FC2ブログ

oniondiary | 日記。時々映画やドラマや小説のレビュー。最近はなんとなく毎日書いてますが無駄話多し。

レンタルで映画「メリダとおそろしの森」

「メリダとおそろしの森」

後で知ったんですが、アカデミーアニメ部門賞だそうですよ、2012年の!
正直、それほどのものかなあと思うわけですが。
ピクサー・アニメやディズニーのファンではないので、見慣れているとは言えないんですが、なんか……「ディズニーの物語をピクサーの絵でやった」って感じ?

元々のテーマがアメリカ的すぎて、引いてしまうのかもしれません。
あと、あんな「恐ろしい罪」を犯したメリダにどんな制裁が下されるかと思うと心配で……

 な か っ た ん で す け ど ね

……えっと。
最初の辺りはかなりリアル路線の話が、魔法の後は完全にファンタジー、というよりもハッキリ言うと「子ども向け」になっちゃって、どうにも一貫していないと感じてしまったのもあります。

一貫性という点ではテーマも、「運命を変える」と言ってますが、主人公は「運命の導きである鬼火」に従って魔女の家にたどり着くわけで……え、なんなのそれ?
つまり、

運命を変えることも運命で決まっていた

ってことでしょうか。
わけわからんw

で、最後まで物語がどの方向に行くかわからず、そういう点では飽きずに観れました。
つか、メリダの髪がくしゃくしゃでカワイイこと以外、アニメじゃなくて実写でやっても良かったんじゃないの? と思うほど、アニメ的なお遊びがなかった映画でしたが、そうそう、あの三つ子のコロコロ王子様たちが可愛かったので、アニメで正解なのかなあ。
お城を縦横斜めに走り回って悪戯する楽しさはピクサー的で楽しかったので、あれで救われたというか……メリダを救ったのも結局彼らだったりして。

正直、無理矢理「女の子を主人公にした」感があります。
領主の息子が三人出てきたわけですが、結局……

王子様不在

……なんですよね。
え〜女の子主人公なのに、ラブもロマンスもなし?
お母さんとの確執を乗り越えるだけ?
その辺が「新機軸」なの?

わたし自身女の子としては、ええ、不満です!(外見どうでも、心は常に乙女ちっく!)
白雪姫翻案の「白雪姫と鏡の女王」や「スノーホワイト」も、ある意味母娘(なさぬ仲ではあるけども)の確執を乗り越える話ではありますが、最後に王子様に助けられる話にしたくない……それは理解できたし、面白いと思ったんですが、だからといって男性を完全に「対象外」のボンクラばかりにしてしまったことで排除してしまって、おかげでメリダがかわいくてカッコ良くても、やっぱりひとりぼっちと感じてしまって……まだまだ親の庇護の元にいるってことですかねえ。

それって、成長してないってことじゃないの?



う〜〜ん、どーにもアメリカの「自由意志」にこだわる社会常識に、偏りを感じてしまう一本でした。
てことは「社会的な意味で」アカデミー賞とったのかなあと感じてしまうわけです。


動画




お母さんの子守唄。



でもこっちのスコットランド民謡的な方が好きです。
音楽は総じて良かったと思います。




関連記事

Category : movie
Posted by onion on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lukeskywalkercool.blog68.fc2.com/tb.php/1544-6e0a7608
該当の記事は見つかりませんでした。