悪いところは全部ハエにお任せの、そういう意味で「恐ろしい」ダメ映画でした。

一つ良かったところは、画面の隅に少しだけかかる「影」が、何者かの存在をにおわせる……つまり原作にあった部分でした。

この映画、それも「スタッフの映り込み」に見えてしまうんですけどね。
あいたたたた。。。



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : movie
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

仕事→ドライブ→食事→映画。






せっかくだから美味しいものを食べようの会、12月バージョン。

昼まで仕事して昼から、三ヶ月に一度の長男の病院通いにつきあって、宇部へ行きました。
なのでいつもの阿知須のペイザンにて、お昼。
わたしのは見た目はアレですが、めっちゃ美味しかった、ゴルゴンゾーラのトロフィユ(手打ちパスタ)です。(長男のはラザニア)

デザートにヨーグルトケーキ(長男のはチョコレート・ムース)も食べちゃいました。

んでね、診察が終わって帰ったらまだ夕方早く、時間が余るので、これを機会に「ホビット 思いがけない冒険」の3Dを見に行きました。
昼間というか、午後5時過ぎの上映しかもうないんで、ちょうど良かったわけでして。

で……良かった。

イヤイヤ、最初見るのもかったるいかも、と思っていた初見のときは、まあまあ面白いじゃん、ちょっとほろっとくるし~~くらいの感覚だったんですが、なんとこの映画……

見れば見るほど感動する

映画、なんですね!

今回はほぼず~~っと、泣きながら見てたわたし……なんかいちいち涙が出て、「ホビットがわたしに勇気をくれる」ってとこでは、もう号泣でした。
どーなの自分、ってほどに。

3Dも評判通り、確かに素晴らしかった!
手触りが伝わりそうなほどの重量感と、迫ってくる魔狼、飛翔する大鷲など、初めて「奥行き」より「飛び出す」感覚のある3Dでした。
いやあ、これをiMAXで見られる人は幸せだな~~。わたしの見たのはMOVIXのXPANDですが、かなり感動しました。

日本語吹替えもさほど違和感なく切り抜けましたが……

 「 あ の 歌 」 ヒ ド い ……

ねえ?
そこだけ原語でもよかったんですけど?
なんでわざわざ歌わせましたか……歌い出しから外れてるし……。
「アベンジャーズ」でも、最初のウィドウのロシア語も吹替えがやってて、そのヒドさに辟易したものですが、今回一番の見所だっただけに、マジでヘコみました。
つか、もう一度原語を聴くためだけにでも、CD欲しくなっちゃったよ~~。
もう今日中にポチりそう<もしかして策略か??w

ともあれ、充実した一日では、ありました。




さて、今年最後のお勤め、頑張ってきますね!

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : diary
Posted by onion on  | 4 comments  0 trackback

気合いの入ってない写真。



朝、起きられない日が続いてます。
目が覚めてもまた眠ることの繰り返し……やっぱり風邪気味なのが響いてるのかもしれません。(単にダラダラしたいだけかもしれませんw)

なのでお茶濁し。夕暮れがきれいな色だったので。
でも写真に撮ると、手前の電線ばかりが目立つなあ。
道路の向こうのコンビニまで渡れば良いんだけど、そうしてると色が変わっちゃうし、仕事帰りって、もう帰りたくてしょうがないわけでして、道の向こうに渡る暇も惜しい。

写真を撮るにも、性根が要るような気がします。
良い「画」を切り取るためのこだわりみたいなもの。
ついついヘラッと撮ってしまうわたしは、下手くそ以前なんでしょう。

そういえば駅前のツリー祭りも、毎日駅前のバス停で見るのに、ついぞ撮影しなかったのは、写真に撮ってきれいな場所まで行くとバスが出てしまい、一つ乗り過ごしてしまうから。
次は30分後となると、もういいや、となるわけです。

根性なし。

とにかく家路を急ぐということかもしれないけど、今は色んなことに、意欲がなくなってきているかも?
まあ、夕暮れというのはそういう時間でもあるわけですが、年末にかけて気持ちが下がってきているというのは危険だなあ。


とりあえず、今年の業務もあと二日。がんばろ。



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : essay
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

内は大騒ぎ外はお籠り。

どうにかこうにか一日すごし、今日もまた始まる日常……みなさまお元気?
わたしはまあまあです。
昨日死にそうなこと書きましたが、まあ悪化することもなく、背中と足の裏にホッカイロを貼って一日をなんとか乗り切りました。
帰ってからも、もうぼーっと「アベンジャーズ」を観て過ごすだけ……きました、わたしの「ハマると超リピート」生活。

iTunesに入れたので、AppleTVで気軽に再生できるので、延々……そう、Blu-rayを見てません。
なぜかというと、きのう布教のためにw、親戚に貸し出したので。
年末年始に親子で観てハマってもらおうというもくろみ……しかし、特典映像くらい観てから渡せば良かったと、一日で既に後悔してるんですけど〜〜。

まあいい。
そんな訳で、頭の中はヒーローたちが飛んだりはねたり落っこちたりしていますが、身体的にはあまり動かない一日……今日もまた?

……とりあえずは、仕事行こう。。。


にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : diary
Tag : 日記 健康
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

クリスマス会で喉を痛める?





毎年好例、ジェリーの親族集まってのクリスマス会です。
ジェリーの実家に三人の兄弟とその子どもたちが集まるので、総勢15人の集まりです。
久々に大人数で集まると、やっぱ楽しいね〜。

ところが、楽しく飲んで食べてしゃべってたら、最後の頃に、いきなり声が出なくなった……!

なんで〜?
久しぶりに飲んだアルコール?
食べ過ぎ?
それとも風邪ひいた?
他はどうもないのに、声が出にくい!

やば、扁桃腺肥大症で風邪が喉から来るタイプのわたし、いかん、いかんよ!
帰ってからうがいしてマスクして寝ましたが、ふと目が覚めたら外れてるし〜。
今日は普通に二日酔いもほぼ感じず目覚めたんですが、相変わらず声が出にくい……年末にかけてもう一度年休取らなきゃいけないんで、今日明日は頑張らなきゃいけないのに、ピンチです。


今日は厚手のマフラーと手袋して、寒さ対策バッチリで出かけましょう!


にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : diary
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

Blu-ray「アベンジャーズ」きた~!



「アベンジャーズ」



映画好きでもなかなかソフトまでは手を出さないわたしですが、年に数回Blu-rayは買います。
必ず超リピート予定で。
今年は「SHERLOCK」とこれかな。
劇場で観た映画の中では今年一番が、これです。

初めて「デジタルコピー」版が入っているものを買いました。
以前は要らないと思ってたんですけど、ウチのディーガ、予約録画の予定が入ってると自動的にBlu-rayの再生を中止してしまうので、そうか、それでDVDも一緒に入ってる方がいいのね〜、と思い知ったわけで。
でもこれはよく見るとDVDではない?

もろに「デジタルコピー」って書いてあるのね〜と、よく説明書を読むと……なるほど、iPhoneやiPadで観られるように、パソコンに取込み可能なのかあ。そのあたりも管理できるDVDなわけね。
なんか意図的ですな〜〜著作権の保護に。
まあいいや、とiTunesに取り込み、再生してみました。

お、なかなかきれいじゃん!

……と思ったのもつかの間、え、日本語吹替え?
このデジタルコピー版は、吹替えしかないの? 選択肢、ナシ?
え〜〜〜〜、そりゃあ……

(Amazonのレビュー見てみる)

やっぱしw
そうでなくても芸能人の吹替えには色々文句言いたい人もいるってのに、逆鱗に触れてますなあ。
評価が下がりまくってて悲しいほどです。

まあ、わたしは竹中直人以外、割と好きなんですけどね。
特に宮迫博之のホークは、寡黙な男がひと言ひと言しっかりしゃべる、って感じで凄く好きです。
関係ないけど宮迫さん、頑張れ。「下妻物語」のダメオヤジから、演技はただ者じゃないと思ってました。復帰を待ってます!

……まあそれはさておいて。

なんだかんだで、わたし、この映画のレヴュー書いてないですねえ。
なんせ気に入りすぎて、何から書いたらいいかわからない状態だったもんで、ついつい先延ばしにしている間にプライベートが忙しくなったりして、結局なし崩し、すでに自分がどこに熱狂したかわからないかも〜〜〜と思いつつ視聴したんですが……

よみがえる熱狂!

いたるところに萌えポイント!

ヒーロー一人一人はトンデモ設定なキャラなのに、集まると余計に個性が際立って面白くなる、無駄の集まりが無駄をなくす、最強の布陣です!

実は脚本もよくできてるんですよね〜〜。
一人一人に戦う理由があって、それぞれに紆余曲折しつつ最後まで突っ走っていく大まかでありながら無駄のない展開に、最初にちょっとだけ観るつもりが、最後のシャワルマまで観ちゃったw

いや、おつかれさまでした。
年末年始、また楽しませてもらいまっせ!





にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : Blu-ray/DVD
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

安野光雅美術展へ。




昔々、結婚したての頃、居間にかかっていた絵がありました。
ジェリーが気に入ってかけていたものですが、絵と言っても、絵本の雑誌(たしかMOEだったと思う)の一ページを切り抜いたのを額に入れただけなので、作者の意図した構図ではなかったと推測できましたが、ずいぶん長いことかかっていたと記憶しています。

近場で、その絵の作者の展覧会があるということで、行ってきました。

安野光雅展(ブログ)

有名なのは「旅の絵本」シリーズでしょうか。
不思議な細密画も素晴らしかったのですが、今回一番はっとしたのは、「野の花と小人たち」の一連のシリーズです。
発色がきれいで、こんなに奥行きのある絵を描く人だったのか……イラスティックなぺたっとした感覚の絵が多い中で、かえって印象的でした。

写真はおみやげ。図録がなかったので、「安野光雅の記録1」と、「野の花と小人たち」のポストカード、あと眼鏡ふき(「九九をぜんぶいえるまでいえにかえさないないてもだめ」と黒板に書いてあるw)買いました。

そのあとドトールでお茶して、優雅な午後を過ごせた……のかな?
頼んだモカジャバアーモンドもチーズケーキも超濃くて、胃にもたれた……w




にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : diary
Posted by onion on  | 4 comments  0 trackback

映画「ホビット 思いがけない冒険」

そして平常な今日がやってくるわけです。
マヤ暦がどうのこうの、今回はノストラダムスほど言いませんでしたね〜日本人は飽きたのか、それよりなにより、今は現実に自分たちの正念場なのがわかるからか……ともあれ、人生は続く。



そんなわけで、「最後の夜」に、映画を見に行ってきました。

「ホビット 思いがけない冒険」

「ロード・オブ・ザ・リング」の絶大なファンというわけでもなく、「ホビット」の原作も読んでいない状態です。
「ロード・・」は「旅の仲間」と「二つの塔」までは結構ハマって、豪華版のDVDボックスまで買ったんですが、最後がどうにも暗くて……原作通りなんでしょうがないとは思うけど、見ていて息苦しくて、結局劇場で一回見ただけでした。

今回はそれの続編という訳でもなく、SWと同じプリークェルなので、「行き着く先」が見えているだけに、面白みが半減するのではないかと危惧していたのですが、そこはやはりジャクソン監督、見せ場は適度に心得てます。
三時間と長かったですが、面白く見ました。
画面もきれいだったし、ドワーフにもハンサムはいるんだとわかったしw
(背が低くてヒゲモジャでもトーリンはハンサムでした〜〜)
トーリン役のリチャード・アーミティッジさん、イギリスの俳優さんなんですね。「MI5」に出てるんだ……観てみようかな(ミーハーである)。
あと、IMDBで、「なぶーすたーふぁいたー(あんくれじっと)」ってあるんですがw
え〜探せって?w

期待はずれだったのは、スマウグとネクロマンサーを演じるあの人がまったく見えなかったことで……次回に期待。

ともあれ、二大「打出の小槌」であるリングとガンダルフを極力使わず冒険をまわすって、なかなか難しいよな〜〜と、思わず制作者側にたってみてしまう、物語の序章ではありました。








……ところでネタバレ風味ですが、原作に詳しくないので……あの、ドラゴンに占拠された都市って、旅の仲間にでてきたモリアですか?
てことは……ええ〜〜〜〜。。。なんですが、だれか否定して。。。

付記・ググってみたら、違ってました。良かった、のか……なあ?



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : movie
Posted by onion on  | 4 comments  0 trackback

真珠の耳(?)飾りのうさこちゃん。




写真は昨日撮りそこねていた戦利品の一つ、「ミッフィーちゃん真珠の耳飾りバージョン」ですw
そういえばミッフィーちゃん(わたしの世代だとうさこちゃんの方がピンとくるなあ)もオランダ生まれでしたっけね。
思えば九州には首飾りバージョンのテディベアがいたなあ。
あれは高くて手が出ませんでしたが、こっちの小さい方を買いました。
なぜか絵本もあって迷ったんですが……思いとどまりました。

つか、「耳飾り」なのに耳についてないw

今日になって思い至ったら、笑いが止まらなくなりました。




(ひとしきりウケたあと)

さて、週末です。
今週二日休んでしまって、たいして仕事してないけど、なぜか疲れてます。
遊び疲れ?w

お歳暮のお礼状書かなきゃなあ。
どうも机仕事を家でしない事務員です。会社で書くかな……もちろん勤務時間外にですよ〜!



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : diary
Posted by onion on  | 4 comments  0 trackback

「真珠の耳飾りの少女」に会ってきました。

「この時期に神戸に行って、ルミナリエ見ないで帰るって、バカじゃね?」

……とジェリーに言われるまでもなく。
ええ、どうせなら色々見てきたかったなあとは思うんですが、本当に絵を見るためだけの旅行、してきました。

一ヶ月前、「真珠の首飾りの少女」を見て、やっぱ「耳飾り」も見たいなあとは思ったんですが、なにせ遠い、旅行を計画するにも年末に入るので無理が……せめてもと、一応図録は買ったものの、見ているとやっぱり行きたくなる……というジレンマに陥って、ネットで高速バスの検索していました。

夜行バスで行って、夜行バスで帰ろうかな、とw

0泊の強行軍、やっちゃおうかなと。

検索しているうちに、ああ、ツアーもあるのかなあ、とググってみたら、

ハーブを使ったランチバイキング!オリジナルハーブバスパックづくり体験!ハーブの香りに包まれて・・『真珠の耳飾りの少女』鑑賞・マウリッツハイス美術館展とロープウェイで「ハーブ園」へ

あるじゃん!
何個か出てきたんですが、近いのは広島駅発のこれ。なんと一人9,980円ぽっきり!
日帰りで広島←→神戸……これは、滞在時間短そう。でも夜行バスや自家用車ではとても無理なお値段(と労力)で行って帰れる!
長男に話すと、一緒にきてくれるということで、二人で行ってきました。



朝5時に家を出て、広島の駐車場に車を止め、7時出発のバスに乗りました。
いっぱいではなかったけど、40人くらい、ちゃんとガイドさんもついてました。
これは途中のトイレ休憩の福山サービスエリアで。
福山(広島)と三木(岡山)で、休憩とって、一路……神戸の山の方へ。



「え、ロープウェイのるの?」
あ、長男には言ってなかったっけ? そう、山の上のハーブ園で昼食食べるんだよ〜〜。
旅行会社も色々考えるらしくて、さすがに美術館だけでいけないと、それなりの観光スポットを入れているようです。



でも思ったより高い……二人とも高所恐怖症なんで、キャーキャー言いつつ写真撮りました。
ぜ、絶景でしょ?(震え声) 神戸はよく晴れてて空港まで見えました。



ハーブを使ったお料理が並ぶランチバイキング。
盛りつけ下手でスミマセン……美味しかったです。おかわりした挙句、デザート複数取ったところで、
「ハーブバスつくり始まりますよ〜」
と急かされて、渋々終了w<案の定食べ過ぎている。
ああ、ハーブ茶、ゆっくり楽しみたかったな〜〜。



てっきり、ハーブバスというと、バスボムみたいなの作るのかと思ったら、出汁パックにハーブをブレンドするだけでした。
でも組合せで色々あるのね……これは普通に使えそうで、しかも時間も短くて良かったです。わたしのブレンドはポットマリーゴールドで、美肌効果のあるやつw
で、またギャーギャー言いながらロープウェイを下って、いよいよ……



来ました!
滞在時間二時間……平日だというのに、(自分もなんだけど)団体客が多くて混んでます。
そこは一ヶ月前に色々経験したので、まず最初にフェルメールの「真珠の耳飾りの少女」を見に、並びました。
うわあ、そこだけ長蛇の列。
「近くで見たい方はお並びください。肩越しでよろしければ、こちら」
……とりあえず一番最初は並んで、20分くらいかな、待って、かぶりつきでみました。

……良かった……(感涙)。

それから順路を最初に戻り、順々に絵を見ていきました。
九州より見やすかったのは、点数が明らかに少なかったからだと思います。
九州の「ベルリン国立」では三時間かかったもんね、全部見るのに。彫像やスケッチまで多種多様だったし。

レンブラントの自画像とかルーベンスの肖像画とか、わりとわかりやすい絵が多くて、ゆったり楽しめました。

最後にまた「肩越し」に真珠をニ度みて、やっと気が済みました。
ホント、「気が済んだ」ってこういうことなんでしょうねえ。

あとは帰るだけ。
延々バスの中だったけど、そこは我が友iPhoneとiPadがいるwので、iPhoneで音楽聴きながらネットサーフとか、本を読んだりボードゲームをしたり(Huluはさすがに、移動しながらでは続けて観られませんでしたが)、退屈はしませんでした。

でも気がついたらちょっと寝てました。
なんだかんだ、盛りだくさんで疲れたのかなあ。



無事、広島駅まで帰り、ツアーは解散。
この時点で8時、晩ご飯は……せっかくだから、広島のお好み焼食べて帰ろう、と駅ビルへ。
うむ〜、いっぱいある。どれが美味しいんだ……。
ここは明らかに人が多い、麗ちゃんへ。

……美味しゅうございました。
わたしのはソバなしの餅入り。カープソースでした。
お土産にソースも買っちゃったw



帰り着いたらもう10時半。
戦利品です。
左はオランダ製のゴーフル?
少女の箱はクッキーと紅茶のセット、向こうは長男が気に入って買ったハーブ園のガラス細工です。


いやあ、堪能した!
久々、旅行らしい旅行をしました。
……日帰りなんですけどねw


あ、ルミナリエ、どっちにしろ17日で終わってました。
意外と短いのね〜〜。



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : diary
Tag : 日記 旅行
Posted by onion on  | 4 comments  0 trackback

iPhoneの壁紙にサムくん!



BBCの壁紙ダウンロードページ 

↑でダウンロードしちゃったよん♪
人形、似すぎw
オープニングでなぜか子ども番組のマジックボックスから出てくるサム人形が可愛過ぎる……そしてジーン・ハントまで出てきた挙句ロリコン犯人を殴る蹴る……そりゃ、「オマエだけは子ども番組にでるな」って叫びたくなるよねえ。
マジックボックスの出てくるイギリスの子ども番組らしいですが、知らなくても笑えます。



ホーム画面にはサムとジーンのシリアス写真。
引き続きハマってます。

今日はちょっとお出かけするので早起きしています。
では、いってきます!


にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : iPhone/iPad
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

お役所とホームベーカリーに振り回された日。

ついにというかやっとというか、山口の借家を今月で立ち退きということになりまして、母の住民票など、各種転出転入手続きに行ってきました。
色々ありますねえ、人が住むということは。
山口市の住民票の窓口に行って、健康保険証の窓口に行って、年金の窓口に行って、それから別施設の水道局に行って、郵便局にも行って、こっちの市にもかえってきたら、同じく住民票の窓口、健康保険証の窓口、年金の窓口……年金の振込先を変えるために銀行に行って手続きしてたら……3時になってシャッター閉められたw
最後はシャッターの陰の出口専用ドアから、最後の客として出ました。

本当に一日かかっちゃいました。
かえってきたらぐったりして、しばらく呆けてました。

呆けたまま夕ご飯作ってTVみて、いきなりパンを焼こうと思い立ちホームベーカリーにセットして……あれ、この仕上がり11時半になりそう? と気づいたときにはスイッチ入れてて、午後11時まで起きていることに……しかも、

失敗したし!

ふくらんでない……何が悪かったんだよ〜〜イースト? イーストが古かったの?
も〜。
で、今度はタイマーセットしてもう一度朝に出来上がるように……

「まあ、匂いは良いから、薄く切ったら食べれるんじゃないん?」

とジェリーが言う頃には、次のセットを始めてました。
ところがパンを焼いたばかりのホームベーカリーがピーピーエラー表示します。
う〜〜〜〜! まだ冷えてないって?

……結局寝たのは午前1時頃。
早く起きられるはずもなく。
リズム狂いまくりの一日でした。


ま、今朝起きて、次のパンがちゃんとふくらんでたのが、唯一の救い。
さて、朝食の準備でも。



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : diary
Tag : 日記 家族
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

映画「007 スカイフォール」

「007 スカイフォール」

それにしても、観に行くのが遅れたとはいえ、まだ二週間なんだけどなあ。
もう、MOVIXの一番小さなハコとは。
実際、人は両手が余るほどしか入ってなかったし。
ランキングなどでも、今は仮面ライダーの映画が一位?
一応007は二位だけど、後はまた日本映画ばかり。
そりゃ、MOVIXのラインナップもそうなるよね……ここのところ観たい映画が全くなかったわけだわ。
邦画がブーム、ってわけじゃ、ないと思う。
人寄せパンダなだけで、後に残りそうな映画もないし。
なーんか、映画館に人はいるけど、空虚な気がしてきました。

なんて、世間様が開票のニュースで大騒ぎな頃、映画を観る一家w


さて、肝心な中身ですが、公開から日が経っているのでネタバレ含みます。
未見の方ご注意。









オープニングの屋根の上のバイク激走から峡谷転落まで、そしてタイトルがバーンと出たときには、ちょっと鳥肌でした。
おお、滅茶苦茶ダブルオーセブンらしい! って。
これは本当に最高傑作になるかも、って。
ちょっと古くさいタイトルソングも、「原点回帰」としては充分な重量感で。

実際、マカオまではものすごく引込まれて観てました。
ふと、我に返ったのは、軍艦島のシーン。(エンドタイトルで「やっぱり」と親子で声に出ちゃったw)
あれ? ヘリコプター、来ちゃった?
あれれ? 007に出てくる巨大組織(軍隊とかMI6含めて)って、大体ボンドが全部終わらせた後に出てくるもんじゃない?

あれれ、それで流出情報は確保できたの?
なに、結局本当に○が目的だったの?
え、007の出自なんて、あったの?
つか、別に知りたくな……ケホンケホン。。。
で、最後は……えーと。



失敗した?(小声で)



ハハ。
まあ、敵はやっつけたよね、確かに。
最後のあたり、なんか映画が違っちゃってる? 「ダイハード」? って、どこかで冷静に分析しているわたしがいました。
つうか、スカイフォールにおびき寄せておいて、あと軍隊で取り囲めばいいことだよね、と。
デジタルに対抗するアナログなら、軍が最強なんじゃね?
なにより、相手の規模や人数、最後まで把握できていないんじゃ、ありませんか?
残党がいそう。
のちのスペクター?

結局、スペクターやギミック兵器を排して、大人のスパイ映画を撮ろうとしたのに、肉弾戦と爆発がメインの古くさいアクション映画になっちゃった……そう思うのはわたしだけなのかなあ。
ホント、中盤まではストーリー展開は重くてもユーモアも交えて、アクションもテンポ良くて今流行の何やってんだかわからないカメラのブレもなく、かっこ良かったのに。
うらぶれたひげ面のボンドがピカッと復活するのを期待して、ワクワクしたのに。

そういや、これ、夏に見てわたしにはあわないと思った映画「ダークナイト・ライジング」に似てるなあ。
こういうの、流行りですかねえ?
そしてわたしが流行から取り残されているだけですかねえ?
かっこよさを排して「重量感のあるキャラ」を作り出すことに重きを置きすぎて、カリスマを失っていくバットマンと007……なんか、残念。本当に、残念。





ところで、ボンドって、「僕」って言ってましたっけ?
字幕でニ度ほど(確認した中では)でてきて、ものすごく違和感があったんですが。
「俺」でもない、どっちかってえと「わたし」じゃないのかな〜〜。
まあ、英語ではどれも「me」なんだけど、「僕」に代表されるような未熟さ、青さが007に見えると、オールド・ファンは余計ドギマギしちゃいますわ。
「初めてじゃないかも」なんて男色をにおわせても別に平気だったんだけどなw

あと小ネタ。
「チャーチルの地下壕」って、本当にあるんですかね?
見たとたん、「トーチウッド」思い出したw イギリスの都市伝説かも?
(付記:本当にあるようです。チャーチル博物館狭そうだけど)

軍艦島、遠景でわかりました。
あんな島、他にないもんねえ。
その昔、千葉真一の映画で見た時は果てしなくゴミが散らかってましたが、ハリウッドの人たちが片付けたのか、それとも経年劣化でなくなっちゃったのか。まあ、使ったのは「素材」で、あとはCGかもしれませんけどね。
とりあえず「噂だけでとるものもとりあえず人々が逃げ出した」ようには見えませんでした。
だってこの島が放棄されたの、昭和も中期、何十年もたっている感がありありだったもんねえ。
いえ、出してくれたことには本当に感謝。久々に見られて良かった。



ジェリーの感想は「カジノロワイアルの方がよかった」……ハイハイ。
長男の感想は「軍艦島が良かった」アンタもそれかいw

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : movie
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

ドラマ「ニューヨーク1973/LIFE ON MARS」

ドラマ「ニューヨーク1973 LIFE ON MARS」

まあ、こうなるような気がしていました。
っちゅうわけで、ダラダラとTVの前の一日でした。
で、ニューヨーク版の「LIFE ON MARS」を最後まで観ました。

え〜〜〜〜〜〜〜。。。。。。。。


って感想しか浮かんでこないんですけど。
そのオチは……どこの中坊が授業中に書いた回覧小説だよと。
それも古い、わたしが中坊だったころのネタじゃん。。。
なんか、自分が昔書いた小説の稚拙なオチを思い出して、古い恥をさらされたようないたたまれなさが……中二病だな、こりゃ。

途中はなかなか良かったんだけどなあ。
クリスとレイが撃たれちゃったときは、「アタシのクリ・レイ・コンビになにすんじゃボケ〜〜〜!」と心の中で叫んでしまったw
こっちのクリスとレイのデコボココンビもなかなかキュートだったんで、いきなりの死亡フラグに怒り心頭、そしてその次のエピソードで都合良く助かってて、あの至近距離で撃たれて死なないわきゃねーだろ! と逆のツッコミを入れるという、お話に釣られてしまいましたわ。

音楽もやっぱアメリカ版の方が聴き覚えのある歌が多くて、懐かしさもあり、エンディングの曲もなかなか気に入ってました。

しかしやっぱ主人公、あかんわ〜〜。
また出会ったばかりの女性と寝るし。
それでヒロインとの最後のキスで「このためにここに来たんだ」って、嘘くせ〜w
で、最後のオチで台無し。

ま、最後に映った「足」で、それもナシなのかもしれないけどね〜。
結局、タイトルに近づけたかった? てか、意味が全然わかってないだろ、タイトルの!
本当に来ちゃってどうするんだよ〜〜〜〜w




……すみません、ここ数日、だれにもわからない、関心すらない話題を一人で叫んでる気がする……このあたりのドラマをタイトルで検索すると、ヒットするのは2010年のブログが多くて……てことは世間様はもう二年前に盛り上がって、一段落ついたところだったわけで、今はわたしだけが盛り上がっているのかもしれない……寂しい。。。

ま、ハマっちゃったもんはしかたないっすね〜。
このブログは基本独り言なんで、関心のない話題の時はどんどんとばしちゃってください。

その他の観たドラマ


「キケンな女刑事 バック・トゥ・80's」4〜6話。
まあまあ、ヒロインにも慣れてきたかも……しれない。
なんつっても、ジーン・ハントみたさなんだけど、どーもヒロインに毒気を抜かれてるみたいで、イマイチ。

「時空刑事1973 LIFE ON MARS」シーズン2の3、4話。
ジェリーと。ジェリーという人は、本当にわかりやすい反応をする視聴者でw、ストーリーをわかった上で見ていると面白いです。
「な〜んか、バクハツしそうだよなあ」だよね〜。
「アニーが危ないじゃん!」ハイハイw
「この少女怖過ぎる!」うんうん。
飽きません。
あと四話、楽しみだな〜〜……反応が。



で、iPadがいつも手元にあっていいことは、見ながら疑問をどんどん解ける訳です。
以前書いた「キットカット・チャンキー」なども、画像で検索してすぐに出せるし、4話のパーティのシーンで女主人が、
「サンタナ聴きたい人〜?」
とLPレコード掲げると、サムが、
「マジで?(Oh,God!)」(うわっ、ダセェって感じで)
と思わず言ってしまい、慌てて「マジで大好きです」とフォローするシーンなども、


そうか、ロック好き現代人にはこれは耐えられないかもw
とわかるわけです。

ソファでネット最高。
この上は草薙素子みたいに脳髄をネット直結しかないか?

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : television
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

ダラダラHuluと、パンの朝食。

寝坊寝坊。久しぶりに土曜日にヨガがないので(というか、今年いっぱいはもうないんだけど)、ぼやっと寝てたらもう7時すぎ。
みんな起きてくるかな〜〜と思いつつ、まだぼんやりしています。
こんな朝もいいね。

最近なんだか夜がシンプルで……家に帰ってご飯作りながらHuluで(目を離すのでこれまで見たことのある)映画とかを見て、終わって座ったら改めて「マイリスト」に登録したドラマを延々……そのうちジェリーが帰ってきて、
「それ途中じゃん、ワシわからんから『例のドラマ』続きを見せてよ」
というので、例の「時空刑事1973 ライフ・オン・マーズ」をまた延々と就寝直前まで……そう、なんだかんだで、ジェリーもハマってますw

昨日はシーズン2の3話の途中まで見ました。
やっぱ本家はいいわ〜〜。
その前に見ていたのがニューヨーク版だったので、違いが明らか……つか、ニューヨーク版見ていると、アメリカ人の下世話さが際立つような気がするのですが……主人公がブレすぎというか。
いきなりヒッピー少女と部屋で踊っちゃうし、出会ったばかりの女性と仕事場の資料室でコトに及ぶし、その女性が上司の娘だったりするし……アンタ、過去を楽しんでませんか? 切迫感がないこと甚だしい!

確かにイギリスのマンチェスター版は所々笑えるとはいえ、全体に重苦しいけど、主人公サム・テイラー役のジョン・シムが、どこかシニカルなユーモアをたたえてるんですよね。
自分はこの世界の人間じゃない。だから、極力73年の人々と関わりを持たないようにしている感じ……でもあまりの「現実感」に関わってしまう、そういう「揺れ」がこのストーリーのキモだと思うんです。

対して、ニューヨーク版は全体が軽過ぎるのに主人公にはユーモアのカケラもなくて、彼を見張る組織(?)の放った監視ロボットもチャチで、幻覚にしてもダメ過ぎる……なんかどんどん「Xファイル」みたいな「巨大な陰謀」っぽくなってくし、幼稚なドラマ仕立てに、ちょっとうんざり……。

まあ、最後までみるんですけど、こうなったら。

ところで、80年代ドラマが最後までみられないので、ついついネタバレさがしてしまいました。

その後の時空刑事 Ashes To Ashes NAVERまとめ

ああ、やっぱり。
なんとなくわかってはいたけどねえ。
だとしたら、サムよりアレックス(80年代の女性刑事)の方がかわいそうかも。
しかしキリスト教圏はこういう場所、作りたがりますねえ。
この間最後だけみた「○○○○」も、結局そうだったし。
そんなに自分の人生に「オチ」をつけたいものか……おっと、ネタバレスミマセン!




……と書いている間にジェリー起床、久々に長男と三人で近所のパン屋さん「シュクルヴァン」に行って、二階でリラックスして朝食食べてきました。
わたしの食べたのは左端の「豆乳クリームパン」。
白パン生地で美味しいけど、ちょっと甘いかなあ。



今日はどうしよう。映画にでも行こうかな。


にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : television
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

CD「LIFE ON MARS」サントラ



買っちゃったよ~~ん。



輸入物の「LIFE ON MARS」サントラ!
やけに曲数が多いと思ったら、サム・テイラーやハント警部のセリフもちょっと入ってて嬉しい。
ほぼ知らない曲ですが、どこかで聴いたような気がするものばかりで、「あの時代」の空気にわたしも生きていたんだなあ、と感じます。

ところで、ジーン・ハント警部ことフィリップ・グレニスターのIMDB見てたら、最新の作品が!



これって、「カーテン」ですよね!
ってことは、来年にもNHKでジーン・ハント(じゃないけど)に会えるということで! やったね!

……その下は「宝島」のTV映画のようで……キャプテン・シルバーかと思ったら、キャプテン・スモーレットでした……って、どんな役?(忘れた)

その他、アニー役のリズ・ホワイトがマープルの「ポケットにライ麦を」に端役で出ているらしいとか見つけて、また観直さなきゃ! ……と、完全に中心が変わっていってます。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : music
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

緊急速報……どこから?



この通知、どこから来たんだよ……。

会社の事務所で仕事中、いきなり数人のケータイが鳴りだしました。
「あ、周南市から防災メールがきた」
と社員さん。
すでにミサイルのニュースは知っていたのですが、へえ、そんなのが来るんだねえ……と思っていたら、わたしのiPhoneも鳴り始めました。
しかも、聞いたことのない着信音。
え、なに〜〜? と開くと写真の「緊急速報」ですよ。

なんだこれ?
Eメールにもショートメッセージにも履歴がない……じゃあこれは、どこからどういう風に入って、履歴はどこにあるの?
わからん。。。不気味w

多分……推測するに、iPhone4S契約時に色々質問されたとき、「防災のお知らせが届くようにしますか?」とか訊かれてハイと答えたんだと思う……お知らせが来た人たちのケータイもスマホも、比較的新しい機種だったので、「そういう機能」が付いていたのではないかと。
いや、覚えは全然ないんですけどね。
契約の時って、
「これはつけますか? 無料ですけど」
って際限なく質問されて、タダなら、ってんでハイハイ適当に答えちゃうもんで、自分の契約内容さえ覚えてないです。
困ったもんだ。
で、住んでいる市ではなくて、そのときいた周南市のお知らせが飛んでくるというのも、監視されてるなあと。これ、GPS切ってたら届かなかったのかなあ?


それにしても、数十人いた室内のあちこちでメールが鳴るという光景は、ちょっと恐怖でした。
「異常事態発生」なんて、サンダーバードの中だけにして欲しいよ、なあ。


……たとえが古過ぎる?w




にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : diary
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

過去を見て満足する日々。

121212の日ですよ! 「365歩のマーチ」とか言い出すTVに注意。
最近はテレビを見る時間が少なくなってきてますが。
リアルタイムと言う意味でね。
でもさ、ニュースでもない限り、ほとんどの番組(ドラマやバラエティなど)は録画したもの、考えてみればリアルタイムなんて、どこにもない訳で。
だから地上波&BSで見たいものはすべて録画してから見ているし、いわゆるオンデマンドにハマりまくって、ずっとTVの前、という状態は相変わらずです。

当然、書くこと(引き出し)も少なくなってきている昨今です。

読んでいる本


「ストレイン」シリーズの最終巻「永遠の夜」読了したのは先週ですが、何を書いてもネタバレになってしまうので、感想はまた今度。
今は「マネー・ゲーム」を読んでいます。
Amazon・Kindleで安かったので。
安いのばかり買うので、それほど読みたいという欲求がないせいか、あんまりすすみません。
内容は面白いんですけどね。
日本の野球ファンには受け入れられそうにないなあ、とか思いながら読んでます。

昨日見たドラマ&アニメ


「てふてふ荘にようこそ」7話。
終わるかと思ったら、8話まででした。
来週は管理人さんの物語かな。
ユルいながらも泣けていいです。終わると寂しいかも。

「中二病でも恋がしたい!」9、10話。
おお、進展した!
この手のボーイ・ミーツ・ガールものは、ちんたらちんたら紆余曲折するもんだと思ってたから、意外。
潔くていいですねえ。
あと二回くらいで終わっちゃうのかなあ。今期一番の当たりかも。

「時空刑事1973 LIFE ON MARS」シーズン1の2話。
結局最初の辺りをリピートしている……あかん、このままではDVDボックス買ってしまうw

「MAD DOG」3話途中。
真剣な話? イヤイヤ、バカ過ぎるだろう……男四人が死体抱えて右往左往する様は、すでに喜劇です。
ジョン・シムは相変わらず「誰?」ってほど違うけど、なぜかいつも殴られるのには大笑いしちゃった。
途中で時間切れ、また今夜。


って、選挙戦のニュースさえ見てないとは情けない。
週末には、ちゃんと選ばなきゃね。




にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : television
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

「御膳」VS「どん兵衛」。

どん兵衛きつねうどんと日清御膳きつねうどんの違い。

金曜にディスカウント・ショップに行ったので、例のカップ麺対決をしようと、二つ買ってきて作ってみました。
(二食わたしが食べた訳じゃないよ! どん兵衛は長男が食べましたよ!<言い訳臭い?)

……外観撮るの忘れたw
まずはわたしの食べた「御膳」の方。

日清御膳きつねうどん






<標準栄養成分表>
1食(80g)当たり
エネルギー 355kcal
たん白質 8.4g
脂質 14.9g
炭水化物 46.9g
ナトリウム 2.1g(めん・かやく 0.8g)(スープ 1.3g)
ビタミンB1 0.18mg
ビタミンB2 0.20mg
カルシウム 126mg

<参考値>
調理直後に分別して分析
めん・かやく エネルギー338kcal 食塩相当量 2.0g
スープ エネルギー17kcal 食塩相当量 3.3g
合計 エネルギー355kcal 食塩相当量 5.3g

名称即席カップめん
<原材料>
油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白)
かやく(味付油揚げ)
スープ(食塩、魚介エキス、醤油、魚粉、ねぎ、昆布エキス、糖類、香辛料、昆布パウダー、魚介調味油)
加工でん粉
調味料(アミノ酸等)
リン酸塩(Na)
炭酸Ca
増粘多糖類
カラメル色素
酸化防止剤(ビタミンE)
香料
カロチノイド色素
香辛料抽出物
ビタミンB2
ビタミンB1
(原材料の乳成分、さば、ゼラチンを含む
<内容量>
80g(めん63g)

合成保存料、合成着色料は使用しておりません。


そして、どん兵衛。

どん兵衛きつねうどん(西)






<標準栄養成分表>
1食(95g)当たり
エネルギー 407kcal
たん白質 10.5g
脂質 14.2g
炭水化物 59.3g
ナトリウム 2.3g(めん・かやく 0.8g)(スープ 1.5g)
ビタミンB1 0.19mg
ビタミンB2 0.22mg
カルシウム 150mg

<参考値>
調理直後に分別して分析
めん・かやく エネルギー369kcal 食塩相当量 2.0g
スープ エネルギー38kcal 食塩相当量 3.8g
合計 エネルギー407kcal 食塩相当量 5.8g

名称即席カップめん
<原材料>
油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、大豆食物繊維)
かやく(味付油揚げ、かまぼこ)
スープ(食塩、魚介エキス、醤油、魚粉、ねぎ、昆布エキス、糖類、香辛料、魚介調味油)
加工でん粉
調味料(アミノ酸等)
増粘多糖類
リン酸塩(Na)
炭酸Ca
カラメル色素
pH調整剤
乳化剤
酸化防止剤(ビタミンE)
香料
カロチノイド色素
香辛料抽出物
パプリカ色素
クチナシ色素
ビタミンB2
紅麹色素
ビタミンB1
(原材料の乳成分、さば、ゼラチンを含む
<内容量>
95g(めん74g)

合成保存料、合成着色料は使用しておりません。





成分表の違い



基本を「御膳」としたら……

めん 63g→74g
エネルギー 355kcal→407kcal
塩分 5.3g→5.8g



麺に大豆食物繊維がプラス
具にかまぼこがプラス
昆布パウダーがない
リン酸塩(Na)、炭酸Caより、増粘多糖類が先に書いてある
pH調整剤、乳化剤がプラス
パプリカ色素、クチナシ色素、紅麹色素がプラス

って感じですか?
(違ってたら指摘お願いします。いや別に、研究している訳ではありませんけどもw)

麺をまっすぐにする製法がどんなものかはわかりませんが、大豆食物繊維を入れることで違いが出るんでしょうかねえ。
昆布パウダーは、「御膳」のうたい文句が「昆布香る」なので、昆布のうまみを前面に押し出してるのかなあ?
色素は、具にかまぼこが入っているので、そのために増えているんじゃナイかと推測。

あとはまあ、ちょっとした調整具合ですかねえ。
麺のグラムが多い分、カロリーや塩分が多くなっても当然みたいに感じるし。

外観と味


で、中身の比較。



ちょっと、撮る位置間違えた感が……左が「どん兵衛」右が「御膳」です。
麺は最初取り出したときに、両方縮れて見えて、ありゃ、見た目は変わらないかな? と思ったら、ちょっと置いてたら左のどん兵衛の麺、す〜〜っとまっすぐに!
ほおお、水分を含むとまっすぐになるんだね。
さすがっすね。
取り出すとき切れやすかったのは御膳でした。ということは、コシもどん兵衛の方が強いのかもしれません。
その辺は好きずきですけどね。
麺の長さは御膳の方が長かった気がしますが、全部は確かめてないので不明です。

スープはどん兵衛は今回西日本仕様なので、この間のYouTubeみたいな違いはありません。
ちょっとどん兵衛の方が濃いかな? くらい。
見ての通り、乾燥ネギもどん兵衛の方が多いようです。

飲んでみました。
どん兵衛……あ、どん兵衛らしい。独特のスープ。塩気が強いな〜。
御膳……どん兵衛飲んだ後だと、かなりあっさり感じます。確かに昆布だしの香りが強い。比べてみるとどん兵衛独特の「味」がない気がする……。

総評


……っても、個人的な感想ですが。
どん兵衛はどん兵衛らしくて、あの「味」が好きな人はこっちの方が良いんでしょうが、比べるとやはりしょっぱい。
カロリーは麺の重量だと思っても、スープの量は同じはず(カップの大きさが同じ)なのに、

御膳スープ エネルギー17kcal 食塩相当量 3.3g
どん兵衛スープ エネルギー38kcal 食塩相当量 3.8g


とここまでアップしているのは、相当味が濃いとみました。

あとはお値段、ディスカウント・ショップで、どん兵衛は137円、御膳は88円だったので、わたし的セレクトは、圧倒的に御膳です。
なぜか日清の「売れ筋」は安くならないんですよねえ。
それだけコアなファンがいるのか……よくわからないけど、わたしは安くて薄味で麺が好みな御膳を推します!


以上!<得意げだがほぼ実りはない記事でした〜。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : food
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

冬のお買い物。

日曜日は籠ると書いておいて、結局出かけました。
つか、土曜も出かけたんですけどね。
土曜は眼科の帰りに周南市のユニクロによりました。
今着ているウールのコート、周りからは「カワイイじゃん」って褒められるけど(それが50代の女性として褒め言葉かどうかは不明ですが)、実は寒いんです。
袖口と裾の広がったAラインコートなんで、風がスースー入ってきて……やっぱ若者向けなのかねえ。。。一気に老けた気分。

んで、ちゃんと裾も閉じた、袖口もゴムのダウン、買ってきました。

ところが昨日、ジェリーが「ユニクロに行きたい」と言い出しまして。
「パジャマが二枚とも破れた!」
というもので……破れるって、経年劣化? そんなに買ってなかったかなあw

ということで、またユニクロへ……今度は反対側、光市のユニクロへ行きました。
お店が違うとラインナップもちょっと違って面白いっすね。
結局、部屋着用にダウンのベストを買いました。洗い物とかするのに、袖のないのが欲しかったので。
母もいっしょに行ってましたが、さすがに入る服がない……でも室内着用に、フリーサイズのポンチョを買ってました。フリースで暖かいそうです。

その後、そうだ、光市に来たなら……と、母の好きな火野正平の「日本縦断こころ旅」で土曜に放送があった、光市室積の象鼻ヶ崎に行ってみようということになり、ドライブ。

あっ……ここから歩き?
う~~ん、しかも長そう……肺炎をやったことのある母は、この寒空で歩かせられません。
仕方ないので、漁港らしき駐車場までで引き返しました。
それでも対岸の風景は綺麗でしたけどねえ。

iPhoneまで忘れていって、写真が撮れなかったのは、残念。



昨日見たドラマ



「キケンな女刑事 バック・トゥ・80's」http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=331983
1話と2話途中。
……う~~~~ん。LIFE ON MARSと、雰囲気が違いすぎる……女性刑事がのっけからアホだし……しかもサム……うそ、うそぉ。。。嘘だと言って!
わたしのLOMのエンディング解釈と全然違う!
あかん……やっぱ見ない方が良かったか?

……でもジーン・ハント警部は、80年代でも健在でした。確かに以前ほどは乱暴じゃなくて、やりすぎのレイを叱るくらいの分別はあるけど……いきなりヒロインの胸触るのは、ないわ~~~~w
考えると、「TOP GEAR」のジェレミー・クラークソンと同じく、毒舌で嫌な野郎だけど憎めないタイプの男性なのですね~。
つまりはこのシリーズ、LOMで人気の出た彼を出すために作られたようなもので、主役は単に相手役だとw
奥さんいたのに~って思ったら「逃げられた」って……え~妻帯者ってのが良かったのに!
そうそう、



こんなものまで発売されてる!
どんだけ人気あるんですか……単独カレンダーw
……ほしいものリストにいれちゃってるし、わたし。

でもドラマ全体としては、あんまり好きじゃないのは、これが同じタイムスリップものでも、80年代だからかも。
あんま好きじゃないんだよね~あの頃の音楽も風俗も。
70年代はダサいを通り越して一周して今はカッコいいって思うけど、まだ80年代は4分の3周くらいで、なんかダサい。
とくに主役の女性刑事がブワッとしたカーリーヘアで肩出しの原色タンクトップ着てたりすると、もうヤダ。
そのデカいイヤリングやめて~~~! ってなっちゃいます。

なので、ちょっと間を置こうかなと。
これ、3シーズンまであるのに、Huluには1シーズンしかないし、どうせ結末わからないなら置いておこうかなと。

でも2話でゲストに、主人公が一目でぽーっとなる「イケメン刑事」(違った、実業家でした)に……レストレイド警部(ルパート・グレイヴス)が!
超明るい笑顔でフェロモン吹きまくる警部に大爆笑したので、拾ったものは大きいかもw


「ドクター・フー」37.38.39話。
ええ、シム・マスターみたさで!
いやあ、LOMでは真面目っぽいキャラだったけど、テナント・ドクターの上を行くエキセントリックさ!
輝く笑顔をみてると、そりゃ投票しちゃうわ~! 本人もめっちゃ楽しんで演技している様子が手に取るようです。

そうか、これは放送時に、BBCの二大女子受けドラマのコラボで、登場時にはものすごい阿鼻叫喚だったのでは?(マスター登場は隠されていたと聞きました)
シムが大統領です!(これも間違い、首相w)と巨大なビジョンに映った時のイギリス視聴者の気持ちが、やっとわかった気がします。
いやあ、嫌いだったのに、もう大好きになっちゃったもん、マスターw

ってことで、まだまだ続くシム熱でした。



……時間がなくて、会社で投稿しているので、リンク等不完全ですが、帰ってから修正するのでよろしくです~。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : shopping
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

ドラマ「時空刑事1973 LIFE ON MARS シーズン2」


(思わずスクショ撮っちゃったw そういう欲求が出る役者さんも久しぶり〜〜)


「時空刑事1973 LIFE ON MARS」

……書いた後読み返して、観ていない人には微妙にネタバレっぽいので、警告しときます。






……観ちゃった。最後まで。
しかも最終話はベッドの中でiPadでw
(ジェリーはまだシーズン1の途中までなので、一緒に見られなかった)
もう最後は本当にハラハラ、サム〜なにしてるんだよ〜〜〜〜!! と心の中で叫びながら観てました。

いやあ、いいドラマでした。
大満足。
そうだよね、不条理でもなんでも、自分がリアルと思う世界が、本当の「居場所」なんだよね……。
続編が作られてないのも良いですね……あれ?

この、「キケンな女刑事 バック・トゥ・80‘s」って、何?

え、今度は女性刑事が80年代にタイムスリップ??
しかも、拍車がかかる邦題のダメさ加減!
おお、73年の刑事たちがほとんど残ってる!
ジーン・ハント警部も生きてる〜〜〜! 良かった!

サムとアニーはいないな……う〜〜ん、これは観ないと!

……えっと、続編と言うよりスピンオフ? つか、「刑事コロンボ」においての「ミセス・コロンボ」てとこでしょうか?
柳の下のドジョウの二匹目というかw
観ない方が、「LIFE ON MARS」の余韻を崩さない気がするけど、あの70年代の熱血お下劣デカがどう80年代でソフィスティケートされてるかも、みたいw

……というわけで、今から1話を観ようと思います!


今日は、この間のどん兵衛問題(?)のレポとか、「永遠の夜」読了とか色々書くことあったんだけど、吹っ飛んじゃったよ〜〜ん。


にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : television
Posted by onion on  | 4 comments  0 trackback

本当はジョギング用。

……夕方の地震のニュースにはビックリしました。
津波が1メートル越えた地域もあったようで、ニュース見ながら祈ってました。
避難は迅速だったようで、良かった良かった。
この寒い時期に大変だったでしょうねえ。

いやあ、ホントに寒いですね。
瀬戸内は暖かいだろうという意見もありましょうが、冬は普通に寒いです。
特に職場。
昨今は「ウォーム・ビズ」とか言って、エアコンの温度を下げて(去年は21°とか言ってたのに、今年はポスターに修正が入って19°に!)仕事しようとか上司は言ってます。
電気料金がオマエの営業所だけ高いと文句言ってくる本社などもあります。
そりゃ、男の人は色々着込めるかもしれないけどさあ。
女性は制服がスカートだし(しかも膝丈)、上着は支給されてないので自前とはいえ、あんまり「事務服らしくない」ものは着られないし、なにより仕事しづらい。

ほぼカロリー消費ゼロのパソコン仕事してると、体がどんどん冷え込んでいって、腰から下が冷えきってしまいます。
なので既にタイツははいてますが、もう少し寒くなると、レッグウォーマーなども登場します。
それより先に、今年はホカホカカイロも登場しました。



……家に(なぜか)大量にあったので会社に持っていったんだけど……これ「貼らない」タイプじゃんよ〜〜〜!
駄目じゃん!
スカートの間にはさんでみたらずり落ちるし、ポケットに始終手をつっこんでいる訳にもいかないし、どうしたもんかと思っていましたが、以前買ったこれ↓を思い出しました。



フリーサイズ・ポーチ。
パッと見はジッパーの幅ほどの大きさしかないベルトポーチですが、この入れ物部分かなりの伸縮自在で、携帯やお財布を入れてジョギングをしてもピッタリで揺れなくてイイ! ……というものなんですね。
ダイエットに凝っていた頃買ったものですが、あまり夜のウォーキングにもいかなくなったので遊んでいたものを引っ張りだしまして、入れてみました。

 

あっ……伸縮自在が裏目に……中でカイロがくちゃくちゃになってしまいました。これでは狭い範囲しか暖かくならない……。



取り出して、四隅をホッチキスで留めました。



厚紙に!  これで完璧〜。



これをぎゅうっと押し込むとこんなに広がる〜!
これを腰に巻いて、昨日は一日過ごしました。

快適!

体が冷えて通らなくなっていた血流認証(下手に新しい鍵がかかってるんすよ、職場)が通るようになりました。
あたためているのは腰でも、体全体に行き渡っているようです。本当は肩甲骨の間が一番良い、って言ってましたが、そうなるとなにかリュックサックを背負わなくてはいけないことにw なので、今のところこれがベストかなあ。


寒がりには、冬はつらい……。




昨日見たTV



「キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿」
シーズン1が終わっちゃった〜〜〜! 楽しみにしてたのに〜〜。
地上波で録画予約していたのがどんどん終わっていく……シーズン2を楽しみにしますかねえ。

「MAD DOG/マジョルカの罠」
途中。LIFE ON MARSに出ていたジョン・シムの出演作見てたらHuluにあったので、とりあえず最初だけ。
……全然同一人物に見えないんですけどどうしましょうw
お話的には面白いのでまた落ち着いて最後まで観たいと思います。

「時空刑事1973 LIFE ON MARS」
シーズン2の3話。
イヤイヤ、暗いようで明るいようで、冷たいようで暖かいようで。
人生はみんな、そんなものだよねえと。
シニカルな笑いも交えつつ、面白く見ています。
最後に女の子に「ご褒美にキットカット買ってね」といわれ、思わず「チャンキー(ちょっと大きめでキャンディバーみたいなの。でもチャンキーにはデブ、って意味もありw)買ってあげるよ」と言って嫌われるオチには、笑ったw
この頃はまだ発売されてなかったんだねえ。

つか、IMDB見たら、ジョン・シム……「ドクター・フー」の「マスター」やってた人なのね!
うわ〜〜〜そういえばどこかで見た気がすると思った!
マスター……やなヤツだったけど、今見返したら印象が違うかもしれない。


徐々にジョン・シムにハマりかけてる今日この頃。


にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : health
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

ドラマ「時空刑事1973 LIFE ON MARS」シーズン1

遅く寝れば遅く起きる。
そしてお風呂も入らず寝ちゃうと、朝シャワーとなって更に時間がなくなる……悪循環っすね。

そんなわけで、今日も時間がなかったりします。

時空刑事1973 LIFE ON MARS



イカンね~~ハマりまくってます。
シーズン1は観ました。
一シーズンが8話で、シーズン2で終わりのようなので、先が見える分嬉しいやらもったいないやら。
まあ、展開的にはあまり変化はないので、短くて正解、って感じでしょうか。

やっぱイギリスのドラマはいいわ~。
なんつーか、もう雰囲気が。
アメリカドラマのような妙なストッパーがかかってないと言うか(社会的配慮、とかいうやつ)、ユーモアがブラックと言うか。

実はこれ、アメリカでリメイクもされているんですね。

ニューヨーク1973/LIFE ON MARS

一話だけ観ましたが、う~~ん、なんかもっさり。
70年代の熱血お下品刑事がハーヴェイ・カイテルなんで、豪華っちゃ豪華なんだけど、画面がスタイリッシュじゃないというか……まあ、先に観た方の印象が良くなるのは当然なので、イギリスの方が終わってしばらくしてからアメリカの方も観ようと思います。
(しかし12月末でアメリカ版の放送終了なので、その辺りは急がなくてはならないジレンマw)

で。
邦題、やっぱヒド過ぎるよ~~~!
これじゃあ、戦隊ものみたいじゃん。「時空刑事ギャバン」……あかん、笑いがw
副題の「LIFE ON MARS」が原題です。
同名のデヴィッド・ボウイの曲から来ています。



冒頭交通事故にあう主人公のiPodクラシックから流れてきていた曲、73年の曲らしく、ほとんど「そのせい」で1973年に行っちゃったんじゃないかと思うんだけど、日本語の訳詞を見てもいまいちわからない、ちょっと難解というかアナーキーというかブッ飛んだ詞なんですが、まあ、自分のいるべきでない場所にいる気がして、まるで火星にでもいるよう、ってことなんでしょうか?

73年当時4歳だった主人公サムには、まさに「火星」のようなイギリス(マンチェスター?)で、過去の刑事たちや文化そのものとのギャップに苦しみつつ、「未来の自分」へのつながりを探していくという……これもタイムマシンものかなあ。
夢オチもあり、なんですけどね。
これは夢でも許せるなあ。
逆にXファイルみたいに「巨大な陰謀」説だったら、なんか嫌だ~~。

主人公サムが、ちょっと「SHERLOCK」のワトソンさんっぽくて、でもクールでステキです。
超わたしの好み(あんまでっかくないし)。

一話完結でどれも出色の出来ですが、中でも、フーリガンの起源(?)を扱ったエピソードには泣いてしまいました。
サッカー(フットボール)と野球でも、「親子で一緒にゲームを観に行く」楽しさを知っているから。

「父がいなくなって、ゲームには行かなくなった。……行くべきだったよ、今考えると」

……来年は父もいないし、球場にも行かないかなあ、とぼんやり思っていた矢先だったので、胸に迫るものがありました。
来年も行こう、うん。


……まあ個人の思いは置いといて、てか、物語を見ながら自分のことも考えてしまうドラマが、やっぱいいドラマですよねえ。
終わるのはもったいないけど、サムには幸せになって欲しい。
キャラクター全員に幸せになって欲しいなあ。

そう思えるドラマも、いいドラマですよね。



地図で確認。マンチェスターって、結構ロンドンから遠い……昔の建物も残っていて、雰囲気あります。
てか、昔の工場をアパートにするって、どんだけ古い建物を保存するのか……イギリス人って、スゴイ。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : television
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

喪中ハガキ出しました。

やっとこさで、喪中ハガキを出しました。
印刷してから一ヶ月以上たってたりしてw

セブンイレブンの年賀状プリントサービス

↑のチラシをもらって、インターネットで印刷を頼みました。
喪中ハガキなんてどれも同じと思っていたら、結構色んなバージョンがあって、(名前とか享年月日とか入らないものもあるんですね)ちょっと迷いましたが、15分くらいで注文完了、金曜日にたのんで、出来上がりが月曜の朝8時と、かなりのスピードです。
やっぱ、全国展開は違うね〜〜ちょっと高いけど(ハガキ代なしでも8千円以上しました)、煩わしさがなくていい、と思ったら、店員さんがアルバイトで、来ているはずのハガキを探せずに、手に入ったのは火曜日でした。
……ま、コンビニらしいと言えばらしいかなあ。



ここのところ、Huluにハマっているので、本当に地上波TV(というよりリアルタイムTV)を見てません。
中でも、

時空刑事1973 LIFE ON MARS(邦題がヒド過ぎる)

というイギリスドラマが面白くて!
観終わったらレビュー書こうと思います。


にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : diary
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

キュウリの唐辛子炒めの……素?



ありゃ、ボケてる?<最近目が悪いので写真のピントが合ってないかどうかその場ではわからないw
珍しく、二日続けて食べ物ネタです。

最近のヒット、キュウリの炒め物です。
本当は

Eレシピサイト

のように作る(味付けはちょっと違うけど)んでしょうが、我が家ではペペロンチーノのように油に唐辛子のからみを移して、それでたたいたキュウリを炒め、塩・こしょう・醤油を少し、で味付けしてました。

んで、そのとき唐辛子がなかったんですね。
ああ、キュウリたたいちゃったよ。(バラバラ)もう他の料理には使えないよ。
ってことで、



はい、例の「食べるラー油ブーム」のときに購入、作らず放っていたラー油の素の袋が目につきました。
中の「具材」フライドガーリック、ローストオニオン、唐辛子のミックスを、油に投入してみました。

おお、なかなかイケる?
出してみると、ジェリーに超好評。
「これからはずっとこれで!」
というお達しがでました。

……が、上記のごとく、どこにも売ってません。
ブームが去ったんだなあ。これも串カツソースと同じ運命か。



とりあえず、似た商品を探して注文しましたが、どうかなあ。

……と、ここまでやってから、はたと気づく。

フライドガーリック
ローストオニオン
唐辛子の刻み

を別々に買ってミックスすれば、いいんじゃね〜の?

う〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん。

でもまたジェリーが「配合が云々」言いそうだしなあ。
とりあえずこそっと上記を使ってみて、駄目なら自分で配合を考えますか。

お手軽な「素」で当たりレシピ(家族に好評)を作っちゃうと、「素」がなくなると困りますね〜〜〜。
てか、元々そのための製品じゃないものなんで、おおっぴらにメーカーさんに作ってとか言えないし〜〜。粉調味料はあまっちゃってどうしよう、な状態だしなあ。

とりあえず、届くの待ってます。



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : food
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

カップ麺はチープな方が好き。



「どん兵衛」VS「サッポロ一番」 日清がサンヨー食品提訴

……な〜んていうニュースを見ると、世間ではそんなに「まっすぐな麺」が好かれているのかあ、と認識する訳ですが。

わたし、「昔の」どん兵衛が好きでした。
縮れて所々薄くなってて、その縮れた間に独特のスープ(他のうどんとは違ううどん味!)が絶妙に絡んで、大好きでした。
それが何年か前から、まるで縮れ麺が悪であるかのようにCMでまっすぐ麺を売り出して、どん兵衛のあの美味しさがなくなっちゃって、残念でした。

……まっすぐな麺、腰の強い麺が好きなら、普通のうどん食べるよ!
今は冷凍うどんもあるし、本物志向もいいけど、カップ麺は所詮即席、讃岐うどんみたいな腰が出るはずもなく、稲庭うどん系の乾麺と対抗するくらいしかできないのに、なんでわざわざまっすぐにするかねえ?

「のどごしがいい」というけど、蕎麦じゃあるまいし、うどんは噛んで味わうものでしょ。そのときスープが絡んでいるかどうかが重要なのに!

ああ残念。

……と思ってたら、近所のドラッグストア兼ディスカウント・ショップで見つけました。





ん〜? 日清食品で、きつねうどんだけど、どん兵衛じゃない?
ああ、お値段も安いね。
と、気軽に購入、食べてみてビックリ。
これ、昔のどん兵衛じゃない?
味、違うかなあ……(味オンチ)、よくわからないけど、麺は「そのもの」です。
縮れてて、スープがからんでおいしい!

これこれ、これだよ〜〜〜。



中身がよくわかる比較動画。
まあ、ウチは関西圏なので、スープの色は変わらないと思うんですけどね。
ディスカウント・ショップでもあまり安くならないどん兵衛に比べて、御膳の方は88円とかで、かなり安く買えて、しかもわたしの好みでラッキー。

その他でも、カップ麺はチープな麺のペヤングとかエースコックなども好きです(褒めてることにならないかもw)。あんまり見かけないので食べませんが。

こういうファンも、いるってことで。


にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : food
Tag :
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

ミレディは魔女で張り込みはデバガメな一日(意味不明)

昨日は笑って過ごせた……かな?

一日の最初に、「てふてふ荘へようこそ」を見ちゃって、また泣いたわけですが。
……そう、またまた安穏とTV見て過ごしました。
昨日は長男もお出かけ、ジェリーもゴルフの練習(本当に勤勉な人間)に行ったし、実家の片付けに業者さんが来るというので、「最後だから」と母も弟に連れられて山口に行きました。
わたしも行かないとだめかなあ、と思ったんですが、行ってもすることないし、あの借家にわたしは愛着はないしね、遠慮しました。

という訳で朝から一人、何でもみれたはずなんだけど、思わずHuluの映画のラインナップを

50音順に順々に見ていく

などということをやってました。
どんだけ暇やねん、わたし。<イヤイヤ、やるべき仕事はいっぱいあったんだけどね。
で、気になった作品を「リスト」(お気に入りのようなもの)に入れましたが、なかなか本編に至らず……てか、みたと思ったステイサム主演の「アドレナリン」が見当たらない……最初からなかったのか、ラインナップがおわったのか? よくわからないのですが、ぼーっとみてて好きそうなのを見つけることはできるけど、「あれがみたい」と思って探すとナイ……そんな感じかな?

でも、ジャンルでくくらなかったら膨大にあって、「ナ行」でギブアップ、ちょっと気になっていた、

三銃士 妖婦ミレディの陰謀



をみました。
お~おフランス映画だ! やっぱ原作通りフランス語で「ダルタニアン」(どぅるとぅにぉん、って聞こえるw)っていうと良いなあ!
おお、ミレディがエマニュエル・べアール? いいんじゃない?

……と思ったのもつかの間、え、これがダルタニアン? すっげ~……鷲鼻のオジサンなんですけど。
後で出てくる三銃士(下手したらポルトス)より大柄で年上に見えるって……そもそもキャスティングがおかしくないですか???
枢機卿がチェッキー・カリョって……あんまり悪い人に見えない~~~w
音楽もなんかしょぼいし……途中の宝石職人のシーンなんか、もののけ姫のバックにながれてそうな……テーマ曲はまるっきり「パイレーツ・オブ・カリビアン」だし~~。

微妙すぎる……しかも前半のアクションで、ほとんどの三銃士の話は終わり、あとはミレディとの対決に……つか、

ミレディが自分の子を悪魔に捧げて魔力を得た

って!
そういう設定、初めて聞きました!
ミレディの魔力を奪うための儀式とかなんとか、あまりに三銃士の原作から離れていって、お~~~い、どこ行くんだよ~~~、な展開にあれよあれよ。

最後は、ファンタジーにありがちな……どっこい悪は生きていたパターンの王道で締めくくりましたけど。
お願い、続編はいらない……。

フランス映画って、定番がわからなくて、その分だけはハラハラドキドキしました。

そのあと、ドラマの

サイク/名探偵はサイキック?



を見始めました。
これが結構面白い! 超能力など持っていないけど、観察力の鋭さで犯罪を見分けられる、って設定も面白いし、キャラクターも好き。
これはハマりそうです。



そのうちジェリーが帰って、お昼をいつものディマーレでパスタ。
やっぱり定番の「チョリソーのピリ辛スパゲッティ(トマトソース)」を食べました。美味しかった~~。



で、昼からはジェリーの好きなのを見て良いよ、というと、
「じゃあ、モンク!」
……なんでか、モンクが大好きです。日本語字幕なんで吹替えの方がいいとこないだダダをこねたじゃんよ、いいのか?
「じゃあ、第一回から!」
シーズン1の?
見始めると長いぞ~とは思いましたが、Huluを続けて視聴するにはジェリーの需要も肝心なので……終わると、
「面白かったね! これで一ヶ月980円だったら、安いんじゃない?」
ふふふ、計画どぉーり!

そして夕食のあと、今度はわたしのチョイス、

張り込み



……だから、見てない映画を選べよ、自分!
ビデオ時代に何度も何度も見たのに、見たくなっちゃうんだよね~。
ジョン‘バダム監督の80年代のアクション映画は、ストーリーは軽く、アクションは超本気! こんな映画に命をかけてるってスゴイと、変なところで感動してしまいます。
リチャード・ドレイファスとエミリオ・エステベスも可愛いし、マデリーン・ストーはエロいw
ジェリーも「見たことあるじゃん~」とか言いながら、大笑いしてみました。
ああ、映画って楽しいなあ~と素直に思える、マイフェイバリットです。


一日笑って過ごせて良かった……しまいに涙が出るほどわらったよ~……って、それじゃダメかな?


出かけるまでにアップできなかったので、出先で最後を打ってます。帰ってからきちんとやり直すつもりですが、とりあえずここまで!

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : movie
Tag : 映画 TV Hulu
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

高くも重くもない涙に訳などなし。

わたしの涙は安い。

こらえにこらえた、あるいはふと気を抜いたときにぽろっとでてしまう涙を「値千金」とすればの話です。

自分でも押さえようがないというか、がまんとかいうレベルじゃないっす。
もう、ほんのちょっとのことで、涙が出てしまうわけです。
本人が感動したとか悲しかったとか思うより先に。

自動号泣機

みたいなもの。
昔から少女マンガ雑誌を一冊読むと、必ず泣きはらしていたものですが、近年更にひどくなった気がします。
ニュースなどで「感動」系の話とか、「ちょっと心温まる話」でもポロポロ泣いてしまうようになってしまいました。
年のせいなのかなあと思っていましたが、以前、わたしより10歳は年上の社員さんに、
「わたしは泣かんよ。もう充分辛い目をみたからね」
と言われ、そうか、わたしは決定的には辛い目にあってないのかなあと、思ったものですが、その「充分辛い目」って、どんなの?

わたしみたいに、「子どもを交通事故で失いかけた」って、辛い目じゃないの?

まあ、今現在は生きているから、辛い目と言えないかもしれないけども。
考えると、その頃から更に涙もろくなった気がするw
ジェリーなどもそうで、朝からニュースで子どもの難病支援とかやってたら、通勤の車の中で二人でボロボロ泣いてるしなあ。
当事者に共感できるようになったということでしょうか。

まあ、そんな建設的な涙(?)じゃなく、そらもう、なんで泣くかなあ、と自分でも思うくらいのくさ〜〜い芝居でも、一定の涙がでるので、困ってるんですが。

この間なんか、会社の「人権研修」のビデオで泣いちゃったしw
他の女性たちに、「この人なんでこんなので泣くの?」と怪訝な顔をされてしまった。
韓国ドラマが嫌いなのも、出来は良くないと思うドラマで泣けてしまう自分が嫌いなのかも。
そらもう、あんなにユルい「てふてふ荘」で号泣しちゃうんだから……始末が悪いんです。

ほぼいつも泣いている状態じゃないかと自分でも思うのですが、昨日は泣き続けでした。

「てふてふ荘へようこそ」


録画で視聴。来週が最終回ですが、ビデオを保存するほどいいドラマとは正直思わないんだけど、マジでよく泣けます。
管理人さん、○○○だったのね。

「ホーム・アローン」


金曜ロードショーで、結局観ちゃった。いやあ、いい映画。これはもう間違いなく泣けるでしょう!

「スーパーマン・リターンズ」


Huluで。久しぶりにみると、最後のあたりは号泣です。
でもやっぱりあまりいい映画とは思えない。暗過ぎるし、クラークの良さがまるっきり出てないし、やっぱりスーパーマンがなよっとしてる。
けど号泣。文句言いながらも。


あんまり泣き続けるとまぶたが腫れ上がって大型遮光器土偶みたいになって月曜に出社できなくなるので、今日は泣かないで済むものに限定してみることにしようと思います……あるのか、そんなの?


自信なし。



そうそう、テンプレまた替えました。
更にシンプルで、でも機能的には充分なタイプかと。IEで確認済です。
<h3></h3>で囲むと、↑の題名のように、副題がつけられるようです。




にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : essay
Posted by onion on  | 4 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。