FC2ブログ

oniondiary | 日記。時々映画やドラマや小説のレビュー。最近はなんとなく毎日書いてますが無駄話多し。

仕事→ドライブ→食事→映画。






せっかくだから美味しいものを食べようの会、12月バージョン。

昼まで仕事して昼から、三ヶ月に一度の長男の病院通いにつきあって、宇部へ行きました。
なのでいつもの阿知須のペイザンにて、お昼。
わたしのは見た目はアレですが、めっちゃ美味しかった、ゴルゴンゾーラのトロフィユ(手打ちパスタ)です。(長男のはラザニア)

デザートにヨーグルトケーキ(長男のはチョコレート・ムース)も食べちゃいました。

んでね、診察が終わって帰ったらまだ夕方早く、時間が余るので、これを機会に「ホビット 思いがけない冒険」の3Dを見に行きました。
昼間というか、午後5時過ぎの上映しかもうないんで、ちょうど良かったわけでして。

で……良かった。

イヤイヤ、最初見るのもかったるいかも、と思っていた初見のときは、まあまあ面白いじゃん、ちょっとほろっとくるし~~くらいの感覚だったんですが、なんとこの映画……

見れば見るほど感動する

映画、なんですね!

今回はほぼず~~っと、泣きながら見てたわたし……なんかいちいち涙が出て、「ホビットがわたしに勇気をくれる」ってとこでは、もう号泣でした。
どーなの自分、ってほどに。

3Dも評判通り、確かに素晴らしかった!
手触りが伝わりそうなほどの重量感と、迫ってくる魔狼、飛翔する大鷲など、初めて「奥行き」より「飛び出す」感覚のある3Dでした。
いやあ、これをiMAXで見られる人は幸せだな~~。わたしの見たのはMOVIXのXPANDですが、かなり感動しました。

日本語吹替えもさほど違和感なく切り抜けましたが……

 「 あ の 歌 」 ヒ ド い ……

ねえ?
そこだけ原語でもよかったんですけど?
なんでわざわざ歌わせましたか……歌い出しから外れてるし……。
「アベンジャーズ」でも、最初のウィドウのロシア語も吹替えがやってて、そのヒドさに辟易したものですが、今回一番の見所だっただけに、マジでヘコみました。
つか、もう一度原語を聴くためだけにでも、CD欲しくなっちゃったよ~~。
もう今日中にポチりそう<もしかして策略か??w

ともあれ、充実した一日では、ありました。




さて、今年最後のお勤め、頑張ってきますね!

関連記事

Category : diary
Posted by onion on  | 4 comments  0 trackback

4 Comments

ひろこ says..."ドワーフたちの歌"
ドワーフの歌は吹き替え版でも「原語流して字幕付き」で良かったと思うのですよ。(多分)ドワーフ語だったし。元の歌が聴きたいけど18日に注文した「Hobbit pecial Edition」のサントラはまだ到着していません~。

ビルボが自分の馬にリンゴをこっそりあげるシーンはピピンがリンゴを投げてもらうシーンを思い出しました。そしてあれだけビルボに「(冒険家の)トゥックの血」と云っていたガンダルフは後々ピピンに「トゥック家の莫迦者!!」と云い続ける事になるのを思い出しました。いろいろ前作と重なるように作ってあると思います。
最初は「あ、ジョンがホビットになってる」が「ホビットのビルボ」としか思えなくなったマーティン・フリーマンはやはり上手い!!
2012.12.28 09:17 | URL | #- [edit]
onion says..."Re: ドワーフたちの歌"
>ひろこさん
> ドワーフの歌は吹き替え版でも「原語流して字幕付き」で良かったと思うのですよ。(多分)ドワーフ語だったし。

字幕版では英語でしたよ。意外と聞き取りやすかったし、エンディングの整った歌より断然よかったので、期待してた分裏切られたがっかりも大きかったわけで……日本語の訳も字余りで、歌いにくそうにしてたんで、なんだかなあと。

で、結局iTunesで一曲だけ、買っちゃいました。
これを何度も聴いて、あの日本語歌を閉め出すんだ〜〜w

>ガンダルフは後々ピピンに「トゥック家の莫迦者!!」と云い続ける事になるのを思い出しました。いろいろ前作と重なるように作ってあると思います。

おお、そんな細かいとこあるんですね〜もう指輪がほとんど抜けてるんで、同じ映画をみても情報量が違うんだろうなあ。

> 最初は「あ、ジョンがホビットになってる」が「ホビットのビルボ」としか思えなくなったマーティン・フリーマンはやはり上手い!!

わたしは逆に、字幕で観ていた時は「ジョン・ワトソン」の影も見えなかったのに、日本語吹替えが同じ人だと気づいた時点から、なんか重なって可笑しくなりました。
いやあ、そこはあわせなくて良かったのに。

あと、字幕が最初でよかったなと思うところも。
トーリン・オーケンシールドの由来「樫の木の盾」っての、字幕だとすんなりわかりましたが、吹替えだと最後に手から盾が離れる重さが伝わらなかったんじゃないかと思いました。
会話のニュアンスは吹替えの方が良かったかもですけどねえ。

やっぱ、どっちも見るべきなのかなあとw
2012.12.29 08:28 | URL | #- [edit]
ひろこ says..."指輪物語の歌"
「王の帰還」でアラゴルンはエルフ語で歌っていたのでドワーフ語の歌を期待したのですが、英語だったのですか。そういえば、ピピンの歌も英語でしたね。
原曲を確認するためにも、字幕版を見に行きたい…。
2012.12.29 11:28 | URL | #- [edit]
onion says..."Re: 指輪物語の歌"
>ひろこさん
> 原曲を確認するためにも、字幕版を見に行きたい…。

ええ、やはり字幕版は必須かとw
吹替えはやっぱり違和感ありありでした。
第一にガンダルフの声が……あまりに知っている声だとダメですね〜。
トーリンも男らしすぎというか……あの声込みでカッコいいわけでして。
字幕版に3Dがないのは、今回の残念なところです。
画面は完全に3Dの方が良かったので。
2012.12.30 08:03 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lukeskywalkercool.blog68.fc2.com/tb.php/1159-76335099
該当の記事は見つかりませんでした。