FC2ブログ

oniondiary | 日記。時々映画やドラマや小説のレビュー。最近はなんとなく毎日書いてますが無駄話多し。

レンタルでアニメ映画「劇場版 STEINS;GATE シュタインズ・ゲート 負荷領域のデジャヴ」

シュタインズゲート

劇場版 STEINS;GATE シュタインズ・ゲート 負荷領域のデジャヴ

本編はほとんどYouTubeで観た(すぐ消えた、当然)という、とんでもない視聴者ですが……なんだかんだでもう二年以上前なんで、最後の方がうろ覚えで、それに色々伏線が絡んできて、新しい時間線が云々で……観ているこっちもデジャヴ、です。

しかし、岡部という男……中二病にして繊細、大胆にして臆病、ダメダメだけどリーダーシップはあるという、不思議なキャラで、だからこそみんなが忘れてしまうシーンでは、涙がでましたよ。。。

で、ふと、そうだ、「ドクター・フー」のシリーズ5に似てるんだ、と気づくという。
あれほど強烈なキャラを、みんなが忘れてしまうという怖さ……自分の存在が、実は「他人からの認識」ではないのか……人の記憶の中に留まってはじめて、自分という存在が確定される……?

逆に言えば、記憶に残れば、永遠に存在し続けることが出来る?

そう、海馬に刻み込むように。


良くも悪くも、ってところが、悲しい事実ですが。
イヤなヤツって、よく覚えてるもんねえ。


それはともかく……今回、ちょっと作画が荒かったような気がします。
背景はとてもキレイだったんだけど、人物のパースが……こんなだったっか?
もとの絵の感覚からすると、もっと巧かったような……?
う〜〜ん。

やっぱり、本編を見直したいと思った映画でした。





昨夜はまたスーツの襟部分を修正していました。
今度はなんとか……とよくみたら、ここまできて、襟が表裏逆だと気づく……昨日は間違えなかったミスを、今日してしまった。。。

もー、ほどきすぎて、生地が痛んでるよ〜〜〜。
泣ける。。。

……ふっと、遠くを見るドクター、であったのであったのである。



スポンサーサイト



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : animation
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。