FC2ブログ

oniondiary | 日記。時々映画やドラマや小説のレビュー。最近はなんとなく毎日書いてますが無駄話多し。

レンタルで映画「スティーブン・キングは殺せない!?」

「スティーブン・キングは殺せない!?」

小説の新作は高くて手を出せない(上下巻で4千円超とかとんでもないしかも電子じゃないし)貧乏ファンですが、とりあえずこの名前見たら手を出すでしょう。

……そして失笑&後悔。。。

なんなんだもう……これって、作者兼主演兼監督のモンロー・マンが、自分の名前から思いついたマジで一発ギャグ映画だったの?

最初はね、割と楽しく観ていたんですよ。
三流映画だけど若者たちが楽しそうで、キングの住んでいるという湖付近の住民が絵に描いたようなホラー顔で、随所に笑わせてくれた……のに、あっ、結局殺人起きちゃうんだ〜と。
その殺人が笑えればいいんだけど、ちょっとなあ、リズムが悪くてピントがズレてて、かといって怖さのピントもずれてて、面白くない。
そのあたりから粗が酷くなって、結果ダメダメで終わりました。

全体で見ても、パロディネタが妙にコアだったり(初期短編集の死に様なんか、覚えてねーよ)、それにしてはわかりやすく「シャイニング」のテーマをもじったサントラだったり、どーみてもそれはキングじゃない「13日の金曜日」だ、みたいな別のホラーのパクリもあり、ええ、

全然キングの世界じゃねーよ!

キングが住んでそうなのは、ドラマの「ヘイヴン」みたいな町にして欲しかったのに。
つーか、住人が片手ほどしか出てこないし!
安く作るにもほどがある……キング、よくこれを許可したよなあ。
いや、ある意味キングの趣味にあっていたのか?

この下、ネタバレです。

バレってほどバラされて怒る映画じゃないけどもw












何よりオタク童貞のキモチワルさがきわだってしまって、アイツが最後生き残ったことでカタルシスがなさ過ぎてダメ過ぎw

あと、湖の家、あれは「バックマン家」の家でしたね。
作中誰もついぞいわなかったけど、バックマンはキングが別名で書いてた時のペンネームで、まあアメリカでは有名かもしれないのでわざわざいわなかったかもしれないけど、オタクが最後までそれに言及しないってのは、片手落ち過ぎ。
で、その名前のせいで、バックマン家の兄妹のどちらかが犯人と関わりがあるかと思ったんだけど、そういうヒネリもなかった。。。

あらゆる場面がストレート。
まるでオタクな友人が作ったホームビデオを無理矢理見せられているような、どーしようもなさでした。
関連記事
にほんブログ村 映画ブログへ
↑映画の感想を読んだ人、気が向いたらポチッと。
Category : movie
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lukeskywalkercool.blog68.fc2.com/tb.php/1534-63c2f794
該当の記事は見つかりませんでした。