FC2ブログ

oniondiary | 日記。時々映画やドラマや小説のレビュー。最近はなんとなく毎日書いてますが無駄話多し。

映画「テッド」

「テッド」

金曜日の夜更かしは、これのせいでして。

このままでは見逃してしまう、どうみたってわたしの好みどストライクのコメディ映画「テッド」、金曜の夜にまたもや長男とドライブ(気をつけてね急がないでねと助手席で言い続けw)して、二つ隣の市のワーナーマイカルシネマズまで行ってきました。
一日だから、どこも千円だろうとあたりをつけてましたが、ビンゴでした。
レディース・デイとかが違ったりしますが、一日が映画の日なのは全国的なんですかねえ。
なんと、自由席。シネコンなのに? 珍しくない? と言いながら、早めに席につきました。

……前の方で一人で笑ってた気がする……///(ハズカシイ)

多分場内にいた人の大半がわからないネタで。
特に「フラッシュ・ゴードン」部分は大ウケ……いやあ、あの頃の自分までも思い出しちゃいました。
「スター・ウォーズ」が79年に日本で公開されて以降、雨後の筍のように作られたSF&アクション映画、そのどれもが日本に(淘汰されることもなく)入ってきていた80年代前半、わたしも二十代で働いていたんで、小遣い使い放題だったこともあり、やたらみました、こういう映画。
「スパイダーマン」がメジャーな映画になる前の、TV映画の「スパイダーマン」も劇場公開されるような、そんな時代だったものね。(ちなみにそこにウォークマン持ち込んで録音したオタク娘でしたw)

でも「フラッシュ・ゴードン」はクイーンの音楽以外に覚えているのは森の王様をティモシー・ダルトンが演じてて、ハンサムだったなあ、くらいのもので、映画としては凡庸以下、今では覚えている日本人も少ないでしょう。
わたしは色々とよみがえったこともあって大爆笑でしたが、一人で笑ってたかも。
アメリカ人には大ウケなんでしょうねえ。

あと、着信音ネタにも、かなり反応してしまった。
彼女の着信にアレはないでしょ〜w
そして、親友テッドの着信に「ナイトライダー」のテーマ!
手ェたたいてウケた〜〜!!
いやもう、二人の「ダメ大人」が自分とかぶりまくり(麻薬以外w)って、どうなの、自分。
途中から、自分が大人になっているか? って、ちょっと(ちょっとだけね)反省しちゃったじゃないですか。

ストーリーは王道ど真ん中、でもあの悪役は小者なのに怖すぎ……と思ったら、「アバター」に出てたあの人だったのね。
……踊りがキモ過ぎるw
あれかな、ちょっとクイーンのフレディ・マーキュリーっぽくしてるのかな。
どっちにしても80年代から抜け出せてない分、主人公たちとそう変わらない気がします。陰と陽ってとこかな。

ちょっとだけ真面目に考えてみると、日本では、大人と言われる年代になっても、「大人っぽく」しなくていい文化がありますが(二十歳過ぎて「女子」って言っちゃう女性と青年向けのコミックしか読まない男性が大多数ですもんね)、アメリカではそうもいかないのかもしれません。
ある程度の社会人になると、女性とつきあう=子どもじみた趣味を捨てる、ってことになるのかも。
いわゆる「オタク」と「普通人(リア充)」の差がくっきりしているというか、二極化していて、まるで住む世界が違うかのようです。

てか、別にこれ、テッドがぬいぐるみじゃなくても、「オタクな友達と縁が切れない彼氏」ってことで、実は特別なシチュエーションじゃないんじゃないの?

あれ?w

……でも、クマのぬいぐるみだからこそ、あの「別居」には泣けます。
ぬいぐるみだからこそ、あの喧嘩には大爆笑できます。
クマだからこそ、あのエンドで納得です。

いやあ、下品だったw
でもおおっぴらに笑って、そしてほろりと泣いてきました。
このバランス加減がサイコー!

マーク・ウォルバーグはこういう役が向いてるんだと実感。
「ハプニング」でも、真剣なのにとぼけて見えて、なんだか緊張感が抜けるシーンがあったし、存在自体が癒し系というか、やっぱ好きだ〜。
恋人とのラブラブシーンなんか、めっちゃキュートでしたねえ。
実は彼の代表作になるんじゃないかと思ってしまいます。
仲直りしにきた彼女に別れの言葉を決めてしまうシーンとか、良かった。ラブ・ストーリーとしても好きです。
これはソフト買って繰り返しみたい映画ですねえ!

っちゅうわけで、ダイエット中だけどこういう映画にはやっぱポップコーンとコーラよねえ、と売店に行ったら、MOVIXではもうなくなってるナチョスがっ! 思わず買ってボリボリ食べながら深夜まで映画観て、ドライブしてレンタル屋に寄ってから帰りました。
テッドたちなみの、自堕落でオタクな親子です。


そうそう、レンタルで借りた「TOP GUN」昨日観たら、トム・スケリットが出てて笑い転げましたとも!(映画で出てたのをすっかり忘れて借りた)





スポンサーサイト



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : movie
Posted by onion on  | 7 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。