FC2ブログ

oniondiary | 日記。時々映画やドラマや小説のレビュー。最近はなんとなく毎日書いてますが無駄話多し。

劇場で映画「エージェント・ライアン」

エージェント・ライアン

「エージェント・ライアン」

原題は「JACK RYAN: SHADOW RECRUIT」なんですが……珍しく日本語題が適切で、Recrutのもつカタカナ意味が良くないというかなんというか……ともあれ、今回は良かった。
でも、続編があったらどーすべえ、ってのは、インディ・ジョーンズシリーズから綿々と続く課題でしょうが。。。(そーいや、「アウトロー」はどーすんですかね? あれも元が主人公の名前、ジャック・リーチャー……そういった意味でも続編が楽しみ)

で。
映画は予想通り、面白かったです。
ある意味予想通りすぎるというか、予想通り「まとまっていた」なあと。
以前「マイティ・ソー」の1を見た時と同じ感想になってしまいました。
というか、ケネス・ブラナー監督の作品にはつきまとうことかも。

鮮烈さがないというか。
丸いというか。
あざとさがないというか。

下手すると、「普通に面白かった」で感想が終わってしまう危険性がある……印象がね。
ソーもでしたが、その前に見た「魔笛」でも同じような感想で、でも後から考えるとすごく良く出来ていたなあと思うわけで……これは、先日見た舞台の「フランケンシュタイン」をおさらいする意味で、10年以上前のブラナー監督の「フランケンシュタイン」を見直すべきかなあと思い始めています。
そういえばあれも前に見たとき「ホラーっぽくない」(脅かしがない)ところが引っかからなかったんだなあ。。。

……って、話がそれました。
「エージェント・ライアン」の話。
原作は読んでいませんが、元々のライアンというキャラクターは「巻き込まれ」タイプだと思うんですよね。
基本「アナリスト」で、実働隊に助言をするのが仕事。
なのになぜかいつも先頭に立ってしまう……「レッド・オクトバーを追え!」などはそんな感じだったので、バッチリ訓練を受けたスパイとは全然違うはず……その設定は今回も受け継がれますが、そこは理論派のブラナー監督、やっぱ、

強い理由

を描かないと、気がすまないでしょうね。
きっかけが911ってのは安易とも言えますが、アメリカ人には共感できるかも。ついでに彼女とのエピソードも挟めてプロローグとしてはいい感じです。

……地味だけど。

ホント、まるで一昔前の映画を観ているかのようなんですよ。
イマドキなら、この辺でテロの一つも起こって、爆発シーンを挟みたくなるのがアクション監督の性ってもんでしょう?
(え、違う? わたしがアクション映画ばっかり見ているからかなあ?)
しかし、とにかくライアンをじっくり追って、お話は進み、数年たってしまいます。

で、数年で主治医からフィアンセになっている彼女……そりゃあ、彼氏が嘘をついている、ってことから導きだす答えは、「スパイ」だってのより、「浮気」だよなあとは思いますが……なんか緊張感がそがれる……つうか、イマドキのスパイってあんなアナログな密会するの? 
……とまあ、これがすべてにおいて、そんな感じ。

置きにいった

と取られかねない、堅実さ。
ただ一ヶ所だけ、いきなりアクションが始まってビックリ、ドキドキのシーンがありました。
で、家に帰ってから思うわけです。
ああ、あのシーンの為に、映画全体があるのかなあと。
ジャック・ライアンがエージェントになる為の通過儀礼としての映画を、ブラナー監督は用意したのかなあと。

「マイティ・ソー」もでしたね。
舞台がニューメキシコの片田舎で終わったので、地味だと散々いわれましたが、結果、素晴らしいキャラクターの紹介になっていました。
多分、このシリーズも、二作目は別の監督が撮るのでしょう。
そしてちょっとハジけちゃっても、一作目のベースがあるから許され、後の映画がより高く飛べる……これはシリーズの「基盤」としての映画なんじゃ?

ブラナー監督はそれも意識してこの映画を作ったのでしょうか。

基礎がシェイクスピア劇にあるブラナー監督だからこそ、の映画かもしれません。


……そうそう、クリパイは可愛かったです〜〜〜(へらへら)ビクビクするところが震える仔犬みたいで良かった!
悪役ケネス・ブラナーも好きだなあ。人間的で。
そしてケヴィン・コスナーがオイシイ。やっぱ信頼できる上司を演じたら、この人の右に出る人はいないなあ。
キーラ・ナイトレイは綺麗でしたが、色気がイマイチでした。やっぱあんまり好きじゃないかも。

そして、CIAの面々……おーちゃんと仕事してる。
つか、ロシアのお膝元で「アレ」が可能なCIA、有能すぎて怖いくらいだ。
「わたしたちのユニットは『良い』CIAだ」
……そ、そーなんすか? なら良いんですけどっ。

「良い」って、結構相対的だよね〜〜。




にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : movie
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。