FC2ブログ

oniondiary | 日記。時々映画やドラマや小説のレビュー。最近はなんとなく毎日書いてますが無駄話多し。

BSで映画「しあわせのパン」

しあわせのパン

映画館に行こうとは思わないし、レンタル屋に並んでいても食指は伸びないけど、TV放送で、「パンを焼く」シーンがあるなら見ようかと……これって「真夜中のパン屋さん」と同じ動機ですが、観ました。
録画したのはちょっと前で、やっと時間がとれたので。

こういうのはね、心に余裕がある時に見ないと。
でなかったら、最初の東京のお客の時点で投げ出しているかも。
つーか、最初に出てきた大泉洋さんが、まるで漂白して陰干ししたかのごとくアクが抜けてほわっとしてて、でもそれもいいかも……と思えた時点で、わたし的には楽しめる映画になったのかもしれません。

ところが、中盤に入ったところでジェリー帰宅、なし崩しに一緒に観たわけですが、
「なん、この映画。パン屋? 宿もやってるの?」
「え、パンに蜂蜜だけじゃあ旨くないじゃろ、バターガッとつけんにゃ」
「堅そうなパンばっかり。美味そうに見えん!」
「なんなんこの爺ちゃん婆ちゃん、いざって時救急車も呼べないところに泊まりにくんなよ」
「ご飯炊いてポトフ作ったのに、食べるのはパンかよっ。失礼にもほどがあるだろっ」

……以下、完全にストーリーの主旨を理解してない発言多々……お願い、心で言うだけにして。わたしは普通に浸って観たかったのに。
ええ、心の中ではわたしも色々つっこみまくってましたけどね。
これはファンタジーなんだと言い聞かせつつ、観ていたんですけどね。

こんな辺鄙なところでパン屋がやっていけるわけがない。
あのパン釜、外にあったけど冬はどうして焼いているんだろう。
メニューも変だし、お客が着いてからポトフ煮てたら真夜中になる。
全く喧嘩も言い合いもない夫婦、しかも奥さんの気持ちはどこか遠くをみている……それを見守る優しい夫……

 あ ま っ た る す ぎ る

のはわかってるけども。
まあそれはそれ。
雰囲気を楽しむための映画です。
ステキなレシピ帳を覗くように楽しむ、そういう映画でしょう。

雰囲気番長なレシピ本のような映画でした。



スポンサーサイト



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : movie
Tag : 映画 TV
Posted by onion on  | 6 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。