FC2ブログ

oniondiary | 日記。時々映画やドラマや小説のレビュー。最近はなんとなく毎日書いてますが無駄話多し。

レンタルで映画「ヘンゼル&グレーテル」

「ヘンゼル&グレーテル」

なーんで劇場公開しなかったのか……たしか予告を映画館で観て楽しみにしてた記憶が……と思いながら観賞。

ん~この残酷描写かな?
女性を直接虐待するシーンがあるからかな?
一部身体障害者的な魔女がいるからかな?

……ま、どれも大したことないっちゅうか、過剰防衛だと思うので、日本の自粛社会には呆れるばかりです。

で、ホントにもったいない。
これを大画面で、3Dで観たかったなあ!
ジェレミー・レナーとジェマ・アタートンのヘンゼルとグレーテル、良い組合せです。兄妹で並んで絵になる、二人ともカッコ良くて、一緒にアクションしてると更に際立つ……残念なのはそれが最初だけで、後ではあまり生かされてないことかなあ。

つうか、妹強いのにたいして、兄……意外とよくやられるw
実はジェレミー・レナー、殴られ蹴られる場面でチャーミングに見えてしまうことをハッケン。
「アベンジャーズ」でもそういえばウィドーに殴られるシーンがめちゃ可愛かったなあ! 
わたしの趣味が悪いだけ?……ともあれ、兄は普通の人間って描写が効いていますが、なにせ相手が魔「女」ですからねえ。女相手に苦戦、って、
「弱っ」
と隣で長男が笑うのもわかるw
何度ミアに助けられてるんだよ~。全然警戒心ないし。
でも大人に成長した妹と同室で寝るのに床って……いいっす。ハグシーンもなんかドキドキw
あ、もしかしてこういうシーンがいけなかったか?

妹のジェマ・アタートンは今まで他の映画で印象がないんですが、アヒル唇がかわいくてスタイル抜群、変に色気を振りまかない分、余計セクシーで、殴られるシーンでは本気で心配に……だから「彼」の気持ちはよくわかる!
いやあ、わたし的にロマンス部分は兄よりこっちの方が萌えたわ~。

ピーター・ストーメア、「ラストスタンド」に続き悪代官的な役が最高に似合いますねえ。マジでイヤなヤツで、逆に感心しちゃう。

そして、ほとんど出オチ、「わたしがラスボスよ!」感満載のファムケ・ヤンセン!w
いいなあもう。
のびのび悪役やってます、って感じ。

終始ノリノリで観ちゃいました!
確かにガトリング・ガンとか散弾銃とか保安官までいて、ヨーロッパどころかおとぎの世界でもないムチャクチャな世界観ですが、ストーリーもそれなりひねってあって、最後のシーン見ると、もうこのメンバーで続編みたい! ってなるんだけどなあ。

ああもったいないもったいない。。。

追記


昨日もう一度見て、わかった気がする……「お菓子を食べると糖尿病になる」ってくだりだと思う。。。
たしかに、Ⅰ型糖尿は違うから、妙な誤解を生むかも……でもやっぱり過剰反応で、「魔法のかかった」お菓子を食べたからなっただけですよねえ?
まったく、自粛ってやあね。

……それとも、どこかからクレームきたのかな?
関連記事
にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : movie
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lukeskywalkercool.blog68.fc2.com/tb.php/1531-2c181428
該当の記事は見つかりませんでした。