FC2ブログ

oniondiary | 日記。時々映画やドラマや小説のレビュー。最近はなんとなく毎日書いてますが無駄話多し。

レンタルで映画「キック・アス」と「スーパー!」

「キック・アス」
「スーパー!」

……続けて見るんじゃなかった……最初のシチュエーションは同じでも印象が全く違う二つの映画を続けて観て、あとの「スーパー!」がいたたまれなくて、あまり正視できなかった……。

「キック・アス」



とりあえず最初の「キック・アス」。
2010年の映画らしいですが、マジでクロエ・グレース・モレッツ、子どもですw
え、この子どもビジュアルで人気でたの? アメリカ人も意外とロリコン趣味あるんだ〜でも、このあと急成長(身体的にも)だもんね、残念でしたとしか。

しかし無謀な……「ヒーローになる」って、ヒーロー映画でリスクは示しているけど、やっぱそうだよねえ、一般人には無理っしょ。って思うのに始めてしまうバカな主人公には、もう共感できるわけもないけど、
「見て見ぬ振りは出来ない!」
という熱い思いだけは伝わってきます。

だから途中殺されそうになるまでがリアルで、あとは幻想だとわたし的には判断しまして、ここから「アメコミ世界のヒーロー」が誕生したんだと……だからとんでもない最後の戦いは笑ってみていられました。そう、ヒーローが死ぬわけないもんね!

続編来年公開だとか……って、その続きとなるとさらに荒唐無稽のリアリティ・ゼロになるしかないんじゃないかと思うと、面白いだろうけど、この映画の最初の主旨とは違うところに行くような気がします。

「スーパー!」


で、これも同じノリかと次の日再生して、後悔……。
違う……何もかも。
だってこの映画の主人公は若くもなく理想もなく、ただただ妻に去られて情けない自分を忘れるためだけに、怒りを「悪」(かなりの小悪含む)にぶつけているだけで、ヒーローの持つりすぽんすびりてぃ、とか全然なし。
とりあえず「殺人はなし」なだけでヒーローなんて、それは許されないでしょうに。
ま、現実はこうなるだろうと思いつつ観てたんで、最終的な犠牲者もわからないではないです。
ただ、本当にリアリティ持たせたいのなら、最後は警察に捕まるんじゃないかなあ。
まあ、この結果でも同じようなものだけど。

結局、そういうことですよね。
ヒーローに平穏な日常?
訪れるわけがない。
あとは抜け殻がのこるだけ。
仮面が主で、中身がからっぽなんだから……。

ケビン・ベーコンとリヴ・タイラーがあまりに「映画の世界の人」って感じてしまうほど、レイン・ウィルソンとエレン・ペイジが実在感を持ってました。
見ている時は正視できなかったけど、終わった後考えると、それってすごいことだなあと。


二つあわせて。


まあ、どっちも「ヒーローもの」ではあるんでしょうが、なんか最後は大衆=世間に受け入れられるという点で、なんか違う。
あれだけヒーローしているスパイダーマンが未だに(一部だけど)受け入れられないのにねえ。

本当のエンディングは、ヒーローが「ただの変態コスプレ野郎」として死んで完結しなきゃ、と思ってしまうのは、わたしが実はヒーローを望んでいないからかもしれません。
ヒーローもの好きなんですけどね。
現実ではいらないと思っているわけで。
リアルとはそういうことでしょ、と。

二つあわせてみると、なんだかんだでアメリカ人はヒーローが好きで、そして現実にも存在して欲しい、ってどこかで思ってるんだろうなあ。
それだけ文化に根付いているのかも。
出る杭は打ちたい日本人と、その辺感覚が違うかもしれません。

楽しかったかと訊かれると、「キック・アス」はイエスで「スーパー!」はノー。
何度も見るかと訊かれると、「キック・アス」はイエスで「スーパー!」はノー。
で、好きかと訊かれると、どっちもノーかも。
ビジュアルが汚いんだもん。
ヒーローは総天然色じゃなきゃ。
だってわたしは世間受けのする、最近のバットマンやスーパーマンがキライなんですからねえ。

現実感なんて、ヒーローには不要じゃない?

……わたしだけ?






関連記事

Category : movie
Posted by onion on  | 2 comments  0 trackback

2 Comments

マクノスケ says..."すみませんー!(>_<)"
私が「スーパー」薦めちゃったのがいけなかったですねー。ゴメンなさい~!
onionさんがそんなに殴り合いとか苦手だったとは思わなかったので…。

私は、どっちかって言うとクロエちゃんがあの幼さで繰り出すあのアクションが強烈過ぎちゃって…。
ちょっと自分とは合わないなあって感じでした。
他のキャラはまずまずだったんですけどねえ。
クロエちゃんの可愛らしさには胸キュンだったんですけど…。

スーパーもそうですが、彼等は「ヒーロー」にあこがれてる素人さんってところが、
今までにないパターンで、目新しかったって感じですかねえ。
「ヒーロー」になりきれているようでなりきれてない部分が切なくて、それが自分的にはツボでした~。
2013.12.22 21:08 | URL | #GWMyNl/. [edit]
onion says..."Re: マクノスケさんへ"
> 私が「スーパー」薦めちゃったのがいけなかったですねー。

いえいえ! そんなことはありませんよ〜言葉足らずで申し訳ない!
多分、一緒に見なかったら印象が違ったと思うんですよ。
「キック・アス」がおちゃらけてたので、こっちもそのノリだろうと思ってしまったわたしの思い込みがいけなかったんで……。

クロエちゃんのアクションが強烈で、それが苦痛だというのは、なんとなくわかります。
わたしはその辺りはフィクションとして観てました。
ナギナタで人を真っ二つには出来ませんよねえ。
「キック・アス」はそのあたり、主人公はリアルに近いけど、他はかなりファンタジックに描いてたので、笑ってみていられたんです。

ところが「スーパー!」の方は終始主人公も周りもリアルで、身につまされる分衝撃がキツかったわけでして……。
殴り合いが苦手なわけじゃないですよ〜。ホラーとかのグロもわりと見る方だし。
「リアル」なのがショックだったんですよね。
ヒーローに憧れるあまり、狂気に取り付かれていくさまがなんとも……辛くて正視できないと。
コスプレの醜悪さも、武器のトルクレンチも、自分の闇を見せつけられているような気がして……そういう意味では、「スーパー!」の方がすごいと言えると思います。

2013.12.23 08:23 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lukeskywalkercool.blog68.fc2.com/tb.php/1525-c63cc6cc
該当の記事は見つかりませんでした。