FC2ブログ

oniondiary | 日記。時々映画やドラマや小説のレビュー。最近はなんとなく毎日書いてますが無駄話多し。

Blu-rayで映画「スター・トレック3/ミスター・スポックを探せ!」

「スター・トレック3/ミスター・スポックを探せ!」

大変遅いペースながら、旧作のBlu-rayをジェリーとちまちま見ています。
ヤツのペースにあわせると、一つの映画に三日ぐらいかける……リズムだだ崩れだけど、この映画の場合はいいことかも。

気づいてみれば、この数十年で映画ってずいぶん変わりました。
こんなのんびりした展開、今の映画ではありえません。
もう、最後の復活の儀式のくだりでは、退屈を通り越して様式美あふれる歌舞伎を見ているような気分に……。

でもまあ、これも4につながる伏線(猛鳥号獲得)と思えば、必要な作品だったんでしょう。
つか、トレッキーにとってはミスター・スポックは復活しなくてはいけない存在だったんでしょう。

あと、スポックのために地位も名誉もあっさり(めっちゃあっさり!)捨て去るカーク以下メンバーたち……ファンは大喜びだろうけど、ホント、エンタープライズが家で家庭で家族だったんだなあと、なんだか物悲しく……カークは息子も失ったし。

まあ、この後が「故郷への長い道」なんで、いいかっ!

……これですべてが解決してしまう、橋渡し的な映画ではありました。



余談、ミゲル・フェラー(allcinemaではファーラー)がエクセルシオのシーンで出てました。若くて髪がふさふさでしたが、すぐわかりましたw
データ見たら、ジョージ・クルーニーの従兄弟だった……微妙な驚きっすね。



関連記事

Category : movie
Tag : 映画 Blu-ray
Posted by onion on  | 7 comments  0 trackback

7 Comments

ひろこ says..."1122(姪っ子の誕生日)いいふうふ"
ドクター・マッコイのあだ名(愛称?)が「ボーンズ」で、その理由が「離婚によってすべてを失い、骨だけ(身ひとつ)になってしまい…」とWikiに書いてあるのですが、それは慰謝料に取られたって事ですよね…身包み剥がされる程に、一体ナニをしたのですか!?

1本の映画を3日かけて夫婦で見る…イイ話しです。ふたりでのんびりと映画を見るなんて贅沢な時間の使い方。
「夫婦割引の日」サービス等をしてくれる映画館。この度の消費税アップで映画料金は値上がりするのでしょうか…。
2013.10.02 07:26 | URL | #- [edit]
onion says..."Re: ひろこさんへ"
> ドクター・マッコイのあだ名(愛称?)が「ボーンズ」で、その理由が

11のスタッフ・コメンタリーで、あのシーンはマッコイ役のカール・アーバンがとっさにセリフを付け加えた、って言ってましたが、もともとそういう設定だったのかな?
大体マッコイとスポックは実に正反対で、なんでも感情で動いてしまうマッコイと理詰めのスポックの間で苦笑しつつとりもったりけしかけたりするカーク……というボケとツッコミ入り交じった会話が、このシリーズの面白さですよねえ。
……てことは、結構欲望のままに色々やらかしているのかもしれないw
カークの場合は腐海関係になりえないというか、相手が「生涯の伴侶」と見てくれないというパターンが多そう。<妄想大全開


> 1本の映画を3日かけて夫婦で見る…イイ話しです。ふたりでのんびりと映画を見るなんて贅沢な時間の使い方。

いや? そんな穏やかな感じじゃないんですけどw(見解の違いで口喧嘩してたりジュースもってこいだのなんだの五月蝿い)
1122なんて、永遠に無理な気がします。
MOVIXは「夫婦50割引」があって、夫婦のどちらかが50才越えてたら二人で二千円になる割引やってまして、それでたまに一緒に行きます。かなりジャンルを選びますが。(しかも「酔う」ので3Dはダメ)

そういう割引だけは、なくさないで欲しいもんですねえ!
映画は世界で一番高額なのが日本でしたっけ?
その上値上げなんて、ありえないよねえ。。。
2013.10.02 23:42 | URL | #- [edit]
onion says..."Re: 「ふかい」を変換すると……"
「深い」ではなく、「腐海」になってしまうわたしのMacってw
2013.10.02 23:45 | URL | #- [edit]
Helva says...""
Bonesの初出なんですが……ついこのあいだTOSの最初のエピソードThe Man Trap「惑星M113の吸血獣」からぽちぽち見てるんですが、わりと早く"ボーンズ"が出てきます。
ところがお恥ずかしい話見てるときは、ああこの流れで出てきたんだと納得したのに、今どこで出てきたのか覚えていない。もう一度早送りで見なければ。。
ホルタで brick layer が初出です。
ところで以前買って途中までしか読んでなかったレナード・ニモイの「わたしはスポック」(扶桑社ノンフィクション)を読み返したら、いかにしてTOSが作られるに及んだか、いかにしてスポックのキャラが成立してきたか、スポックのキャラに合わない脚本に対してどのように抗議して持説を通したかとか、シーズンを重ねるにつれてブレイクしたニモイとパラマウント側のやり取りとか、シャトナーのやんちゃぶりとか、初期の特撮制作にまつわる苦労とか、ニモイが監督をしたST3,4の裏話などなど、たいそう面白く読めました。
コンベンションでスポックの母親、アマンダを演じたジェーン・ワイアットがスポックのファースト・ネームは?と聞かれてにこやかに「ハロルドよ」と答えた!とか。
機会があったらぜひ読まれることをお勧めします!
2013.10.04 01:55 | URL | #q6AO.T9M [edit]
onion says..."Re: タイトルなし"
> Bonesの初出なんですが……The Man Trap「惑星M113の吸血獣」

わたしも所々つまみ食いして見てますが、それは見てないです。
今晩にでも見てみますね!

> レナード・ニモイの「わたしはスポック」(扶桑社ノンフィクション)

Amazonでは絶版状態ですねえ。近所の図書館検索にはひっかかりませんでした。県立図書館でもひっかからないので、これは読めそうにないですねえ。残念です。
しかし、「ミスター・スポックを探せ!」で出てきたポン・ファー検索して該当の回の文字起こしを読んだんですが、かなりのきわどさw
これは戦って良かったですよね、下手したらひどいことになってたなあ。
今度のスポックさんも、気をつけないとこのままではタダの「切れるとコワイ堅物」って印象に……コワイコワイ!

2013.10.04 06:07 | URL | #- [edit]
Helva says...""
>「ミスター・スポックを探せ!」で出てきたポン・ファー検索して該当の回の文字起こしを読んだんですが、かなりのきわどさw

わたしも今回ST3のコメンタリーを聴きながら、自分のうかつさにあっと思いましたよ!
しかもその疑惑は「わたしはスポック」の中にちゃんと書いてあったし。

サービック再生17歳スポックのあの「儀式」には続きがあったんだ……そういえば次のシーンでクリンゴンに急襲される前にちらりと手をつないでいたショットが。。。
しかも(今回は見られなかったけど)削除シーンにはサービックがヴァルカンに残る理由がわかるシーンがあったとか。
無粋かもしれないけど、ポン・ファーは女性のヴァルカン人には無縁なのかな?
おおっと、またきわどくなってしまった汗
あらら、
2013.10.04 11:45 | URL | #q6AO.T9M [edit]
onion says..."Re: Helvaさんへ"
> サービック再生17歳スポックのあの「儀式」には続きがあったんだ……

うひ〜……マジで? そうか「ほのめかす」ことはしてあったんですね。
意味不明の儀式で終わったのかと思ってた……しかも4でサービックが残るときに全然違和感なかったし……4はレギュラーだけの冒険なんだよね〜と。
そうか、そうだったのか……ぢゃあ、もう子孫はいるわけですね?<ぶちこわしw

サービックって、ヴァルカン人のくせにスポックが魚雷で打ち出された時に抗議もせず、最初っから感情的でヴァルカン人っぽくなくて色気ありましたよね。そのせいで隠された意図に気づきにくかったのかなあ。

そうそう、昨夜「「惑星M113の吸血獣」観たんですが……Huluの字幕版なんですが、最後のあたりでカークが「ボーンズ」とは呼んでいるものの、物語の流れが何ともいえずゆっくりで集中が切れちゃって、詳細はわかりませんでした。。。

その「ボーンズ」のわけ、検索したら、

http://khronos394.blog115.fc2.com/blog-entry-20.html

こんな説が。
船医が伝統的に骨接ぎをよくやるので「ボーンズ」? え、そんなことなのかなあ。
今では「離婚で残ったのはボーンズ(骨)」ってのが定説になってたりしてね。
2013.10.05 06:44 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lukeskywalkercool.blog68.fc2.com/tb.php/1442-9eb8556c
該当の記事は見つかりませんでした。