FC2ブログ

oniondiary | 日記。時々映画やドラマや小説のレビュー。最近はなんとなく毎日書いてますが無駄話多し。

明日に向かって、待機。



SHERLOCKの人形を出したのと同じで、以前ほしくってほしくってたまらなかった豪華版の11thドクターの人形の会社から……なんと、「11thドクターのシリーズ7バージョン」が出るんだって!
これは手に入れなきゃ、でしょ?
10/1予約開始……えっと、当然イギリス時間だよね?



う~~ん、四時間? つーことは、朝の四時に起きて予約頑張らないといけないわけ?
しかたない、ここはiPhone発売日にAppleに並ぶ信者のごとく、並ぶかあ……。

……皆さんお気づきかもしれませんが、そう、ロンドンの下に「-8時間」と書いてあります。
そうです、四時間でなく八時間なんですね~見方が逆だっつーの。数字に弱すぎ自分。

そんなわけで、明日8時に待機……って、わたしもう出勤してるし!
仕方ない、iPhoneの小さな画面でジタバタするしかないか……!!

追記。
もしかして、IDでログインしないと上記のページは見られないかも。
なので画像をあげときますね!



スポンサーサイト



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : doll
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

お人形ブログ更新とiPhone紛失顛末。



お人形ブログ更新しました。

ま、それはいいとして……や~、危うくiPhoneをなくすとこでした。

今日飲み会がありまして、程よく酔ってバスに乗り、今度は乗り過ごすことなく停留所を降り、家にたどり着いてから、iPhoneがバッグにないことに気づきました。

何で?
バスでは使ってました。
カーブの中継を聴いてて、点を取られたので途中でやめて……それからどうしたっけ。

慌ててバス会社に電話をかけて、忘れ物が出たら知らせてもらうようにして……ふと思い出しました。

バス停から家までの間に、すごくトイレに行きたくなったこと。
すぐに家に入れるように、電動シャッターのコントローラーを歩きながらカバンの中を探って探したこと。
その少し後、イヤフォンのBluetoothが切れたこと(電源が切れたと思ったけど、距離が離れたのでつながりが切れた?)。

で、自宅とバス停の間を歩いてみました。

はたして、ありました!

バッグをゴソゴソしたその場所に……しかも壊れてないいいいいいっ!!

よかった。
ああ良かった。
いや~まさか落とすとは思いませんでした。

つか、あまりのショックにせっかく良い具合の酔いが吹っ飛んでしまいました。
やれやれ、どーしようもないですね。ちょっと酔うと、普通にできていたことが出来ないと。
つまり、お酒にはむいてないということですね。

やれやれ、ジタバタやっているうちにカープも勝ったし、もう寝よっと。





にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : whatsnew
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

紆余曲折してピコ一体のみ。。。

昨日は大変な災害が起きましたね。
まさか噴火するとは思わなかったんでしょうね、御嶽山……直前のTwitter画像でもものすごく平和だったし……まだまだ心配な人はたくさん居そうですが、みんな無事下山出来ますように……!

さて、そんな中、しょーもない土曜を過ごしていた気がします。
昨日、仕事の長男から車を借りるため、一緒に彼の職場まで行き、帰る途中(というか行き過ぎたんだけど)ぼっくり屋に寄りました。
何でも買い取りのリサイクル店ですが、24時間営業の下松店は、どちらかというと古本とレンタルビデオが主のところですが、フィギュアなどのホビー類も多少あるので、もしかしてと期待して。

実は先日ねんどろいどミクをドールにして、ちょっと味をしめちゃいまして、今度は「ピコニーモ」という素体に手を出してしまいまして。


それが昨夜の写真左に写っているミクの素体なんですが、ちょっと違うかなあと。この素体にあうアタマって、どんなんだろうとAmazonでfigmaやねんどろいど探してましたが、結構高い……そうだ中古屋で開封済を買えば良いんだ! と実店舗に向かったわけです。

で、昨夜の写真右に写っているミニフィギュア、シャア少佐と虎徹を買いました。
……なぜ、女の子素体のに、男の子人形を……だって、それしかめぼしいのなかったんだもんっ!


やんちゃ坊主的にならないわけではないが、やっぱ無理が。。。

あと、同じくらい(1/12)の不二子ちゃん人形が安かった(800円)だったので、ついつい購入。

アタマのすげ替えができるかと思ったんですが、微妙に大きさが違い、やはりピコニーモの萌えボディじゃ不二子ちゃんにはあわないので、これも使えない。

……ね、ここまでで既に大混乱でしょ。

で、ですよ。
一旦家に帰って、今日は花粉症の病院に行きました……そしたら、「臨時休業」でした。

……しゃーない、じゃあそろそろ空いている隣町のぼっくり屋に行くか。
てことでまたドライブ(自分で運転するとずいぶん遠かった)、今度はちょっと大きくて、三階はオタクショップなところです。


……で、買ったのが「けいおん!」のねんどろいど……。
つか、なんで全員を揃えようとか思うか、自分? 人数分人形素体ないし!
う~~ん、ダメすぎる。
つか、やっぱねんどろではアタマが大きすぎる気がする……。

なんてことを、延々やってるうちに、通販で届きました。


「ピコニーモ Dタイプ」が。
そうそう、これをミクにつければ……



おお! いい感じ? 手足がデフォルメで大きいタイプなので、アタマがでっかくてもバランスとれています。
よし、ミクはこっちで決定ということで。

てことで、今度はゆいちゃんをオビツ11につけ、手元にあったオビツ21にりっちゃんを……


あわねえ! 無理! その前にやるな自分! ゆいちゃんはあっていると思うけど……あかん、違う世界になっちゃうよ。

だめだあ、結局出来たのはミクのみ……しかも1/12タイプは服がなくって、百均のキティちゃん服を二枚(無理矢理)重ね着させている状態です。

根本的な問題、

これ以上 サ イ ズ 違 い の人形を増やすな!

……てのを全く実行できていない、ダメ人間のわたし。

落ち込んでいると、また来ました、通販。



これもアタマ目当てで買ったもの。
普通のねんどろより安かったんですが……これ、喋るんです。
しかもポーズや表情も色々、小物も可愛くてなかなかの出来。
これはこのままのほうが?

……ああっ。また人形だけが増えてしまったああああ!









にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : doll
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

ごった返し中。



なんやかんや、あれやこれやで全部途中のまま、夜は映画を観に行ってきました。
そんなわけでまた明日。
いや〜〜〜マジで忘れかけてた、ブログ。
終りは近いか?



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : doll
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

ロキ様きたる(アタマだけ)。



てことです。
そ、アタマだけ買いました。それだとお手頃価格だったので。
しかし、開封してみると……黒い。
浅黒いというより土留め色……まるで長いこと店頭にあってホコリで薄汚れたかのような……これはあかん、ということで。



メラミンスポンジでちょっとずつフキフキしてみました。
ちょっと明るくなったかな、と写真を撮ったら、なんか余計陰影が目立っちゃって顔色悪く見える……つか、最初の方、写真ではわりといい感じ? え、どーなの?

……失敗したかも。
でも、とりあえずお手頃価格なので色々しちゃうつもり。



とりあえず、この間シャーロックの為に買った素体をつけてみました。
当然のように首のジョイントがあわないので、またエポキシパテでもりもり。後々キチンと仕上げるつもりです。

……また、人形ブログむけ?


追記。
シャーロックは元の素体に戻しました。
まあ結局、デフォルトが一番かも。



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : doll
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

「タッピ」買いました。





買いました。
某掲示板で「ロックミシンの端の始末にいい」と読みまして、さっそく。
便利グッズに弱いのもいつものことです。

思ったより小さなのが来ました。
あれです、昔手作り大好きな伯母さんの家にあった、「編み機」の先についていたアレ。
心臓の弁のように、押すと開き引くと閉じるようになっています。
Amazonの売り文句は、「洗濯後の靴下のお手入れに」となってます。ほつれを裏に引込むため、って感じでしょうか。

それにも使えそうですが、とりあえずロックミシンの端始末に……ちょっとやってみましたが、使いやすくていい感じ。



……洋裁自体は、さっぱりすすんでいないんですけどね!


にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : goods
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

ムック本「スマホで視力回復」







どーしてもオマケ付き本につられてしまう性格らしく、またしても買ってしまいました。

目に色々と問題のあるわたし、眼病が治るわけではないでしょうが、とりあえず老眼の進行は抑えたい。
これ、手持ちのスマホに専用アプリ(無料)をダウンロード、組み立て式のグラスにセットして見るだけ、という簡単なやり方なので、継続ができないオンナのわたしでも、なんとかなるかな~と。

最初使ってみて、全然見えなくて、あゝ、わたしはここまで目が悪くなってしまったのか……と暗澹たる気持ちになったのですが、よく見ると、

ミラーについているフィルム剥がすの忘れてました。

……はい、最初に使い方をちゃんと読め、って話ですよね~~。
そんなわけで、ちょっとやってみようと思っています。





にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : book
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

劇場公開映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」

どうしよう……そんな気持ちで観ていました。
こんな馬鹿な。
こういう映画は大好物のはず。
な〜〜んにも考えず、ケラケラ笑いながら、映画館を出る頃にはすべて忘れてスッキリと「あ〜面白かった!」で忘れる……そんな映画のはず。

なのになぜか退屈。
なぜか笑えない。
なぜか……萌えるキャラがいない! 萌えで全部を測ってはいけないんだろうけど。

確かにね、最凶アライグマは可愛かったよ……でも、「ロケット」という個人名よりやっぱアライグマで覚えてるし、ヒロインのゾーイ・サルダナもかっこ良かったけど、「ガモーラ」ってネーミングはどーよ。ゾーイの方がエキゾチックでセクシーだぞ。。。
主人公のスター・ロードってのはまあ、つけたのがあの人だからまあいいとして、それを自慢げに自称しちゃうところなんて、さらわれてから精神年齢が成長をやめてしまっている感じがします。
それは「音楽」でもそう。
音楽があの時代でとまっちゃってるってのが、コメディとして見られたら良かったんだけど、あのおちゃらけた音楽の時代でストップしているなんて、わたしからするとかわいそう以外のなにものでもなく。

しかも、「その音楽なんだよプゲラ」的なことを……言わないんだな、他の「宇宙人」が。
そもそも、あの世界に音楽が一切なってなかった。
それは全部ピーターの音楽で通す方が映画的には統一感あって良かったと思うんだけど、あの世界全体を表す「文化」みたいなものが、一切感じられなかったのとあいまって、ホント、マンガの世界というかつくりものめいていて、

あの世界に住みたい

と一切思わなかったのは、スペース・オペラを含むSF映画としては最大の欠点ではないでしょうか。
宇宙船のデザインも、一つ一つは良く出来ていても、全体として統一感ゼロな上に、これはあのエイリアン映画、あっちはあのトランスフォーム映画で見たような……というデジャヴを感じるものばかりで、どーにも魅力に欠けてみえました。
思い出したのはパシリムのBlu-rayのコメンタリーでデル・トロ監督がすごく「色」について言及していたこと。
全体のトーンを統一することとシーンによってのトーンを変えることで、登場人物の心の中まで表現するテクニックを熱く語ってましたが、まさにその配慮が足らない映画だったように思います。

ストーリーは途中まであっちこっちしたけど、半ばからは王道一直線だからハラハラもなし。
王道でも見せ方によって違うと思うんだけどなあ。


そうそう、良かった探し。
悪役でしたが、カレン・ギランは素晴らしかった!(ドクター・ファンのひいき目かも?)
この人は立ち居振る舞いがしゃきっとしてカッコいいんですよねえ。
途中から退場したけど、死んで……ないよね? 次回あったらでてくるかも!

小悪党かと思っていたら意外に強いヨンドゥ、どこかでみた顔だと思ったら、「ウォーキング・デッド」のメルルじゃあありませんか。どーりでなんかムカつく顔だと思った!
これも次回持ち越し……お父さんの秘密とあいまって、持ち越し分も多すぎます。
逆に言うと、次から本気出す! ってこと……なのかな?


ああ、忘れるところ。
マクノスケさんのブログ見てはじめて、最後のアレがアイツだと知りました。
ま〜〜た新キャラかよ、と思っていたので。
まさか、アレをリメイクとか……しないよねえ。






にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : movie
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

どこかで聴いた曲?



ラジオを聴いていたら、聴き覚えがあるフレーズが流れてきて、気になって仕方なくなって調べていたけど、どこで聴いたか覚えてない……そんなこと、ありませんか?

あんまり、つか全然音楽に詳しくないんだけど、どこで聴いたのか……Radikoだからリンクにタイトルが出ているので、題名はわかったんだけど、どこだったかなあ……としばし考える……

 お も い だ し た

去年ハマっていた「ライフ・オン・マーズ」のサントラだ!
なんだ、自分の音楽ライブラリ見たら良かったんだ〜〜〜〜〜ないし!
なんでなんで? 同じタイトルが見つからない……そんなわけで最初から聴いてみることに。

で、みつけたのが、これ。



似ているのはいわゆる「リフ」の部分でしょうか。ありがちなのかなあ?
色んな著作権ありますが、とくに音楽になると、もうわけがわかりません。

映画のサントラのジョン・ウィリアムスにそっくりなフレーズ、クラシック聴いているとでてくるしねえ。
そういうの言い出すときりがないというか、いまどきは、

 リ ス ペ ク ト

とかで部分的に既存のモノを混ぜる、コラボみたいなのも流行っているみたいだし。
数時間かけて悩んだ自分が馬鹿みたいですが、気になったのを調べられる環境が整ったせいもあるかも。
今までなら、どこで聴いたかな〜〜と思いつつ、そのまま忘れるもんね。

いいんだか、なんだか。



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : music
Tag : 音楽
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

Huluでドラマ「刑事ジョン・ルーサー (シーズン1)第一話」

刑事ジョン・ルーサー (シーズン1)第一話」

最近Huluがわたしの願いを叶えてくれてます。
新しいドラマにこれが加わっていました。
イドリス=ヘイムダル=ペントコスト=エルバ主演のイギリス・ドラマです。
とりあえず一話だけ観ましたが、超ダークなんですけど。
しかも仇敵……もんのすごく凶暴&賢い。
しかもしかも……思わず役者名で検索したら、シーズン3まで出てる……えええええ〜〜〜〜。。。つうことは、コイツが捕まることはないのか……ダークすぎるぞこのドラマ!

彼自身は「マイティ・ソー」より前なので若くて細い感じです。
他のキャラもなかなかに「イギリス人」って感じの人々で、骨太でいい感じ。
続きが楽しみです!

いやあ、観たいドラマがいっぱいで困っちゃうな。
今はまだ野球シーズンがあるので、そっちも応援したいし、色々引き裂かれてます。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : television
Tag : TV ドラマ Hulu
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

一勝一敗イーブンさ。



行ってまいりました。多分今年最後のカープの応援に、ズムスタまで。
今回は完全ボッチ観戦です。
(売り切れそうだったので)焦ってチケットとったので、家族の同意をとる時間がなかったので。
金曜日半日休みを取り、JR山陽本線で一路広島へ。
「何度も一人旅したかったら新幹線は×」は、ある意味自分に科したモラルです。
でも乗った車両が結構古い機種らしく、この日はかなり揺れて乗り心地が良くありませんでした。
畢竟、iPadの読書もすすまなかったので、車窓から凪いだ瀬戸内海などを眺めながらすごしました。

駅について、ズムスタに向かおうとしたらフタバ書店が……時間もあるし、ちょっと入ろうかな……カープグッズだらけじゃん!!!



で、着く前に買い物が……特に小さいぬいぐるみキーホルダーシリーズが、もうわたしが買わなきゃ! ってほど並んでまして、ついつい。
真ん中のコガンちゃんとレッドベア(前に作ったユニを着せた)以外のトムとジェリーとリラックマを買いました。
リラックマの他のキャラもあったけど、良く知らないので……いやあ、やっぱ市販のはよくできてるわ〜〜と、コガンちゃんたちと一緒に後ろに写っているチケットホルダーにくっつけたら……あとあとものすごい邪魔なことに……いきなり汚した気がする……どうしても身軽な旅が出来ない性格でして。

さて、席を確かめてみると、一番上の写真のように外野ライトのかなり前の方で、しかも席が列の真ん中辺りだったので、中途で席を外すのが難しいかもと、最初に色々食べておくことにしました。



今回こそは、カープうどん(当然全部のせ)!
美味しいなあ〜〜昔のカープうどんってそんなに美味しかったかなあ。
もっとチープだった気もする。
たくさん買った人が、うどんの丼の上に割り箸を二本渡してその上に丼それを四段くらい……というナイスな業を当然のようにやって狭い外野の席を縫うようにすすむのを、憧れてみていたものです。

今はちゃんとお盆を貸してくれます。
その辺、今やズムスタはお客様を楽しませるアミューズメントな世界になって、無愛想な店員とかいません。
ゴミ箱の収拾さえ、笑顔です。
チケットも頼んだ二日後には宅配で届くし、広島東洋カープはかなりの優良企業になったようです。



これは苺氷。氷の中にすでに苺が入っていて、甘かったけど美味しかった!
とりあえずぐるっと一周しながら、食べていました。



食べ終わる頃、スコアボード裏に来たので、ここでグレープフルーツサワーと……なんだっっけ、チーズの入ったニョッキみたいなのを買って、席につきました。(あからさまに酒盛り用)

試合は……う〜〜〜〜んん。
4-1で敗色濃厚な中、グッズショップに入って出ると、目の前を大飛球……スリーラン打たれてやんの。
こりゃダメだあ、とまた席について応援していると、

エルドレッドがホームラン!

おおっ、久々エルたんが打ってくれました! ま、これが見られただけでも良かったかな。
応援は楽しく……ちょっと近くに嫌なネガティブヤジとばす人がいたんだけど、反対となりのお爺ちゃんお婆ちゃんのグループがそれを笑う余裕をみせてくれたので、助かりました。
隣の女性は、東京から来た人だったみたい。
東京でもドームとか神宮とか交流戦にも行ったみたいで、カープファンの鏡ですわ。
敗色濃厚で7回あたりから帰る人たちに「最後まで応援しないのか」と言ってましたが、どっこい地元民といえど、電車の便とか幼児連れとか、席を立つ人はいるよ……贅沢に見えるんだろうなあ、熱いファンから見ると。

でも、わたしは球場に来て、本当に色んな人々がいることが嬉しくてなりません。
白髪の腰の曲がったお婆ちゃんが、真っ赤な菊池ユニ着てるの、いいじゃん。
そんな人たちはスクワット応援なんか無理。
帰りに混む前に球場をあとにするのも当然。
でも応援してるんだよね、ちゃんと。
内野自由席は常連さんが「何度も見る」為に家族連れで何時間も前から並んでるし、力を入れているところもそれぞれです。

わたしみたいに年二回しか来られないと色々買っちゃうけど、その辺も節約してるみたいだしね。
700円の高いビールをタンクしょった売り子のお姉さんから買うのも、イベントのひとつなわけで。
思い出すのは数年前に父と観戦した時、ビール買おうとしたらタンクがからっぽで、
「補充してきますね」
と言われたあと他の売り子さんがきても、
「あの人が来るまで待つ」
と父が律儀に待っていたこと。
その父に心の中で乾杯しつつ、飲みました。

そんなこんなで楽しみ、帰りには次男が駅まで迎えにきてくれて、一晩泊めてくれました。
ホントいうと翌日にちょっと観光して帰りたかったけど、今日は母の通院の日なので、朝一の電車に乗って帰ってきました。



人形以外に買ったグッズ。
てか、グッズ売り場が移った? キレイになっててグッズも増えてて、思わず買っちゃったじゃんよ〜〜〜。

最近弱い布もの……手ぬぐいです。
そのうちアイロンかけて、写真撮りたいです。
それとお茶碗がついたふりかけも。

これでしばらく「ズムスタ行きたい病」が治まるか……イヤイヤ、また行きたいなあ。






にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : carp
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

今度は東へ一人旅。



カープの二軍練習場がある、由宇を過ぎました。
今夜はズムスタです。
帰ったらまた……さらば!


にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : diary
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

ドラマ「ST赤と白のファイル」終わったけど途中。

ST赤と白のファイル

昨夜終わりました。
実は観ていません……間を。
8話あたりで藤原竜也が出ているのに気がついて見始めたんですが、あらら、面白いじゃん? しまったな~~レンタル待ちか……と思っていたら、

Huluで全話配信中!

おお。
なるほど、日テレに買収された効果か。
外国ドラマ好きなんで、日本のドラマは一切注目してなかったですが、全話見られるのは嬉しい。
で、1、2話ほど見ていました。
なので、間を見ていないというわけで、全体の評価はできません。
しかも、ググったらこれの前エピソード(スペシャルドラマ)があるのね。
どおりで突然キャラ紹介もなしにはじまったとおもった。

……書いてからHulu探してみたら、それもあるみたいですね。
じゃあ、今夜はこれをみよう……。

そんなわけで、評価は出来ませんが、藤原くんがいいよ、と。


日記
カープの試合をラジオで聴きながら、ねんどろいどミクのパンツを作ってました。



最初ノリで縫い代をくっつけてから縫っていたら、出来上がりがゴワゴワに……。
それより柄をなんとかしろ?

ですね〜〜!


にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : television
Tag : TV ドラマ Hulu
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

劇場公開映画「るろうに剣心 伝説の最期編」

「るろうに剣心 伝説の最期編」

前回の「京都大火編」の感想をご覧になった方はわかると思いますが、前半が面白かった分、思いっきりハードルあがってたとはおもいます。
まあ広げた風呂敷をたたまなくてはいけない分、前半の勢いがなくなるのは覚悟してはいたんですが、やっぱり、期待はあったと。

なにせ、ジェリーが自分から、
「今週から公開だから行こう」
というなんて珍しい……そんなに続きが気になるか……ま、いいでしょと。
そしたら、そういう人が多かったらしく、夜の9時過ぎの回だというのに、ロビーがめっちゃ混んでて、チケット買うのに並ぶ……夜の回の時は、ギリギリに入るのが習慣になってるんで、あせっちゃいました。前のお客がなんかごちゃごちゃ言ってて時間かかってるし。
一番大きい7番シアターの後ろ半分が全部埋まってる……やっぱり世の中邦画全盛なのかなあ。そんなわけで、通路より前、ちょっと手前だけど迫力はあるぞ! な位置で観ました。

……まあ、最初はそうね、続きからだから仕方ない……けど、なんだろう、あの、前半の良かったとこが今回、全然。
というか、ドラマが主なので、アクションシーンがつながってないというか、食い足りないなあ、と感じました。
途中、完全に退屈していたのは、もう始まった時からエンディングが見えていたから。

だって、まるで仮面ライダーとかスポ根アニメばりのテッパンストーリーなんだもん。
前半の戦いに負け自身に科したかせにうちひしがれるシーンが良く出来てただけに、あとは立ち直る儀式だけよねえと。
そりゃあもう、新たな業を師匠の元で習得して……う〜〜〜〜〜んん。

あとで長男に訊くと、原作はもっと紆余曲折というより、まったく違ったストーリーのようなんですが、大まかにすすめようとしたら、凡庸になってしまったらしい……残念、実に残念。

そんなわけで、退屈でした。
アクションも、「京都大火編」のようなバラエティにとんだヒネリがなくて、所々原作に忠実にしようとしているのか、なんだか説明セリフが多くなって、途中戦隊ものかよとツッコミ入れるシーンもあり、そして最期の、

ひてんみつるぎりゅうおうぎあまかける・・・

危うく、しーんとした館内で吹き出すところでした。。。
これも長男によれば原作にどおりということで、けっして笑うシーンではなく。
スミマセンスミマセン……いやあ、ヤバかった。

そんなわけで乗り切れず、ただ藤原竜也はやっぱうまいなあと感心しつつ、最後笑顔で終わって良かったねと。
しかし、本当にびくとも触れ合わないのね。
それでいいのか?
いいんだろうな。
きっと。

それにしても……なげぇよっ!
駆け足なのに長い、ダイジェストなのに退屈な、わたし的にはアウトな映画でした。
残念ながら、後半のせいで前半の評価も下がりそうな勢い。



あと、夜にお人形ブログ更新しました〜。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : movie
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

くまを買う旅(違う)。



結局、三連休何をしていたかというと、家にいたのは日曜だけ、土曜と月曜……

小倉行ってきました!

そう、例のコロナワールドで4DXを観る為に、二時間かけて県越えですよ。
しかも、本当に「映画を観るだけ」の旅で、観たら即帰ってたので、土曜は午後5時、月曜は午後4時過ぎには家に帰ってました。

まったく。
もうちょっと旅を楽しめよ、と自分でも思う。
どうせなら見るところはたくさんあるでしょう、小倉。
お城もあるし、結構都会だからショッピングも出来る……でもねえ。

以前、ちょっと遅めに帰ったら、ものすごく電車のつなぎが悪くなったんですよ。
乗り換えが増えたり、待ち時間が増えたりして、午後5時頃帰途についたのに、帰ったら午後10時を過ぎていて、長男に迎えにきてもらう始末でして。
で、いいつなぎがあったら、思わず飛び乗ってしまうという。

現に、土曜は出がけに長男がジタバタして送ってくれるの遅くなって、電車の始発を逃したんですよ。
10分ほどで次があったんですが、ものすごくつなぎが悪くて、

JRおでかけネット

で見ると、コロナの最初の4DX上映(それがラストチャンスだった)に間に合わない……しかたない! ということで、新山口駅から新幹線に乗りました。
特急券代1,730円の赤だよ。。。(でも早かった! 30分ほどで着きました。時間をお金で買うんだなあ)

土曜に観たのは「アメイジング・スパイダーマン2」のリバイバル上映。
本当はこれと「イントゥ・ザ・ストーム」2本観るつもりまんまんだったんですが、
「あのう、イントゥ・ザ・ストームは……23時からのしかないんですが」
え!
だってネットで……あああ、あれって昨日の? じゃあ今日はもう昼間はないの?
「そうなんです。申し訳ありません」
いえ、わたしの確認ミスです。。。わかりました、アメスパだけください。

……楽しかったんですけどね!

特にスパイダーマンがビルの間をスイングするシーンはもう……ライド感たっぷりで、弱い人は酔いそうなくらいのふわふわで、何度も観たストーリーも改めて楽しめました。
よしよし、それなり楽しめた……イントゥは観れなかったけど。

どんだけ好きなの? と言われそうですが、この映画、初めて見た時から絶対4DX向きだと思ってたんですよ。
いや〜〜残念だったなあ。やっぱ二つを一緒に観ようと一週間おかないで、先週観にきとけば良かったなあ。

……そう思って帰りました。

ところが、見なければいいのに、見ちゃうんだよね、コロナのホームページ。
あ! 月曜にはアメスパ上映が終わって、同じ時間にイントゥが戻ってる!
月曜は休み……長男は仕事と言っていた……行く? 行っちゃう?

行っちゃった!

そんなわけで、今度こそ始発にのり、がっつり10時のシャトルバスにのり、10時40分からのイントゥを観ました。

おおおおおお!
これぞ4DXの醍醐味!
揺れるわガツガツ衝撃くるわ雨がバラバラ降るわ……スンバラシイライド感。
後ろに4DX初体験組がいたようで、時々女性の悲鳴も混じったりして、もうめっちゃ楽しめました!
これこれ、このためにはるばる来たんだもんねえ。よしよし。

満足して出……おおお、12時20分、30分発のシャトルバスに間に合う! 慌てて乗り込み発進。小倉駅に着くまでにiPhoneで「JRおでかけネット」で電車のつなぎを確かめて……ギリで間に合う! と飛び込むようにして電車に乗り徳山駅からバス(これも絶妙のタイミングで来た!)にのり……

帰ってまいりました。

見事なピンポイントぶり。
そんなわけで、お土産も買いませんでした。
まあ、「安くあげる」が第一目標なんで、いいかな(自分だけで納得)。

ただ一所だけ、今回寄りました。
それは行きの小倉駅を降りてからシャトルバス発車まで30分だけ、駅ビルのお土産物コーナーをぶらぶら。
そこで買ったのが、これら。

赤いのは「ご当地ベア」で、めんたいこが首のあたりに……言われてもめんたいこには見えないけど、まあ気に入ったのは、この色だし!(どう使うかはおわかりですね)

でも実はその他は同じフロアにあった百均の商品です。
茶色のはある意味赤いのよりちゃんとテディベアのスタンダードに添っています。まあ、出してみたところでは顔が歪んでたけど……。
黄色いのは、季節柄ハロウィングッズの辺りにありました。ついつい買ってしまう。色はやっぱこの色がいいでしょうと。
あとスノーボールもハロウィン用。
今年はちゃんと写真を撮ろうと……い、いや、宣言すると実現しそうにないので、そのうち、ってことで!

そんなところまで行って百均、と言われそうですが、実は百均は見つけたら買わないと二度と見つけられなくなるもんで。
で、買うとどこに行っても見つかる、というマーフィの法則めいたものがあるんですけどね〜。


そんなわけで、三連休が終わってしまった。
日曜の夜は実は「るろうに剣心 伝説の最期編」を観に行ったんですけど、その感想はまた今度……。



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : diary
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

劇場公開映画「LUCY/ルーシー」

「LUCY/ルーシー」

観たのは先週の日曜、二つ隣の市まで遠征してみました。
ま、そんなに観たかったというより、ついでにその近くの美味しいイタリアンでディナーを目論んでいたわけですが。

……で、映画を観ながらナチョスをぽりぽりぽりぽり……終わる頃には、
「お腹空いてないね」
という状態に。
結局家に帰ってカップ麺でそそくさと済ませるハメになったわけですが。

ま、そんなことは置いておいて、映画。

わたしは知っていたんですよ、リュック・ベッソン監督だって。
おフランス映画だし、ある意味「ゆるい」って。
多分、ハリウッド映画の枠からは少しだけはみ出すだろうと。
収まりが悪いエンディングもありかなと。

色々覚悟したので、わりと「当たり前に終わった」のでびっくり。
そうか、だから「リュック・ベッソン映画でナンバー1ヒット」だったのかな?
フランス映画的なアクはあまり感じませんでした。

ただ、なんの説明もなく台湾にいるスカヨハがいきなりピンチに陥るところとか、韓国ヤクザたちの容赦なさとか、そいつらが一切英語を話さないとか、何でも英語圏中心なハリウッドとは違うリズムですすむストーリーは、ベッソンらしくて手に汗握りました。

途中にサファリ画像入れたりとか○%とか挟んだりとか、なかなか中坊的な演出も、実は好きだったりします。

でも、何よりも良かったのは、やっぱスカーレット・ヨハンソンでしょうね!
最初の、ホントただ遊ぶために留学で台湾に来た?って感じのチンピラ白人女っぷりや、のっぴきならない窮地に陥っておびえまくってるところとか、もう素にしかみえなかったり、脳が覚醒してだんだん「人間らしさを失う」けど、「思い出に」って言う表情とか、うお~~~やっぱいいなこの人! って。

バリバリの美人じゃないところが、逆に表情一つで変わったりして、役者としての幅を感じます。いえ、充分美人とは思うんですけどね、ハリウッドって美女ってだけなら山ほどいるもんねえ。

そんなわけで、やっぱりちょっとスカヨハ最強映画でした。

でも人類の進化と真逆の位置にいる韓国ヤクザもその手下(千原ジュニアにしか見えなかった)もキャラ立ってたし、妙に高尚に脳の活性化=人類の進化だけを語らない分、ちょっと前の「トランセンデンス」よりよっぽど良く出来たSFだと感じましたよ。

観て良かったです。
出しなにリュック・ベッソン監督だったよ、と家族に言うと、
「なに?」
TAXIとかトランスポーターとかね(監督じゃないけど)。
「ああ! カーチェイスそんな感じした!」
と、大納得してました。

だよね。あの何も考えてないカーアクションは、いいよね。





にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : movie
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

小説「屍鬼」読了。



↑は文庫ですが、わたしはハードカバーの上下巻を中古で買いました。

多分、わたしが日本の小説に慣れていないからとは思うんですが……もう、もう……

我慢がならないほど 冗 長 だったんですけど!

ほんっと、長過ぎるよ。ただ長いならスティーヴン・キングで慣れてますが、そしてキング方式(クラッシックなホラーネタを現代の舞台で群像劇で描く)を日本でやってみた感がかなりある小説ですが、キングのサービス精神が欠けるとこれだけダメなのかと思うくらい、酷い。

ほんとね、第一にキャラクターに魅力無し。
誰一人感情移入できないって、どーいうこと。
いい人は何人かでてくるけど、だれもかれもが普通の人すぎて、そんなの書かなくても大体想像つくよ……というくらいのその辺のオバチャンとか会社のだれそれそっくりとか、何一つ、誰一人、「面白み」のある人がいない。

それが現実だよ、それが「ムラ」ってもんだよ、と作者は言いたいのかもしれないけど、ここまで執拗に

読むな

と言われているような気がする冗漫冗長駄文を垂れ流されると、もうダメ、と言う感じで、上巻の半分手前で脱落しました。
それが春頃かなあ。
そのあと何冊か翻訳ものを読んで、まあ、これの続きでも、と読み始めて、やっと面白くなったのが上巻も終わりかけの頃か。
やっと日常が崩れていくのが顕著になり、それでも生活を保とうとする人々の努力と現実逃避の様はなかなかで、前半のぐだぐだがやっと伏線としていきてきたかな(でもやっぱり余計だったと思いつつ読んでた)、と思ったとたん、

ネタバラし

が、あっけなく。
てか、そっちから描くかそこ。
ちょっとブキミで怖かったのに……えええ? それって。
しかもソイツらの「自分たちかわいそうでしょ」自分語りが延々と……はあああ?
しかも同調しちゃうか、よりにもよってアンタが?

そうだよ、あのクソ坊主だよっ。(毒吐)
何よりもウザかったのが、坊主の書く……

 中 二 病 く さ い ダ ラ ダ ラ 駄 文 だ っ !

大滝秀治おじいさんの、「つまらんっ、お前の話はつまらん!!」という声が頭の中で響きまくるくらい、くっそつまんない話で、それこそ10ページほどで片付きそうな短編を、ちょこちょこ本編に流し込んでくるから、もうほとんど嫌がらせにしか思えませんでした。

……途中から、このしょーもない自己肯定鬱々文章が伏線になるようですが、文章自体がウザいので余計わたしのイライラに火をつける……困ったもんです。

で、ふと作者、坊主を小説家にして、なにか意図があるのかなと思ったんですが、結果なかった……つーか、○○○ネタにして、宗教的なカインとアベル持ち出して、「神様にみはなされた」と連呼して、肝心の日本の宗教を……完全に無視してるよね? 一応神社はそれなりの「力」があるみたいだけど、寺は全然?
なにより坊主でありながら、自分のあげている弔いの念仏に一切の呪術的力を認めてない(というか言及さえしてない)のは、途中で脇役が言った、

「寺なんて檀家から金捲き上げてふんぞりかえってるだけ」

ってのが、本当ってこと?
これさ、本当のお坊さんが読んだら、かなり不快になる描写ではないかなあ。
自分たちのやってきたことが、本当に「儀式のための儀式」であって、住職というのはショーバイである、と言っているような。
引退寸前の後院さんも、「周りの期待にこたえてきただけ」って……なんか。
なんか納得出来ないのは、ウチだって仏教だし、お寺にそれなり敬意があるからかもしれないけど、ものすごく失礼なんじゃ?

例えば、お寺の金まみれを言うなら、それなりの扱いもあるだろうに、最初有能そうに描いておいて、それはないだろうと。
主人公然として(作者的には主人公かもしれない)出てきて、そこまで無能か? あかんわ〜〜。
危機感なさすぎ、しかも自分の手を汚すのが嫌で、結局は……ってのも嫌。
もう途中からドン引きですわ。


全体としては、最初の序文でこの物語の「エンディング」を見せちゃってるんですよ、これ。短編ならありかもしれないけど、これだけ長編でそれは……。
なので、色んな人々のあれやこれやの努力がすべて無駄だとわかってしまう、お話の構成もよくない。

おかげで終始イライラ、早くエンディングにたどり着きたくて、とにかく読み進める、とにかく読む自分を叱咤激励して読む……そんな読書でした。
だから、最後まで読めました。
そのあたりでは、「読ませる力」はあるようです。
ただし、もう二度とこの手の話に手を出そうという気もなくなりました。

そういえば、同じような感覚、あったな。。。ああ、

「ストレイン」シリーズだ。

そういえばネタが同じ、群像劇で、「伝説」を「現代考証」で解釈、というのも同じ、どちらもそのあたりはよく考えてある……けど。
読んでてイライラする、という点でも同じだったり。

ほんっと、読後感が悪すぎる。
とくにこれ、なんか最悪。


わたしには向いてませんでした。
ほんと、向いてない。
ホラーとしての怖さもなかったし。
これ、名作っていわれてるけど映像化されないの、当然だよね。。。って書いてからググったらアニメに? 確かに、お耽美なアニメだったらありなのか。
ヒロイン(?)少女だしね。
大人からすると、途中の少女(に見える)と坊主(中年)の交流がキモチワルかったわあ。
もしかして、作者はラノベ感覚で書いてたのかなあと。
こんなおどろおどろしい表紙で、難しい漢字をちりばめてあるので、大人の小説として読んじゃったけど、それではいけなかったのかもしれません。

あああ、他ので口直ししなきゃ。






にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : book
Tag : 小説
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

旅の人&お人形ブログ更新。



今、また車中の人です。
写真はCMでも使われたりする「戸田」と書いて「へた」と読む戸田駅にて、朝ごはんがわりのコアラのマーチとポカリで。
そしてこの後、結局今新幹線に載ってます。
一列車遅れたら、上映時間に間に合わないとわかったので、新山口駅からこだまに。

……最近のこだまは、昔のまん丸ノーズの車両じゃないのね~。

てことで、無事帰って来れたら、また……。

おなたの好きな人形はここにいない。

あと、夜にお人形ブログ更新しました~。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : whatsnew
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

素体買いました。

Real Action Heroes - RAH301改: Massive2 Body



1/6男性素体です。
いやあ、



これと替えようと……そう、シャーロックのなんですが、そもそも首の構造から違う……ジタバタ中です。

スミマセンねえ、連日の寝坊でなんにも更新出来ない。。。
小野不由美の「屍鬼」やっと、や〜〜〜〜っと下巻に突入、ようやく面白くなってきた……かな?
なんか、めちゃめちゃ読むのに時間がかかってます。


にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : doll
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

百均ペンケース。



百均で買ってきた、メモに取り付けるタイプのペンケースです。
本来もう少し小さなメモに取り付けるものでしょうが、そこはゴム、ぎゅううっと伸ばしてつけちゃいました。
元々、この「風呂蓋」、マグネットが弱くなっているみたいで密着力が弱くなってて閉じただけでスリープになる機能を切っているので、こうして取り付けてもなんの不具合もなく。

スタイラスペンは、前にはイヤホンジャックにつけていましたが、どうにもブラブラして使いにくくて、結局持ち歩かなくなってたんで、この際持ち歩くためにもいいかと。

……ま、出先でお絵描きなんて、できないわけですけどね。。。
図で説明することもあるかと。



……あるかと。








にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : iPhone/iPad
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

すーぱーむーん……らしきもの。



えへ。
車の中から、走りながら(助手席だったけど)10枚程度撮った中で一番大きく撮れた……けど、お間抜けな出来でスミマセン。
昨日ではなく、一昨日、8日の夕方です。

今日は朝寝坊したし、昼からお出かけで今しがた帰ってきたので、お茶濁し。
では、さらば。


にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : diary
Tag : 写真
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

ねんどろいどミクをドールに!

正直、フィギュアに興味はありません。
造形してみたいとは思うけど、既に恐ろしい精度のフィギュアが、しかもガチャポンなどの安価な高性能フィギュアが巷にあふれている中、自分で作る意義も感じないわけでして。

ま、昔から粘土細工は下手だった、ってだけかもしれないけれど。
そんなわけで、長男からもらったねんどろいどミクは、あれ以来箱に入ったまま、棚の隅に置いてありました。
ところが、偶然ネットサーフィン中に、

B級工作商店【月ト改】

という記事をみつけまして。
おお、ねんどろいどをドール化できる?
そういえば、オビツに11cmタイプが出ていて、でもキャラとしてイマイチ欲しいと思わないな~と思ってました。高いし。
とりあえず、買ってみました。



素体だと安いです。これがヘッド&アウターがつくと一万近くになります。
ちっちゃいから、アウター作るのも大変なのはわかるんですけどね。



……ちっさ。
というのが第一印象。
本当にちいさい。つうか、このサイズの人形に一万はちょっと……あらためてないわ~とおもふ。



ねんどろいどみくと並べてみました。
ねんどろいどは顔(表情)やポーズを替えられたりしますが、基本服は作り付け。わたし的にアウト。
体部分はオビツ11の3分の2くらいですかね。
先のページに従って、首のすげ替えをしました。
とりあえず、つっこんだだけなのでぐらぐらします。



じゃん。
服は、以前紹介した百均(ダイソー)にあったちっちゃなキティちゃんの服を着せてみました。ちょっとつんつるてんだけどカワイイ。



顔の表情が替えられる分、可愛さ倍増じゃないっすか?
……パンツ、作ってあげようかな。



と、ここまで書いてから、これってお人形ブログ向け記事だったと気づく。




あかん。
ま、そのうち同じ内容をあっちに書きます〜。


にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : doll
Tag : 人形
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

嘆きの天使、ペンダント?



いやいや、もちろん人間用なんですけど。
オークションで(当然のことながら)お安く出ていたので、ついつい買いました。
でも……

重い

……重すぎるよ、ママン。
とてもじゃないけど、慢性肩こりもちにはとんでもない。特に最近は金属アレルギーまで出ているらしく、ネックレス自体が出来ない状態です。
こりゃ、チャームにでもするしかないかなあ。



アップ。
あれですよ、あれ! 瞬きしちゃ、ダメっすよ。



こうなるから! ……あ、あれ? 裏は、怖いようなおマヌケのような……この大きさでは造形が難しかったのかもしれませんが、のっぺらぼうです。
そのかわり手が突き出してたりして、なかなか……。

どう使うかは不明ですが、とりあえず手に入れましたよ、と。



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : goods
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

洋裁ドック、完成?



今の自分の部屋……とてもお見せ出来ないほどとっ散らかってる……ふと、そうそう、写真加工アプリで水彩画にしちゃえば! とやってみたら、まあ!

なかなかカラフルで可愛い部屋に み え る (荒隠しにうってつけ)じゃん?

ということで、公開。
部屋を四分割すると、このコーナーが四分の一ですかねえ。この右手前に布とか細々した用品が入ったプラ引き出しが置いてあります。
画面右手前にMac、左側がベッドです。


落書きですが、配置図。
変形の部屋で上側に小さな窓が一つあるっきりです。

ロックミシンの上の段にはとじ太くん、足下には裁断機、二つの机の間には、背もたれが壊れたのでとっぱずしたパソコンチェアが置いてあります。
部屋に椅子が二つだけど、いちいち移動するよりこれがいいかな、と。

でもここで型紙をひいたり布の裁断は出来ないので、この間買ったプラスターボードをベッドに置くわけですが、ロックミシンを置いたパソコンデスクの後ろを普段の置き場所にしました。立てて、ヒモで縛っておきます。
これで、地震のとき、デスク上部のとじ太くんや激重なロックミシンが寝ているわたしに降ってくることもないかと……縛っているヒモの強度が心配ですが。

後の四分の二はベッドが占拠だし、残りはMac関連だしで、もう部屋の底がぬけそうです。
とりあえず、定位置は決まったかな?
そんなわけで、昨日はちょっと洋裁……みたいなものをしてまして、ベッドの上で布の裁断してたんですが、やっぱ糸埃がかなり出ますねえ。
ボードを元の位置にもどさないと寝られないし、色々手間……もう、ボードの上に布団強いて寝ちゃおうかと思ったくらいです。(すぐボードが歪むからダメ、とジェリーに却下された)

一瞬で出たり消えたりする巨大作業台が欲しい……。
「巴里のアメリカ人」のジーン・ケリーのような部屋が、理想かも。



にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : kitchen&house
Tag : 洋裁 部屋
Posted by onion on  | 4 comments  0 trackback

お人形ブログ更新。



シャーロックのジャケットをドクターに。
しかし本当に真っ黒ですこのジャケット。結婚式用かと思うくらい。
でもやっぱ作りこみ細かいので、見ていると微妙にヘコむ……。

さて、今日は何しようかな……微妙に体調悪くて、気力が続かなかったりします。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : whatsnew
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

劇場公開映画「イントゥ・ザ・ストーム」

「イントゥ・ザ・ストーム」

昨夜、二回目を観てきました。
ええ、気に入ったので。
だってさ、先月ゴジラであれだけブツブツ言ったエンタメとしてのツボが、全部押さえてあって、迫力もあったし時にクスッと笑えたし、盛り上がりではぐっと涙がこみ上げ……もう、大好きなタイプのエンタメ映画だったので。

イケメンパパ、よく見たらなんと、トーリン様じゃあないですか!<実はものすごく最後の方で気がついた。
実は背も高かったのね。冷たそうな目に、「信頼されていない」と身をすくめてしまう二人の子どもたちの気持ちもわかる……実はすごく情に篤いパパなんだけどね。
ああそうそう、我が家と同じ、男の子兄弟(年も近い)だったので、それも思い入れの一つになったかも。(でもママンは死別してるよ〜〜〜)
真面目で要領の悪い長男、要領よくて軽いけど信頼されない次男……んまあ、そのへんもウチと同じ。
なので、「お前はお前のままでいい」と兄ちゃんがカメラに向かって言うシーンでは号泣に近いっすよ。

カメラ……この映画も昨今流行りのファウンド・フッテージ・タイプですが、一つのカメラ視点ではなくて、揺れの激しいシロートから撮影のプロ、TV報道画面や学校などの固定セキュリティ・カメラまで色々な映像を集めました、という感じだけど、、普通にカメラマン不明なシーン(映画的な)もあり、ミックス具合がなかなか巧みでした。

冗長なシーンもなく、ポンポンと場面が切り替わりつつテンポよくお話が進むので飽きることがなく、上映時間は2時間にみたないので観ていても疲れず、後味も良く帰途につきました。

後で知ったんですが、キャメロン監督の弟子なのね。
なるほど、大納得。





日記=あの赤いチームのこと



……そらもう、こともあろうに巨人に三連敗したときにはあきれかえりましたが、相手がDeNAになると元気になるのがもう……でも今日は新しい助っ人ヒースのおかげですね。
ところでヒースというとわたしの世代的には、

 ヒ ー ス わ た し を 見 ・ ・ ・

げほんげほん。
ともあれ、数日ぶりに一息つきました。
まだまだ、優勝争いしてほしいぞ!




にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : movie
Posted by onion on  | 4 comments  0 trackback

DVDで映画「晴れた日に永遠が見える」



ウチのトイレにかけたカレンダー、侮れません。
今月はこれですよ。
そしてこの一言で、あの映画をどうしても観たくなりました。

「晴れた日に永遠が見える」



まんまやんけっ。
この映画との出会いは、やっぱりTV。
子どもの頃の映画体験というと、劇場に行くのはまれ、「水曜ロードショー」とか「月曜洋画劇場」でTVで観賞でしたが、ゴールデンにかかるのはいわゆる大作映画で、誰にでもウケるタイプの映画が多かったように思います。

この映画はそんな番組ではなく、土曜の昼下がりに映りの悪いチャンネルで見た記憶が最初です。
そして最後だったりします。
とにかく、

オープニング

この、延々色とりどりの四角が向こうに行く、サイケなオープニングが印象的で、単語ごとに、

ON

A

CLEAR

DAY

YOU

CAN

SEE

FOREVER



と流れる歌が、もんのすごく美しくて、一気に大好きな歌になりました。
晴れた日に永遠が見える……なんて中二病な(とほほ)題でしょう。
でもただ不思議なだけでなく、色々な意味を持って心にしみ込んでくる言葉でもあります。
……で、ストーリーはさっぱり覚えて無いという。主演も、てっきりドリス・デイだったと思っていました。
多分「夜を楽しく」と混ざったんだな……ともあれ!


とにかくこの頃の映画を見ると、少女の頃に夢中で読んだ少女マンガを思い出します。
突拍子もなくて、チャーミングで、カラフルでライトで、ちょっとほろ苦くて。自分に自信がない女の子を励ますような、そんなストーリーが多いですね。
ネガティヴ思考で凝り固まった少女だったわたしには、癒し以上の存在でした。

そんな少女マンガ、あの頃の漫画家さんが何に影響されていたかというと、きっと50年代から60年代にかけての、ニューエイジシネマが現れる前に最盛期を迎えた、きらびやかなハリウッド映画だったんでしょう。
だから今、逆にあの頃のハリウッド映画を見ると、少女マンガを思い出します。

主人公は特別な力を持った女性、でも自分に自信がなくて、彼氏に気に入られようと望んでもいない禁煙をしようとするけどうまくいかない。
よし、大学の先生にタバコが嫌いになるよう催眠術をかけてもらおう。。。
ところが催眠術にかかってみると……

もう、設定も何もかも、というか最初の花畑のシーンからすべてが

 う そ く さ い 

造花のような綺麗すぎる花たちから、大学構内がまたセット感バリバリでリアリティなぞ、一切考えてないし、ミュージカルなのでいきなり(至近距離で大声で)歌いだす……わたしが見た中でも二番目に(一番は「シェルブールの雨傘」)こそばゆいタイプのミュージカルです。

いやあ、歌がういてるのなんの。これは……「雨に唄えば」とかみたいに名作として今だ何度もTVで放送される類いの映画でないのは自明の理。

ストーリーもめちゃめちゃで、で、なにがしたかったんだい、センセイ?
納得出来ないまま、映画の中の人々は満足して終わっちゃったし。
う〜〜〜んん。




でも、スキ。




最後の歌だけでも、許せる。
バーブラ・ストライザンドとイヴ・モンタンは流石の歌唱力です。
ほぼ、それだけのためにストーリーは作られ、他のキャラクターはおざなりで、若きジャック・ニコルソンなんか、「変人」というだけのために出てきますが、その辺りは何も特徴的なことをしなくても、変人だとわかるところが彼らしいかも。



↑バーブラ・ストライザンドのは有名ですが、今見るとイヴ・モンタンのこの優しい発音がセクシーでうっとり。

バーブラのドレスはどれもモダンでステキです。流行が一周してカッコいい。最後のオレンジのドレス最高です! まるでリカちゃんのドレスみたいでキュートこの上無し!

色んな思いを込めて、ラブリーな映画を楽しみました。






にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : movie
Tag : 映画 DVD
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

ドクター人形発売?


シャーロック人形も来て、さてひと段落、もしかして、ドクター人形の再発売なんてないのかなあ、とBIG CHIEF(イギリスの会社なのに、なぜにこの名前?)覗いてみたら……

シリーズ7バージョンの11thドクター人形がっ。

発売日もまだ決まってないようです。
そりゃもう、「Subscribe」するでしょう、とりあえず。
よくみたら、顔がイマイチな気もするけど、後で後悔したくないし。

時期的に、これは自分へのクリスマスプレゼントかな?


楽しみ!






にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : doll
Posted by onion on  | 8 comments  0 trackback

SHERLOCKきたよ!



やっと!
てか、送料の振り込みを忘れてて(英語メールの翻訳を忘れてて)遅くなっただけなんですが、マクノスケさんとこにもきたシャーロック人形、ウチにも来ましたよ!

いや~……外国産人形って、色々なのね、箱を開けたら、足首取れてたし。

リカちゃん人形のように、子どもが遊ぶの前提の人形って、ちょっとやそっとでは手足が取れないようになっているのですが、こういうコレクターズ・アイテムのドールは取れるの当たり前です……でも、もろすぎ。。。

手は素手のグーパー、黒手袋のグーパーが付いていました。
付属品としては他に、ドクロ、ルーペ、スマホ、ノート(?)ヴァイオリン、時計、そしてたたせる為のスタンド。

アウトフィットなどはまたお人形ブログにて。

とりあえずご報告。


追記。更新しました。

SHERLOCK人形。







にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : doll
Posted by onion on  | 6 comments  0 trackback

父の三回忌と温泉とプレゼント。

日曜は父の三回忌法要でした。
当初、母と二人で電車で行こうかと言っていたのですが、長男と次男が送ってくれるというので、法要とそのあとの食事の間二人は山口の街で遊び、昼食を取り、2時過ぎに合流しました。

「温泉行く?」

ま、いいけど。せっかく湯田に来たんだしね。
「温泉の森」という温泉施設で、ゆっくり……するつもりが、母をジェットバスコーナーに誘ったら、お尻が浮いて立ち上がれなくなり、パニックをおこして下手すると溺れたという大変なことに……ごめんねえ、お風呂ではゆっくり入りたいよね。
つか、彼女は「カラスの行水」タイプの人でした。

母が早々と引き上げ、わたしはジェットバスや露天の打たせ湯にあたったりしてちょっと長めに入ってまして、あがりましたが……男二人があがってこないったら。
普通男女逆な気がしますが、しばらくして長男、髪を乾かしてスプレーで整えた次男が一番最後に出てきました。
まあ、そういう年齢なんだろうなあ。

その後、お盆も来れなかった次男が改めて父の墓参りをして、夕方に帰ってきました。

家についたとたん、
「はい」
と長男からプレゼントが……おお、流石は社会人、ありがとうねえ。



座布団?

「座ると背筋が伸びるんだって」
なるほど、ママンの猫背を心配してくれてるんだね。
「ミシン買ったから、もう高いプレゼントは要らないと思った!」
あ、はいはい。

ありがたいこってす。

なんだかんだ、週末ずっとお祝いしてもらっていたみたいで、我が身の幸せを感じておりますです。







にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : diary
Tag : 日記 家族
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。