FC2ブログ

oniondiary | 日記。時々映画やドラマや小説のレビュー。最近はなんとなく毎日書いてますが無駄話多し。

DVD「Doctor Who The Day of the Doctor」

「Doctor Who The Day of the Doctor」(IMDBリンク)



届きましたよ〜AmazonのUKから!
同梱だったもう一つはまた今度……。

これはDoctorWho50周年記念番組、久々の10thドクター復活で11thと共演ということで、そりゃもう大騒ぎ(IMDBなんか、9.4ついてるし!)な一品です。
もう二人のドクターが揃ってるだけで「らぶりー!」だし、それぞれご自慢のソニック・スクリュー・ドライバー出したりしたらもう……

ダブル・ドクター

終始、シンバルおサルのおもちゃみたいに、手ェ叩いて喜んでました。(多分端から見たらまんまだったとおもう。。。)

字幕を一所懸命「眺め」ましたが、やっぱり理解は出来ず、もう概略ですが……やっぱ最後は感動!
ナンバリングのわからないドクターが出てきますが、これがまごうかたなき名優のジョン・ハートで、立ってるだけで存在感が半端なくって、二人ドクターもタジタジ。。。

トリプル・ドクター

面白いのは、中の役者さんの実年齢が若いドクターほど実は年寄りなわけで……クララにも「あなたは若い……目が」と言われるジョン・ハート・ドクターが、年寄りなのに本当に若く見える(外見ではなく「青さ」がみえるということか)のが凄い。

オール・ドクター

そしてエンディング……全員そろってます?
つうか、一瞬12thドクター映ったよね?(この並びにはいないみたいだけど)
ナンバリングのないドクター含めると、12回の再生能力を全部使っちゃったことになるんでしょうか?
やっぱり続き(というか新しいシリーズ)が気になる〜!!



Huluがんばれ〜〜〜!!!



あかん、ドクター好きに拍車がかかってきた。。。



スポンサーサイト



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : Blu-ray/DVD
Tag : TV ドラマ DVD
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

「フランケンシュタイン」の追記。

宣伝が長かった、と書きましたが、それの話題を書くのを忘れてたので追記。

corioanus

いきなりトム=ロキさま=ヒドルストンのアップが出てきてビックリ。
主演の舞台があったようです。
どんなものかはさっぱりですが、なんかインタビューもあり、とっても穏やかな好青年(!)って感じでした。くあっ、良いモン見た〜〜!

warhorse

そのあとこのCMも……これは映画「戦火の馬」の舞台版ですね。(写真はメイキングのDVDのポスター)
馬を数人が黒子のように扱っていましたが、動きが美しくて引込まれました。

どっちも見たいなあ。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : movie
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

映画館で舞台劇「フランケンシュタイン:ベネディクト as クリーチャー版」



フランケンシュタイン:ベネディクト as クリーチャー版

日曜に福岡まで行ったのはこの為で……それにしても結構高かった……長男と二人で五千円越えてたし……って、いきなりお値段の話をしちゃうところが、わたしの下世話なところでしょうか。
でもねえ、実際ガソリンと高速代も使ってるんで、痛いんですよ。だから遠征は一年に二度程度にしたいもので、その一回をもう2月につかっちゃったぞ、と。

それにしては画質がほとんどDVDレベルで、まるで私的なフィルム上映会なんじゃないかという。
帰って思わずUKでソフトさがしてしまいましたが、さすがにありませんでした。舞台の映像化って、それほどレアなものなのかもしれません。
それこそカンバーバッチさんが出てなきゃ、このお芝居も目にすることが出来なかったかと思えば、幸運でした。

それに、ソフトを家の居間で上映したら……もしかしたら最初のシーケンスで挫折したかもしれない。。。
フランケンシュタイン(の作り出した怪物)の物語は、まさに人間が生みだされたところから始まるわけで、最初の部分が長いのには訳がある(自分への認識と体の使い方を習得するまでは当然長い……)んですが、これは劇場で座っているから集中が続くんであって、居間で雑音に囲まれてたら無理だったかも。
その点でも、ソフト化に消極的なのはわかる気がします。

……がっ、極東の田舎者にも愛の手をっ!! と願う日々。


まあそんなことは置いておいて、物語。
昔の映画はほとんど覚えていませんが、怪物が街を彷徨し、各地で恐怖とパニックを呼ぶ……という印象だけありました。
それほど「凶暴」なイメージはないなあ。怪力ではありましたが。
そして、バッチさん……細身でインサイドワーカーな外見で、それであの怪物になるとは、ちょっと想像できませんでした。

良い意味で、裏切られたかも。
冒頭の「誕生」の場面から、力強さがありました。

つうか、この物語の怪物の「命」って、どこから来たんでしょうね?
博士は「死を遠ざける」とか「病気を消し去る」とか言ってましたが、過酷な環境にあっても怪物は生き残り、ただ、餓えはあります。飢えるということは、食べなければ死んでしまうということで、いわゆる新陳代謝はあるらしい……ということは、極度に丈夫な人間? それは本当の意味でパーフェクトかも、外見以外は。

容貌に騙されるのは物語に出てくる人々だけではなく、見ているこちら側もかもしれません。

しかもこの怪物、考え、経験から学び、そして「渇望」まで持っています。
人生のパートナーを得たいと、強烈に願っているのです。

翻って、フランケンシュタイン博士。
「なぜつくったのだ」
と怪物に問われ、
「できると証明したかった」
と答えます。
純粋に、科学的思考で動きました。
そして自らが生み出したものを恐れて逃げ出しました。
逃げ出した実家には「許嫁」がいます。
博士を愛しています。
博士も「愛している」と言います、口では。
しかし強い「欲求」はありません。

ジョニー・リー・ミラー演じる博士は、外見はまともで、言動も、言ってみれば「普通」で、研究者にありがちな没頭するタイプ、研究に一生を捧げる、科学の進歩には欠かせない人物ですが……人間に対する興味は、まるでないようです。
失ってみてはじめて? いえ、やっぱり一番の関心は怪物へ向いているようです。最後まで……。

演者としては派手さに欠け、物足りなく感じますが、解釈はアリだと思いました。徹底的に普通な人間、けど、求めるものが歪んでしまっているその生き方は「人間的」なのか?

カンバーバッチさん演じる怪物は、怪物としてではなく、「怪物になっていく過程」を体現しているようです。
生まれた時は純粋だった人間的なものが、外見から引き起こされる迫害によって壊れていくさまを。

どちらも人間。
どこか壊れてしまっている。

そしてどちらにも共感できる、わたしがいました。



観てよかったです。
行った甲斐がありました。
そして、役を交代した、ジョニー・リー・ミラーが怪物、バッチさんが博士役のバージョンもぜひ観たくなりました。
ホント、ソフト化を切望します。

わたしも欲求のトリコかも。













にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : movie
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

ドクターとシャーロックが出会う?

もうご存知かもしれませんが、まずはご覧になって欲しい!



ね? 何々? って思いますよねえ。
左上にBBConeって出てるし、公式に何か作ったのかって。
ところが一般人らしいんですよ。
今までの「SHERLOCK」と「ドクター・フー」の放送から切り取った映像を切り貼りしているだけとか。



↑メイキング。
イマドキはこんなことまで手軽にできるのか? まあ、一般人と言ってもレベル高いんでしょうが。
あまりに出来が良かったので、BBCが公式に認めたそうで……それも懐深くていい話だなあ。

しかし、なんてわたしにストライクな。
誰得って、わたしに得すぎる〜〜!



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : television
Tag : TV ドラマ
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

カンペキなジェシー・ドール。



トイ・ストーリー トイ・ストーリー3 ジェシー・ドール(R7212) マテル

年末ごろのボーナス時期に、何かのストッパーが外れたかのように買い物した中の一つ。
「トイ・ストーリー」のキャラ、ジェシーの人形としては、一番似ているとのレビューが気になって気になって……ついつい。
そりゃもうアタマをすげ替える気満々だったのですが……当然というかなんというか、デカイ。
全くの規格外で、しかも映画に合わせた手足のバランスなんで、この可愛さはこのままじゃなきゃなあって。

結局、またかまいきれないお人形が増えただけのような気がします。
困ったもんですね~。
そのうち詳しくお人形ブログに書くつもりで完全に時期を逃しました。


というわけで、お茶濁し。
昨夜は早くに寝たつもりだったんですが、夜中に夢を見て一旦目覚め(しかもビミョーに悪夢)また寝たので、寝坊しました。
なんだかんだで疲れが翌々日に出るお年頃? ……やだ~。。。


にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : doll
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

福岡で映画リレーの日。

前日の夜、寝る前に長男と協議、「行こう」となって、朝6時から出かけ、9時ごろにはつきました。



博多駅前近くの、ソラリアに!



この9階に、TOHOシネマズ博多がありまして。



中国四国九州あたりで唯一、ナショナル・シアターでの舞台版「フランケンシュタイン」のフィルム上映があったんです!

後から見ればこの日が最終日で、夜の回で終わっちゃったんですね。
夜だったら大きなハコだったんですが、何せ帰りを考えると……なので朝一の回を選択、予約しなくても、いい具合に空いていたんですが、小さいからと後ろの方の席にして失敗でした。もうちょっと目の幅いっぱいで見たかった……というか、なんか、モロに「ビデオを大画面に映してます」って感じが色濃かったんですが……イギリスのDVDのパッケージに貼ってあるような三角シールか見えたし、最初の宣伝の長いのなんの!

しかも、字幕が一切無く、まさか舞台にも? 舞台とはいえ、セリフわからなかったら流石にキツイ……特に付き合ってくれている長男は演劇をテレビで見たことさえ無いのに……と心配しましたが、本編になってやっと字幕がつきだしました。
よかったよかった。
詳しい感想はまた今度。

そんなわけで堪能、出てまた二人で相談。
どうする? このままちょっとブラブラして、帰る?
それとも……よし、今日は映画をもう一つ!……と決め、とりあえず軽くランチ。



スタバで今限定のさくらフラペチーノと、


フィローネ? まあサンドイッチですね。
買って車に乗り、一路きました。



小倉コロナワールド!
「マイティ・ソー /ダークワールド」を4DXで見るために!
吹き替えでしたが、何せ揺れるので字幕より集中できたかも。
いや~楽しかった!



出口に下がっていた「ホビット」……次はこれに来てねって?



帰り道、そうだ九州のうどんって四国と違って柔らかくてモチモチで美味しいってきくね、と食べてみたくなりまして、「ウエスト」というチェーン店に入り(人から美味しいと評判は聞いていました)、ごぼ天丸天肉入りうどんを注文……噂通り美味しかった!
ゴボウがかき揚げみたいのじゃなく、がっつりゴボウの天ぷらで、丸天は超アツアツでヤケドしそう。お肉も美味しくて、もちろんうどんはふっくらもちもち、安心の味。
ダシも美味しかったです。
お土産買ったので、土曜にでも家で食べたいです。



なんだかんだで戦利品。
リングノート……表紙がロキさまなんですが……も~狙いすぎ!(しかし、ソーが表紙だったら買っていたかというと……うーん。。。)



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : diary
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

博多に来ています。



とある映画(?)を観に。
詳細は帰ってから。

つか、昨夜「エージェント・ライアン」も見たんですが……それもまた今度。
無事に帰ったらご報告しますね。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : mobile
Posted by onion on  | 1 comments  0 trackback

ドクター・グッズ・ウィッシュ・リスト。

世間はオリンピック一色で、どのチャンネルまわしても真央ちゃんでいっぱいだったりしますが、夜起きる気力もなし、結局結果だけ見て終わった感のわたし……つか、今マジで夢中で、11thドクターに!

doctor_6_12_1

Huluで配信中のドクター・フーの最新12話「子連れコンパニオン」(題だけで……)パラパラしているのは育児書かな? 来週はシリーズ最終話かなあ、楽しみで不安でもあります。
この写真、Hulu再生中にスクショ撮ろうと一時停止すると暗くなるので、動く間に狙いをすませてクリックするしかなくて、こんな画に……う〜〜ん、どうにか出来ないものか。
まあとにかく、実際静止画にすると魅力イマイチな11thドクターってのは変わりなく。
もう動いているところを見てもらうのが一番なんだけどなあ!



てことで、「すぽいらー!(ネタバレよ!)」含みますが、チラチラじゃ絶対わからないのでいいんじゃないっすかね。
この間わたしが見ている横を通り過ぎた次男、
「この人、演技が巧いんだろうな〜〜〜」
とつぶやいて去っていきましたが、そりゃもう一瞬でわかるナイーブなセリフ回しと表情で、もう夢中になってしまいました〜〜〜。

んで、AmazonのUK探しまわっていろいろ見つけてとりあえずDVD二つと小物をカートに入れて注文したんですが……小物の方が、

We're sorry. This item can't be shipped to your selected destination. You may either change the shipping address or delete the item from your order by changing its quantity to 0 and clicking the update button below.



……つまり、「そこ日本じゃんか、おめえんとこには送れねーよ、おととい出直しな」ってことっすかね。
しくしく。
え〜〜〜欲しかったのにぃ。
流石英国、ターディスのクッキー抜き型とかダーレクのカップケーキトップとかアイストレーとかいろいろあったのにぃ。
ちぇっちぇっ。

……そうだ、もしかしてUKじゃなくて.com、アメリカなら配達できるかも!
てことで、今度はアメリカでいろいろカートに入れて、押してみました。

We're sorry. This item can't be shipped to your selected destination. You may either change the shipping address or delete the item from your order.



同じく「送れねーよ」ってことで……ぐっすん。
……さっきから往年のラブコメぶりっこ少女な口調になってきていますが、心はモロにあの頃の少女な気持ち(キモイ。。。)。
ただ一つだけ通ったものがありまして、それを注文、結局UKと.comでお買い物をするハメに……んで、どっちのAmazonもわたしが検索した賞品を頼りに、毎日「これどうですか?」メールを送ってくる……あのな〜。。。

DM断るの、どのボタン?(言葉の壁は厚い)

ちなみにリンクが貼れない(貼る方法がわからない)ので、わたしのウィッシュリストからスクショでご紹介。
特にキッチン関係がお気に入り。



ターディスとダーレクは二大人気キャラ(?)ですねえ。
定番のシリコンの製氷皿。色がブルーなのがステキ。



でかいターディス。二個セットなのでスポンジ二個焼いてあわせるとそのものズバリなケーキが……!



スクリュードライバーの……パイ・カッター!
これを振りかざしたい衝動が。



ダーレクのジュースカップ。子どものお誕生日パーティにはかかせませんね!



11thドクターのクッキー抜き型……デフォルメされすぎてて似ているかどうか不明。。。



10thドクターもあり。



ターディスはどんな時でも青で!



嘆きの天使も人気だ!
その他サイバーマンなども結構あります。
バースデイ・カードや風船、カップケーキのケースなどもあり、ドクターだらけのパーティが出来そうです。



オマケのファブリック用品……これって、これって。
その昔「新婚さんいらっしゃい」のゲームの賞品だった「イエスノーまくら」?
見えにくいでしょうが、左がドクター側、右がコンパニオンになってます。
いやあ、ググったらいろいろ他のキャラものもあり、なんかもうすごすぎる……。

いいなあ、欲しいなあ。。。
あ、いえ、最後の枕は要りませんっ!



doctor2

オマケのショット。
狙い過ぎだろ〜〜とか笑いつつ、思わず戻してみちゃったw








にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : goods
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

劇場公開映画「ラッシュ/プライドと友情」

ラッシュ
ラッシュ/プライドと友情

F1の伝説、ニキ・ラウダとジェームズ・ハントのライバル関係に焦点を当て、生まれる悲劇とどん底からの再生の物語……ジェリーのたっての願いで、劇場で観てきました。

で。
あれ? 最後事故で死ぬんじゃなかったっけ?
と完全にいろいろ記憶違いをしていたわたし。ジェリーに訊くと、
「F1で死んだ選手? たくさんいるからわからん!」
と言われ、帰って調べました。

ああ、 ア イ ル ト ン ・ セ ナ だ。

時代が一つ違うし。それも10年も。
そうそう、この映画の70年代って、確かにニュースでニキ・ラウダの事故は知ってましたが、TV放送もなく、とりあえず男の子がスーパーカーに夢中だったなあ、くらいの感覚でした。
わたしが二十歳を超える80年頃、ホンダが参戦、TVでF1中継が始まって、アイルトン・セナとかプロストとかアレジとかパトレーゼとかシューマッハとか……シューマッハはかなり後の方かな、あまりに強くて(マシンも無敵すぎて)そのせいで面白みもなくなっちゃって、90年代に入るとあまり観なくなった気がします。

とまあとにかく、レーサーだから最後は死ぬんだ……と、思って見ていたわたしにとって、全然違うエンディングで、物語が閉じてはじめて、ああ、そうだね、と納得のいく映画で……人間思い込みをもって映画を観ちゃあ、ダメよねえという話なんですが。

だからきちんと全体を楽しめてないかもしれないんですが……映画の世界は堪能しました。

あの時代の空気みたいなもの?
ざらついた熱気や人々の汗臭さみたいなもの、F1という当時最高の技術の粋を集めた「ヒーロー」の周りの人間たちの田舎くささ、持っているカメラや時計のアナログ具合、モニタや各家庭のTVがウチにあったのと一緒(周りが木目のプラスティックだったり、縦一列のボタンチャンネル)だったり、いちいちディテールが細かい!
あの時代に生きた人ならば、一時停止したい場面がかなり多いと思います。

なによりも主人公二人の「男くささ」が……まあ、現代にあわせてソフィスティケートされてはいると思いますが、タバコや飲酒やマリファナに一片の罪悪感も持たず、女性は勲章感覚、でも一途で思い込んだら何もかもを捧げてまい進する馬力を持った男たちが闊歩していた時代。

特にクリス・ヘムズワース演じる、

「ハント、ジェームス、ハント」

……007かいっ。
な、色と欲と栄光大好き男、まさにこんなのがたくさんいたなあ。
我慢を一切しないやんちゃ坊主ぶりは、かえって清々しいですねえ!
またこれが、ヘムちゃんにピッタリで!
これは本当に当たり役かも。
最初から腹筋をみせてくれますが、今回は「マイティ・ソー」のように無理矢理なパンプ・アップはしていないので、ウエストスリムでもう最初からメロメロっすよ。
膨れっ面から一気に笑顔になるところとか、ファンはもう必見でしょう!
で、帰ってきて本物のジェームス・ハントの写真を見たら、そっくりで爆笑しちゃいましたがな。
引退してBBCでF1の解説してたとか……こりゃあ、「TOP GEAR」ばりの毒舌トークだったかな。さしずめ、

きれいなジェレミー・クラークソン?(イメージは「きれいなジャイアン」で!)

と連想が進んでニヤニヤが止まらなくなったりしてね。

そしてニキ・ラウダ役のダニエル・ブリュールもそっくり!
堅物で冷静で頑固で、でも負けず嫌いの猪突猛進男……こんな男の人もいたいた、たくさん!
生き方が上手いとは言えないけど、カッコいいのはたしか。
二人ともね!


肝心のレースのシーン、最初ははしょった感じで、そこちゃんと画にしろよ~とか思ってたんですが、肝心要のところをメインに持ってくるために、わざとだったんですね。
最後の最後でたっぷりと臨場感盛り上がって、興奮しました。
その辺りのメリハリがきっちりあって、イタリアの田舎道爆走とか楽しいシーンもあって、さすが、ロン・ハワード監督、って感じでした。
きちんと作られた映画って、やっぱり良いですねえ。




映画館を出るウチの家族(わたしの他は全員男)の肩で風きる爽快な歩きの後ろ姿を見て、やっぱ男の子よねえ、と微笑ましく思う母なのでした。(この際ジェリーも子ども感覚)






にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : movie
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

アクティブなリカちゃん。



だうも。
連日のお茶濁しですが、もう朝起きられなくて……というか、夜ははよ寝ろよって話ですが、夜更かし癖が出ちゃって。

昨夜はまたTSUTAYAで映画をレンタルしてきまして、ついついみてました。
「ブルース・ブラザーズ」!
なんでかというと、一昨日見た「ラッシュ」の中で最初に「GIVE ME SOME LOVING」がかかってて、すっごく嬉しかったから。

そうそう、あの時代の曲だよね~と。
おバカ映画なんだけど、本気でバカをやっているし音楽がどれも最高なので、ついつい見てて……遅くなったと。
そんなわけで急遽の一枚。

初音ミク仕様のリカちゃんのボディをすげ替えました。
オビツの21……だったかな?
余ってたので。
やっぱ可動域が広いと、表情が出ます。
ボディランゲージは大事よね。


……ああ、自分の身体も気に入らなかったら取り替えられたらいいのになあ。。。



という、木曜の朝。






にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : doll
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

アプリ「Frontback」



Frontback

昨夜映画を見に行って遅くに寝たので寝坊、そしてお茶濁しデス。

すんごくいいアプリだと思うんですが、前後を撮ると流石に個人情報だだ漏れになってしまい、中々紹介しづらいので、会社の駐車場で、会社が写らないように撮影しました。
よって、なんだこりゃ、な写真ですが、雰囲気はわかっていただけるかと。
上が南側、下が北側で、同じ立ち位置でもこうも光の感覚が違うんですね~。

てことで、映画の感想は明日にでも!














にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : iPhone/iPad
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

ターデイスの中を見に行こう!

マジで、本当に、どうやらハマってしまったようです。
11代目ドクターに!
色々見て回って、

Doctor Who?

昨日は↑のブログを見つけて読みふけり、見つけました。

この記事のずーっと下、Googleのストリート・ビューで「ロンドンのアールズ・コート(Earl's Court)」を見ると……



なんとっ、ターデイスが!
近づくと矢印が出るので押すと……



入れちゃうんだあ!
……あれ? ちょっと違う?と思ったアナタ、実はターディスも代替りしているんですねえ。
つか、今わたしが見ているシリーズ6とも違うし~。
かなりシンプルになっている印象です。



ぐるっと回って、階段を下りることができるので、いつもと違う角度から見ることも出来ます!
でも奥に見える別の部屋(プールもある?)へは矢印が出ない~。



コンソールもぐるっと一周回って見られます。

ちなみにGoogleも.jpじゃなく、.comでないとターディスが見えないみたいなので、ご注意くださいね!



で、見ているうちにだんだん高まってきて、またAmazonでいろいろ注文してしまった……あかんわ~。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : television
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

お人形ブログ更新しました。



ピュアニーモのアスナちゃんに元々のコスチュームを。
不備もいろいろありますが、とりあえず。
結局土日つぶしてこんなことしてました。
まあ、居間で映画三昧よか、「なにかやった」感はあるかと。

で、作業中TV見れないので(iPadで見られないこともないけど、地上波だけなんでオリンピックみることもなく)、iTunesやHuluで作業用BGM的に「お気に入り映画」を流し続けました。
もうお腹いっぱい。
そろそろ新しい映画が見たくなりました。

そうそう、最近映画館に行けてないんですよ。
「RUSH」と「エージェント・ライアン」見たいなあ。
ジェリーの都合に合わせてたら、いつまでも見られない気がする……。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : whatsnew
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

長男の誕生日をお祝いしました。



まあ、なんで人形の洋服作りでジタバタしてたかというと、長男の誕生日にあわせようとしてたからですが、結局やってまいりました、誕生日。
いつものようにジェリーがステーキを焼いて(写真のはわたしのオージービーフ。長男とジェリーには和牛のちょっと高めのお肉をきばりました)、



いつものお菓子職人クリームクレームのチョコレートケーキで、誕生日を祝いました。
すでに数がたくさんなので、ろうそくは5本固定で!
写真、加工しすぎちゃった。。。失敗。

んで、期限が切れたとなると人形服を作らなくなるかと言えばさにあらず、なんかフリがついちゃって、もう一度ちょっと工夫、以外と良いところイケてるかもしれません。
大まかなところ作りました。
Fuluと自分のiTunesの中の映画をガンガン流しながら一日中部屋にこもって洋裁……多分今日もそうなりそう。

まあ、そんな週末も、ありかと。



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : diary
Tag : 日記 家族
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

土曜の朝あれこれ。



一昨日の夜、次男が作っておいて帰ったロールケーキです。
今回はわたしのリクエストでオレオ・クッキー入り。ほとんどロッキーロード状態で、安定の美味しさです。

さて、羽生選手金メダルおめでとう!! ……って、リアルタイムで観てはいないんですけどね。とてもじゃないけど起きていられないし。
つか、昨夜は奮闘努力の挙句……爆死しまして。
長男に買ったお人形に服を作ろうとして、やっぱり失敗、結局、


<初音ミクなアスナ>
初音ミクのコスでお茶を濁すことに。。。情けないったらありゃしない。
まあ、自分のスキルを過大評価しすぎましたね。思ったよりレベルの高い服にチャレンジした挙句、できませんでしたと。

それにしても、リカちゃん服がぴったりなのね、ピュアニーモ。

そんなわけでお茶濁し。
今日は一日、羽生君の話題でいっぱいになりそうですね!<無理矢理最初に戻した。

日記


またもひろこさん宅から子どもたちにチョコレートいただきました。
いやいや、もうお気遣いなく……と言い続けて数十年、でもいただける数に限りのある子どもらにはありがたいもので。
どうもどうも、いつもすみませんねえ。
あと、食器洗い用編み物もありがとう。でも去年のがまだ大量に……マジで膝掛けできそうなんですけど!





にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : diary
Posted by onion on  | 4 comments  0 trackback

アプリ「Pics Play」。



昨日食べたメルバニの「アル・マッシュルームとナン」です。
美味しかったけど、やっぱ「サグ」(ほうれん草)系が好きだな、わたし。
てことでお茶濁し。

Pics Play

最近このエディタを使っています。
割と高機能ですが、結局使いこなせてなくてシーン別のオート使っちゃってたりして……400円で高機能に、って出るけど、どうしようか迷い中。

日記


今日はバレンタインデー、てことで次男が職場等に配るロールケーキを焼きに帰ってきまして、夜盛大に焼いてました(計4本)。
1本はウチに、1本は約束していた叔母にと、置いて帰ってくれました。
「オレ、もらう方なのに、違うくね?」
……その日本語が違う……けどまあいい。
いんじゃね〜の、最近友チョコも自分チョコもあることだしね!

ウチはジェリーが、
「ウィスキー・ボンボンがいい! ゴディバとか高級なのよりボンボンたくさん!」
というリクエストのもと、通販で買いました。
あ、絶対もらえると思ってるんだ〜と言うと、
「いいよ別にくれなくても。お返し(ホワイト・デー)がないだけだから!」
と返され……うぐう。

長男と次男にはハートの箱のゴディバ……しかし、なぜか今年はちまたにゴディバが溢れかえっている……コンビニでもあるし〜〜すでにありがたみがないじゃん!

……という、バレンタインの朝です。




にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : iPhone/iPad
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

Macのスクショ、覚えました。

140211.jpg

今更。
⌘(コマンド)➕Shift➕3でスクリーンショット、⌘➕Shift➕4で部分ショットがとれます。

で、久しぶりにiPhoneやiPadからじゃない写真アップしました。
300じゃちょっと小さいかな?
「トースト」の巨大レモンパイ、映画の予告のスクショです。
映画のレビューページにも載せときました。
これからはレビューも少しは彩りをつけられるでしょうか?

……ちょっと使わなかったら、また忘れそうなので、メモがわりに。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : photo
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

ロールケーキ!



今度こそ、ロールケーキですっ。
……こうなると、普通過ぎ?
レシピは、



で。このスポンジケーキ・レシピが一番シンプルで失敗がないので。
でも結局最近、粉に浮き粉や天ぷら粉を使うことはしません。普通に薄力粉、その辺で売っているのでやっています。
工夫して美味しくするのも趣味としてはいいけど、たまに、気軽に焼くには「いつもあるもの」で作れるデザートが一番かなあと、最近思い出しまして。
奮発して買ったキッチンエイドが泡立てはバッチリしてくれるので、ふくらみに不満はありません。
で、ジェリーと次男に食べてもらったところ……

ジェリー「もうちょっとスポンジが薄い方がいいかな、んで生クリームたっぷりと」

……そしたら、まるっきりローソンのプレミアムなアレじゃん……

次男「パパはあんなこと言ってるけど、充分だよ、一般家庭のケーキでは」

本格ロールケーキを作る次男には褒められました。まあ「家庭的」であることは確かだけどね。気軽に作るおやつということで、上出来かと。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : handmade
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

大きめロールケーキ型到着。



Amazonで買った大きめのロールケーキ型がきました。



さすがに大きすぎて、かなり強度が心配でしたが、なんとこの型には周りに補強のボーン(ワイヤー?)が入ってました。
なかなか使えそうですが、型離れが悪そうなのが不安……今日焼いてみようかな?



日記


祝日の前の出勤……のはずが、急に伯父がなくなりまして、お葬式に行ってきました。
父の兄なので、高齢の大往生で、良いお葬式でした。
母とわたしだけで行ってきたので、わたしがステップ・ワゴンを運転して一日中走ったので、めったやたらに疲れて、昨夜は早く寝て……起きるのもぐだぐだしていて9時過ぎてしまいました。

起きて一番頭に浮かんだのがまた、

疲れた

……寝るのに疲れたって、バカじゃないの、自分。
そんなわけで、グダグダした休日が始まりました。
起きたら居間に次男がいて、長男は出かけていました。

あら。



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : shopping
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

ライムパイ!

想像に難くないでしょうが、昨日の映画「トースト 幸せになるレシピ」を観ているうちに、作りたくなっていました。
レモンパイ……というより、かねてから作りたかった、



ライム・パイ!



結構古い(1996年出版)雑誌の増刊号ですが、アメリカンっぽいケーキが並んでいて、いつか作りたいケーキがいっぱいあったんですよ。
でも、ピーカン・パイとかキーライム・パイとか、材料が手に入りにくくて、結局どんな味かわからず数十年……お蔵入りしていた本を、スキャンしたので時々見返していたんです。
やっぱりこの本、いいなあって。(今Amazonでは中古が19,000円になってます……異常だなあそれも)

なかでも作りたかった「キーライム・パイ」ですが、「キーでとれたライム」で作ったパイってことで、そんなものが手に入るわけもなく、そしていつも行く近所のスーパーにはライム自体見かけなかったりして。
ところが先週、いつもと違うスーパーに行ってみたら、普通に並んでて。
買うでしょ、やっぱ。
そしてしぼるしぼる……ライム三個分絞って焼きました。



カットして。
もちろん、「トースト」のレモンパイみたいに巨大じゃなく、一切れは適量に切り分けて。
しかし、改めて思い知るんですが……このパイも「武器」です。
正義じゃない、美味しさ。
「美味いな~!」
と家族は褒めてくれたんですが、材料はライム、ってことぐらいしか言えません。
なんせ、使っています。



加糖練乳(コンデンスミルク)一缶!
全部……レシピではもっとでしたが、これ以上入れる気がしませんでした。
そして充分、甘いです。
著作者のみなみさんは、アメリカに住んだこともあるという料理家で、アメリカの甘すぎるケーキを日本にもあうようにレシピを……作りなおしてあるはずなのに、これですよ。
今ぐぐって、一缶379kgで1255kcal……うぐう。
その他のパイ生地などをあわせると恐ろしいデザートです。



おまけ。
余ったパイ生地に余ったフィリングを流して焼いた試食用。
こっちのがウケてたりしてね。
まあそんなもの。
一度は作りたかったパイなので、長年の夢が叶ったと同時に……もういいや、ニ度は作らないかな〜〜という、憑き物が落ちたような気分です。







にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : handmade
Posted by onion on  | 4 comments  0 trackback

BSで映画「トースト 〜幸せになるためのレシピ」

「トースト 〜幸せになるためのレシピ」

BSのDlifeチャンネルは、無料放送ながらなかなかわたし好みの番組をたくさん流してくれるので重宝しているんですが、外国の料理番組も多く放送していて、前から好きだったジェイミー・オリバーの番組とか(だけど最近のらしく、かなりぽっちゃりしてて「トーチウッド」の太った旦那みたいになってた上に、かなりいいかげんな料理になってて幻滅)、マーサ・スチュワートとか(相変わらず大量に作るなこの人)とか見ていたんですが、一番気に入っていた(そして終わった)のがイギリスの料理番組「ナイジェル・スレイターのシンプル・レシピ」でした。

シンプルだけど美味しそうなんですよね〜〜。ただし使っている食材がこっちでは手に入らないだろうものばかりなんで、再現が難しいというか……まあ主にキッチンのインテリアを見ているのはどの番組も共通で、中でもこの人の番組が一番好きでした。
全面ガラスのハーブが育つ庭が見える明るいキッチンで、センスが良くて機能的だけどシンプルで、カッコいいったら!

で、その同じDlifeチャンネル見てたら映画の予告があって、「ナイジェル・スレイターの自伝の映画化」とあったので、観てみました。

……あらゆる意味で、納得できちゃった。

イギリスの料理はまずい、ってよく聞きますが、タイトル通り、ナイジェル少年の実母のできなさかげん……すごすぎる。
マジでトーストだけ毎食でてくるなんて、恐ろしい。。。

でも幸せだったんだよね、それでも母がいるころは。
お母さんが亡くなって、お父さんが新しい「掃除人」(家政婦?)と恋に落ちて、その継母がやたら料理が得意で、食卓が豊かになって幸せが訪れるかというと……そんなこともなく。

じゃあ、タイトルの「幸せになるレシピ」ってなんだよっ。

まあ、原作の本のタイトルが「Toast: The Story of a Boy's Hunger」(少年期の渇望の話って意味?)なんで、日本のDVD制作者の陰謀に違いないんですが、食を通して人と人が信頼しあうなんて甘いヒューマン・ドラマを期待して観ると、あっという間に裏切られます。



そういえばちょっと本筋ズレますが、最近朝ドラの「ごちそうさん」、後半に入ってやっぱりテンション下がっちゃいました。
戦争部分が暗いのもありましたが、その前からどうにも無理矢理、「食で解決」部分が鼻につくというか……お義姉さんのあたりまで、無理矢理解決にもっていかないドラマ作りは巧いと思ったんですけどねえ、どうにも今年に入ってから、「料理が家族円満につながる」って話に持って行きたがる傾向が見えて、先々週あたりから、毎日朝だけ観て、土曜のまとめ放送はみなくなり、とうとう今週は朝も見ず、まとめ放送も見ていません。
観たいって気にならないんですよねえ。
食べることは大事だけど、家族のつながりってそれだけじゃないだろうと。

わたしの母なども、あまり料理上手とは言えませんが、母の味って独特のもので、思い出補正もかかってるし、他人からは計り知れないものだと思うわけで。
レシピを工夫してなんとか……と考えている時点で違うだろうと。
小手先、って気がするんですよ。
あと、牛すじカレーなんか、「時間をかけてじっくり作っていく」のが家族なんだ、って風に言われると、もうジェリーが、
「あの牛すじカレー食べたい」
と言っても、作る気ゼロになってしまいます(あまのじゃく)。

プラス、昨今の日本人って「良い話」に飢えているのか、「感動秘話」系で補正をかけた番組も多くて、例の「日本のベートーヴェン」などを取り上げ、またCDが売れてしまったりする……挙句大騒動してますが。。。

感動して泣くって、心にも体にもいいことだとは思うんですが、なんか違うと。
無理矢理カタルシスを求めて、砂糖中毒のように甘い話を求め、解決策を手近に求め、涙で埋めてしまいたい。
……最近「感動スペシャル」とかタイトルについているものは、全部避けることにしています、わたし。



……で、これ。
タイトルだけだったら、絶対避けていた系のほんわかした料理好き女性向け感動ドラマ、って感じですが、結構ハードです。
継母とのケーキ作り競争なんて、最初は笑っていても三人家族と考えて、あのものすごい大きさのケーキみると、後のことは想像できるというか……

 あ の レ モ ン パ イ 、 す げ え ! !

140211.jpg
手前が超デカイレモンパイだっ!

一カケがワン・ホールくらいあります。
特にレシピ知ってると、もっと恐ろしいです。
あのパイのフィリングのレモン・カードのレシピ(もっとカロリーオフなレシピもありますが、多分時代と場所を考えるとこれが近く、そしてこれより凄いと想像します)……砂糖とバターと卵のカタマリ……それをあの量……日本人なら必ず糖尿病を発症すると思う。。。

「美味しい」が正義でない。
「美味しい」が凶器になる。

武器としての料理を観るためなら、ぜひお勧め。
イギリスの田舎のインテリアや庭やファッションや風俗なども美しく、キッチンやツールもステキ、夢の映画としては申し分のない世界の中で、満たされず生きていく少年の物語です。

んで、匂わせる程度でおわるんですが、やっぱゲイか……さすがはイギリス。
つうか、別にカミングアウト的なエピソードいらないんだけど、アイデンティティとして外せないんでしょうねえ。

そういえばこのナイジェル・スレイターの本を探そうとAmazonのUKで本のカテゴリー見てたら、ばっちり「Gay & Lesbian」ってジャンルが……ほぼ日本でいうところの「女性向け」みたいに、独立したジャンルがあるのね。
流石イギリス<こればっか。


そんなわけで、面白かったです。
継母役のヘレナ・ボナム=カーターがまさに適役、主人公の家は中流?で、継母は労働者階級らしく(しかも既婚)いろいろ侮蔑的なことを言われますが全然意にかいさず堂々としてて、くわえ煙草で次々繰り出す豪華な料理の数々に圧倒され、そして見えないながらも愛があったとわかるシーンなどもあり、やっぱパワーのある女優さんですねえ。
主人公の少年役も青年役もキレイでしかも巧くて、キングズ・イングリッシュが耳に心地よくて、これはお気に入りになりそうです。









オマケのネタバレ。
最初に勤めたホテルの厨房……胸に「SAVOY」と……いきなりそこかっ。
そして雇ってくれるコック長役が、本物のナイジェルでした。
ちょっと演技が堅い……が、やっぱ食べるシーンが上手いな、この人。



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : movie
Tag : 映画 BS
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

ロールケーキ?

再度焼いたロールケーキですが……どうやら「巻く方向」を間違えたようです。



……一周できてないし。
四辺形の短い方向で巻こうとして、失敗……だって、長い方向で巻くとケーキが小さくなるかなあと思ったんだもん。
それにしても、クリームも巻けないほどの短さでした。
というわけで、半ロールケーキって感じ?
トンネルみたいな状態なので、上にもクリーム盛って、黄桃をのせました。
今度の桃缶はちょっと高くてプルトップの日本製だったせいか、ちゃんと柔らかかったデス。

しかしこのスポンジの大きさだと一人一切れで終わってしまうので、ちょっと明日にとっておく楽しみがない……このシリコン型をもう一つ買うか、それとももっと大きめのを買うか……迷った挙句、大きめをまたAmazonに頼みました。
なんか、最近一日置かずにAmazonから荷物が届く(しかも例の誇大包装)ので、めっちゃ無駄遣い主婦扱いされてます。



上の写真を水彩画風に。こっちのが断然美味しそうなのが悔しい〜。。。

日記


ソチ五輪始まりましたね。さすがに12時越えての開会式はみられず、朝も東洋医学受診の日だったので観られなかったので、昼からの録画中継を録画しました。
なんか、人ごとなんだけど心配になることもあり(例の作曲家もどきのとか)、やけに取って当然扱いの少女も心配、なんか、今回リアルタイムで追いかけるのが怖くなってます。
特に、報道する側……マスコミに信用がおけなくなっている感じ?
なんだろうなあ、変な空気を作るのやめて欲しい……スポーツにイデオロギーや国同士のいざこざをはさむのも、もううんざり。

なので、今回は観客としても一歩引いて、俯瞰で眺めたいと思っています。


で、東洋医学。先生、
「今、割と良いようですね?」
はあ、でも頭が痛くて……。
「え? そんなことは……」(あちこち「触れる」)「う〜〜ん、なんか考え事で頭を使いすぎませんでした?」
……そういえばちょっと。
「考え過ぎで疲れちゃったんでしょう。ゆっくり休んでください」
はあ。

……って、大したことを考えていたわけではありませんが……お人形の服のことであれこれと……ほんっとにくだらないことが頭の中をぐるぐる回っていただけなんですけど。
やっぱりなんだかんだ、疲れやすくなっているのかなあ。
てか、頭は回っているのに体は動いていないのが一番いけないのかも。
考えていないで行動しろ、ってことなのかも。
よし、今週末は洋裁に目覚めるぞっ。

……先に、ミシン周りを片付けないと何も出来ないのであった。
う〜〜ん、汚部屋の中の更に色々積みあがった汚い一角。

しかし、昼からまたぼーっと開会式を観ていそうな自分。


こうして堂々巡りが続くのであったのであったのである。。。



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : handmade
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

2013年に観た映画個人的ベストテン

もう2月もとうに過ぎましたが、昨年に観た映画のベストテンを書いときます。

劇場で観た映画ベストテン


1.パシフィック・リム
2.スター・トレック イントゥ・ダークネス
3.アウトロー
4.LOOPER
5.テッド
6.パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海
7.フライト
8.オブリビオン
9.グランド・イリュージョン
10.遺体 明日への十日間

本当はこのランク、気持ち的に並べれば

1.パシフィック・リム













2.スター・トレック イントゥ・ダークネス










3.アウトロー
以下はランキングつけなくてOKなくらい横並び

って感じですね。
つまり二大「ドツボ映画」以外はほぼ同列で「まあまあ楽しかった」部類。
観た当時やたらハマった「テッド」も、え、去年だっけ? という記憶の曖昧さですが……まあだいたい例年通り、年に一本ハマればいいかなあという感じですが、今年は夏以来二つの映画にハマって(ついでにドラマにもハマって)楽しくて忙しい年末が迎えられたので、映画的にも幸せな年でした。

でも劇場で観た映画だけで暮らしているわけでなし、レンタル等他メディアで観た映画ベストテンも、並べたいです。


劇場以外で観た映画ベストファイブ


1.ヘンゼル&グレーテル
2.アメイジング・スパイダーマン
3.ヒューゴの不思議な発明
4.悪の教典
5.フライトナイト

劇場以外で観た映画は、基本「二度以上観る」ことを前提としていまして、ほぼBGMのように流しておける映画が多くなります。
これに定番の「シャイニング」とか「クローバー・フィールド」や劇場で観てソフトも買ったパシリムやスタトレを混ぜてたりしますが、わたしの気持ち的に流行ったのは、やっぱり「ヘンゼル&グレーテル」で、世間的にみれば大作とは言いがたいかもしれないけど、かなりハマってヘビー・ローテーションしてます。
逆に、劇場で観て面白かった映画でも、ニ度観たいと思わなければ、ソフトをわざわざ買うこともないので、ドラマ系の「フライト」や「遺体」などはニ度観ることはないでしょう。
基本、エンタメが好きなので、そうなってしまうんですが、逆に、ベストから漏れててもソフトでもう一度見たいと思ったのは「ホワイトハウス・ダウン」と「ワールド・ウォーZ」で、レンタルで二度見して面白かった映画です。

そういえば去年、劇場でホラー映画を観なかったなあ。
「キャリー」見逃したし。
ホラーは不作の年だったかもしれません。


てことで、話題がない時にととっておいたリストを見つつ……お茶濁し。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : movie
Tag : 映画
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

ロールケーキ→スクエア・ケーキ



……結局こうなりました。

とりあえず、半分にスライスしてみました。
それを巻こうかと考えていたんですが、昨日泡だてておいた生クリーム(植物性でなおかつ低脂肪な安物)がやっぱりゆるくて巻いたら悲惨なことになりそう、
一応帰りに動物性の生クリームも買ってきたんだけど、まあ試作品ということで。

味は、
ジェリー「まあまあ美味しい。でもやたら桃が硬いのは何で?
大きいし」
やっぱ安かったからかなあ。カットが大きいのは、その方が切り口がキレイだと思ったから……次からは考えましょう。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : handmade
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

ロールケーキ、食パン、そして「シャイニング」。

2月に入ってから加速するように日々が過ぎて行くんですが……会社にいる時は「帰ったらあれやろう」と思い、家に帰ると別のをやりたくなり……結局思ったように進まない状態で、なんだかあるのは「やる気」だけで、すべてが中途半端な状態です。
つか、会社で頼んだの、帰ったら来ていたんですが、早過ぎだろう。。。



これ。
シリコンの型ですが、ロールケーキ用です。
先週天板で焼いたら、天板と生地の量が折り合わずぺっちゃんこのロールケーキになったので、よっし、ロールケーキ用の型を買おう、どうせならシリコンでケアの簡単なもので! と朝、iPhoneから注文……帰ったら来ていたと。

そらもう、焼くしかないだろうと焼いてみたんですが、今度は生地の方が多かった……



えっと。どう見ても厚いよ、ママン。
つか、これって、巻けるの?
このまま二等分して間にクリーム挟んで四角いケーキにした方がいいかも。
うん、そうしよう……と生クリームを泡立て、間に挟む桃の缶詰を開けようとして……

缶切りがないっ!

てか、この缶詰、ワンタッチで開かない!

イマドキはみんなプルトップが当たり前かと思ってましたが、もうめっちゃクラシカルな缶詰でした。
安かったの、このせいかな〜〜〜。。。<安物買いの銭失いである

缶切り、最近使わなかった&母とキッチンを共有するようになってから物が移動するようになった、のでどこを引っ掻き回しても見つからず、断念しました。

今日、缶切り買って帰ろう。

そして、キッチンに立つついでに、パンの仕込みもして寝ました。
冷蔵発酵で、デイリー・パンです。





この中の、一番基本的なパン。冷蔵発酵なので、天然酵母ではなくドライイーストにしました。
やっぱ冷蔵発酵だとあんまりふくらまないかなあ。
少し発酵させてからとか、タイミングもあるんでしょうが、なにせ時間がないもので……食べれりゃいいか〜みたいな!

そんなわけで、すごく色々している割に、出来たものは中途半端、という昨日でした。




で、そんなこんなをしている時にBGM代わりに流してたのが、

「シャイニング」

で……Huluで。いや、DVD持ってるんですけどね。ついお手軽なもので。
そしたら途中からジェリーも参加して見始めたので、解説しつつ最後まで観ました。
あれだ、あの部屋の女の幽霊のシーン、モザイクかかってません……わたしの持っているDVDではぼやけているのに。
いや、見えても嬉しくないんですけど、オチを考えると。。。
Huluって、アメリカ規格なのかな、映倫ってどうなってるんだろ?
……と全然別なことを考えてみてました。

え、そんな話題、前に書いたような気が……ブログも何年も書き続けると、おんなじ話題になりおなじ結論に達し……老人の繰り言みたいになってくるかも。

あらやだ。






にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : handmade
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

ブラウニー焼きました。

最近、実母がめっちゃ料理に目覚めてまして。
以前は使えなかったITコンロを駆使して煮物などを作ってくれるのをいいことに、ちょっと頼りすぎているかなあと。しかも、それにあわせて買い物にも行ってくれるので、わたしはあまり行かなくなったという……。

で、昨日ですよ。出かける時に言い聞かせておいたんですけどね。
今日はわたしが恵方巻きを買って帰るから、買い物はいいからね、寒くなりそうだし、って。
……お昼に電話かかってきました。
「恵方巻き買うたから。イワシの天ぷらもね」
え。
いいって言うたやん。
ジェリーに好きなの選ばせようと思ったのに……とブツブツ言いながらも帰り、買ってもらった恵方巻き(ドラえもんのでサラダ巻になっててめっちゃ美味しかった)とイワシの天ぷら(これがまた美味しかった)を食べ、「ついでに」買ってきていた豆も撒いて、今年の節分は終わりました。

……いいのか、これで?
なんか、自分が娘時代にもどりつつあって、怖い。
なにせ、洗い物を残しておいても、帰ってきたら片付いているし。
床掃除も定期的にしてくれるし。
もちろん洗濯はすべて、アイロンまであててくれてるし。
う〜〜ん、片付いていないのはさすがに手をかけてないわたしの部屋くらいだ……ほぼ昔の、独身時代状態。

いけない、こんなことじゃあと思いつつ……母はやりがいを感じているようで、最近体調も良さそうだし、病院でもお医者様に褒められるくらい検査結果もいいみたいだし……人間、仕事がある方が生活にメリハリができて良いのかもしれない……

……と、言い訳しつつ、結構らくちんさせてもらってます。
実母とくらして、我儘言い放題のサザエさんみたいです。
しかもこのサザエさん、仕事しているから家事がおろそかだし。

で、余裕ができたせいか、最近またお菓子を作りたくなりまして、この前ロールケーキやいたんですが、素早く食べてしまったので写真なし。



日曜に、久しぶりにブラウニーを焼きました。
出来るだけ製菓用を使いたくなかったので、ナッツをそのへんで売っているおつまみカシューナッツにしたのですが、ちょっと塩味がきつすぎました。
さっと水洗いして、ローストしてから焼けばよかったかな。
チョコレートは明治の板チョコです。
家のおやつ、って感じ?

ナッツしょっぱかったけど、おおむね好評でした。






にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : handmade
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

映画「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」二回目は3D吹替で。

あっ、今日は節分でしたね!.
日記のファイルを日付にしているんで、今気づいたという……今日は恵方巻きかあ……そんな風習、この辺にはないはずなんですけどね、せいぜい豆まきぐらいで……。
それでも夕方には買って帰りそうな、世間の流行。

ま、それは良いとして本題。

土曜の夜、映画を観た後グッズ売り場にて。
長男「なんか買うん?」
う~~ん、いいのないねえ、これだけ?
「クリアファイルとハンマー型のペンシル立てとシール……それにアベンジャーズのTシャツかあ」
うん……今日は諦める。物より思い出! ……思い出!
「ふ~ん」
なんさ。
「なんか別の考えが浮かんだみたいだから」
なんも! な~~んも浮かんでないよ! 別に!
「他のところで無駄遣いするからいいや~、みたいな」
んなことあるわけないじゃん! わたしは別に……
「ここで使うより別のところでお金使おうって、思ったでしょ」
くぅ、最近わたしの考えが読めるようになったか、できるようになったな、長男。。。




……というわけで、映画「マイティ・ソー」、昨日は一人で3D吹替版を観てきました!

昼間の回でしたが、MOVIXのポイントがまだ少しあったので(2月中に使い切らなければ)、20ポイントで千円で観られるんですが……3Dは+400円とか……え、値上がりしてない? 以前は300円だったような。
うむ~お得感が薄れる。。。

ともあれ、吹替で二回目。

ちゅうか、前回も笑っちゃったのが、アスガルドが出てくるとき、この間色々見た中の

正直なトレーラー「マイティ・ソー」編

で……あの虹の橋ビフレストのシーンで、頭の中でマリオ・カートの曲が……! ヤバい、何度観ても流れる! のっけから笑える!
そしてソーとジェーン、実は前回二日半しかあってなくて、それから二年音沙汰なしとか、それでずっと一途に思い続けるソー……なんだかんだで、ピュアなんだなあと思い知る……そして「スーパーモデル級の美女」ジェーンも、なんだかんだで忘れられないというw、とってもうぶな二人でお似合い!

それにしても、今回のソーは結構大人になっちゃって、のっけから落ち着いているので、あのやんちゃ王子が好きだったファンには物足りないかもしれませんねえ。
まあ、あの後また増長しちゃってたら、コイツなんだよっ、って感じになるでしょうが。

ま、わたしはトムヒことロキさま押し(AKBかっ)なんで、彼が彼らしかったらOKってスタンスなんで、大満足。

以下、ネタバレ動画です。












これ、本編ではちゃんとクリス・エヴァンズが演じてましたが……トムヒでも撮ってたんですね。
でも一番のシーンはやはり、



このシーンでしょうねえ。
その前のフリッガとのシーンがもう、二度目から泣けるわ~~。

吹替もかなり良くて、

「わたしの怒りを信じろ」

という辺りなどは鳥肌たっちゃいましたよ!
つうか、あからさまにアレな人たち向けのシーンが多くて、気持ち醒めた目で見ちゃいますが、もちろん二度目からはほぼ同じ穴の狢状態でした。

それから、今回はムジョルニアが……けなげ!
ほぼキャラまで感じるほどの可愛さ!
忠犬ハチ公みたい~!

3Dは今回、ほぼ感じませんでした……気になりすぎるよりはいいけど、効果も感じられないなんて、ない方がいいんじゃないかと。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : diary
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

劇場公開映画「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」

「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」

良かった。ネタバレ恐れてソーはもちろんアベンジャーズ系のリンクも絶って(というか別ジャンルにハマりまくってただけかもしんないけど)、まっさらの状態で観て、本当に良かったです。

大ウケしました!

いやあ、「名作か?」といわれれば、そりゃまあ違うし、エンタメとしてもちょっとテンポ悪いシーンとかここもうちょっとじっくり描いて欲しかったみたいなシーンもあって食い足りない感はあるけども、この監督、映画は初めてらしいですが、TVの人でいわゆる観客と言うよりも「視聴者」を飽きさせないテクニックはさすがだと。
途中のクスグリや、シーンの継ぎ目のタメなど、まるで15分ごとにCMが入る間に視聴者がチャンネルを変えるのを防ぐかのように、次々と「ネタ」を仕込んできて、まるで上質のバラエティ番組を観ているようでした。

あれ? 褒めてるように感じませんか?
最大限に、褒めているつもりなんですが。
なにせ、今ハマっているのが「SHERLOCK」で、短い間に畳み掛けるような小ネタの応酬を一度では把握できず、昨日の昼間、対訳を少しずつ読みながらセリフとあわせていってたんで、気持ちがタイトになっていたと思うんですよ。
だから、きっとソーの1のように、じっくりストーリーを見せるお話では、多分わたし退屈したでしょう。

これは映画を見るタイミングの問題で、1はわたしも好きですが、ケネス・ブラナー監督は本当に堅実にじっくり描くタイプなんで、最初観た時はそんなに良いと思わなかったんですよね。
でも後からもう一度観たくなって、Blu-rayを買って何度も観て、画作りの確かさにブラナー監督のファンになったくらいで。
(そうそう、ブラナー監督、「エージェント・ライアン」で監督&悪役なんですよね。予告流れて、それもめっちゃ嬉しかった!)
……だけど、昨日の時点で観たら、もしかして退屈に感じたかも。
頭がTVのスピードになっていたみたいで、わたし自身が。

でもそんなわたしに、今ピッタリだったのがこの映画です。
ある意味TV的な、「考える隙を与えない」テンポの良さは、観ている間映画の世界にどっぷり浸れて、これぞエンタメ映画! って感じでした。
シリアスになりすぎず、おちゃらけ過ぎず、でも爆笑はあり!

……ロキさま、らぶりー。

とりあえずネタバレは避けたいのでこれ以上は書きませんが、予告のシーンだけで映画を全部語る(最近の例>「トータル・リコール」)ようなのとは全然違うとだけ、書いておきましょう。

あのシーン、こんなところで使われてるんだ!
この場面はこうつながってるんだね!

予告編集も巧い(別の言い方をすれば予告詐欺)、面白い映画でした。
ジェーン(ナタリー・ポートマン)は美しいしシフと母上は男前だしセルヴィグ教授はアレだしヘイムダル(長官!)アクションあるしダーシーかわいいし。

ただ、足らなかったのは、ソー……(ネタバレなので以下は観た方どうぞ)


























の普段着姿。
え〜地球に来たらあのダッサイチェック柄のシャツ着てくんなきゃ〜〜。
ず〜〜っと例の「ゴージャス」衣装だったから、ちょっと食い足りないよ。
ロキさまは色々お着替えあったのに。

次回もあるらしいので、その時はぜひ。







にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : movie
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

DVDで「SHERLOCK」シーズン3第3話。

……昨夜は遅く寝ました。
なにせ、ジェリーが(珍しく)家にいたので、「SHERLOCK」見せてくれなくて。
「日本語のついてるの、ないん?」
ないから、わざわざイギリスから買ったんじゃん。
「もー、日本語のない、わからんビデオ見て面白いか?」
それなり。
「なんか映画みよ〜よ」
わかったわかった。じゃあ、この間の「サイコ」の続きを。

……観賞……

「やっぱ、今見ると古くさいよね」
そりゃあね。当時の映倫がどんだけ五月蝿いか「ヒッチコック」でみたでしょ?
「じゃ、お風呂入ってこ」

……と、席を空けた瞬間、「SHERLOCK」シーズン3第3話のDVD挿入。
そのまま押し切って観ました!
風呂からあがってきたジェリー、
「話、わかっとる?」
まあ、おおまかに。
画面では、シャーロックが撃たれて倒れる間のマインド・パレスが……今回のシリーズは特に想像や思い出しや時間の前後が激しくて、かなり集中してみないと……
「わかった! 実はやっぱり前回の最後でシャーロックは死んでて、自分は死んだことに気づいてないんだ!」

……シックス・センスかいっ。

それはジャンルが違い過ぎ。
まあ、笑えましたけど。
そんなわけで、観終わりまして……さっそくマクノスケさんの紹介してくれた

BBCシャーロック シーズン3、エピソード3

を延々と読みました。
ああ、なるほど。
ま、細かいこと以外はわかってたなっ。<負け惜しみ

ちょっとだけネタバレなので、下あけますね。














素早い会話と新聞などの小物の字を拾えなかった部分がやっとわかりましたが……ジニーンって、結構ひどい子? 英語で観ていた時には同情したんだけど、まあ、仕方ないか、結婚詐欺で訴えられるよりはましってことで。
そして、シャーロックのヴァージン疑惑は続くのかっ。。。いやいや、あれだけエロいキスができといてそれはないだろ〜〜〜!

って、聖典でホームズが婚約したのがどのエピソードか忘れましたが、今回も色々仕込んでいましたね。
阿片窟(じゃないけど)にはニヤニヤしちゃいましたよ。
そして今回も平手打ちするモリーが……かわいそうで泣ける。つか、なんだかんだでおかあさんのような存在ですよねえ。
バックストリート・ボーイズ(複数形じゃないけど)も賢そうでカワイイんですが、だんだんキャラが増えてきている気がするんですけど、この先大丈夫っすか?

そしてジョン……
「すべては僕のせいってかっ」
キレる気持ち、わかります。
御愁傷さまです。。。

そしてあまりにあっけない解決法からのエンディング……Oi! <アメリカでは「Hey!」という呼びかけを、イギリスでは「Oi!」です……これって、日本語の「おい!」って声かけのルーツですか? 語感もそっくりだけど、偶然ですかねえ? しかしイギリスでは、うら若き女性も野太い声で「おい!」っていうので、日本人はびっくりさっ。

ともあれ、オイオイオイ……まあ、2の最後ほどのクリフハンガーでない分、少し心を落ち着けて待てますが……まさかまた二年後?
スパン長過ぎるよ〜〜!
でも量産だけするアメリカや日本のドラマみたいじゃなくて、きちんと1クール撮り終わってから放送するイギリスの番組作りは尊敬に値します。(「TOP GEAR」や「ドクター・フー」などは、最初の1話でシーズンのハイライトを流すのでわかります)
また良質なドラマを期待して!

……さて、反芻するか。。。



あれこれやってて午前1時。そんなわけで、寝不足です。


にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : television
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。