FC2ブログ

oniondiary | 日記。時々映画やドラマや小説のレビュー。最近はなんとなく毎日書いてますが無駄話多し。

「スター・トレック イントゥ・ダークネス」4回目は3D吹替版で。

ハハハ、行っちゃいました。
昨夜で「3D吹替版」が最終だったんですよ。
それは知ってたんだけど、金曜の夜はエクササイズがあるし、先週は風邪で休んで、先々週は次男が帰ってくるので休んで先々先週は足首ひねってたんで休んでた……ので、さすがに行かなきゃ! と思ってました。
映画でキャンセルなんてできないな〜と。
ところが、

「今週休みよ」

え。
そ、そうなの?
知らなかった……それじゃあ。

見に行こっと!<切り替え早過ぎw
「今日は疲れてるし予定もあるんだけど……」
と渋っていた長男も、3D最後に釣られてついてきまして、二人で観賞。
またもぼっちか? と思うくらい人がいませんでしたが、今回は違いました。
あと二人はいたな、うん。


そんなわけで楽しみましたが、驚いたのは本編前の「怪盗グルーのミニオン危機一発」の宣伝……最近劇場に行った方はご覧になったかもしれませんが、「ばばば、ばばーななー!」と歌いながら、一匹(一人?)だけ紙笛ふいてる子がいるアレ。
あれって、3Dだと紙笛がハンパなく飛び出てくるんですよ!
「うおおっ」と思わず声にでたw
すごいすごい、こんなに飛び出て見えた3Dは初めてです。

興奮のまま本編突入、そして……本編もちゃんと飛び出て、またビックリ!

あれかな、評判イマイチなXpanDですが、ちょっと暗いのを我慢すれば、わたしには一番あっているかもしれません。
というか、スタトレ自体が、ちゃんと3D用の撮影をしたものなのかな? 冒頭のシーンで矢がこっちに飛んできたときは思わず避けましたw パシリムみたときより、こまかく奥行きが見えて、全体が美しかったです。

で、初めて3Dについてググってみました(遅っ)。

3D映画の方式について

↑の方のブログがわかりやすかったです。
なるほど、って感じ。これで行くと5番目の「小スクリーンのXpanD」になりますが、確かに「小スクリーンのRealD」(イオンシネマズ)よりよかったです。
広島の109シネマズは「masterImage」という方式のようですが、あれも周りがボケて見えてダメでした。
まあそんなわけで、近場が一番ベターでよかったよかった。


そんなこんなで楽しんだ3D、実は吹き替え版としてもなかなか良かったです。
タレント起用がウフーラの栗山千明だけで、まあ違和感なかったし。
確かにバッチさんは迫力不足になっちゃいますけどねえ、あれに合う声はなかなか日本人(日本語)では無理と思うし。
どっちかというとボーンズの声の方が低くて厚みがあって向いてたかもねえ。

カークはちょっと子ども過ぎな感もありますが、そこが萌えるっちゃ萌えるし、ありかなとw

で、日本語版、いいですよ!
訳が特に。
先日読了したノヴェライズがアレだったんで、余計に際立ちます。
ホントにこなれてる感じ。

わたしが書いた「すいません」と言うなってのも、ちゃんと「すみません」と発音して、チェコフの若さあふれる表現になってましたし、カークとカーンが弾丸飛行している中、カークのヘルメットにヒビが入ってモニターが壊れたシーン。スポックが「情報確認が出来なければ、到達は不可能です」というと、字幕で何といってたか忘れたんですが、本では、

「ミスター・スポック、俺がそこにもどったときに、困っている人間への対応について説教してやるからな」



……う〜ん? でしょ。確かに英語ではそういっていると思う。ところが吹替は、

「スポック、落ち込んでるヤツの慰め方を、帰ったら教えてやるよ」



でした。(細かい言い回しは違うかも)
聞いたとたんに爆笑でっせ、旦那。
これぞ日本語のリズム、ボケへのツッコミ、破れ鍋に綴じ蓋、ビールに枝豆っしょ!
ある意味、カークとスポックのやりとりほど微妙なニュアンスが必要なのに、その辺りが変だったんだなあと、妙な所で納得です。
そういう点で、日本語吹替は超おすすめ。
スコッティの早口も、スールーの精一杯の脅し文句も、どれもピッタリで終始ニヤニヤして見てました。

いやあ、ソフト買ったらもういいやと思ってたけど、やっぱり日本版Blu-ray発売が待ち遠しいですねえ!


そんなわけで、いまだにパシリム&スタトレから抜け出せなくて、「マン・オブ・スティール」も「ウルヴァリン」も見てないです。




追記:何を考えていたのか、題名が「3D字幕版」になってました。。。
「吹替」の間違いです〜。昨日から頭痛がする中書いてた……ってのは、完全に言い訳です、スミマセン。


関連記事

Category : movie
Posted by onion on  | 6 comments  0 trackback

6 Comments

ひろこ says..."吹き替え"
あ~確かに。ドクターの声の方が低い感じでカンバーバッチっぽいかも。カークさんは吹き替えだとちょっとやんちゃな若造って感じでしたね~。今回カーンを葺き替えた人はバルカン星人とか合いそう。
ヒカル・スールーの人は「パシフィック・リム」でチャックや「ロード・オブ・ザ・リング」「ホビット」でフロドをやった浪川大輔ですよ。とちょい声オタの私。「アイアンマン」(朝日テレビ版)の吹き替え池田秀一はちょっと慣れない私ですが、「パシフィック・リム」の(親父)ハークは凄く良かった。


元の俳優さんの声が味わえないと云う欠点はありますが、吹き替えは字幕より情報量が増えて判りやすく、字幕に気をとられて映像が十分堪能できないと云うミスが少なくなるのがイイです。
…いいけど、合っていないと壊滅的に映画そのものがダメ駄目になる可能性もありますよね。
2013.09.14 15:16 | URL | #- [edit]
マクノスケ says..."吹き替えの魅力!"
ひろこさんの声優さんの話題、いつも興味津々で楽しませて戴いております!
スールーが浪川くんだったんですね!(ソフト持っているのですが字幕でしか見なくて…)
たしかアナキンをやっていたのも浪川くんだったよ~な。
浪川くん、大活躍ですねえ。昔で言ったら神谷さんみたいに活躍してますよねえ。
結局、パシフィック・リムは字幕でしか観てないので…ハークの声もソフトが出るまで
楽しみにしています。凄く良かったと言うのを聞いて期待大です-!

しかし、翻訳の人のセンスって大事ですよねえ。
出来れば、その映画の世界観を熟知した方に訳して貰えると良いんですけどねえ。
スタトレも岸川さんとか監修に入れば良かったのになあと思いました。
2013.09.14 22:05 | URL | #GWMyNl/. [edit]
Helva says..."医者の心得"
吹き替えは見てないのでなんともいえないんですが、ノヴェライズの日本語は確かにもう少し推敲の余地ありですね。

onionさんが引き合いに出したところ、たしか台詞は
James T. Kirk: Spock, if I get back, we really need to talk about your bedside manner.

ちなみにbedside manner ベッドサイドのマナーって「入院患者に対する医者の接し方」(アルク英辞郎on the web)のこと。
重病の患者に余命いくばくもないことをズバッという医者がいたら……迷惑千万。
もし戻ったらマジでおまえの患者への接し方について話し合わなければならない、ってのが直の意のようです。
確かに生死がかかっているシチュエーションでは「落ち込んでるやつ」とか「困っている人」じゃインパクトが弱いわなあ。でも「患者の気持ちも考えずズバリと余命を告げる医者のようなやり方」じゃもっとまだるっこいし。
そのあたりが場面と訳のそりが悪いとonionさんが感じた理由じゃないでしょうか。
あのスピード感を殺さずにしかも意味がしっかり伝わる字幕、アフレコの台詞、ノベライズの翻訳、どれも大変な作業だと思います。
2013.09.15 02:09 | URL | #q6AO.T9M [edit]
onion says..."Re: ひろこさんへ"
> ヒカル・スールーの人は「パシフィック・リム」でチャックや「ロード・オブ・ザ・リング」「ホビット」でフロドをやった浪川大輔ですよ。

なるほど〜レギュラーとはいえ端役に結構大物を使ってるんですね。
パシリムでも思ったけど、やっぱり声はプロの人がやった方が良いよなあと思います。
あまりにプロめいていて、アニメを観ているようになってしまう危険性もありますが……。
ハークの池田秀一は声が若過ぎるなと思いましたが、実年齢は同じくらい?w

> …いいけど、合っていないと壊滅的に映画そのものがダメ駄目になる可能性もありますよね。

そうそう、一つ間違うと受け入れられなくなるんで、諸刃の剣ですねえ。
2013.09.15 02:55 | URL | #- [edit]
onion says..."Re: マクノスケさんへ"
> たしかアナキンをやっていたのも浪川くんだったよ~な。

同じく、SWもあまり吹替え版を見ないので、知りませんでした〜。
美青年役がピッタリなんですが、スールーの場合はその辺のオーラ消して、アニメっぽくなかったので好印象でしたよ!

> 結局、パシフィック・リムは字幕でしか観てないので…

タレントを使わず、アニメ声優で固めた吹替は、やっぱりアニメ的になってましたが、これも監督の好みにはあってるんじゃないかなあと。
日本からのオマージュって感じ?

> しかし、翻訳の人のセンスって大事ですよねえ。
> スタトレも岸川さんとか監修に入れば良かったのになあと思いました。

岸川さん、公式の本とかだしてる人ですか?(ニワカなんでスミマセン)
実際、ちょっと外部の意見を取り入れて欲しいものです。ロード・オブ・ザ・リングみたいに……。
2013.09.15 03:08 | URL | #- [edit]
onion says..."Re: Helvaさんへ"
> 重病の患者に余命いくばくもないことをズバッという医者がいたら……迷惑千万。

うわあ、本と吹替、どちらも全然違うということですね。
でも文字制限のある吹替じゃなくて、本でそこまで意訳しているなら、もっと他の選択肢が……と思ってしまうのは素人だからでしょうか。

> あのスピード感を殺さずにしかも意味がしっかり伝わる字幕、アフレコの台詞、ノベライズの翻訳、どれも大変な作業だと思います。

多分その辺の選択を山ほど乗り越えての翻訳、苦労を知っているHelvaさんにはわかるんですね。
それこそ、納期との戦いかも……。

超意訳では、「お前は医者には向いてないよ」って感じかな?w

2013.09.15 03:15 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lukeskywalkercool.blog68.fc2.com/tb.php/1425-411a2b53
該当の記事は見つかりませんでした。