FC2ブログ

oniondiary | 日記。時々映画やドラマや小説のレビュー。最近はなんとなく毎日書いてますが無駄話多し。

いまさら映画「真珠の耳飾りの少女」


(図録より)

映画「真珠の耳飾りの少女」

以前スカパーで録画、途中まで観てやめていた映画です。
そう、あの絵を見に行く前だったので、イメージが固定されるのが嫌だったんですよねえ。
本物を見て、

あ、スカヨハだ。

って第一印象だったら、嫌だなあと思ってw
ま、今となっては、そんなことは金輪際なかっただろうとは思うんですが。

後半はHuluで見ました。
でたよ、持ってるDVDを出さずに観るパターン。
AppleTVで観るって、本当にお手軽なんですよね〜〜なのでついつい。

それはいいとして感想。

監督の第一目標は多分、物語を語ることより「フェルメールの色彩を再現する」ことだったんでしょう。
とにかく、話はタルい。
最初のジャガイモ切りが長いな〜と思ってたら、ず〜〜〜っとそのリズムのまま話が進み……ドラマ的には一行で収まる。。。
そりゃまあ、フェルメールの生涯は大体皆さんご存知でしょうけども、そしてこの映画には原作があるんでしょうけれども、もう延々、小間使いが仕事する場面ばかり……てか、

暗い……。

確かにフェルメールは後にビンボになって死んで、破産した一家は離散するんだけど、このころはまだそれほど困窮というほどでもなかったわけで、子だくさんでにぎやかな家庭だったと推測されるわけですが……にぎやかというより五月蝿い、お金は姑が握ってるしパトロンは下品だしで、全く芸術を理解する環境でない中、小間使いの少女の色彩感覚に心癒され、創作意欲を沸き立たせる……だからこその暗さ、なんでしょうねえ、映画的なコントラストは。

だったら、主人公の少女はもっと朗らかな方がよかったのでは……。
終始少女=スカーレット・ヨハンソンが仏頂面で、感情を押し殺して黙々と働き続けるシーンばかり、窓を拭いたら室内の光が変化した様子を捕らえる、そのまなざしももっと明るくあれば、「少女の神聖」がもっと浮かび上がった……と思うのはわたしだけ?

てか、映画の少女と絵画の少女が一致しないのは、決してスカヨハの顔立ちとかじゃなく、あの絵の「明るさ」なんだなあ、と実感。
少女の他に対象物がなく(背景真っ黒)、頭にはターバン様のもの、着ているのは日本の着物のようなものと、時代を感じさせず超越した存在であり続けるあの絵の、笑っているのかも微妙な表情の少女が、あの時代に埋もれてしまった……物悲しさばかりが、後に残ります。

絵の消失と発見の経緯を思うと、それで良いのかもしれませんが。




あ〜〜ドラマ系の映画は苦手。
つーか、精神に余裕があるときに観るべきですねえ。
大体、ドンパチのアクションものか、ホラーな気分が多いわたし、体調の悪いときに見ちゃダメなタイプの映画でした。


日記


父のお墓参りに行ってきました。
山口市はやっぱり寒かった……。
三が日で初めて出かけて、その車の多さにビックリ、昼食に入ったうどん屋で二十分待ちにビックリ。
夕方家に帰ったらぐったり疲れてました。

夕方から夜にかけては、Huluの映画を再生しながら、本の裁断&スキャナで取込み&編集の作業を延々やってました。

その他の視た映画


「スネーク・アイズ」
本の取り込み作業中に観たので、細かいところがイマイチ観れてないわけですが、なんか絵的に凄い?
超長まわし撮影だったみたいです。
ゲイリー・シニーズが珍しく悪役だし、今度じっくり見てみたい。

「ホーンテッド・マンション」
子ども向けとは思いつつ、「ナイト・ミュージアム」と同じで、テレビ放送があるとついつい観ちゃいます。
Huluなんですけどねw ご飯の支度中に見てました。
テレンス・スタンプはあんまし執事らしくないけど、貫禄勝ちで○。

スキャンした本


パン教室
ムーミン英雄になる
おかずの基礎とコツ百科
バルバラ異界1〜3巻
安野光雅の記録Ⅰ
マウリッツハイス国立美術館展図録
暮しの手帖 自家製レシピ秋冬編
四季のたのしいおりがみ事典
シャーロック・ホームズの帰還
シャーロック・ホームズの英知
孤独のグルメ
緋色の研究
いい加減なスケッチのすすめ
伊東家の食卓裏ワザCooking vol1、2
ル・クルーゼで料理1、2
食品の裏側
「たたみ方折り方」の早引き便利帳
SHERLOCK A STUDY IN PINK

……スキャナ、壊れそうw
関連記事
にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : movie
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

2 Comments

ひろこ says..."初映画"
ONION様は家で見る量が多いですよね~。去年の(映画館)見納めは「ホビット」ですか? 今年初映画館は何でしょうか。
私と娘は4日に映画館始めとなる「ホビット/思いがけない冒険 字幕3D版」を見てきました。カンバーバッジは「ネクロマンサー」でキャスト出ていました(確認した)。そしてドワーフが半数くらい見分けられるようになったと思います。
娘が「指輪と違ってドワーフが固まって戦っているのがいい!」と云ってました。そう「指輪」の旅の仲間と違ってドワーフ13人とビルボとガンダルフなので、仲間の絆が違うんですよね。
ドワーフの歌は原語の方が断然いいです!!(サントラまだ来ない…)
私の去年の見納めは「ホビット/思いがけない冒険 吹き替え3D版」でした。今年の見納めは多分「ホビット/スマウグの荒らし場」だろーね。と娘と語り合っています。
2013.01.04 23:31 | URL | #- [edit]
onion says..."Re: 初映画"
>ひろこさん
やっぱ、近所にシネコンができてから増えましたね〜。
一緒に行ってくれる長男がいるのも、一因かも(いこうか? 行こう行こうのツーカーw)。
そうです、見納めは「ホビット」でした。
レミゼ、見ようかどうしようか迷って、結局行きませんでした。長男の好みでないので、一人で行くとなるとグズグズ迷ってしまいます。
今日暇だったら行こうかなあ。

> ドワーフの歌は原語の方が断然いいです!!(サントラまだ来ない…)

でっしょ〜〜!
ドワーフの歌、iTunesで買ったんですが、なんと2分もない……本当に映画の間だけの歌?
ちょっと短すぎて消化不良です〜〜。
2013.01.05 10:00 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lukeskywalkercool.blog68.fc2.com/tb.php/1166-79360353
該当の記事は見つかりませんでした。