FC2ブログ

oniondiary | 日記。時々映画やドラマや小説のレビュー。最近はなんとなく毎日書いてますが無駄話多し。

終わらないという嬉しさ。

う、今日の頭痛はどーかんがえても昨夜飲み過ぎたせいw
まあいいじゃん、特別。
そしてこのブログで書くのも特別。
だってさ〜書いたとたん負けるんだもん、いつもの話で。
だから昨日わざわざ避けたんですよ、ホント。
今日書くのは、今日明日試合がないから……ああ、こんなに後ろ向きでいいのだろうか。でも常勝でないチームのファンなんてこんなもんです。

そんなわけで、広島東洋カープはクライマックスの第一ステージ、突破しました!

リーグ3位の広島が下克上 阪神に連勝でCSファイナル進出

いやいや、実際シーズンは負け越しているチームだし、おこがましいとは思いつつ、これも勝負、時の運ってことで。
しかしホント、TVで見ていてもわかりましたからねえ、選手たちがものすごく集中しているの。
緊張しているわけではなく、目の前の一つ一つに神経を研ぎすましているので、あの、

広島:エルドレッド、人柄が生んだ背走キャッチ

が生まれ、

広島が“イニング打率10割”の珍記録

なんて、珍しい記録も作っちゃうわけで。
これって一つもムダなアウトがなかったってことですよね。(あ、「走塁死」があったかw)

特に梵選手がすばらしかったなあ。(余談、今「そよぎ」で変換したら、「梵」が出ました。去年までは出なかったので「ぼん」って打ってたのに……梵選手の名前としてポピュラーに通用するようになったのか、それともウチのMacちゃんが賢くなったのかw)
ヒットを二塁打にし(ライトのちょっとしたファンブルを見逃さなかった)、レフトフライで二塁から三塁にタッチアップする……守っていた阪神の選手は戦慄したと思います。まさかと思いますよ、ホント。
それがワイルドピッチを呼んで結果1点追加して、そういう積み重ねで勝てたと思います。

守りではやっぱり菊池選手かなあ。
どーみてもセンター前ヒットをセカンドゴロにしてましたね。
つか、セカンドベース後ろで真ん前で捕球するって、一体どんな守備位置とフットワークなんだろw
打撃もバントからヒッティングまで、臨機応変に欲しいところで打てる選手に……実際、去年までそんなに注目されてなかったのにねえ。すごいや。

「陰のMVP」/野村監督

あと、「日替わりヒーロー」って、チームの勢いを感じさせますよね。
先日の岩本選手とか、この日の小窪選手とか。
日頃レギュラーになかなか定着できずにいる選手がここぞという時に打つ……なんだ、そのスポ根マンガみたいな展開……あるのか、本当にあるんだなあ。
……と、妙な感慨に耽ってました。
応援している天谷選手も昨日はチャンスメイクをしてたし、本当に「全員で戦っている」って思えたのは、シーズン通しても昨日の試合が初めてでした。

奇跡のような試合……でも、

【広島】野村監督「普段通り」采配的中

やっぱり采配をたたえなければなりますまいw
あれだけシーズン最初に罵倒してスミマセンでした!
もー、テレビの前で何度怒鳴ったことやら……でも昨日はもう、流れるような試合運びに酔いしれていました。

ありがとう。カープありがとう。
まだ野球を楽しめる10月……嬉しい限り。



スポンサーサイト



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : carp
Posted by onion on  | 4 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。