FC2ブログ

oniondiary | 日記。時々映画やドラマや小説のレビュー。最近はなんとなく毎日書いてますが無駄話多し。

本を裁断してiPadで読むまで。

本をスキャンしてi文庫で読むまでの過程。
手順を書いておきます。まあ自分への覚え書き、かな。




今回はこの文庫本をスキャンします。一度は読んだけど、捨てるには惜しいので。



表紙を外して、A3キャリアシートに挟みます。これはこすれると困るものや、カタチがイレギュラーなものをスキャンするときに使う透明シートです。
こうやって帯を取込みたいときにも便利ですが、あんまり厚くなるとジャムってしまうので注意。



ScanSnapにセットして青ボタンでスタート。



中身は背表紙を二つ折りにして、そこにカッターを差し込んで切り離します。
薄い時はそのままでもいいけど、裁断機にかける厚さを調整します。



裁断機で耳部分を切断。



時々糊がはみ出していてちゃんと切れていないことがあるので、パラパラやってみます。あと、しおりとかチラシが挟んであることもあるので、そのためにもバッサバッサと振ることが重要です。



ばっと一気に読み込みたいところですが、ここは4つぐらいにわけてちみちみ読み込むのが吉。



小説のようにたくさんのページを読み込むと、取り込み速度にアクロバットの処理速度が遅れてくるので、その辺も考慮して連続取込みします。



読み込みが終わったら、「読み込み終了」ボタンを。



何のメディアに保存しますか、と訊いてくるので、ファイルを選択。
いつも外付けのHDDに直接放り込んでいます。



題名をつけます。表紙が見えているので便利っすね。



ファイルをダブルクリックでアクロバットが開きます。



文書→ページのトリミング。



で、余分なところをカットします。



本文も同じように。しなくてもいいんだけど、目が悪いのでできるだけiPadの幅ギリギリになるようにと心がけ。



ここで一ワザ。3ページから最終ページまで指定します。ここで偶数や奇数ページだけを選んで見開きごとにカットもできますが、メンドクサイので左右に余裕を持たせて同じだけカットします。



こんな感じ。



左のページサムネイルで横向きになってたり逆転になってないか大まかにチェック。
PDFファイルであとからいくらでも調整できるので、そのあたりはアバウトに。



ここでiPadを同期して、i文庫に先ほど作ったファイルを取込みます。



入ったらiPadでi文庫を開きます。



あれ? 本棚に入ってません。これから入れなきゃいけないんです。
見えにくいですが、「本棚」「青空文庫」の次に「フォルダ」というタブがあります。この中に入ってるんです。



そのファイルを開き、「本棚に登録」ボタンで追加します。



ほら、本棚に入りました。



やっと読めるというわけです。



なにかスキャンの設定が裏と表で違うのか、白い画面と黄色い画面が交互に現れたりしますが、キニシナイ!!

は〜〜〜書くと長いっすね。この記事書いてるよりさっさと取込んだ方がはやいかなあ。




関連記事

Category : iPhone/iPad
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

2 Comments

マクノスケ says..."尊敬!"
やっぱりonionさんは豆だなあ~。
偉い-。
私、この間宮部みゆきの本(ハードカバー740ページ)を病院に持って行って読んでましたが、なにしろ重くて参りました。
こういう時に役立つんだろうなあ~。
あ~私がもう少し豆だったら…。
2012.09.25 11:19 | URL | #GWMyNl/. [edit]
onion says..."Re: 尊敬!"
>マクノスケさん
いやあ、「もっと必要なところでマメになれ」とよく言われますw
せっかくiPadを持ち歩いていても、ネットばかりして本を読まなかったりもしますしねえ。
でも「たくさん持ち歩ける」のが良いところなんです。
いざとなったら、ろう城もできますよと。

あ、電池が切れたらだめか〜w
2012.09.26 06:03 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lukeskywalkercool.blog68.fc2.com/tb.php/1062-03724d65
該当の記事は見つかりませんでした。