FC2ブログ

oniondiary | 日記。時々映画やドラマや小説のレビュー。最近はなんとなく毎日書いてますが無駄話多し。

とじ太くん、導入。





買っちゃいました、その名も「とじ太くん」……安直だ……びっくりするほど安直だw

そう、一旦裁断した本を「復元」するために……本末転倒極まれり?
イヤイヤ、理由はわたしなりにあります。
電子化してデータベース的に使いたい、けどビジュアルとして残しておきたい本……例えば洋裁関係の本です。
1月に休みをほとんどつぶしてスキャンしまくったんですが、その後どうしても捨てられなくて……もちろん型紙があるものもありますが、本として棚に並べておく方がパッとみて手に取れて安心するんですよ。だから捨てる気にならなくて……クリアファイルに入れて、保存していました。



でもこれじゃあめくれないし(1ページごとに入れてたら恐ろしい数のファイルが要ることに)、背表紙からどんな本があるのかわからない……結局探すことに。
それで買ったんですが、このとじ太くん、背表紙は専用の、



カバーが要るんですね……え、表紙がクリアファイルみたいになるの? なんかそれは、復元として違うなあ、と思っていたら、こんなの発見。↓

ブログ「固定観念をぶっ飛ばせ!」

お〜とじ太くんであらかじめ背表紙はがせば、裁断した後ホットメルト・シート、



を貼って再びとじ太くんで綴じて、本が再生できるんだ!
良いことを聞きました!

……それ、裁断する前に調べるべきでした。。。
背表紙ごと、裁断しちゃったし。
背表紙がないと、もう専用のカバー買うしかないかも……う〜〜ん。

でもまあとりあえず、表紙にくるみカバーがついているタイプは、そのカバーにくっつけちゃえと思いまして、やってみました。



カバーの背に、ホットメルトシートを貼ります。
最初普通にはさみで切ったら曲がったし……そしてよく見たら「ミシン目入りなので手で簡単に裂けます」と書いてあるし!
うっそ〜。



オーブンペーパーでくるみます。
専用のシートを使わないときは、この作業が必須。糊が暖まって解けるので、本体にたれないように耐熱ペーパーでくるむわけです。
わたしの家にあったのは茶色の無漂白タイプのオーブンペーパーだったので、こんな色に。



暖めておいたとじ太くんに差し込んで待つこと45秒くらい、ピッと4回お知らせがなったら、出来上がり。
やっぱり糊が多すぎて、端っこ変になっちゃいましたが、ちゃんとついてます。



とりあえず数冊やってみました。
これでなんとか、いけそうですが、人形本、特にジェニーシリーズはカバーがないものばかりで、これはどうしようかなあと迷い中です。専用カバーいるかなあ。



オマケ。本当は分解前にとじ太くんで背表紙はがしていると、もっと復元が巧くできると思います。



裁断した分幅が少なくなり……



見開きが、多少読みにくくなってるw
でもまあ、できないこともないということで、これからジェリーや長男みたいなペーパー派と共有する本などは、この方式でいきます。

勢いがついて、このあと延々ガンダムのコミックスのスキャンをやってました。
編集はこれからなんで、また一日つぶしそう……。

追記、上にあげたブログで、糊はグルーガンでもいいみたいに書いてあった……それ、お人形を色々いじっていたときに百均で買った気がする……これでもできたのかあ。。。

スポンサーサイト



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : iPhone/iPad
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。