FC2ブログ

oniondiary | 日記。時々映画やドラマや小説のレビュー。最近はなんとなく毎日書いてますが無駄話多し。

「敗戦投手」という勲章。

「マエケンのせいじゃないですよね? 5回1失点なら、合格ですよね?」
……と人に訊いてまわるわたしw

実際、始まったとたんに1点入れられた時は、速報見て胃が縮む思いだったんですが、苦しみながらも要所は押さえるピッチング(仕事でチョコチョコしか見られなかったので予測)で後続を絶つ姿は、見慣れたマエケンでした。

つか、前回の大量得点を背負って投げるマエケンの方が、珍しくてw
いっつも、投げても投げても点をとってくれなくて、

3安打1失点完投で負け投手(とほほほほほほほ。。。)

とか、よくある話の赤いチーム……そういう状況にはある意味慣れていて、心臓も鍛えられているかも。
状況が悪くてもなんとか押さえる精神力も、鍛えられてたんでしょうねえ。
打たれたり審判の癖に泣いたり、守備の乱れでイライラして投球パターンを崩しがちな若手ピッチャーのお手本になる、この年で堂々たるエースに成長してました。
「WBC決勝の敗戦投手」って、実は堂々とした勲章ですよ。
例えば5回裏で味方が1点とってイーブンになったあと、6回表で能見投手がツーランを打たれて敗戦投手になっていたら……能見投手のショックは計り知れなかっただろうと推察できます(まあ今でも相当なショック状態でしょうが)。
「能見が敗戦投手」という言葉はネガティヴな意味しかなさない言葉ですが、「マエケンが敗戦投手」になったことで、「好投していても負ける時がある」という、微妙な意味合いを帯びることができました。
マエケンなら、その複雑な立場を受け止める力があると思います。


マエケン、おつかれさまでした、ありがとう!!



それにしても、3月が始まったとき、「WBCの3月となるか」なんて題を書きましたが、見事になりましたねえ、まあそれも昨日までとなって、惜しい結果でしたが。
まあ、野球ファンは「一体誰の責任か?」といわゆる戦犯を捜しがちですが、それはもう監督ということでいいんじゃないかと。
つか、そうなるのがわかってたんで、引き受け手がいなかったわけだから、薄給(150万円だって!)で引き受けてくれた山本浩二監督には、本当にありがとうと言いたいし、細かくどうこうなんてあげつらうのは無責任なだけだと思います。

そもそも逆風だったしね。
選手会が不参加を表明したり(後に撤回)、メジャー組が早々に不参加を決めたり、マスコミも寄ると触るとネガティヴな話題を探してまわってて……それこそ「負けたら叩いてやろう」って気、マンマンで。
マエケンが肩を痛めたというニュースもあって、そんなに無理して参加することなかったんじゃないかとまで思ったくらいなので、わたし的に今回の結果は本当に上出来だったと思います。

基本「日本が強い」というのは、ベスト4に入ったことで世界に知らしめたと思うし。
そして他の国のチームが勝つことで、次のWBCは「じゃあ次はウチの国だ!」というモチベーションにもなるし。
やっぱり世界大会があるのは、刺激にもなっていいですねえ。
一般の(野球ファンでない)人に、野球の面白さをわかってもらうには、とってもいい大会だったと思います。
高校野球は人気があるけど、あの純粋な必死さとは別の、プロとしての本領発揮シーンが見てもらえたのは、本当によかった。
選手や監督コーチ他スタッフの皆さん、おつかれさまでした!!




余談:侍ジャパンのテーマがジャーニーの『Separate Ways』 だったの、前回からなんですね。

http://www.worldfolksong.com/baseball/wbc/journey.html

知らなかったというか、忘れてたw
ジャーニーは一枚だけアルバムを持っていて、これも入ってると思ってたらなかった……まあ、似たような曲があるし(ファンにあるまじき暴言)いいか〜って感じですが、やっぱりもうちょっと新しい曲が何とかならなかったのかなあ。
監督の薄給といい、国民を一つにしようってイベントで、予算ケチっちゃいけないよ〜。

週末から見た映画メモ


「時をかける少女」1997年版
「七瀬ふたたび」2010年版
「ミッション・トゥ・マーズ」
「レッド・プラネット」
「スフィア」

恐ろしいほど微妙な映画を渡り歩いてしまった……。


関連記事
にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : carp
Posted by onion on  | 7 comments  0 trackback

7 Comments

ひろこ says...""
え、3位決定戦ないの?(がっかり)…あれだけしつこく同じ相手と対戦して順位つけてる予選方式なのに、いきなり甲子園方式とは。イロイロとWBCルールは謎ですね。
2013.03.19 08:19 | URL | #- [edit]
ひろこ says..."マエケン"
ああ、書き忘れていた!! マエケンは悪くないよ。凄く立派でした。とあるゲームの「大切なのは間合い、そして引かぬ心だ」と云う台詞を実感させてくれた投手です。
2013.03.19 08:30 | URL | #- [edit]
てーとく says...""
WBCに参加された選手の皆さんはほんとに良く頑張ってくれたと思ってます。

メジャーの選手に頼らなくてもベスト4になった日本野球に脱帽です。

昨日は早速何処かの番組で叩き始めてましたが、勝つだけがスポーツじゃないですし。

私にとっては今回は日台戦がとても印象深い試合だったかも〜
WBCに限らず普通の交流戦で台湾代表と試合をして欲しいかな。
2013.03.19 10:27 | URL | #LkZag.iM [edit]
マクノスケ says...""
いや~台湾戦でもよくやったって思ってますもん。
よくやりましたよ。
あの試合は燃えました。
今朝、ノムさんが「なんで監督山本にしたの?」なんて
「とくだね」でボヤいていましたが、ホントこの状況のなか
よく監督を引き受けてくれたもんです。
山本監督が一番キツい立場だと思いますが
私はよくここまで頑張ってくれたとねぎらって上げたい!
そしてマエケン、素敵でした~!
マクタロウが野球きらいなんで、なかなか見せてくれない
んですけど、これから見れるときは見てみたいと思います。
2013.03.19 10:44 | URL | #GWMyNl/. [edit]
onion says..."Re: マエケン"
>ひろこさん
三位決定戦がないのって、アメリカ人の負けず嫌いというか、負けたら機嫌悪くして家に帰っちゃうガキ大将というかw、一番じゃないと意味がないみたいな性格が現れてるんじゃないかなあと。
日本人は細かい順位にこだわったりしますけどね、4位と5位の違いとか。
どっちにしても、メジャーリーガーは「三位決定戦なんてクソ」だと試合放棄しそう……だから最初から設定してないんじゃないかと推測しております。

>とあるゲームの「大切なのは間合い、そして引かぬ心だ」と云う台詞を実感させてくれた投手です。

いいですねえ。まさにそんな感じ!

2013.03.20 06:54 | URL | #- [edit]
onion says..."Re: タイトルなし"
>てーとく
終わってみれば、メジャー組が参加しないで良かったのかな〜と思います。
メジャーのおかげでメンバーからはじかれたであろう人たちが、意外と活躍してたりしてね。飛び抜けたスターがいない分、今回目立った井端選手のように職人技が光る選手が注目されて、ちょっと甲子園のような盛り上がり方でした。

> 勝つだけがスポーツじゃないですし。

その辺をわかっているのが、甲子園好きな日本人だけかもしれないw
勝つことだけが目標だと、勝てなかったらそのスポーツをやめてしまう、あるいはルールを変えて常勝国を貶めるどっかの委員会みたいな人たちには理解できないだろうけど、負けても拍手で選手を迎えられる日本人でよかった! と昨日つくづく思いました。

> 私にとっては今回は日台戦がとても印象深い試合だったかも〜

よかったですよね、あれこそ「交流試合」の良さで。
暖かい気持ちになれる国の関係、続けていけたらと思います。

そうそう、昨日WBC公式で褒められていたみたいですね。
試合後、日本の選手が全員3塁側に並んで対戦相手と観客に頭をさげる写真入りで、「プエルトリコの選手が喜びで踊りまくる中、彼らは自分たちを打ち負かした相手への尊敬の印をみせた」……

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130319-00000525-sanspo-base

こういうニュースをもっと大々的に報道して欲しいものですね!
2013.03.20 07:13 | URL | #- [edit]
onion says..."Re: タイトルなし"
>マクノスケさん
家族が野球好きじゃないと、なかなかムズカしいですよね〜。
特に今は地上波の放送も少ないですし、巨人の放送ばっかだし。
わたしもジェリーが巨人ファンの家庭に育って、うす〜い巨人ファンなもので、一緒にTV見てるとムカつくw(たいてい巨人が勝つのもむかつきポイント)ので見なくなっちゃって、結婚から20年近く、野球観戦から離れてましたからねえ。
WBCがきっかけでまた野球を見るようになった典型なんで、やっぱ世界大会は必要だと思いますよ、ホントに。


> 今朝、ノムさんが「なんで監督山本にしたの?」なんて
> 「とくだね」でボヤいていましたが

あの人はね……もうその辺の認知症お爺ちゃん……コメントなんかもとめてやるなよ〜〜と思います。
以前はキレがよくて愛があったボヤキも、今回のマーくん批判とかは全く感じませんでしたしね。

ちゅうか、総じてマスコミがネガティブだったなあと、印象に残りますねえ。

2013.03.20 07:23 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lukeskywalkercool.blog68.fc2.com/tb.php/1243-75ac61c5
該当の記事は見つかりませんでした。