FC2ブログ

oniondiary | 日記。時々映画やドラマや小説のレビュー。最近はなんとなく毎日書いてますが無駄話多し。

小説「ライディング・ザ・ブレット」

「ライディング・ザ・ブレット」



あ〜あ、と残念に思うのは、この本の発売形式。
本国アメリカでは、電子版でした。
わずか48時間で50万ダウンロードされたという、数多いキング伝説の中でも異色作なんですが、日本では……電子版は無理だったんですね〜〜。

まったく。
著作権だのなんだの、発信元が許可しても出版社が頭堅いとダメですねえ。
日本ではしかも、ハードカバーですよ。
キングにしては短編と言えるほどの中編が。
まるで詩集かと思えるほどの薄さ、キングとは思えない。
日本の出版事情も大概です。
わたしはもちろん、古本買って裁断、スキャンして、強制的に電子本にして読みましたけどね!

でも話は、さすがのキングです。
ほとんどワン・アイデアで突っ走る、この疾走感!
読み始めると最後の1ページまで飽きさせないエンターテイメントのカタマリ。
最後はやっぱり泣いてしまうやろ〜〜。
しかも、今父があんな状態だもん。
主人公と同じように、わたしも父との思い出が一緒によみがえってしまいました。
わたしも主人公と同じ選択をすると思う。
逆はありえない。
ありえないもん。

親子って、奇妙な一体感、他者からは不可解な共犯意識、悪癖を愛する自己防衛……まとめていうと「身内意識」ってことかもしれないけど、色んな感情があるんだよなあ、これがネガティブな方向に行ってしまうと大変なんだけどなあ……色々考えながら読みました。

やっぱキングはいい。
絶望を浄化してくれる。
どこか仏教的なほどに。

後悔先に立たず。

でも人間は、後悔しながら生きていくものだから。
後悔するとわかっていても、色んな選択をしながら生きていくものだから。






↑映像化もされているんですね。キング・ファンにはおなじみのミック・ギャリス監督。
あのワン・アイデアを映像でどう見せるのか、ちょっと興味はあります。




さてさて、世間ではお盆休み、9連休なんて人もいるらしいですが、わたしは有給がかなり減ってきているので、できるだけ仕事に出たいと思っています。
さあ、支度支度。


関連記事

Category : book
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lukeskywalkercool.blog68.fc2.com/tb.php/1020-6b8100e4
該当の記事は見つかりませんでした。