FC2ブログ

oniondiary | 日記。時々映画やドラマや小説のレビュー。最近はなんとなく毎日書いてますが無駄話多し。

映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」

映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」

昨日は早く寝ようとしてたんですけどね。
8時頃帰ってきた長男が、
「今日観に行く?」
と訊き、ジェリーも、
「明日は忙しいから無理」
って言うので、急遽三人で映画に行ってきました。

最終の回なんで、甘く観てたかも。
なんか、人がいっぱいいて、いつもの「真ん中」近くの席が取れなくて、ずいぶん前で観ました。
迫力はあったけど、ちょいうるさかったなあ。

感想としては……

ああ、エヴァらしくなったなあ。

かな。

前作の「破」で、割と一般的なアニメらしくなっちゃったかなあ(TVシリーズで死んでしまった同級生とか生きてるし、ほぼ廃人状態になったアスカが次回の予告で元気そう)と思ってたので、このままいかにもなロボットアニメになっちゃうかなあと思ってたので。

しっかし、ネタバレ風味なんですが……前回までの設定やキャラをぜ〜〜〜んぶ壊してしまうとは……ははは、さすが。
変わらないのはシンジくんのウザさだけという。
いやあ、世間の評価がまっぷたつというのもわかります。
ジェリーなんか「わけわからん」って言ってたし、長男のひと言、

「なんかなにやってたかわからんけど、とりあえずかっこ良かった!」

ってのが、一番的確な感想かなあと。

それにしても説明不足。
まあもともとそうだったからなあ。もともとわかってないもんなあ。
と思ってたら、YouTubeの動画にありました。



エヴァンゲリオンがもっとわかる動画の数々。
この他いくつかまわって見ちゃった。
ほほう、そうだったのか〜〜知らなかった〜〜ってこと多数。
ま、知ったからって別にどーということもないですけどね。
ここまで説明しなきゃわからないアニメだからこそ、コアなファンがつくのかもしれないし。
そういうショーバイは思えば「ヤマト」「ガンダム」から連綿と続くオタクホイホイだなあとつくづく思います。

で、劇場版1と2で世間一般の層を取込んだエヴァが、今回から「オタク御用達」になっただけのことかなあと、そして今では「オタク」自体が多数化巨大化して、一般層:オタク=5:5くらいの感覚になってきてる昨今、オタクの中にも「一般オタク」と「エヴァオタク」がいて、この映画は「エヴァオタク」向けにこしらえられたのかなあと。
いわば中二病。
コンビニでも幅を利かすエヴァグッズを喜んで買うような、

世間一般のファンと一緒にされちゃあ迷惑

って感覚の人たち向けかもね。
カワイイ子に釣られてみるような「萌えアニ」と一緒にしてもらっちゃあ、困る。
そういう人たちには、バカウケかもしれません。

ただ、制作者の巧さを感じてしまうのは、その「カワイイ子に釣られて見る」層にバカウケの

アスカの復活

を入れるとは、凄いなあと。
TVシリーズではあまりにかわいそうだったアスカを(惣流でないとはいえ)復活、しかもアイパッチw
相棒(?)が眼鏡ッ子とは、狙いすぎな感もあり。
なかなかやるな、この商売上手めっ、などとオバサンは思いますのよ。


あ、わたし?
すみません、うっす〜〜〜〜〜〜い、「一般オタク」の類いだと思います。
あまりにエヴァに対して薄いので、元々の期待値が低かったせいか、全然OKでした。
映画全体で考えると、かなり退屈だったかな、途中。
どうせ終わらないとわかってたので、つか、カヲルくんの部分がウザくてw、しかもシンジ、ピアノ弾けるってw、屋根ないけど雨は降らないんですかピアノには良くないんじゃありませんかとか色々考えちゃって、お話に集中できませんでした。

評価としては今ひとつ。
でも、次回は最後だから、やっぱ見るかなあ。
こういう薄い層もとりこんでいるから、巧いショーバイだと言えるんでしょう。

結局褒めてないかも。


まあ、これは「エヴァンゲリオン」じゃなくて、「『ヱ』ヴァンゲリ『ヲ』ン」だもんね、TVとは別物ということで。


関連記事

Category : movie
Posted by onion on  | 4 comments  0 trackback

4 Comments

てーとく says...""
全てを説明不足にしてしまうのが庵野流というか。
でもTV版のエヴァはもっと説明不足のままだからなぁ。
エヴァを全く知らない人が見たら多分評価が最悪になるだろうね。
特にカヲルファンは涙目だったらしいですね。

次回は真や新を使わずシンなんでシンジ?と妄想してます〜
2012.11.25 11:31 | URL | #LkZag.iM [edit]
ひろこ says..."ネタバレ"
先に見た私は娘にネタバレで「加持さんとペンペンが出ない」と云いたかったけど我慢しました。一番言いたかったのは「シンジくんと一緒に『訳がわからないよ!』の状態で見るといいかも」と云う事(アドバイス?)なのですが、それもネタバレなので言えませんでした。
ミサトさんの冷たい態度はシンジくんがやった事を考えると納得しそうになったのですが、前回にミサト自身がシンジ君を煽っていたじゃないか。「序」ではちゃんと説明してあげていたので、今回も状況をちゃんと説明すれば…と思ったけど、それをしたら物語が成立しないのでしょうね。
「Q」を見に行って、最初にスタジオジブリとトトロのマークが出て「私は何を見に来たんだっけ…?」と吃驚したのは私だけ?「巨神兵東京に現わる」は「Q」の立派な前フリになっていましたね。
2012.11.25 12:58 | URL | #- [edit]
onion says..."Re: タイトルなし"
>てーとく
TV版は色々あって仕方ないのかな、なんて思ってたけど、マジでこういう「煙に巻く」ことしかできない監督なのかな〜と、ちょっとがっかりです。
最終話でエンタメになるといいんだけど。

> 次回は真や新を使わずシンなんでシンジ?と妄想してます〜

なんかね、「序破急」の急をQとか、最終話に音楽記号とか、マジで中二の子どもがノートに書いてる設定書みたい……昔の自分を思い出して寒気が……w
2012.11.26 05:42 | URL | #- [edit]
onion says..."Re: ネタバレ"
>ひろこさん
>「加持さんとペンペンが出ない」

だよね。。。まさか「死ぬシーンさえない」とは思わなかったw
マヤちゃんだっけ? 可憐だったネルフの子が「ちっこれだから若い男は」とか言っちゃって、ロリ好き男子の夢を断ったり、監督は「観客の期待を裏切る」のが目的だったんじゃないかと勘ぐりたくなるほどです。

> 「Q」を見に行って、最初にスタジオジブリとトトロのマークが出て「私は何を見に来たんだっけ…?」と吃驚したのは私だけ?「巨神兵東京に現わる」は「Q」の立派な前フリになっていましたね。

そうそう、描き忘れた。
「館長庵野秀明特撮博物館」で上映されているという記事をマクノスケさんのブログで見ていた「巨神兵あらわる」がいきなり始まるとは思わなかったw
てっきり「予告」と思ったら、最後まであったよ……これは、オマケ?
全然前知識なかったから、最初ぼーっとしちゃったけど、面白く見ました。
声が綾波レイなんでいかにもエヴァだけど、あれって311っぽいよね……。
2012.11.26 05:58 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lukeskywalkercool.blog68.fc2.com/tb.php/1126-6a2c8a9f
該当の記事は見つかりませんでした。