FC2ブログ

oniondiary | 日記。時々映画やドラマや小説のレビュー。最近はなんとなく毎日書いてますが無駄話多し。

ドラマ「あまちゃん」1〜2週

「あまちゃん」

今のところ楽しく見ています。
いやあ、普通で楽しい。
……イヤイヤ、「普通」ではこんなに楽しめないかも……と思うのですが、まあ前作と比べると普通ということで。
大体どんなドラマでも「泣かせどころ」はあって、自動号泣機なわたしは頭の芯では冷めててクサいドラマだとわかっていてもポロポロ泣ける人間なんですが、前作……あんなに一切泣けなかったドラマも珍しいです(本気で見てなかったけど)。

クドカンのドラマはあんまり見たことないんですが、細かいところで同時代人だな〜と懐かしくなるネタと人物満載で、変なところでツボにハマって大笑い。

ゴーストバスターズとか!

あと、人物描写もステレオタイプにならず、存在感がありますねえ。
元ヤンのお母さんとか琥珀の勉さんとか、ありがちなキャラなのに細かいところでナイーブな面を見せてくれます。
そうそうお父さんも、娘には強気なのに奥さんには「春子さん」ってさんづけで甘えた口調になったりお姑さんにあったとたんにビビってたり、細かい変化を尾美としのりが充分表現しています。
もちろん、夏さん役の宮本信子の巧さは知ってますが、以前なんかのダメ朝ドラ(でも視聴率は良かったらしい)で、無駄遣いだな〜と思ったんで、今回思いっきり才能を発揮しているところをみると、やっぱドラマは脚本よね〜〜と思う昨今で。

能年玲奈ちゃんも初々しくてナイーブでいいし、これは久々のアタリかも。
(珍しい名字だと覚えてて、剛力あやめちゃんが出ると直前まで勘違いしていたのはナイショだw)
そうそう、全体的にみんな「ナイーブ」なんだよね。傷つきやすくて優しい。表面強がってても、みんな弱いところを抱えて生きているのが見えるから、共感して泣けるし、笑えます。

半年間、毎日の楽しみが出来ました!


スポンサーサイト



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : television
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。