FC2ブログ

oniondiary | 日記。時々映画やドラマや小説のレビュー。最近はなんとなく毎日書いてますが無駄話多し。

リピート映画「ダイハード2」

映画「ダイハード2」

リピートもなにも、定番中の定番ですが、なんと、確認するとソフトを持ってない……そうか、ここ数年は観てなかったってことですか。

来月新作が公開されるのを、
「観に行く?」
と長男が聞くので、そりゃもちろん、ジョン・マクレーンとは長い付き合いだからねえ、と言うと、
「俺、古いのを観た覚えがないよ」
ほー、あれほどわたしが再生してたのに、覚えてない? ほぼ環境音楽になってたと思うけどなあ。
まあそれも、遠い昔ということでしょうか。
で、コレクションのDVDのデータを探す……「3」しかない!!

あ〜〜、そうだよ、一作目なんか、レーザーディスクで持ってたもんね。
どんだけ昔なんだ……輝かしき80年代(皮肉こめ〜の)だもんねえ。
あれだけ放送していたテレビも、ほぼVHS録画だったもんで、今は残ってないんですねえ(残っていたとしてもヒドい画質だったろうなあ)。

んで、水曜にレンタルビデオ屋に行こうとして……追突されたと。
もう行く気もなくなってたんですが、長男の方から「行こうよ」と誘ってくれたので、とりあえず行ってみました(代車でw)。

ま、ないわな。

週末だし、公開前とて、旧作が専用コーナーに並べられていましたが、1はやっぱりありませんでした。なにせ最初にLDで出るくらい古い作品、在庫も一つしかないだろうし、3も4.0もなく、ただ一つ、残っていたのが「2」。
なので2を借りて帰りました。

おかしいなあ、わたしとしてはこの2までがダイハード、って感じなのに。
妙に「真剣に」やっちゃってる3より、もはやオブザーバーになっちゃった4.0より、断然こっちだと思うんだけど、監督が違うせいか「やりすぎちゃった」のか、映画的にすでにクラシックに入っちゃってるのか、人気ないのかなあ。

まあいい、世間様とは折り合いがつかないわたし、隙間見つけてみてますよ。

さてさて、中身はやっぱりダイハード、相変わらずの暴れっぷりですが、1にも通じるユーモアのセンスが随所にちりばめられています。

「ここはお前のいて良い場所じゃない」
といわれると、
「いつもそうなんだ」とぼやいてみせながらもまだまだ「邪魔」をするw、基本的には「図々しくて周りの見えないヤツ」だけど「人懐っこくて嫌いになれないヤツ」なんですよ、マクレーンという男は。
だから「人なつっこさ」がなくなった後のシリーズは、どうにもピンとこないんだなあ、きっと。
1の警官や、これの空港警備員とか地下スタッフとかに、迷惑がられながらも最後には好かれてしまう、チャームがあるというか。

大体一作目ではダメっぽく出てきましたが、ブルース・ウィリスって、「セクシーな男優」だったのよ、当時は。
デビュー(?)の「ブルームーン探偵社」ではフェロモン振りまきまくりだったし。
それを思い起こさせるのが空港のカウンターで、マクレーン刑事がファックスを頼むと、あからさまに秋波をおくる女性……指輪を動かしてみせながら(これがまたせくしーw)「ファックスだけもらっとくよ」とニヤリ……こんなシーン、後のシリーズではなかったんじゃなかろうか……いつの間にか「ハゲを受け入れろのおっさん」になっちゃったし(泣)。

……ま、それはさておき。
CG抜き(VFXは時代物w)の本気スタントの怒濤のアクションの中で、ちりばめられた小ネタでちょっとずつ笑いを挟みながら、エンディングまで一気に見せます。
例のダメジャーナリストも既に懐かしい域、よおって感じ。
観終わって……

「1が観たいよ〜」と長男。
そうだよね〜。


……1のBlu-ray、Amazonに注文しちゃった。。。



スポンサーサイト



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : diary
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。