FC2ブログ

oniondiary | 日記。時々映画やドラマや小説のレビュー。最近はなんとなく毎日書いてますが無駄話多し。

劇場公開映画「マン・オブ・スティール」

「マン・オブ・スティール」 

やっと、思い切って観てきました。
あれですよ、どうみても「自分の好みのスーパーマンではない」ことがわかっているし、あの、「ダークナイト」シリーズのノーランプロデュース……監督は、「エンジェル・ウォーズ」のスナイダーでこの映画や「ウォッチメン」は好きだったんだけど、暗かったのであの作風でスーパーマンにしたら、そりゃあちょっとなあ……。

と三週間迷った挙句、やっぱり大画面で観ておきたいと、行ってきました。
一緒に行った長男(たいてい「面白かったね!」という激甘な観客)が、

「スーパーマンって、人助けするヒーローじゃ、なかったっけ?」

と言いました。
うん、だよね……あんな戦い方するヒーローじゃ、なかったよね。。。

やっぱりというか、テンション爆下がり。
てか、この監督(あるいは脚本)は本当に「スーパーマン」(原作)が好きなのか?
スーパーマンのヒーローとしての「萌えどころ」を、全部潰してしまった……特に最後。
最悪……。

逆に考えると、今度作るという、バットマン対スーパーマンを観なくて済んだ、ってことになりますかねえ。
どっちもキライだもん。
ええ、はっきり言って、キライです、こんな映画。
ここはもう、好き嫌いで判断しちゃいます。

「ダークナイト」にも感じたことですが、リアルを追求した挙句、陳腐になるパターンそのものでした。
最初のクリプトン星の崩壊なども、リアルを目指しておきながら、あのどこかで見たようなデザイン、アクション、キャラ、SF設定……デジャヴ?
まんま、ノーラン版バットマンに感じた違和感そのまんまで、予想が予想を越えて当たってしまったという……しかも、先の映画では良い意味でぶっ飛んでて意味のないアクションが心地よかったスナイダー節のアクションが、逆にアンリアルに拍車をかけてて、双方のベクトルがぶつかりあってゼロにもどってしまったよう。

あかん、旧作観て口直ししなければ。
てことで、「続きを読む」でネタバレしつつ、スーパーマンの「萌えどころ」について語りたいw

スポンサーサイト



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : movie
Posted by onion on  | 4 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。