FC2ブログ

oniondiary | 日記。時々映画やドラマや小説のレビュー。最近はなんとなく毎日書いてますが無駄話多し。

劇場公開映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」

オール・ユー・ニード・イズ・キルallcinema

お~りゅにーじぃるきる! とぅらったたらら~~~♪

と、一旦頭の中で歌わないと、口から題名が出てこないんですけど。
あの、超平和なイメージの曲とは対極の「Kill」という単語で新規さを狙った(?)題名なんですが、どーも当の英語圏では向いてないと判断されたらしく、「Edge of Tomorrow」という題名で公開されているみたいです。
明日の端っこに引っかかってる感じかなあ?
それも良い題だとは思います。

元がなんと、日本の、しかもライトノベル……いわゆるラノベを原作としているとか聞くと、日本のオタク文化もすでに世界的規模で広がりつつあるのか、それとも映画関係者がギークぞろいなのか、とつらつら思うわけですが、やはり面白いものは面白い、これも下手に日本で映像化したら、主役はアイドルが演じるだろうし、このCG規模が望めるわけもなく……

……いやいや、ハリウッドだからこその、これって傑作なのでは?

脚本がすごくこなれている気がします。
特にループのシーンの「ため」と「はしょり」のリズムが絶妙で、これは編集の力もあるだろうけども、回を重ねるごとに大胆になり、強くなり、打ち拉がれ、思い詰めるトムのカラーに合わせて、同じシチュエーションが全く違った色に変わるようで、見ていて一度も「またここかよ」と退屈することがありませんでした。

トムの演技も良かった。
最初からカッコ良く出てきたら嫌だなあと思っていたら、きっちり、本当にヘタレのダメ男っぷりを演じていました。
ヒロインも、マッチョすぎずかわい子ちゃん過ぎず、そして恋愛要素も薄めで良かった。
……そういうとこ、「ラストサムライ」っぽいですね。
トムは、ストレンジャーの役があっているのかも。


先行上映で 一人で観に行って、長男に面白かったよーと言ったら、
「じゃあ観たい」
と言うので、来週公開が始まったら、行こうと思います。

……そして、Kindleで安かったので、原作のラノベも買っちゃいまして、昨日読んでました。
あっという間に読み終わっちゃった。
このレビューはまた今度。





スポンサーサイト



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : movie
Posted by onion on  | 4 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。