FC2ブログ

oniondiary | 日記。時々映画やドラマや小説のレビュー。最近はなんとなく毎日書いてますが無駄話多し。

いまさら映画「スーパーサイズ・ミー」

「スーパーサイズ・ミー」

本当にいまさら感バリバリですが、当時これを題材にしたバラエティ観たので、映画館にまでは足を運ばなかったし、ソフトになってからも「わざわざ借りるほどではない」って作品も、Huluなら気軽に再生できるってもんです。

このあたり、WOWOWに加入していた頃と同じ、思わぬめっけものに出会える可能性があるわけでして。
TVシリーズでは「ライフ・オン・マーズ」がそうで、レンタル店にあるソフト見ても「時空刑事? なにこれ」って、手に取りもしなかっただろうなあ、
この映画もそんな感じ、お金払うほどじゃないけど、一度は観たかったよね、で視聴。


……でまあ、予想通りというか世間の評判通り、大したルポです。
もともと批判ありきで始めたので、どっち側に立っているかは明白ですが、ファストフード店を批判する人たちにも鋭くつっこんでいるのは、なかなか素晴らしい。
日本じゃとてもじゃないけどできないルポですね。スポンサーにガチガチにされてるんだから。そういう意味では昔観た健康バラエティの取り上げたこの話題も、結局腰砕けだったしね。
アメリカの給食レポも凄かった。あのおかげで改善できたのでしょうか? なんか気になる……あの変な給食が改善されてたら良いなあ。

最初のスーパーサイズ(「スーパーサイズにしますか?」と訊かれたら必ず「イエス」という、というルールあり)食べた時、あまりの量に気持ち悪くなって嘔吐したときは、うげっ、そんなもの見せるなよ……と思ったものですが、段々慣れてきて、というか「癖になってきて」お腹がすくと落ち込み、食べるとハイになるという現象が……過食に陥っている時似た経験をしているだけに、実感を伴って恐怖しました。

みんな「癖」で食べてるんだよね。
依存しているというか。
最初の小さいので我慢できていたのが、段々サイズが大きめになって、あの巨大なスーパーサイズを作り出したと……そら、企業はニーズがあれば作るのは当然ですが、そこに企業倫理も含むべきなのではないか……というのがこの映画の主旨でしょうか。


映画と言えば、よく観ているアメリカ映画の中でのシーンなどでも、昔からすげーなあ、と思うことは数あって、80年代の「ターミネーター」で、冷蔵庫に自動製氷機があったり、その中の牛乳が巨大なペットボトルに入ってたり、90年代には「スクリーム2」で劇中映画の「スタブ」を観る黒人女性の持っているポップコーンが巨大なバケツサイズだったりして、アメリカ人って食べ過ぎだよなあ、と思ってたのに、最近は近いサイズのものがあったりしてね、日本も確実に後を追っている、ということかも。

まあ、さすがにスーパーサイズはないですけども。(本国でもなくなった?)
ていうか、日本人はあれほど太る前に糖尿病になるしね。ウチの母みたいに……(つまりわたしも可能性あり)気をつけなきゃいけないのは病気にならないこと……それにしてもたった一ヶ月であれほど太り、あれほど内蔵に負担がかかるなんて……三食だけですよ? 間食なしでしょ? 恐ろしい……。


でも、観終わると無性にマックに行きたくなるのは、あまりにたくさんマクドナルドのあのマークを見て、刷り込まれたからかなあw
逆に、恋人のベジタリアンが肉食の害と罪悪とを語るシーンなんか、けっ、って嘲笑しちゃったし。
罪悪感なしに生きるなんてことほど、傲慢なことはないのにね。

みんな色々抱えてるんだよ。食事もその一部。
けど、やっぱり「癖」で食べちゃいけない。
「気を紛らわすため」に食べちゃいけない。
食事は「お腹がすいた」ときに食べなきゃ。

さて、わたしは今お腹がすいているのか、ただ無性に口に何か入れたいだけなのか、自問……自分で自分がわからない……。






追記


最近、映画の感想を結構書いているので、マクノスケさんも参加している「ブログ村」へ参加しようと昨日の夜登録したんだけど……リンクってこれ、毎回貼るの? よくわからん〜〜〜〜。。。
↓よかったら、ポチッとしてやってください。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

日記


引き続き病人がいる我が家、お出かけは望めません。
まあ、元気だったらゴルフに出かけていなかったりするので、同じっちゃ、同じなんだけどね。
自分が元気なときは「風邪ひくなんて不摂生するからだ。運動が足りないんじゃない?」などとうそぶくくせに、自分がかかると今にも死にそうに弱るんだから……手がかかるったら。

ま、そういうわけで、家でお籠り、たまに映画な三連休でした。

他に見た映画(Hulu)


「ノイズ」

これぞ淘汰されてきた数々のしょーもないSF映画の残骸。
二時間弱かけて内容はスッカスカ、ただただシャーリーズ・セロンの美しさだけを見る映画……せっかくのジョニー・デップも、目が死んでるし〜〜。
終始イライラしちゃいました。
今の展開が早過ぎる映画も嫌いだけど、こういう退屈なのはもうカンベン。
地上波放送でチラッとしか見たことなかったから見たけど、時間の無駄でした。

「シャーロック・ホームズ 淑女殺人事件」

BBC制作……以前見た「バスカヴィル家の獣犬」からシャーロック役が替わってます。ルパート・エヴェレット……なんだかメイク濃すぎで吸血鬼みたいな青白さ。しかもオリジナル脚本? 
首にストッキングを巻かれた女性の死体とか、う〜〜ん、ホームズものというよりシリアル・キラーものじゃあ……と最初から身構えてたんだけど、のっけから阿片窟にいるし〜〜〜〜え〜〜〜〜? コカインくらいにしとけよ〜〜〜〜〜。
しかも、Helvaさんのブログで「ホームズはブランデーを飲んだことがない」ブランデーは気付け薬の代わり扱いだったって聞いた後だったので、いきなり昼間っからブランデーがぶ飲み(途中警部ともオフィスで飲んでた)するしで、もうあかん。

ストーリーはまあ、ありがち……マイケル・ファスペンダーがアヤシイ役をやってましたが、ホームズのエヴェレットと似たタイプ(正統派ハンサム)なんで、対決シーンはまるであっちのアイドルドラマなんじゃないかと思えてきて、興ざめ。

ただ一人、前回から引き続きイアン・ハートが、小柄で人がいいけど鋭い観点も持っていて行動力もある、ステキなワトソンを演じていて、それだけが救いでした。
でも、役をはしょろうとフィアンセを精神医学のお医者にしたのはどうかと……色々とツッコミどころありまくり、わたしの好みではなかったです。
あ〜「バスカヴィルの獣犬」のホームズのんが、よかったなあ。



関連記事
にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : movie
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

2 Comments

マクノスケ says..."ブログ村のタグ"
この中で見てるのは「ノイズ」だけなんですけど…
なんかやぱりイマイチだったような~ありがちって言えば
ありがちな~なんとなく今更感もあったり…
ジョニーももっと役を選べばいいのになあ~なんて思ったりしました。

ところでブログ村のバナーですが
私はHTMLに貼っています。
<!--/more--><!--/more-->で挟まれたところが真ん中辺りにあると思うんですけど
それの下に貼って保存するとその後全部の記事に表示されるようになると思います。
2013.02.12 11:36 | URL | #GWMyNl/. [edit]
onion says..."Re: ブログ村のタグ"
>マクノスケさん
本当だ〜真ん中のところに<---!more--->がっ。
早速貼ってみましたが、これって映画の記事だけでなく全部に表示されるんですね〜う〜む、どうしよう。
てか、マクノスケさんの真似したんだから、記事でマクノスケさんに教えて、って強要しているも同然だったと、後で気づく愚か者です……スミマセン、いつも助けていただいてます。ありがとうございました!

「ノイズ」は確かに、古くさいというかありがち過ぎるうえに、美男美女を揃えたのに地味でしたね〜同じ侵略ものなら、「宇宙のバンパイア」の方が女性としてもきわどくて面白いかもw

2013.02.12 23:16 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lukeskywalkercool.blog68.fc2.com/tb.php/1206-16360412
該当の記事は見つかりませんでした。