FC2ブログ

oniondiary | 日記。時々映画やドラマや小説のレビュー。最近はなんとなく毎日書いてますが無駄話多し。

母の生まれ故郷を訪ねてドライブ。


<午後4時過ぎ、大平山山頂付近より防府市街を望む>

昨日土曜日、長男と実母の三人で、実母の故郷「山口県防府市西浦東新地」を訪ねてドライブしてきました。
わたしが子どもの頃には、盆暮れの里帰りでよく訪れていましたが、今は家もなく住所もうろ覚えでした。
しかもかの地には今や、マツダの防府工場が建っていて、道路も新しく広くなっていたので、果たしてあるかなあと。

「大丈夫。バスも通ってた広めの道だったから!」
……今時のナビに連れて行かれたのは小さい路地、長男の軽自動車でも狭いんですけど……このへん? もっと先?
……ぬけちゃったよ?

「あれ? 行き過ぎたね」コリャコリャ……。

もう一度Uターンして走り……「そうそう、この御大師さんとこ」というところで車を降りました。
お地蔵さんの祠はあまり手入れがされてなくてホコリだらけでしたが、ちゃんと新しい花は供えられていました。
「大きな柿の木があって、井戸があった」といいますが、木は切られていたみたいで、でも井戸はありました。
すでによその人の家が建っていたので写真も撮れませんでしたが、お地蔵さんの前で記念に写真を撮ってきました。

やっぱりその辺りを歩くと思い出してくるらしく、「この家の子と友達だったんだけどね、早くに亡くなったから、もう知っている人も住んでいないだろうねえ」と言いつつ少し歩き、でも喘息などもあるので少しで息切れ、またすぐ車にのって、故郷を後にしました。

「ま、わたし自身はここにはあんまり住んではいないんだけどね。11から他所の家に子守りの住み込みしてたし、15から名古屋の縫製工場に働きに行ったから」

え。
「その前は川のあっち側に住んでたこともあるよ」
あっち側って……今はマツダ工場じゃん。
「もうないねえ」
だね。

母の実家は貧しくて、だから家は借家住いだったし、お寺の裏にあった(今もある)幼稚園には通わせてもらえなかったし、既に親類縁者とも疎遠で……。

考えてみれば、女は嫁いだ先の方が長くなりますからねえ。
そういうわたしも、今や実家がないし。
生まれた家は道路拡張で道ばたに成り果てちゃって、友達と言えばほぼ全員市外に住んでたりして、今や故郷に帰っても、道も違ってたり完全に土地勘がなくなってます。
若い頃はずっとここで暮らすなんてイヤだ! と思ってましたが、だからといって、なくなって欲しいとは思わなかったなあ。

そんなことを思いながらドライブしていると、長男が、
「せっかくだから、大平山に登ってみようよ」

大平山の写真

と言うので、寄ってみました。
そうそう、わたしが小さい頃はウチに自家用車もなく、盆暮れの母の帰省のときはバスでした。
バスで防府駅まで、防府駅から西浦行きのバスに乗るのですが、大平山にはロープウェーがあるので、一旦大平山行きのバスに乗り、ロープウェーで大平山山頂にあった小さな遊園地で遊ばせてもらった記憶があります。
母によると舅(祖父)が五月蝿かったので、旅行にはあまり連れて行ってもらってないけど、帰省の時だけ泊まれるので、遊びに連れて行ってもらってたみたいです。

とりあえず景色の見渡せるところまでのぼって写真を撮ったのですが、懐かしいからちょっとあがってみようかと山頂の駐車場まであがったのが運の尽き。
大平山の駐車場から山頂展望台まですこし距離があるので、わたしと長男だけでたたっと見てくるつもりが、「トイレに行きたくなった」と母。
駐車場にトイレはない。
じゃあおいでよ……と言ったのはいいけど、マジで遠かった。
この日は風が強く冷たくて、母は数メートルあるくとぜえぜえ言いながら立ち止まり、また歩くのくりかえし。しまった。こんなことなら一旦山を降りて近くのコンビニでトイレをすませた方が良かった。。。と後悔したけど遅かった。

30分くらいでどうにかたどり着いて、これはもう、帰りは自動車道じゃなくてロープウェーで降りた方がいいかも、と受け付けに行くと、
「今日は風が強いので運行休止なんですよ、スミマセンね」
……しゃーない、もどるか……またジリジリと駐車場まで時間をかけて戻りました。寒かった。。。
なにってさ、

駐車場にトイレつけろ!

って話なんですけどね!
失敗したわ〜。
つか、こういうときは母のために車椅子持ってた方がいいかなあ。
歩けないわけじゃないから、まだ持ってないんですけどねえ。

でもまあ、文句言いつつ素晴らしい景色は拝めたし、スタッフの人が温かいたき火に当たらせてくれたので、まあ良かったかな。
母も車にのってしばらくすると元気になったので、良かった。
しかも、買い物に寄ると、「わたしも行く」と一緒にカート押してあちこち動き回るし……買い物は好きなんだなあ、基本。


そんなわけで「母の故郷を訪ねる旅」終了。
母もちょっとは色々思い出してくれたでしょうか。
そして、つきあってずっと運転してくれた長男にも感謝。




関連記事

Category : diary
Tag : 日記 家族
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

2 Comments

マクノスケ says..."良い旅されましたねえ。(´∀`)"
ウチの親とは昨年ちょこっと出掛けたくらいで、旅らしい旅をしてないので、いいなあと思いました。
しかもお母さんの故郷に行かれるなんて更にステキ。
長男さんも優しいですねえ。ご苦労様でした。

しかし私もトイレはねえ。
いろいろと苦労しているのでうなずきながら読みました。
最近は移動中にコンビニでとりあえず用を足すようにしてるんですが、
洋式じゃないと屈めないので、洋式を探すんですが、和式しかないところもあって
そうするとコンビニのハシゴです。(笑)

車椅子もあるとかなり便利ですよ。最近はホームセンターで3万くらいで売っているので
1回買えば何年も持つし…ウチもいつも車に積んで、必要に応じて使うようにしています。
荷物が多い時は(灯油とスーパーの買い物が重なった時)車椅子に積んで4階まで運んでいます。
2013.12.16 10:43 | URL | #GWMyNl/. [edit]
onion says..."Re: マクノスケさんへ"
ウチも、母が肺が悪くて歩けないので、あんまり連れて行ってやれないんですよね。
だから、「たまにはおばあちゃんの行きたいところに」って言ってくれたのは長男だったんです。(最近介護の勉強をしているので、注目したらしい)
おかげでわたし自身の子どもの頃の思い出をたどる小旅行になりました。

> しかし私もトイレはねえ。

そうそう、今ではコンビニがどこにでもあっておおむね清潔で嬉しいことですが、まさか一番ないところで言い出すとは……わたしの判断ミスでした。
昔はパチンコ屋とか探してましたっけね〜。

> 車椅子もあるとかなり便利ですよ。

ん〜長男に言ってみたんですが、反対されまして。。。
あると頼るようになるから歩かなくなってしまうって。
その辺が微妙なんですよね。
とりあえず、手押し車くらいは積んでおこうと言うことになりました。
2013.12.16 22:40 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lukeskywalkercool.blog68.fc2.com/tb.php/1518-0b37b421
該当の記事は見つかりませんでした。