FC2ブログ

oniondiary | 日記。時々映画やドラマや小説のレビュー。最近はなんとなく毎日書いてますが無駄話多し。

劇場公開映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」

オール・ユー・ニード・イズ・キルallcinema

お~りゅにーじぃるきる! とぅらったたらら~~~♪

と、一旦頭の中で歌わないと、口から題名が出てこないんですけど。
あの、超平和なイメージの曲とは対極の「Kill」という単語で新規さを狙った(?)題名なんですが、どーも当の英語圏では向いてないと判断されたらしく、「Edge of Tomorrow」という題名で公開されているみたいです。
明日の端っこに引っかかってる感じかなあ?
それも良い題だとは思います。

元がなんと、日本の、しかもライトノベル……いわゆるラノベを原作としているとか聞くと、日本のオタク文化もすでに世界的規模で広がりつつあるのか、それとも映画関係者がギークぞろいなのか、とつらつら思うわけですが、やはり面白いものは面白い、これも下手に日本で映像化したら、主役はアイドルが演じるだろうし、このCG規模が望めるわけもなく……

……いやいや、ハリウッドだからこその、これって傑作なのでは?

脚本がすごくこなれている気がします。
特にループのシーンの「ため」と「はしょり」のリズムが絶妙で、これは編集の力もあるだろうけども、回を重ねるごとに大胆になり、強くなり、打ち拉がれ、思い詰めるトムのカラーに合わせて、同じシチュエーションが全く違った色に変わるようで、見ていて一度も「またここかよ」と退屈することがありませんでした。

トムの演技も良かった。
最初からカッコ良く出てきたら嫌だなあと思っていたら、きっちり、本当にヘタレのダメ男っぷりを演じていました。
ヒロインも、マッチョすぎずかわい子ちゃん過ぎず、そして恋愛要素も薄めで良かった。
……そういうとこ、「ラストサムライ」っぽいですね。
トムは、ストレンジャーの役があっているのかも。


先行上映で 一人で観に行って、長男に面白かったよーと言ったら、
「じゃあ観たい」
と言うので、来週公開が始まったら、行こうと思います。

……そして、Kindleで安かったので、原作のラノベも買っちゃいまして、昨日読んでました。
あっという間に読み終わっちゃった。
このレビューはまた今度。





スポンサーサイト



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : movie
Posted by onion on  | 4 comments  0 trackback

劇場公開映画「ノア 約束の舟」

ノア 約束の舟allcinema

語ろうとするとネタバレになるので、映画をご覧になる前の方にはすすめません。

ま、「洪水から種を救うためにノア(一派)が大きな船をつくる」って、ごくごくシンプルなストーリーなんですけどね。

それを二時間超「もたせる」ために、どんだけエンタメしてくれるのか? という興味と、ええ、ローガン=パーシー・ジャクソン=ラーマン君目当てもありまして、長男と二人で観てきました。

あにはからんや、ド直球でした。
嘘みたいに真摯、逃げてないなあと。
物語を(旧約聖書と思わず)真面目に受け止めれば、これは予想できる展開で、当然引き起こされる災害に押し流されてしまう人々を一人も救わず船のドアを閉めてしまうノア……それは、既にカイン族の域に入ってないか? 二つの勢力を分けた境界線は、既にないのでは?
思ってました、

新興宗教のよく言う「世界の終りが来るから自分らを信じてついてこい」の嘘を。

 「おろかな者たちだけが死んでいく」なんて都合のいいことは、起こらない。それは、わかっていても救おうとしない「未必の故意」でもあり、ネグレクトそのものなんだと。

それどころか、ノアは方舟に取り付いてくる人間たちをばったばったと「殺して」いきます。自らも殺人の罪を負い続ける存在、それが予言者なのでしょうか。
そのノアが、自らの家族の未来をも絶とうとするのは、当然と言えます。

ただ……そりゃあさ、アンタは神の偉業を達成して美しい妻との間に三人も子どもを作っていい加減年を取ってからだからいいかもしんないけど、子どもらは今からだというのにかわいそうすぎだろ……ええ、母の立場であるわたしなんか、

「お前は子どもたちのためならどんな罪でも犯すだろう」

とノアに言われて反論できないナーマの気持ちはよくわかるし。
基本的に人間は、自分とその家族を守るため、あるいは信念を通すためには人殺しもいとわない生き物なのだと、映画の途中でわかってしまうと、最後はなんとなくわかってしまいます。
イノセントな存在でいられない人類が、今も生き残って、今なにをしているか。

……映画にしない方が、良かったんじゃないかなあ。
これは舞台劇向きな気がします。
スペクタクルな部分をフラッシュや煙幕ではしょりつつ、役者たちの演技だけでこのドラマを見せつけられていたら、全体の評価も違ってきそうです。

でも、映画なんですよね。
派手です、確かに。
岩の巨人も出てきます。
一点の曇りもない空から降る一滴の水のあと、無から咲く花。
汚れきった人間たちの阿鼻叫喚。
一瞬にしてわき上がりうねり川になるさまや、青々と茂る森のざわめき。
「許され」天に帰る巨人たち。
ビジュアル的にはすごいと思いました。

が……実はスペクタクルなシーンが一番退屈でした。
ノア演じるラッセル・クロウの表情や、ローガン君演じる鬱屈した青年の焦りや、我が子を守ろうとするエマ・ワトソンの涙に、感動しました。
その直球な演技と、スペクタクルの嘘加減が、全くあっていなかったように思います。

特に洪水のシーン……あれって、洪水? 
いわゆる「震災スペクタクル」ではありませんでした。
完全に「神の御業」でした。
そうそう、Helvaさんがブログで書いてらっしゃいましたが、字幕では「神」と出ていましたが、終始「クリエーター」と言ってましたね。
創造主。
世界を作った存在が、「人間だけが失敗だった」と、リセットを敢行した……そのリセットをほかならぬ人間にさせる矛盾。
他の生き物では、「神の手先」になりえないのか?
人間が神の姿に似せて作られたから?

……やはり、宗教とファンタジー(スペクタクル)とが折り合わず、立ち位置が曖昧で、かえって主題がボケてしまったという、Helvaさんと同じ印象でした。
惜しい。
それなり面白かったけど、ニ度は……観たくないです。




あ、そういえば、ちょっと前に読んだ「11/22/63」で、50年代の典型的な黒人差別主義の白人男性が、「アイツらはノアの裸を見た恥知らずなヤツの子孫だから、オレらの召使いでいる運命になったんだよ、聖書読んでないのか?」とか言ってて、何を寝ぼけたこと言ってるんだか、と思っていたら、最後の方でそのシーンが出てきて、ちょっと笑ってしまいました。

所々、なんでこんなシーン? と思うところがあったので、ちゃんと聖書を読んでいる人なら、だいぶ印象が違うんでしょうねえ。



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : movie
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

確かに投票したけど、嬉しいけど……ちょい複雑。

広島勢8人!マエケン 大瀬良かわして1位に 球宴ファン投票最終結果 

この間ズムスタに行った時、入り口にどーんと置いてあったんですよ、投票用マークシート。
そらま、投票するでしょ?
んでも、早く球場に入りたいから、急いているわけですよ。
チェックを入れるのに、そんな考えてもいられなくて、チョチョッとつけて投票しました。

そりゃまあ、カープの選手全員ってわけじゃないけど、一ポジションに一選手選んだら、そうなりますわなあ。

でも、後で考えたら、一岡選手とか堂林選手は故障中じゃなかった?
キラ選手なんか、今二軍じゃ?
うむ〜〜いいんだろうか、これで。

そういう意味では、そのマークシート、パリーグの選手……あまり知らないなあ、まあ、

 適 当 に 知 っ て い る 選 手 の名前にチェック入れとくかあ!

……パリーグ・ファンもこんな気持ちでセリーグの選手に投票したとしたら、ここのところ耳にしだしたカープの選手に票が集まってしまうのもしかたないのかも。

しかも、せっかく「休める」時期に野球をする事で選手が疲弊してしまうという、ファンの心配な声も聞こえてきますが、まあ、そんな姑息な休みなんて……基本、プロなんだから、お客を楽しませてナンボ、そこはお祭りを盛り上げて欲しいものです。




にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : carp
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

久しぶりに前売り券購入。



昨夜は映画「ノア」を観に行きました。
いやあ、ド直球な映画でしたが、感想はまた今度。

そのチケットを買う時、今上映している昔のゴジラのリマスター版、新作「GODZILLA」の前売り券を見せると半額になるときいていたので、前売り券も一緒に頼むと、
「前売りは売店で」
と……え、経理的にそーなってんのかな?

そんなわけで売店で購入。
「もうポスターが無くなってまして」
いやあ、別にそんなに欲しくないし。
「ちょっと不恰好だしね」
と長男。
んだね。
そのあと、映画の予告編を観ながら、

ふとましい……

とつぶやいてしまいました。。。
そりゃあ、日本的なゴジラのシルエットが出て来たら、それはそれでガッカリしそうなんで、あとは映画を観てから判断ですね、

その前に、旧作を観に行こう!







にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : movie
Posted by onion on  | 8 comments  0 trackback

DVDで映画「スターウォーズ エビソード2 クローンの攻撃」

ウチにはBlu-ray版がないのでDVDで見たら、やっぱ画質がイマイチですねえ。

引き続きスマホのスターウォーズ・ゲームにハマっている長男が見るというので、一緒に。

先日エピ1見たのですが、長男途中で寝るし。そりゃ、タトウィーンあたりでどーしょうもなく退屈してしまうんですが……まあ、アレはとにかく最後のダース・モールとのセイバー戦を見るためにガマンする映画、って感じですが、さて、エピ2はといえば……

わたしにとっては、オビ=ワンのシーンを見るためだけの映画かなあ。
特にコルサントのチェイスは大好きで、つーかあのシーンが済むと集中力が爆切れ、ネットをしながら、たまに顔を上げて見る感じ……。

冷静にみると、やはり出来の悪さが目立ちますねえ、特に脚本。
そして演技指導なんとかしろよ、特にアナキン……。。。
この間、ニコニコ動画でこの映画の「正直なトレーラー」見ましたが……やっぱキモいんだね、アレ。

どーにも「道ならぬ恋」の部分が稚拙すぎて、全体が台無しになっている映画でした。

「久しぶりに見ると、やっぱ面白いね!」

……長男。あ、まあ、そうだねっ!!










にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : movie
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

小説「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々〈4〉迷宮の戦い」



旅のお供にパーシー・ジャクソン。ピッタリでした。
適度に軽く、適度にドキドキ、本を閉じれば(わたしの場合、iPadをスリープさせれば)パッと日常世界に帰れる……これが、子ども時代に読むとかなり違っているのかもしれませんが、そのあたりはわかりません。

今回も現代と神話世界のミックスが面白くて、それでいて子どもたちは思春期の入り口に立って、色めいた悩みも増えて……面白い!
や~~、おかしなTシャツを着たケイロンとか、怪物馬小屋の掃除とか、下半身が蛇のチアリーダーとか、ビジュアルで見たくてしょうがないんですけど! 返す返すももったいない、アニメで始めればよかったのになあ。

それにしても、「英雄譚」のジュニア版って感じで、あのままパーシーがあそこにいたら、大人になって子ども作ってたりしたんでしょうか……考えると、子どもだからこそ帰って来れたのかも。
ジュニアの良さって、あるよねえ。

イノセント、ばんざい!!


てことで、次巻で決着?
楽しみです!






にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : book
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

もしかして、ソファのせい?

今日は出勤します。
一日ゴロゴロしていたら、夕方ごろ「激烈な痛み」がでなくなったので。

そりゃもう、痛くて息ができなくて、体か引きつったように動かなくなるなんて、そうそう体験することじゃないので、もう動くのが怖くなってしまいました。

で、こういう時になると、健康本を(iPadの中から)引っ張り出して原因を探るわけですが……定番の「疲れ」だけでなく、「食べ過ぎ」と「便秘」もあるかなあと。
確かに、最近歯止めがきかなくなって、やたら食べてたし、便秘もひどかった。
医学的な根拠はないのかもしれないけど、経験則的に思い当たることがあるんで、とりあえず朝ごはんを抜き、漢方のお腹が緩くなる薬を飲みました。

それから、以前腰をやった時の自分のブログを読み返してみると、
「ソファから立とうとすると」
と……今回と同じ!
これは、「疲れてソファに長時間座ったあと」がやばいということ?
確かに、居間のソファは、体が沈みすぎで、座っていると背中が丸まるとは思っていたんですが、その姿勢を続けることが腰にかなりの負担なのでは?

ところがこの土日、腰が痛いので、主にソファに丸まっていた……案の定、立つ時は余計痛くなっているという、悪循環だった?

思い直して、昨日は一日ソファには座らず、ベッドとパソコンチェアの往復、テレビを見る時は床に座りました。
夜にはまっすぐ立てるようになり、痛みも出なくなりましたが、ソファに座らなかったせいなのか、もともと治る時期だったのかは、判然としません。
ともあれ、このまま治るといいなあ。

そんなわけで、会社で更新。(始業前だよ!)

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : diary
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

まどマギ制服のアスナ。



そうです。お茶濁し。
以前オークションで落としたまどマギの制服、アスナちゃんに着てもらっています。
流石同じピュアニーモ、よく似合ってて長男も気に入っているみたい。

そんなわけで、今日は仕事を休んでゴロゴロ……やっと治ってきたので、明日は仕事に出ようと思います。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : doll
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

Huluでドラマ「ビッグバン・セオリー」シーズン4

ヤッタ! 今日もカープは勝ちました!! サヨナラなんて、なんつー劇的な……4月のラッキーが戻ってきたような日々です。
……が、わたしの腰は一向に治らず……。。。



結局この週末はゴロゴロして過ごしました。
ゴロゴロもいちいち痛いポーズを避けながらなんで、寝ていても熟睡できてなくて、寝ているのに疲れているって状態でした。
で、野球の応援の合間に見てたのが、これ。

笑いの合間にちょっとずつ、レナードとペニーのカワイイ少女マンガ的恋愛が挟まれて、ドロドロ恋愛ドラマはキライなわたしでも、キュンキュンしつつ笑ってみられて嬉しい一品です。

シーズンも4になるとやっぱりマンネリなのか、ギークたちに色々恋愛模様なども混ぜてきて、ちょっと最初と違う感じになっちゃってますが、まあ、仕方ないかなあ。
つか、今シーズンはハワードのお母さんがなかなか良かったわ~(顔は見えないけど、壁の昔の写真は美人でしたねえ)。
ペニーの元カレもアホだけどかわいいw
そして行きつけのコミックショップの店長さんのコスプレがドクター・フーのだと今回気づけて、もしかして前の方にもそーいうドクターのネタが潜んでいるかと思うと、見返したくな……長いな、やっぱ。

そんなわけで、既にシーズン7まで決まっているとか、続きを必ずやってね、Huluさん!




……ドクターの更新がないから、解約しようと思ってたんですけどね!
来月のラインナップみて、決定しますわ。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : television
Tag : TV ドラマ Hulu
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

1勝0敗!!

ええ、何と言われようと、わたしが観戦した試合、今年は無敗です!<えっへん


(↑一昨日の結果)

いや~良い試合を見せてもらいました。
コアなファン的には、楽天が勝たせてくれた、って感じでしょうが、丸二年ぶりに球場に行くことができた田舎暮らしのラジオ観戦専門ファンには、勝利が何より。
てことで、木曜に有給休暇をもらい、出かけました。



でもランチは徳山駅近くのサンドイッチ屋さんなんですけどね!
眼科の通院のついでに休んだので。



この日は一人旅です。長男が仕事だったので必然的に車はなし。
なので電車、山陽本線(しかも鈍行で岩国で乗り換え)を使います。
新幹線も考えたんですが、料金が倍だったので……とりあえずコストを抑えなけりゃ、今年中にもう一度なんて行けないから、ちょっと頑張ってみました。

でも長かった!
二時間きっちりかかりましたよ。
午前中に頑張ってスキャンした本をiPadに入れておいて良かった……はかどるはかどる。
時々顔を上げて景色を楽しみつつ(二軍練習場のある由宇などのあたりは海が綺麗です)、読書の人でした。

広島駅に着いて改札を出ると、ズムスタに向かう沿道沿いにずらっとグッズショップやお弁当やつまみを売っている屋台が並んでいます。
二年前ってこんなのなかった気がする……やっぱ、カープが調子いいと、遠くからのファンも多いのか、モロに「カープ女子」な女の子のグループや、明らかに野球見るのははじめてと言う感じの彼氏づれのふつーのお嬢さん(彼女もカープ女子になるといいね!)、お年寄りの夫婦連れ(お爺ちゃんの方は赤い帽子)など、多種多様な人の波の中を、ズムスタ方面に歩きました。



毎回、ズムスタのレンガ色が目に入ると、ワクワクしますね。
よっし、楽しむぞぉ! って。
レジャーはこうじゃなくっちゃね!
そういえば、このズムスタへ向かうレンガ色のプロムナード、まるで「オズの魔法の国」への道みたいですねえ。
さて、帰り道にウキウキして帰れるか、重い足を引きずってトボトボ帰るか、その辺りのドキドキもはらんでいます。
正面玄関で、ネット購入のチケットを受け取り、入りました。



ありゃ、もうカープの練習も終わっちゃった。
既にプレイボール前、とりあえず夕ご飯を買って、席につきましょう。
あ、左にちょっと写っているジョージアの看板の下が、新しく出来たスポーツ・ジムらしいです。
トレーニングしながら野球がみられるという、誰得なジム……おかげで駐車場が狭くなったじゃんよ。その向こうのコストコ込で、地方ファンに優しくない最近のズムスタです。



夕ご飯は久里選手プロデュースのタコス。ビールも考えましたが、この日夕方まで仕事の次男と後で待ち合わせることになっているので、酔っぱらっちゃマズいだろうと、自重してウーロン茶に。



席はレフト側外野席。内野自由よりは高いけど、一番お手頃値段だったので。色んな席があるけど、ぼっち(途中まで)には、こういう席で充分。
つか、この球場はぐるっと回れるコンコースから全方向が見られるので、席を移動しつつ楽しむことが出来るんで、あんまり「損な席」はないと思う。

この席も、夕日が当たらないし、前から三列目だったのでレフトのロサリオ選手と楽天のボウカー選手、そして9回には赤松選手が間近に見られて、良かったです。



グラウンドの向こう側に西日を浴びて、カープ応援団の定席「カープ・パフォーマンス・シート」が見えます。
最初はね、ここを買おうかと思ってたんですよ。
ええ、一度はやりたい「スクワット応援」なるものを、体験しようかと。

……で、後々やらなくて良かったと実感するわけですが。



4回表、守りにつくロサリオ選手。
3回裏にタイムリーヒットを打って、たたえるファンに手をあげてこたえています。



夏至(今日が当日なのね!)近くのせいか、試合の運びが早いせいか、カープの優勢が決まってもまだ明るいズムスタ。左に例のジム、その右にカープ坊やのふわふわボールドーム……ん? 間に何かある……あれも子ども向けみたいだけど……結局今回、あっち側には行きませんでした。

なにせ景気よく、カープ打線は良く打つしマエケンは要所要所をきっちり抑えるし、次男からは「残業してる。ちょっと遅れる」と連絡入るし……席が通路側じゃなかったので、腰をあげるタイミングがわからず、6回近くまで座っていました。

やっと次男到着、しかし「正面玄関」って言ったのに、プロムナード側に……じゃあとそっち行くと、次男が正面玄関にと、漫才のようなことをやったあと、やっとビールとフィッシュフライ&チップス(イギリスっぽい!)をゲットして席につき……あ、

風船買うの忘れた!!

「え、もう7回だよ。買ってこうか?」
いやもう間に合わない……つか、家にはあったのになあ。



そんなわけで、動画を撮りましたが……下手くそでスミマセン。。。マジでひどいわ~~。
最後のは、落ちてきた風船に直撃されたわたしのお盆……カップに入らないで良かった。

でも思い出すのは、数年前(新型インフルエンザが流行っていた頃)に一緒に行ったジェリーのひと言……

「このジェット風船、吹いた人のツバキを吐き出しながら飛んでるんだよなあ……数万人分の唾液のシャワーか……」

つ、つまらんことをいうなっ!!
忘れられなくなったじゃないか……。



ともあれ、勝ちました。
ヒーローインタビューを受けるマエケン……ですが、ビジョンは角度が悪くて半分しか見えない位置でした。
ま、球場まで来てビジョンみてなくていいんですけどね!
マエケンが「明日はサッカーを応援しましょう!」って言ってましたが、引き分けでしたね~。(その頃通勤途中でしたが)

そらもうルンルンで、赤い道を次男と二人で帰り、広島駅から市電に乗って八丁堀まで出ました。
次男が「ドンキに行ったことない? じゃあ行こう2時まで開いてるから!」というので、ドン・キホーテでウロウロ、思わぬ買い物をして、さすがに疲れたというと、その向いの二階を指差して、「じゃあ一休み」。



夜はソフトドリンクの方が高くなるという「小夜曲(さよきょく)」で、カフェラテを。メニューは古いレコード盤で、周りには楽器が無造作に置いてあり、クラッシックが流れる、こんな街のどまんなかで隠れ家のようなカフェでした。
落ち着けるとこ、見つけちゃったかも。(しかし日曜定休って……)

それから市電に乗って、ちょっと郊外の次男のアパートで一晩泊まってから、朝の電車で帰ってきました。
……さすがに通勤電車は辛い。つか、荷物を絞ったつもりがやっぱり増えちゃって、目の前に女子高生軍団が立ってるのに、邪魔で……スミマセンねえ。

で、仕事場に直行、一日働きましたとさ!
キツかったあ……とやっと家にたどり着くと、母がカレーを作ってくれていました。
「疲れているだろうから、すぐ食べられるようにと思って」
あ、ありがとう~~~~~マジで嬉しい。さすが実母、甘えさせてくれます。

しかし食後、ソファに座ったら……だるくて動けなくなっちゃった。

結局夜中グダグダとTVみていました。
さすがにもう寝ようと腰をあげようとして……

 い た っ 。

う、またやった?
確かに前の晩から腰にきてるなあと思ったけど、あるポーズになると痛い。
まっすぐ立った時がいけないみたいで、今みたいに椅子に座っているといいという、なんかよくわからない状態に。
困ったなあ。

今日は一日、グダグダ模様です。
つか、やっぱ新幹線にしとけばよかった?
つか、体力ない?
これでは、名物「スクワット応援」なんて出来ない~~~<残念なのはそこか?

くそお。



そんなわけで、戦利品。
前からネット通販でも目を付けていたんだけど、実物が意外と大きかったので、使いでがあるかと。



アップ。カープ坊やの顔がもみじのドット柄に!



そしてなぜかSWTシャツ。
ドンキで見つけたのよ~~なんとダースベイダー子育て絵本の柄!
今年のユニクロのSWTシャツがイマイチだったので、大喜びで……二枚買っちゃった。
次にいつ来れるかわからないもんねえ。



てことで、楽しかったけど最後に足をすくわれた、お出かけでした。




アイタタタ。




にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : carp
Posted by onion on  | 4 comments  0 trackback

ズムスタにカープの応援に行きました!



写真は帰り道、八丁堀で市電を待っている時に次男が撮って、加工してくれたもの。
詳細はまた明日。
けさ、iPhoneの充電器持って行ってなかったので、もう切れそう……!


にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : diary
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

グリコのプリッツ、カープバージョン!



「普通にコンビニに売ってたよ」
と、長男が買って帰ってくれました。
おお、ニュースでは見てたんだ。中四国限定ってあったね。

まだ食べてなくて、飾ってあります。
味は「熱い想いのチキン味」だそうです……。

昨日はいい試合でした!
今日も頑張って欲しい!


以上!!




にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : carp
Posted by onion on  | 4 comments  0 trackback

小説「11/22/63」読了。



アメリカのドラマを見るときや、小説を読むとき、思い出すエピソードがあります。
前にも書いたかもしれませんが、メジャーで活躍した松井選手のこと。
わたしは別に彼のファンではないし、プレースタイルも好きではありません。つか、「元巨人選手」ってだけで、お断りさあ!<最低のアンチ
だけど、一つだけ忘れられないのは、彼のドキュメンタリー番組で出ていた彼のファンだというアメリカの少年。
彼の母親が言います。
「この子は引っ込み思案で、おとなしすぎるんですが、松井選手が大好きなんです」
言動も控えめで、自らを律することを重んじ、チームプレイに徹する松井選手に憧れているとか。

アメリカは、「求めよさらば与えられん」が普通で、「求めぬ者には何もなくて当然」な、超合理主義社会らしいと聞きます。
それって例えば、一つだけしかないお菓子を、自分は我慢して友人にあげることは、日本では「よく譲ることができたね」と褒められても、アメリカでは「いらなかったんでしょ」と判断される?
ということは、万事控えめで欲をオモテに出さない性格の人間は、どんどん置いていかれるということになるのでしょうか。
そんな社会で、この松井ファンの少年には、既にかなりの「損なエピソード」がたまっている気がして、胸が締め付けられるようでした。
チャンスはモノにしなければ、という競争社会で、控えめな子が生き抜くのは大変そうです。

じゃあ、アメリカという国は「積極的な人だけが生き残る」だけの社会なのか?
警察がいなかったら盗みをするのが当たり前? 
手に入るものはなんでも手に入れろ?
裁判で勝ちさえすれば、罪はなかったことに?

……それを律することができるのは、もはや宗教くらいしかないのかもしれません。
その神も、今のアメリカは様々なわけですが。
無神論者という宗教の人もいますしね。


さて。前置きが長くなりましたが、この小説。

アメリカがキリスト教の国だった(今も?)55年から63年までが主な舞台、人々はそれと知らず平和に暮らしています。
田舎道を歩く人には車が停まり、気軽にヒッチハイクさせてくれる。
見知らぬ人にもすれちがいざま笑顔をかえす。
納屋や地下室に鍵をかける人は稀。
それどころか勝手口まで鍵なしの家庭も多い。

でも。

学校の生徒はみんな白人。
バーも、トイレさえ黒人と白人は別。
どこでもタバコを吸い放題(これはタバコ好きには天国かも)。
家庭内暴力も日常茶飯事。
救出プログラムなどない。
生まれた時点で、人生の大部分が決まってしまう社会。

その中で現代人(2011年時点で30代)の主人公が、なんの為に行動するか……

自分が救える可能性のある人を救いたい

という、わたしのイメージするアメリカ人からはちょっと離れた、なんという「無辜の人」であることか。
どうにも現実感がなくて、最初の辺り、正直読むスピードは遅かったです。
キングと言えば、「襟首をつかまれて『読め』と強制される」ような、強制的に読まされていると感じるほどの「ヒキ」、これが今回全く感じられなかったので、思ったのは……これは、

テレビドラマの原作を狙ってる?

ってことで……「アンダー・ザ・ドーム」がどうみても連ドラ向けではないのにあんなに変に伸ばされているのをみて、もっとスパンの長い物語なら、連ドラにしても面白いのではないか、と考えた……みたいな、うがった見方をしてしまうほど、なんつーか、その昔の「逃亡者」風味。
と思っていたら、本当に後半、
「まるでTVの『逃亡者』みたいだな」
みたいなセリフが出てきて笑ったわけですが、そのくらい間延びした導入でした。

大体タイムスリップのネタ自体が古いと言うか単純と言うかわたしが中坊の頃ノートの端っこに書いた青臭いSFと同じニオイがするもので……SFファンから失笑をかいそうで、余計にそう思ったのかもしれません。

とにかく主人公の人となりがよくわからなくて。
教師で、妻がアルコール依存症になった挙句にリハビリ施設で出会った男と家を出て、教師として出会った「悲劇」をリセットできるなら、と過去へ向かう……そしてケネディ大統領の死が防げるならと過去で8年過ごせるほど、現代にあとくされのない人って、そんなにいるでしょうか。
たとえ旅から戻ったら、たった二分しかたっていなくても、自分自身は8歳も年を取るんです。
子どもはいなくても、親や友人と8年会わないで平気なんて、あるでしょうか。

わかってくるのは、長い、なが〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜い前巻が終わる頃、「教師」という職業が「天性」だと納得する頃でした。

ああ、教師だからなんだ。

思い返すと最初から、その辺りは示唆してあったのに、わたしが読み取れてなかったのかな。
思えば、教師という職業は、アメリカ社会では「成功」とは言えないでしょう。
なんたって給料が安い(らしい。キングは小説家になる前は教師で、それだけでは食っていけず、トレーラーぐらしでバイトしていたとか)。
すべてを「金銭の成功」ではかってしまうアメリカ社会では、一発勝負の職業ではないですよね。
でも、重要。
教師が子どもを導くのだから。
子どもはすべての大人の過去だから。

過去を変えることは、教師のしごと

なんですね。
本当に8年間、じっくり主人公ジェイク=ジョージと過ごしたようでした。
途中ジェイク<ジョージになったりしましたが、彼は過去を楽しみながらも染まらず、ずっと無辜の人のままでした。

唯一つ、彼女のことを除いては。

最後の旅が哀しすぎて、ちょっとメロドラマ的になっちゃいましたが、人が生きるってそういうことなんだよなあと。
誰とも関わらず生きていくなんて、できない。
元々人と関わることが大好きな「教師」なのだから。

そういう点で、アルは間違いない人材を選んだのでしょう。
そして、円環が閉じるように、読書という旅が終わりました。


ダンスは人生だ。





……わたしは踊れないんですけどね!




にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : book
Posted by onion on  | 4 comments  0 trackback

キーホルダー人形(大きさが違う)購入。



Amazonで、といってもマーケットプレイスみたいなので。
その出品リストだと、あからさまに何処かの店舗の在庫一掃処分で、届いたのは明らかに店に出しっぱなしでホコリを被ったもの……なんか、薄汚れてる。。。

ま、だいたい想像はしていたのでその辺は。
でももうちょっと大きいかと思ってました。
一番右に、コガンちゃん置いてみましたが、巨大に見えるほどちっちゃいなあ。

これをどうする予定もないんですが、とりあえず在庫。





罪庫?









にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : doll
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

懐かしゲーム「レーダーサーチゲーム」と悪運女?

いやあ、サッカー日本代表負けちゃいましたね~。最初の得点は良かったのに……て、テレビはつけてたけど、あんましみてなくて、スティーヴン・キングの小説読んでたんですが。

居間の床で次男が寝てた(!)ので音を小さくして、しかも小説は佳境で面白くて。
大騒ぎの時だけみてましたが……残念。

12時前になってジェリーが帰るのと前後して、負けちゃいました。
「オマエが見てるから負けたんじゃ?」
失礼なっ。

まあそれはいいとして、最後のゲーム、届きました。



……ヤフオクで買いましたが、「動作確認しておりません」ってあったから覚悟はしてましたが、やっぱり……。

「音が出ない!」

だよね~どーする?
「中を開けよう」
その辺りは(一応)中学時代の科学部、ネジで外して接触を確かめつつ……
「音はモーターだな」

ブー

おお、回った!

ブーブーーーーーブーーーーー

……うるさい。
「モーターのサビ落としするの!」
なる。
でもうるさい。

そんなわけで無事使えるようになりまして、次男とひとしきりやってました。
「ルールがよーわからんっ」
今さらかい!
子どもの頃やってたんじゃないのかよ~。楽しかったって、思い出だけ残ってるんだなあ。

さて、二人がゲームをしている間、わたしはテレビでカープの試合を見ていたわけですが、中継ぎに小野投手が出ていきなりフォアボールを出した時点で終了、また本を読んでいました。

ええ、面白くて。

……夜ニュースみると勝ってるし。

「やっぱ、オマエが見ないといいんじゃね?」

うっさいなもう。……orz



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : goods
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

父の日に母の日のプレゼント!



ドン・キホーテ公式サイト / 目元リラックスDMH-121-CG - 温感/振動/エアーで疲れた目元をリラックス!

Amazonで引っかからなかったと思ったら、ドンキのプライベート・ブランドなんだ……。
ま、それはおいといて。
昨夜もう寝ようとしていた11時過ぎ、次男が帰ってきました。
先週からまたLINEで、ゲームやりにこない? と呼びかけても既読さえつかなくなって心配になってメールしてどーしようどーしようそーいえばこのあいだころされてはこづめにされてたっきゅうびんでとうきょうにおくられたひとりぐらしのじょせいもなーすだったどーしようおとこのこのほうがなりすましにつかわれそうもしかして……

……と心配がピークになって、仕事が終わったらアパート行こうかと思い始めた夕方、

「行ける時にいく」

……ま、いつものことだけど、わたしが勝手に振り回されているだけかな。。。


そんなわけで、どーせ帰ってくるのは夜中とは思ってましたが、ちゃんと父の日のプレゼント持ってきてくれた……え、二つ? わたしのも?


 あ り が と う


嬉しい。こどもからのプレゼントって、格段に嬉しい気がします。
色々振り回すタイプの子だけど、こういうツボはおさえてくるから、親は弱いな〜。
早速開封、とりあえず装着……
「説明書、読まんの?」
うん。とりあえず使ってみて、わからなかったら見る方。
うおお、眉間のツボ、結構きつめに押してくる!
イヤホンカバー入らん!
「不器用だな〜〜貸して、いれたげる……あ、裂けた」
ちょっと〜〜〜まあなくてもいけるけど。てか、イヤホンは自分の使ってもいいし。
音楽でけえ!!
「イヤホンに音量調節ついてるじゃん、ほら、これ」
へえ、コントローラーがMP3プレーヤーになってるん?
「そう、だから好きな音楽でリフレッシュできるというわけ」
結局、横で説明書読みながら解説してくれる次男。

モードはこめかみと鼻の付け根を交互に押す「エアー」(でも本当に堅いもので押されているような感覚)と振動の「バイブレーション」と全体が暖まる「ヒーター」の三種類とそれらを組み合わせたあと三種類の6モード。
音楽は最初からせせらぎとか鳥の声とか何種類か入っているようです。

寝る前にやってみましたが、外したとたん寝ちゃったのは、既にいつも寝る時間を(とっくに)過ぎていたからなのかこれが効いたのかイマイチ判然としませんが、なかなか気持ちよかったです。

「つけたまま寝ないでください、って」
そりゃそーだろう。揺さぶり症候群になってしまう。。。まあタイマーはついているみたいです。

わたしはその後寝ましたが、夜中過ぎまでジェリーと例のゲームをやって大きな声をだしてたんで、「父の日」としても良かったかな。
今朝はまだ寝ています。
せっかく帰ってきたのに、ジェリーも長男も用事があって出かけたよ……だからあらかじめ連絡しろとあれほど……


……ま、無理だな。Aちゃんだもんね。(自己完結)






にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : goods
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

チマチマが好きな家系?



我が家に女の子はいません。
だから自分がやっている趣味を理解してくれる子はいない……かというとそうでもなく。
お菓子作りは次男が好きなので、わたしが死んだら、オーブンと大型泡立てマシンとル・クルーゼのお鍋はAちゃんにあげるね、と約束済。

でも手芸はないだろうなあと思ってたら、なんと、最近長男がなんかやってる。。。

先週、ちょっと離れた大きめの手芸屋さんに行く時、実母と長男も連れて行きました。(つか、運転手の長男に連れて行ってもらった、ってことなんですけどね)
母に、何かやりたいものある? と訊くと、
「刺繍? あれってちょっとやってみたいなあ」
おお。
無趣味の母でTVばっかりみてるより、なにか手仕事があるといいかも。
基本的なセットをかってあげました。

そしたら、長男がなんかみてる……なんかあったら、買うてあげるよ。

「うん、羊毛フェルト、以前リハビリ施設に行っていた時ちょっとやって、興味あるんだけど」

いいよ~~! この基本セットね? おお、親子三代でチクチク!(モノは全然違うけど)なんて、いいじゃ~~ん。
イマドキって、女の子だから男の子だからっていうハードルは、考えない方がいいのかもね。

というわけで、これは百均の羊毛フェルトのキットで作ったワンコ(の頭のみ)。
わたしはついぞやってみたいとは思わないタイプの手芸ですが、楽しいんだそうです。ちょっとしたプレゼントに使えるらしいし。






……って書いて、アップを忘れてました!
危ない!
とぎれてしまふっ。

ま、この記事もお茶濁し的ではありますが。。。



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : handmade
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

懐かしゲーム「魚雷戦ゲーム」きました。





わたしは対戦してません。
もう、ウチのでっかいガキンチョ二人がコーフンして遊びまくってたから!
昨日のピンを刺すボードゲームと違って、これはもう魚雷爆撃が主、とにかく早くたくさん撃たなければ、ってんでわーわー言いながらやってました。

ま~、楽しそうだったので良かったかな。
つか、ウチのテーブルがちょっと傾いているらしく(もしかして床から傾いているかもしれない)、ジェリーと長男で玉の勢いが違う気が……水平器がいる?

そういえば買う時「絶対サーチの覗き穴があるヤツ買ってよ!」と厳命されてたんですが、じわっと狙って撃つゲームの仕方していないもんだから、役に立たなかったじゃんよ。。。


あのチームのこと


てかカープのこと!<キレ気味
も~なんとかしてくださいよ。どーしてこう雰囲気にのまれやすいんだよもう。
まあ、春の疲れが出る頃だとは思うんですが、な~んかパリーグになめられている気がする……ああヤダヤダ。

でも昨日はエルドレッド選手のホームランも出たし、一旦は追いついたんで希望は見える……はず!!



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : goods
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

懐かしゲーム「レーダー作戦ゲーム」やってみました。





ジェリー大人買いの懐かしゲーム、まず最初にきました、「レーダー作戦ゲーム」です。
すでに販売終了で、マーケット・プレイスでしか買えませんが、とりあえず新品があったのでそれを買いました。

ジェリー、ゴルフの練習日で出かける時間ギリギリまで、長男と対戦、そりゃもう、初めての相手に全力で当たって、

「勝った! よし行ってくる」

……負けてたら、勝つまで出かけなかったと推測。
そのあと、長男とわたしで対戦、途中までわたしが優勢だったんですが、最後に残ったピン二つの小さな船(護衛艦?)の探り合いで負けちゃった。。。

……意外と、面白かったです。
これってゲーム盤がなくても、方眼紙とエンピツがあればできるもんね。基本なアソビなんでしょう。


ところで!
このゲームが、数年前のあのおバカ映画「バトルシップ」の「原作」だなんて、今初めて知りました!
そーいや、ポイントのピース、エイリアンのアレにそっくり??

……どーでもいいと思ってた映画だけど、レンタルで見直そうかなあ?



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : goods
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

ムック本「疲れ腰トレール」買いました。





昨夜、TSUTAYAにレンタルDVDを返しにいって、ついでに本屋に寄ると、結局長居してしまい、変なもの買い込んできました。
ま~ホントにグッズ類に弱いったら。

でもこれは、感覚的にいいだろうなという予感はありました。
骨盤にあてたゴムを膝で引っ張るカタチになるんですが、これだと骨盤が立って姿勢が良くなるだろうなあと。

一回5分~10分でいいと書いてありましたが、最初から20分以上やってました。
本当に楽~~~!
昨日は日中、立ち仕事が多くて、中腰作業も頻繁だったので、腰が疲れてて、本屋を見て歩くのも辛かったんですよねえ。
だからこの表紙に惹かれたとも言えますが、とりあえず腰の負担がなくなって楽になります。
その後の寝付きも良かった気がする……これは気のせいかもしれないけど。


ネーミングの親父ギャグ的なのは、もう忘れたフリをして。。。





にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : book
Tag : 健康
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

SHERLOCKのとちょっと違う?

SHERLOCKの第3シーズン1話に出てきたゲーム、ジェリーが欲しがってたので買いました。





お誕生日プレゼント!(結局何がいいかわからず渡してなかった)
「いつの話だよ……それにしても、絵が違うじゃん」
そうだねえ。けどこれしか見つからなかったんだもん。
開けてみる……



「やっぱ、全然違う。もっとグロかった」
う~~ん、確かに。でも遊び的にはおんなじじゃん?
これって穴の周りの金属にピンセットが触れるとブーって鳴るんだね。
「う~~む、音も違う! ドラマのはホントに『ブー』って音だったけど、こっちは振動だけ。なんか違う~~~!」
でも見つからなかったんだってば!

……というわけで画像検索。

http://www.sherlockology.com/props/operation

これだねえ。
海外のebayなら売ってるみたいだけど、悪いが言葉の壁でかえないさ。。。
……と見ているうちに、ジェリーが言い出しました。

「これより懐かしのあのゲームが欲しい!」
はあ?
「アレを探して!」
というので、長男とググりまくり……これ?
「うーんこれっぽいけど、音が出たと思う」
ええ~。

……一時間ぐらい、あーでもないこーでもないとやってましたが、結局、
「両方買っといて! ついでにこの魚雷ゲームも!」
うっ。まさかの懐かしゲーム大人買い。
頼んでしまいました。

ついたらまた、レポしますね。


そうそう、肝心のこのゲーム、ピンセットで体の中の「異物」を取り除くわけですが、ヘッドホンやナイフとフォークなどの、なんともアブナイものばかりで、これが日本で発売されないのも納得できるブラック・ジョークです。

とりあえずやってみたら、
「簡単じゃん! つまんね」
とジェリー。
そりゃ、基本こどもの玩具だし。じゃあ、難度をあげればいいじゃん、左手でやるとか、時間制限を作るとか……。
「じゃあこれで! やってみ」
と長男に。
「え。ちょっと! これ、小さな穴におっきいパーツ入ってんじゃん!」
ジェリー「へへ~」(得意げ)

ブー(振動)

長男「端に引っかかって取れんじゃんよ~!」

……と、しばらく遊べました。
今度、親戚の集まりに持って行こうかな?




にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : shopping
Posted by onion on  | 4 comments  0 trackback

レンタルで映画「クロニクル」

「クロニクル」

もち、アメスパ2のハリー役デイン・デハーンの出世作を見るために、借りてきました。
元々モキュメンタリー・タイプの映画(ファウンドフッテージっていうの?)は好みなんで、それなり期待していたんですが、確かに……

デイン・デハーンの存在感すごい!

……たいていそういう映画は低予算で作られることが多く、そして役者も無名だったりして、その辺りまでは他と同じなんですが、とにかくデインの顔、声、所作……どれをとっても、ハンパない存在感で、彼が出てきただけで、この映画が悲劇に向かうことがわかってしまいます。
主人公がカメラマンなので顔が映らないかというとさにあらず、色んな手法で映り込んで、その辺りは監督も上手いんでしょうが。

いじめられっこで、何の取り柄もない地味な少年……ビデオを撮ることで他人との間にファインダーという壁をつくって自己を保っている。

でも同じ秘密を共有することで「親友」ができ、段々画面が明るくなっていくのもつかの間……

ラスト近くは予想通りだけど予想外に派手でした。
そしてアイツは、ホント殺してれば良かったのに(わたしに力を持たせると物騒そうだな)。

親友二人が一人はオバマタイプ、一人はスーパーマンタイプなのが笑える……。
ただ友達が出来るだけだったらここまでにならなかった?
いやいや、アイツがいたら早晩別の事件がおこりそうだなあ。

結局、やっぱ怖いのは人間だったりしてね。



あのチームのこと


う~~~~~ん。
調子悪いですねえ。
まあこういう時期が来ることはわかってましたが、出来るだけ早く切り抜けて欲しい。
つか、どーにも雰囲気に流されやすいチームカラーは変わらないんでしょうか。
困ったもんです。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : movie
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

劇場公開映画「X-MEN:フューチャー&パスト」

「X-MEN:フューチャー&パスト」

いやあ、前日に予習していて良かった!
切実に思いましたよ。これだけ見てたら全く笑えなかったしぐっと来なかったシーン満載、「ファースト」あってこその「パスト」ですね!
監督が違うのですが、つか今回はX~MENシリーズ全体を作り上げてきたシンガー監督なわけですが、もう完全に前作からのトーン準処で、しかも展開があんな、あんな……


 い い ん す か 、 そ れ で 。 


ネタバレなんで白字にしますが、RSSや検索画面で読んでいる人にはわかっちゃいますので、行を開けます。
つか、これから観る予定の人は、本当に全くネタバレなしで観に行った方がいいです! お勧め!
だって……











これまでのシリーズは『なかったこと』になっちゃいましたけど?









いいんでしょうか。
思い切ったなあ。
まあ、基本的に3が好きじゃないんで、わたしは望むところなんですが、あの人やあの人のドラマが好きな人にはかなりの衝撃だったんじゃないかとおもいます。

アメリカン・コミックのファンの人たちは、こういうの慣れっこなんでしょうかねえ。
スーパーマンも最初の辺りはパラレルワールドの物語になっちゃったり、スパイダーマンの恋人も何人も死んだり(?)別れたり、ハルクは設定自体が二転三転しているみたいだし、長く続けるためには(そして別ヒーローと組み合わせるためには)そういう、

細けぇこたぁいいんだよ(AA略

的な、でも枝葉末節には凝るみたいな、妙なアンバランスがいるってことでしょうか。
わたしにはよくわからないけど。
あんまりそういうコミック的なところが見えてくるお話には、興が醒めてしまう方なんですが、まあ、今回は元への思い入れがそんなにないので、OKかな。


というか、「フューチャー&パスト」と言いつつ、「パスト」の物語でしたね、基本。
「フューチャー」のヒーロー・ウルヴァリンがあんまし役に立ってないというか、狂言回し状態だったので、最後までコミック・リリーフっぽい笑いをとってました。
いきなりウォーター・ベッドに寝ていた時に笑いの発作が……モロに「シザーハンズ」のオマージュですよね。
金属探知機のシーンとか、面白すぎでしょ。
そしてクイックシルバーとの組合せが大正解です。

今回もマカヴォイとファスペンダーが活躍してくれたんで、わたしはそれだけで満足! つか、この二人が接触するごとにキャッキャ喜ぶジョシコーセーなみの反応してましたとも!
やさぐれたプロフェッサーに、あんなところに幽閉されてたマグニートー……ステキすぎ。

そしてミスティーク……「ファースト」では気づかなかったんですが、ジェニファー・ローレンスなんですね。「ハンガーゲーム」のときはイマイチな印象で(周りがもり立てるだけ?)したが、今回の役がピッタリで、悪印象がなくなりました。上手い人なんですね。
ミスティーク役って、めっちゃハードですよねえ。ほとんどヌード状態だもんね。それで飛んだりはねたり……ボディダブルはいるでしょうが、昔のブラウン管のニュース映像、別の意味でも見てていたたまれなかったなあ。

今回の悪役……そういう意味で、悪役はいない? あのマシンを作った博士も、「人類を一致団結させる」といっててそれなりの大義があり、博士一人を抹殺してもことは終わらない……なのでオチは大体想像ついたのですが、大統領のシーンは、後の大逆を知っているだけに、そりゃないだろうとちょっと笑ったり。
最後のたたみかけが足りなかったかな。

だから、あざとさのない分、自動号泣機のわたしが涙一つこぼさず、エンディングを迎えました。
え、アクション映画で泣くのがおかしい?
いやあ、基本何でも泣く人間なので、珍しいんですよ、ホント。
かといって面白くなかったわけではなく、ニッコニコで意気揚々と映画館を後に出来る、ある意味稀な映画でした。





そうそう、エンディングのあとのオマケ映像、多分コミックス・ファンへのサービスなんだろうなと思っていたらやはり。

マクノスケさんの感想

の先にリンクがありますので、興味のある方はどうぞ。
ほーほー、そうなのね〜〜〜。
やっぱ延々続くんだ。
今度は80年代?
またまた狂乱の時代か。。。



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : movie
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

予備知識映画「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」

「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」

どこか乗り切れないX~MENシリーズ、劇場公開では観に行くかどうか微妙……でも新作の「フューチャー&パスト」は興味ある……とりあえず「パスト」部分を知っておかなきゃ、楽しめないだろうなあ。

という理由で、レンタルしてきました。
大変後ろ向き。

ところがところが。
主役二人(ダブルヒーローだよね?どう見ても)がめっちゃ好みじゃないっすか〜〜!
ジェームス・マカヴォイはまさに「ルーク」タイプ、マイケル・ファスペンダーは「ハン・ソロ」タイプ、しかも友情で深くつながれつつ、後々は敵対……

萌えどころ、おさえてんなあ。

見ているこっちは未来がわかっているだけに、セリフ一つ一つに二重の意味が……ほとんどファン・ムービーじゃないかってくらいのセリフ連発でした。
特に、

「僕の髪に触るな」
「心配で禿げそう」

というエグゼビア……狙い過ぎだって。。。

プロフェッサーXとミスティークが幼なじみだったなんて……二人が絡むシーンに記憶がないんだけど、コアなファンなら大喜びなのかなあ?

ストーリー的には未来と同じことやってますが、キューバ危機をこういう風に使うとは、なんだかなあ。あの時代の緊張感はイマイチ伝わってきませんでした。伝えようともしてないのかもしれないけど。

ああ、あと、今回の悪役、ケヴィン・ベーコンよかったあ!
こういう役があうんだなあ。
いい悪役がいると、話が締まる……一服の清涼剤。





そんなわけで、よっし、新作観に行きますかねえ!








にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : movie
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

何度繰り返したかこの話題。

昨日(本当は今日。夜に書いてます)は、危うく更新を忘れるところでした。
つか、既に何のために更新するのかわからなくなってたりして。

意地?

う~~ん、誰に対しての意地だ。
こうして何にもないのにただダラダラと更新することが、何の役に立っているかもわからない状態です。

あれ? 「生存確認」?
まるでわたしと次男のLINEみたいに。
「おはよ~元気?」
……返信なし。
でも既読はつくので、生きていることはわかる。

そんな感じ?

とりあえず生きていますよと。
そんなに特筆することもなく、まあなんとかやってますと。
あれやこれやの煩わしいことは、とりあえず公共の場で書くのもナンだしね~。

最近読んだのは、小松左京の「こちらニッポン・・・」とかあるんだけど、腰を据えて感想書くほど時間が取れない(寝坊つづき)し、今読んでいるキングの「11/22/63」はまだ上巻で、色々中途半端で書けないし。

人形の悪巧みはもうかなりの中途半端状態なんで無理です!
今公開したらホラーになるw

……そんなわけで。
明日の朝は、早く起きたい。
もう寝なきゃ。



……起きました。
6時40分です。もう出かける時間。
一旦5時頃起きたんですけどね~~また寝ちゃいました。

そんなわけでお茶濁し。
週末だ、後一日乗り切ろう!






にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : essay
Posted by onion on  | 6 comments  0 trackback

買い足し。







思ったより上手く行ったので、アイロンプリント用の用紙を買い足しました。

下の方は、「濃い色の布用」とあったので。

……で、何を作るアテもないんですけどね。




にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : goods
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

帰ってきたオルゴール「二重太陽の落日」。



嬉しかったので、ついついYouTubeにアップしてみました。


いい音……

こんなに早かったっけ?

ちょっとせせこましい……。
まあいい、ネジが止まりかけるあたりで、ちょうど哀愁が出ていい感じです。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : goods
Posted by onion on  | 4 comments  0 trackback

最近の睡眠状況。



朝起きて……もう一度目をつぶってしまうことが多くなりました。
朝早く起きていた頃は、夜10時には布団に入るのを目標にして、「寝る準備」を始めていたんですが、最近はお風呂に入るのが10時過ぎたりしているので、髪を乾かしたりとかで、どうしても12時ごろに就寝することに。

まあグラフによれば眠ってはいるんですが、このアプリ止めた後また目ェつぶってたりしてね。




記録を取り出してからの就寝時間グラフ。
うん、遅くなってる。
そうそう、春から野球も始まって、ラジオを聴いているとどんどん遅くなる傾向にもあるんだなあ。


こうなると、ブログも夜に書いた方がいいのかも?


にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : health
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

お人形ブログ更新。キーホルダー人形。



福岡からの帰り、古賀サービスエリアで見つけました。
ほら、「買って」って顔してるでしょ? え、してない?

服はハワイアンなリボンのドレスでしたが、昨日カープの試合をラジオで聴きながらチクチクしてました。
勢い余ってもっとちっちゃいのも作っちゃったよ~ん。

とりあえず、買った場所を忘れないために、「コガンちゃん」と呼んでいます。



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : whatsnew
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

福岡ピンポイント(いつものこと)。



あ、昨日もあげたかな、この写真……。
でもなんとなく、最初にこの「橋渡り」を置いておかないと「九州に行った」感がない山口県人。

朝9時頃出発お昼着予定で、長男と二人で出かけました。
iPhoneのナビ(というよりGoogleのナビなんだけど)に従ってたのに、なぜか都市高速に入ってから間違えまくり、ついたのはお昼過ぎてました。

お目当てはもち、IMAX。
わざわざ福岡まで行く理由は、わたし的には映画しかないし、この辺りで唯一のIMAXで映画を観たい! という欲求が、この引きこもりをお外に引き出すわけです。



IMAX完備のユナイテッド・シネマズ博多は、キャナルシティ博多にありまして、真ん中にある中庭の噴水で、毎正時に音楽に合わせてショーがあります。
昨日は晴れてて(でも黄砂ですべてが灰色でしたが)日の光が噴水に当たって虹ができていて綺麗でした。



映画を観る前に腹ごしらえ……迷った挙句やっぱり前回一人で来た時と同じく、ラーメン・スタジアムに行き、「秀ちゃん」というラーメン店で博多風ラーメン(あからさまに一蘭風)食べました。
味オンチのわたしには、一蘭そのものに思えました。美味しかったデス!!

で、肝心の映画は「アメイジング・スパイダーマン2」で、ええ、もう楽しかったです!
地元のシネコンで3D観てるけど、やっぱIMAXは違う!
今回初体験の長男も感激していました。
そして、二人で、
「飛び降りシーンこえぇ~~~~!!」(二人とも高所恐怖症)
となってました。
いやあ、同じ映画観ているのに感動がこれだけ違うと、なんか地元で見る度に損をしているような、妙な気持ちになっちゃいますね。



そんなわけで、映画の後はキャナルシティの中をブラブラ(フォークロアなワンピ買っちゃった)、中庭を望むカフェでケーキセットでのんびりしてから、帰りました。

でもやっぱ遠いわ。
我が家についたら10時でした。
その点では小倉の4DXの方が近い……でもあそこは「映画の他に遊ぶところ」がナイ……う~~む。
今度、福山の4DX狙うかな?




にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : diary
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。